システムエンジニアへの転職を目指す人が知っておくべきこと|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

システムエンジニアへの
転職を目指す人が
知りたいことを徹底解説!

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

システム設計や開発などにおいて、上流工程を担当することが多いシステムエンジニア。その仕事はエンジニアの枠を越え、営業職に近い側面も持っています。そんなシステムエンジニアへの転職を思い立った際に気になることといえば、「転職先企業の選び方はどうすればいいの?」「必要な資格やスキルは何?」「年収の相場は?」といったことがあると思います。
ここでは、システムエンジニアへの転職を考えた人たちが知りたいと思う代表的なことについて、いくつかご紹介します。

システムエンジニアへの転職って誰でもできるの?

未経験の方なら「システムエンジニアには誰でもなれるのか?」という点について、気になるかと思います。
システムエンジニア(SE)の仕事を検索すると、プログラミングによる実装工程よりも、さらにまえの段階である上流工程の業務を担当することがほとんどと紹介されていると思います。これを見ると、専門性の高い分野だから、そう簡単には転職できないだろうと思ってしまいますが、実は未経験からのスタートも可能なのです。ただし、キャリアを積んで仕事の幅を広げるとなると、当然、それ相応の資格を取得する必要や知識を深める必要はありますが、それは仕事についてからでも十分間に合います。

転職先の選び方

一言でシステムエンジニアといっても、就業先によって仕事内容が異なります。就業先を大きく分けると、SIerに入るか、メーカーや商社などの一般企業に入るかという2択となります。

SIerに入る

一般的に、SIerと呼ばれる会社に入ってシステムエンジニアになると、他企業から依頼されるシステム構築から導入までを受注して作業をすることになります。しかし、それも就業先の企業の規模によって仕事内容に差があります。
例えば、就業先が大手SIerであれば、発注元企業からのシステム構築に必要な業務分析やコンサルティングがおもな仕事となり、マネジメント要素が大きくなることが多いです。これが、中規模SIerや小規模SIerとなると、大手SIerからの下請け業務がおもな仕事となり、客先常駐型の開発がメインになることが多くなるでしょう。もちろん、小規模プロジェクトなどの依頼であれば中規模SIerや小規模SIerのみでマネジメントから開発業務までこなすこともあります。
自分はマネジメントをメインにした仕事がしたいのか、受注した業務を実際に行う開発メインの仕事がしたいのかによって、就業先に選ぶSIerの規模を見極める必要があります。

メーカーや商社などの一般企業に入る

他企業からの依頼を主とするSIerとは違い、一般企業の中で、その企業内のシステム開発・運用をする社内SEという道もあります。社内SEは「顧客となるのが自社内の人間だから感謝されやすい」「残業が少ない」「休みが取りやすい」といったメリットがあり、人気の雇用形態となっています。
ただし、発注元の企業を転々としたりする勤務形態とは違い、ずっと同じ職場で働き続けることになりますので、その働き方が自分に合っているのかをしっかり考えましょう。

システムエンジニアの転職を成功させるには

前述したように、システムエンジニアというのはかなり人気の職種であるため、良い求人はすぐになくなってしまうといってもいいでしょう。求人が出たら、すぐに行動するスピードが大切です。もし、あなたがシステムエンジニアへの転職を考えているのなら、すぐに応募できる態勢を整えておく必要があります。また、新たな求人が出ているかどうかを絶えずチェックし続ける必要もあります。
それが忙しくてできないのであれば、転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。マイナビエージェントは、あなたが希望する企業をIT業界に詳しいキャリアアドバイザーが選別・提案し、応募のサポートもいたします。

さっそくキャリアアドバイザーに相談する

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

システムエンジニアとして取得しているといい資格

システムエンジニアとして仕事をしたり、名乗ったりすることに資格は必要ありませんが、システムエンジニアに関係する資格を持っていれば、信用度が上がるのは当然です。また、資格を所有していると会社から資格手当がでたり、資格取得時に合格報奨金を出してくれたりする会社もありますので、自分の知識やスキル、そして収入を増やすためにも、積極的に資格取得は行いましょう。
以下が、システムエンジニアにおすすめの資格です。中には、システムエンジニアとしての実務経験がなくても取得できるものもあります。これからシステムエンジニアを目指す人にとっては、転職活動の大きな武器になるでしょう。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」は、IT系資格の中でさまざまなエンジニアが最も多く取得している資格です。毎年春と秋に実施され、2016年は基本情報技術者試験が14万4,501人、応用情報技術者試験が10万302人受験しています。基本情報技術者試験はITエンジニアの登竜門であり、応用情報技術者試験はその上級資格となります。

試験対象者

  • 基本情報処理者試験:高度IT人材となるために必要な「基本的な知識や技能」を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者

  • 応用情報処理者試験:高度IT人材となるために必要な「応用的な知識や技能」を持ち、高度IT人材としての方向性を確立した者

システムアーキテクト試験

アーキテクトとは設計という意味で、「システムアーキテクト試験」は情報システムや組み込みシステムにおける設計、開発を主導できるかをテストするものとなっています。2016年は8,157名が応募し、合格率は13.9%でした。難度は高く、上級システムエンジニア向けの資格となっています。

試験対象者

高度IT人材として確立した専門分野を持ち、情報システムまたは組込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するための設計、開発を主導する者。

ネットワークスペシャリスト試験

「ネットワークスペシャリスト試験」は、ネットワークシステムの構築、運用に携わるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指している方に向けた資格です。2016年の応募者数は18,096名で、合格率は15.4%と、こちらも難度は高めですが、ネットワーク系のエンジニアへの転職の際には持っていたほうが有利になる資格です。

試験対象者

ネットワークに関する高度な専門家として、最適な情報システム基盤の中心的な役割を果たし、また、その専門的な技術で技術支援を行う者。

システムエンジニアの年収

マイナビエージェントの調査によると、システムエンジニアの平均年収は、20代で395万円です。30代になると平均年収は500万円を超えますが、それでもほかのIT業種よりは低い数字です。これは、システムエンジニアの平均年齢が低いことが影響しています。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 395万円 393万円 399万円
30代 505万円 509万円 482万円

なお、男女の平均年収差は、それほど大きくありません。最近は、女性の技術者も増えていることから、女性にとって働きがいがある業種といえるでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。