板金設計|求人転職エージェント

ものづくりメーカーの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ものづくりメーカーの職種図鑑

板金設計

板金設計は、機械系エンジニアの基本ともいえる分野で、機械設計をする上で必須のスキルといわれています。自動車、建築、機械と、さまざまな分野で人材ニーズがあり、職種としてもこの先なくなる心配はまずありません。未経験からの転職で機械設計の道へと進みたい場合、まずは板金設計にチャレンジするという選択肢があります。
ここでは、板金設計の仕事内容やキャリアパスのほか、転職に有利なスキルと転職成功のポイントについてご紹介します。

板金設計とは?

板金設計の基本的な知識として、まずは板金の意味からご紹介します。
板金とは、平らに伸ばした金属素材のことです。この板状の金属を切削したり絞ったり(板金に圧力をかけて凹状に加工すること)曲げたり、打ち抜いたりすることでさまざまな形状に加工できるため、機械の基本的な部品素材となっています。

この板金を加工して、仕様に沿った部品を作るための設計を板金設計といいます。板金は同じ部品や製品を作るにしても、加工法や加工の手順の違いによって強度や製造コストに大きな違いが出てきます。ですから、板金設計は企業にとって重要な仕事になるのです。

例えば、L字型の部品を作るとしましょう。板金をプレス加工した物と打ち抜いた物、折り曲げた物、溶接した物では、それぞれに強度の性質に違いが出ます。
また、金属は変形する際に寸法に微妙なずれが生じます。板金設計においては、加工法によってどこにどの程度のずれが生じるかといったことも考慮しながら、仕様に基づいた強度や寸法精度が出せるように設計を行う必要があります。
つまり、板金設計とは、板金を加工して部品や製品を作る際、品質面でもコスト面でも、最も合理的な加工プロセスを計算によって導き出す専門技術職ということになります。

板金設計職の将来性とキャリアパス

次に、板金設計という仕事の将来性とキャリアパスをご紹介します。

プラスチックの台頭で、板金設計はなくなるのか?

近年、技術の発展により「従来は金属で製造されていた部品をプラスチック製に転換する」という流れが見られます。
しかし、金属素材はプラスチックに比べ、加工精度の高さや耐熱性、あるいは「磁力が作用する」「溶接できる」など数々の特徴があり、今後に関しても、すべての金属製品・部品をプラスチックに置き換えることは考えにくいです。「製造業がある限り、板金設計の仕事はなくならない」といっても過言ではないでしょう。

板金設計のキャリアパスと必要なこと

板金設計をエンジニア職のスタートとした場合、機械系エンジニアとしてはどのようなキャリアパスが考えられるのでしょうか?

  • 板金設計のスペシャリストを目指す道

    板金加工を専門とする職場なら、難度の高い設計を手掛けていくことになるでしょう。
    そのためには隣接技術や電子技術のほか、制御やプログラミングの技術、3次元CADのスキルなど、幅広い技術を習得していく必要があります。

  • 板金設計のスペシャリスト以外の道は

    将来的には板金設計での成長を経て、機械設計全般のゼネラリストを目指す人もいますし、板金以外にも特定の技術に興味の対象が移り、そちらに特化したスペシャリストを目指す人もいます。
    また、キャリア志向の人であれば、設計の知見をベースに製造部門の管理職や部門長、経営幹部を目指すといった方向も考えられるでしょう。

板金設計への転職に有利なスキル

それでは、実際に板金設計に転職する際、どのような経験があると有利になるのでしょうか。以下にご紹介いたします。

板金設計の実務経験

どんな世界でも、転職に際して最も評価されるのが「実務経験」です。板金設計の分野では、扱う金属に違いがあったとしても、何らかの板金設計の経験があれば、これまで培ったスキルを応用することができ、業界・業種の垣根を越えて活躍することは、それほど難しいことではありません。

金属加工に携わる実務経験

板金設計そのものが未経験だったとしても、金属加工に携わる実務経験がある人なら「金属の性質」についての知見があるでしょう。「金属を加工するとき、金属にどのような変化が生じるか」「金属を扱う際に注意しなくてはならないのはどのような点か」といった知見は、採用を検討する企業にとって魅力です。重要な評価ポイントとなるでしょう。

金属以外の素材を扱った経験

金属以外の素材を扱った経験も無駄にはなりません。例えば、樹脂加工などがそれにあたります。もちろん、金属とプラスチックとでは加工方法も加工時の変性も大きく異なるものの、「素材の性質を見極め、最適な加工法や加工の流れを設計する」といったプロセスに共通点が多いからです。

まったくの未経験者でも転職可能!

板金設計の仕事には、「設計補助」というアシスタントの存在が欠かせません。まずはこのような働き方で板金設計の実務に携わり、上司や先輩の働き方を見ながら、板金設計の技術を身に付けていくという方法もあります。
例えば、「文系学部を卒業し、これまで事務職として働いてきた」という人でも、このようなルートを経て一流の設計者を目指すことは、決して不可能ではないのです。

転職成功のポイントは「企業研究」

転職活動が成功するかどうかは企業研究にかかっているというほど、企業研究は転職活動の基本であり、とても大事なことです。
志望する企業の選定の際、仕事内容や対象となるプロダクトの種類などに関心が集中してしまうケースがよく見られます。これは、技術職の転職アプローチとしては決して間違ってはいません。
しかし、志望する企業を絞り込む段階で「自分は将来どのような技術者になりたいのか」といったビジョンをしっかり固めておき、その方向性にキャリアを伸ばしていける企業をピックアップしていくことが、本当の意味での企業研究といえるでしょう。
特に板金設計は、会社によって自分がどこまで成長できるかが大きく変わります。それは、転職する会社の業種や業態、規模などによって、習得できる技術の方向性がまったく違うからです。また、企業の中には、一定のところで習得できる技術レベルが頭打ちになってしまい、それ以上の成長が難しいという職場もあります。
内定をもらうまでが転職ではありません。将来的に目指す自分になれる会社であること。それが本当の意味での転職成功です。

マイナビエージェントに企業研究のご相談を

転職先選びは、その後のあなたの未来を選ぶといっても過言ではありません。しかし、「企業研究といわれても、業界そのものが未経験なので研究のしようがない」という方もいらっしゃると思います。そんな方は、私たちマイナビエージェントにご相談ください。
マイナビエージェントが扱っている求人情報は、約80%が非公開求人のため、他では得られなかった求人情報の中から、あなたに合う企業をご提案することが可能です。また、業界専任のキャリアアドバイザーが企業研究をサポートし、あなたのスキルや希望に沿った企業とのマッチングをお手伝いいたします。

ものづくりメーカーの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。