構造設計|求人転職エージェント

ものづくりメーカーの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ものづくりメーカーの職種図鑑

構造設計

観光名所にもなる、ランドマーク的な建物をデザインすることは、確かに魅力的な仕事に思えるかもしれません。しかし、どれほど素敵なデザインの建物でも、地震などの災害で倒壊してしまっては意味がありません。
そういった倒壊などを防ぐために欠かせない仕事が「構造設計」です。これは、建物の見た目ではなく、中身をデザインする重要な仕事です。ここでは、構造設計がどのような仕事なのか、そして構造設計者となるために必要な資格などについてご紹介します。

構造設計の仕事内容とは

建物の倒壊などを防ぐための構造設計は、どんな仕事なのでしょうか?また、構造設計の仕事ならではの魅力についても見ていきましょう。

建物の安全性を満たす仕事

まず、建物の構造設計業務を担当する人のことを「構造設計者」と呼びます。「構造デザイナー」や「構造技術者」などと呼ばれるケースもありますが、基本的に業務内容は同じです。
積雪や地震といった災害によって建物が壊れてしまわないように、安全性能を満たすことが求められます。主な業務内容は、建物の土台と骨組みの構造設計を行い、構造設計図を作成すること。さらに、耐震診断や補強設計、設計監理など、建物の構造と安全性に関する業務全般を担当することとなります。
建物の間取りや立面断面、さらに経済面などの条件を基に計算しながら、柱や梁(はり)の性能・形状・配置を決めていきます。

構造設計の仕事ならではの魅力とは

構造設計者がいなくては、どんなに素敵なデザインの建物も安全性が満たされることはありません。経験を積めば、住宅やオフィス、商業施設といった建物のほかにも、宿泊施設や観光名所となるような文化施設など、幅広いジャンルの建築物の内部デザインに携わることができます。
その建物の利用者や住人すべての人々に安心・安全を届ける、やりがいと責任のある重要な仕事といえるでしょう。

構造設計者と建築設計士の違いは?

構造設計者と聞くと、「建築設計士」との業務の違いが気になるという人もいるのではないでしょうか?ここでは、建築設計士が担当する「ほかの仕事との違い」について見ていきましょう。

構造設計者は建築設計士の一部

構造設計は、「建築設計」という仕事の一部となります。建築設計には、構造設計のほかに「意匠設計」「設備設計」という仕事があります。この3つの分野の設計のバランスがとれることで、建物の設計は初めて完成するのです。
ここでは、意匠設計と設備設計が、それぞれどんな仕事内容なのかについて、簡単にご紹介します。

  • 意匠設計

    建物の敷地や周辺環境といった条件から配置を決め、内観・外観・間取り・装飾といったもののデザインをしていく仕事です。建築設計と聞いて多くの人がイメージする仕事が、意匠設計の仕事ではないでしょうか?
    意匠設計者のプランを基に構造設計者が構造設計を決めていくため、仕事では両者が連携することになります。

  • 設備設計

    設備設計士は、建物内の環境を快適にするための設計を担当します。おもに空調設備や上下水道を設置するための衛生設備、コンセントや照明のための電気設備といった設備設計を決めていきます。

構造設計の仕事をする上では、建築設計に含まれる分野の仕事内容をしっかりと把握することも大切です。

構造設計の仕事に役立つ資格

構造設計の仕事には、「一級建築士」「構造設計一級建築士」「JSCA建築構造士」といった資格が役に立ちます。それぞれの内容を見ていきましょう。

  • 一級建築士

    構造設計士・意匠設計士の多くが一級建築士の資格を持っています。これは、国土交通大臣の認可を受けた国家資格です。
    二級建築士は設計する建物に制限がありますが、一級建築士はその制限がなくなります。二級建築士よりも幅広い建築物の設計と監理を担当することができるのです。
    一級建築士の国家試験は、大学・短大・高等専門学校いずれかの建築学科を卒業している場合、実務経験なしで受けることができます。また、学歴がなくても、設計事務所や建築会社などで7年以上の実務経験があれば、受験資格が得られます。

  • 構造設計一級建築士

    2007年に創設された構造設計一級建築士の資格を持っていると、一定規模以上の、高度な構造設計が求められる建物の設計を担当することができます。一級建築士よりも、さらに設計に携われる建物の幅が広がります。
    一級建築士として5年以上、構造設計の実務経験があり、さらに国土交通大臣の登録機関で講習を受講し、修了考査に合格することで資格を取得することができます。
    一級建築士の資格を所持していても、構造設計一級建築士の資格を持っている人は少なく、業界における需要はとても高くなっています。転職においても、優遇が期待できる資格といえるでしょう。

  • JSCA建築構造士

    JSCA(一般社団法人日本建築構造技術者協会)が、社会に推薦する構造設計者の資格として設けた民間資格で、2017年12月までの合格者は2,158人となっています。
    構造設計一級建築士の中でも、特に豊かな専門知識と経験を持つ技術者として、構造の立案・設計から工事監理までを担当することができます。
    資格要件としては、「一級建築士登録から4年以上の実務経験」「2年以上の責任ある立場での構造設計・監理の実務経験」「書類審査・筆記試験・面接試験の合格」といった規定があります。

構造設計者のキャリアプラン

構造設計者のキャリアプランには、どのようなポイントがあるのでしょうか?ここでは、おもなポイントを3つご紹介します。

若い人材を求めている業界

建築設計業界の中でも、特に構造設計業界は高齢化が進んでおり、若い人材の減少が目立つという意見もあります。複雑な形状の建物の設計や、繰り返しの解析・確認が必要となる構造設計は、ITやコンピューターの進歩が進んでも、人間の判断は不可欠といわれている仕事なのです。今後も長く活躍していくことのできる若い人材が求められており、長期的なキャリアプランを描くことができる職種といえるでしょう。

まずは5~7年以上の実務経験を積む

構造設計士としてより幅広く活躍し、キャリアアップをしていくためには豊富な実務経験を伴った資格が必要となります。
手始めに一級建築士を目指すのであれば、建築学科の学歴がない場合は、設計事務所や建築会社などに転職し、7年以上の経験を積むことからがスタートです。

技術を維持することで将来も活躍できる

ロボット技術の進歩などにより、将来も長く活躍できるか不安である仕事も出てきています。先ほどご紹介したように、構造設計の仕事は人間の手による設計や繰り返しの議論、判断などが不可欠とされる仕事で、技術と経験があれば長く活躍することができます。
構造設計一級建築士やJSCA建築構造士のように、構造設計者として取得を目指すべき資格もあるため、より具体的なキャリアプランを立てられる仕事でもあります。

構造設計者への転職を成功させるためのポイント

続いて、構造設計士への転職を成功させるためのポイントをまとめました。

書類や面接の対策は必須

どの仕事においてもいえることですが、書類・面接対策はとても重要です。構造設計の仕事を募集している事務所や会社は、若手を育てたいという意向から、実務未経験者や第二新卒を歓迎しているところも少なくありません。そのため、志望理由や転職の動機などから、仕事に対する考え方や人間性も重視されると考えられます。また、ほかの建築設計士との連携が重要な仕事である以上、高いコミュニケーションスキルが求められるため、人柄やコミュニケーション能力まで見られる面接対策も大切です。

転職エージェントの利用がおすすめ

構造設計士への転職を検討している場合、転職サイトから自分で企業を探すよりも、転職エージェントを活用することをおすすめします。転職サイトには掲載していない非公開案件も多く、エージェントが転職希望者と企業側のニーズをくみ取って、転職成功のサポートを無料で行ってくれます。
マイナビエージェントでも建築設計の案件を多数紹介しています。キャリアアドバイザーが応募書類の添削や面接対策、アフターフォローといったサポートを行っていますので、お悩みの方は転職支援サービスにお申し込みください。

ものづくりメーカーの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。