電気設備設計|求人転職エージェント

ものづくりメーカーの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ものづくりメーカーの職種図鑑

電気設備設計

「電気設備設計」は、人が電気を使って生活していく以上、決して欠かすことのできない仕事です。慢性的な人材不足といわれる業界にあって、さらに若い設計者の離職率が高いことから「若手人材に対する需要」が高まっています。
ここでは、電気設備設計の仕事内容と、仕事をする上で役立つ資格について、さらに電気設備設計者への転職活動をする際のポイントをご紹介します。

電気設備設計の仕事内容とは

電気設備設計は、建物の照明のスイッチやコンセントなど、さまざまな電気設備の設計をする仕事です。設計事務所などが作成した建物の設計図を基に、電気設備に関する配線やレイアウトなどを決め、電気設備設計図を完成させていきます。
電気設備設計図を作成するにあたっては、安全性や法規などのほか、コストも考慮しなくてはなりません。また、発注者・施工者・その建物の管理者などに、きちんと設計の意図が伝わる図面を作ることも求められます。
もちろん、住宅、ビル、商業施設など、設計を手掛ける建物は多岐にわたります。これらの建物に照明や空調などの電気設備が適切に設置されなければ、住人や利用者が快適に過ごしたり、安心して生活したりすることはできません。人類に電気が欠かせない以上、電気設備設計は人々の生活のベースを担う責任の大きい仕事といえるでしょう。

ほかにもある建築に関する設計の仕事との違い

電気設備設計は、建築関連の仕事の中にあって「内部設備」を担当します。建築に関する設計の仕事には、内外装のデザインを担当する「意匠設計」や、建物の構造と安全性を担当する「構造設計」といったものがあります。
電気設備設計者は、その中でも電気設備に関するスペシャリストとして、建物内の電気設備の設計を任されます。意匠設計や構造設計が人体の「骨格」づくりを担っているとすると、電気設備設計はその「内臓や血管」を作っているといえるでしょう。

電気設備設計の仕事の魅力とは

電気設備設計という仕事の魅力は、担当する建物の利用者の暮らしを守り、利便性や安全性に貢献できるということが挙げられます。電気設備は人々の生活から切り離せない分、責任も大きいですが、それだけ達成感ややりがいもあります。
スキルと経験次第ではありますが、住宅やビル、商業施設、公共施設など、あらゆる建物の電気設備設計を担当することができる点も魅力です。手掛けることができる仕事の幅広さ、場所や地域を選ばずに働ける点も見逃せません。

電気設備設計の仕事に役立つ資格

電気設備設計者への転職や、電気設備設計者としてのキャリアアップに役立つ資格はいくつか存在しますが、中でも特に有効なものを2つご紹介します。
なお、電気設備設計者となるために絶対に必要な資格はありませんが、資格を取得することで知識が深まり、手掛けられる設備設計の幅が広がります。また、資格を持っていることで責任ある立場を任され、規模の大きな仕事を担当することにもつながりますので、ぜひ取得を目指してください。

電気工事施工管理技士

「電気工事施工管理技士」とは、実際に電気設備を施工する際に、施工プランや施工図の作成、工程や安全面の管理を行うための国家資格です。この資格は、電気工事の計画や施工図作成を行うスペシャリストであることを証明するもので、建設工事現場に必ず1名は置く必要があります。検定試験は1級と2級に分かれていて、どちらも一般建設業の営業所で「専任技術者」に就くことが可能です。
なお、電気設備設計士は、実際に現場に立って工事を担当するわけではありません。それでも、施工に関する知識や技術を学ぶことは、電気設備のプラン作成や設計を行うときに大いに役立ちます。いきなり取得を目指すのではなく、初めに電気設備の工事を行う「第二種電気工事士」「第一種電気工事士」の資格を取得後に、電気工事施工管理技士を目指すケースが多いようです。

建築士

電気設備設計には「法的に制限されている」分野があり、代表的なものとして「非常用照明装置」「予備電源設備」「避雷設備」など、防災に関わる設備が挙げられます。これらの設備設計プランを立てる場合は、「一級建築士」もしくは「二級建築士」の資格取得者である必要があります。
建築士の資格を取得することで、設計を手掛けられる電気設備(建物)の幅が広がります。手掛ける建物の種類を増やしたい人や大規模な建物の電気設備設計に携わりたい人にとって、必須の資格といえるでしょう。

電気設備設計者のキャリアプラン

電気設備設計の仕事は、どのようなキャリアプランが描けるのでしょうか?

若手の人材に対する需要が高い

建築・土木業界と密接し、新築や増改築に限らず建物の工事があれば必要になるのが電気設備設計の仕事です。特に東京圏では、2020年の東京オリンピック開催に向け、さらなら建設ラッシュが見込まれているため、電気設備設計の需要は高くなっています。しかし、旺盛な需要に応えるほど人材が多いわけではありません。また、経験豊富なシニア層が多い一方、次世代の電気設備設計を担う若年層は不足しています。
そのため、建設業界では「未経験者を一から育てていく」傾向がはっきり見られます。未経験でも業界外からでも、電気設備設計者を目指しやすい環境が整っているといえるでしょう。もちろん、経験者や関連資格の所有者にとって、転職しやすい状況であることはいうまでもありません。

資格取得によって仕事の幅も広がる

先ほどもご紹介したとおり、電気設備設計の仕事に必須の資格は存在しません。しかし、建築士や電気工事士の資格を取得することで、手掛けられる電気設備の幅が広がり、より大きなスケールの仕事を担えるようになります。責任ある立場で規模の大きいプロジェクト(建物)に関わることは、本人のスキルアップはもちろん、周囲からの評価にもつながります。
また、有資格者となることでキャリアアップや待遇の向上も見込め、その後のキャリアプランの形成にも役立つことは確実です。

電気設備設計者への転職を成功させるためのポイント

電気設備設計者への転職を成功させるためには、応募書類や面接で適切な自己PRを行うことが大切です。採用側が何を重視しているのかを知り、それに合わせた対策をすることで転職を成功へと導きましょう。
とはいえ、それを一人で見いだし、実行するのは困難ですから、あなたをフォローしてくれる転職エージェントへの登録がおすすめです。

広い視野や判断力が問われる

建物の電気設備設計を行う際は、ただ図面を引くだけでなく、利便性や安全性、経済性、法規などを考慮しなければなりません。また、発注者や施工者に設計の意図が十分に伝わらない場合は、設計図のほかに概要書や比較・検討するための資料、さらには計算書などを用意することもあるでしょう。
応募書類や面接の自己PRでは、第一に電気設備設計に関する広い視野と判断力を有していることを伝えてください。その上で、クライアントや工事を担当する人に設計の意図を正しく理解してもらうための「コミュニケーション能力」を有していることも、積極的にアピールするようにしましょう。

転職エージェントに登録する

転職活動は一人で行うことができますが、転職エージェントを利用したほうがスムーズに進みます。転職情報と支援内容が充実しているマイナビエージェントは、次のような転職支援サービスをご提供しています。

  • 建築設計や土木、プラントなど設備関連の求人を見つけやすい

    マイナビエージェントでは、電気設備設計関連の求人情報は、不動産・建築業界の「建築設計/土木/プラント/設備等」から見つけることができます。公開求人数も豊富ですが、ほかでは知ることができない「非公開求人」が充実していることが特長です。
    職種、勤務地、年収などの条件を絞り込み、希望に合う企業を見つけてください。さらに、キャリアアドバイザーに相談すれば、当該企業の詳しい情報を知ることも可能です。応募前に疑問点をすべて解消しておきましょう。

  • マイナビエージェント独自のサポートが充実

    マイナビエージェントの転職支援サービスでは、希望条件に合った求人をご紹介します。キャリアアドバイザーとカウンセリングを行い、より詳しく職歴やキャリアプラン、転職に関する希望などをお伝えいただくことで、企業のニーズに合致した求人をご紹介できるのです。応募が決まると、「応募書類の添削」「面接対策」といった各種サポートを受けていただくこともできます。

ものづくりメーカーの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。