配管設計|求人転職エージェント

ものづくりメーカーの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ものづくりメーカーの職種図鑑

配管設計

「配管設計」とはどんな仕事なのでしょうか?ここでは「建築物」と「プラント」、それぞれの配管設計業務の違いや、配管設計者へ転職する際に役立つ資格、キャリアプランなどについてご紹介します。
また、転職で重要なポイントとなる書類・面接対策や、転職エージェントを活用するメリットについても見ていきましょう。

配管設計は施設の「血管」を作る仕事

配管は、よく「血管」に例えられます。心臓をはじめとしたさまざまな臓器をつなぐ血管のように、建物内の装置や設備といった機械の数々をつなぐ、重要な役割を果たしているのが配管なのです。配管設計は、この配管網の設計を手掛ける仕事になります。
配管設計の仕事は、「空間設計」でもあります。土木や建築、各種機器などの仕事と連携しながら、運転や点検がしやすく、消費エネルギーとコストに関しても無駄がない配管レイアウト設計をしていきます。

建築物の配管設計とプラントの配管設計

配管設計と一口に言っても、「建築物の配管設計」と「プラントの配管設計」は業務内容が大きく異なります。また、配管設計の仕事ならではのやりがいや魅力についても見ていきましょう。

建築物の配管設計

ビルなどの、一般的な建物の配管設計を担当する仕事です。配管の種類としては、給排水配管や空調のエアー配管などが挙げられます。プラントの配管設計にも共通していえることですが、配管設計では次のようなポイントを考慮して設計を進めていきます。

  • 運転や操作、保守点検、安全面に問題がないか

  • 耐圧や熱膨張応力、振動などの強度に問題がないか

  • 消費エネルギーに無駄がないか

  • コスト低減が図れる配管か

  • 美観を損ねていないか

建物内のさまざまな機器に対する知識と配慮が求められ、ほかの土木・建築・機器などの仕事との連携も重要となります。

プラントの配管設計

プラントの配管設計では、化学や食品の工場、製鉄所といった施設特有の配管レイアウトを担当することになります。上下水道はもちろん、高温の熱湯やガス、液体など、プラントの配管内はさまざまな流体が通るものです。こういった施設の配管設計をする際は、配管内を通る液体やガスなどに適した材質・寸法に加え、送り出すためのポンプやモーターなどの設計も行うため、一般的な建物の配管設計よりも高度な知識が求められるといえるでしょう。

配管設計ならではの魅力とは

配管設計の仕事ならではのやりがいや魅力は、その専門性の高さにあるといえるでしょう。配管設計を担当した建物の、さまざまな機器がしっかりと機能するためには欠かせない仕事です。そして建物の利用者に役立ち、安心感を与えることにもつながります。
特に工場のような施設のプラント配管の場合、可燃性や毒性の高い流体が通るケースも多く、破損や漏洩が許されないため、責任のある仕事ともいえます。その分、施設の完成という目標も大きく、ほかの技術者との連携も通して、プロジェクトやチーム全体での達成感を得ることができるでしょう。

配管設計の仕事に役立つ資格

ここからは、配管設計者への転職や、配管設計者としてのキャリアアップに役立つ資格を紹介します。
配管設計の仕事で必要または役立つ資格としては、CAD関係の資格や機械部門の技術士などが挙げられます。

  • CAD関係の資格

    配管設計には、コンピューターのCAD(キャド)システムが使われています。そのため、CADに関する資格を取得して仕事に活かしている配管設計者は多いです。CAD関係の資格として著名なものは、「CAD利用技術者試験」と「CADトレース技能審査」です。
    CAD利用技術者試験は2次元CAD利用技術者と3次元CAD利用技術者に分かれていて、それぞれ3段階(2次元は基礎・2級・1級、3次元は2級・準1級・1級)のレベルが設定されています。さらに、2次元CADの1級は、機械と建築、トレースの3分野に分かれ、CADを使用する幅広い業務の専門家であることを示す資格となっています。CADトレース技能審査は、初級・中級・上級の3段階で、機械部門と建築部門に分かれています。

  • 技術士・技術士補(機械部門)

    「技術士」と「技術士補」の資格は、公益社団法人日本技術士会が実施する国家試験によって取得できます。高い技術を持つ技術者であることを証明できるため、転職の場面はもちろん、その後の業務においても大いに役立つ資格です。
    第一次試験に合格または指定の教育課程を修了すると「修習技術者」となり、登録すると技術士補の資格が得られます。その上で実務経験を積むと第二次試験を受けることができます。これに合格して登録すると、ようやく技術士の資格が得られるのです。なお、技術士及び技術士補の第一次試験は、基礎科目と適性科目のほかに、20の専門科目から1つを選んで受験することになります。配管設計は、機械部門の機械設計、材料力学、機械力学・制御などの科目を選択するといいでしょう。

  • 機械設計技術者

    「機械設計技術者」は、一般社団法人日本機械設計工業会が、機械設計技術者のスキルを認定するために行っている資格試験です。安全且つ効率の良い機械設計ができる技術を有する技術者であることを認定するもので、国家試験ではありませんが、配管設計の転職や業務を遂行する上で非常に役立ちます。試験は1級から3級まであり、実務経験がない場合は、受験資格に制限がない(学生でも受験可能な)3級から挑戦することとなります。

配管設計者のキャリアプラン

配管設計者としてキャリアアップするには、どのようなことが大切なのでしょうか?特定分野に特化した技術者ならではの、キャリアプランのポイントを見ていきましょう。

まずは知識を付けることとスキルアップを優先

配管設計者として第一線で働き続けるためには、前述したように、実務経験と専門的な知識が必要となります。そのため、実務経験がない場合は、CADや配管設計に関してしっかりと知識をつけることが肝心です。CADや配管設計について学びながら、徐々に設計スキルも上げられるような会社への転職が理想といえるでしょう。
ある程度、知識と実務経験が伴ってきたら、スキルアップを目指せる上級の資格取得に挑戦することをおすすめします。技術者として箔がつき、さらなるキャリアアップも目指せるでしょう。

エンジニア同士のつながりも大切

配管設計は、設計スキルだけでなく、さまざまな建物や機器に関する知識が必要となります。そのため、連携して設計を完成させていくこととなる、ほかのエンジニアとのつながりも重要です。コミュニケーションを密にとりながら、より良い物づくりができる環境が整えられている企業への転職を意識してください。

配管設計者への転職を成功させるためのポイント

配管設計の仕事への転職を成功に導くポイントも併せてご紹介します。

応募書類・面接の対策を念入りに

あらゆる職種の転職においていえることですが、応募書類・面接対策は重要なポイントとなります。

  • 応募書類

    転職をする際は、必ず職務経歴書と履歴書を提出することになります。経験者採用であれば、これまでの詳しい業務内容や実績が、未経験であれば人柄ややる気が重視されます。また、最低限の応募条件を満たしているのか、転職後に活かせる強みを持っているのかといったことも応募書類から判断されます。

  • 面接

    面接では、応募書類よりもさらに詳しくその人自身のスキルやキャリアプラン、人柄などが審査されることとなります。その志望企業ならではの志望動機や自己PRも伝えることが大切です。

転職エージェントを活用するメリット

転職エージェントには、転職サイトにはない多くのメリットがあります。中でもマイナビエージェントは、人材情報サービスを幅広く展開するマイナビグループだからこそ紹介できる案件を多く抱えていることが特長です。
キャリアアドバイザーとカウンセリングをすることで、自分の希望にマッチした求人案内を紹介してもらえるだけでなく、書類や面接対策のサポートを受けることができます。また、非公開求人の案内も多いため、転職サイトだけで転職先を探すよりも圧倒的に選択肢が広がるでしょう。建築関連の求人も充実していますので、配管設計者を目指している人にとっては心強い味方。経験者はもちろん、未経験からの転職につきましても、一度ご相談ください。

ものづくりメーカーの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。