未経験職種への転職は可能でしょうか?|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

未経験職種への転職は
可能でしょうか?

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

転職をきっかけに、新しい職種にチャレンジしたいと考える人は少なくありません。しかし、そう考える人の多くが、経験がないと転職そのものも難しいのではないかと思うようです。
そこで、未経験職種への転職での注意点をまとめました。未経験であるという事実は転職にどんな影響を与えるのか、未経験でも転職はできるのかなどについてご紹介します。

未経験でも求めている企業はある

企業の求人情報を見てみると、中には「未経験可」と書かれているものも多くあります。それだけを見れば、未経験の人でも採用したいという企業があるのだから、転職に経験は関係ないと感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、本当にそのように受け取っていいのでしょうか?

「未経験可」は未経験者を求めているわけではない

転職サイトで検索をすると、「未経験可」という求人は確かに多く見受けられます。それをそのまま受け取ると、未経験者であっても転職先は多いと思ってしまうかもしれません。しかし、求人を未経験可とすることには、求人企業側に別の狙いがあることも少なくありません。
それは、「経験者のみ」としてしまうと、「高い経験値を求められているのではないか」と応募者が不安になり、経験者が集まらなくなってしまうことがあるからです。そのため、未経験可とすることで、経験者が応募しやすくなるのです。
また、たとえ企業側にそういった狙いがないとしても、「未経験可」の求人に経験者が応募してくる可能性は大いにあります。つまり、「未経験可」の求人は、経験者がライバルとなることも多いのです。

転職のチャンスを逃さないためにしっかり準備を

未経験職種を希望している人には少し厳しい現実をお伝えしましたが、もちろん実際には未経験でもいいから戦力になってほしいという企業もあります。特に需要が高まっている職種ほど、転職のチャンスは多いといえます。
採用されることは簡単ではないかもしれませんが、未経験であっても転職の機会はあるのです。小さな可能性をつかみ取るためにも、しっかりと戦略を立てて転職活動に臨みましょう。

未経験転職の闘い方

「未経験可」は、未経験者だけを求めているものではないこと、そして経験者がライバルになるかもしれないということをご紹介しました。
それでは、どうすれば未経験職種への転職に成功できるのか、その闘い方をご紹介します。

未経験職に挑戦する姿勢がプラスに

未経験とはいえ、まったくゼロからのスタートではいけません。未経験の業務に関係した資格の勉強をするだけでも、業務の知識を得ることができますし、新しい仕事への理解も深まります。
また、そうした努力は、「仕事に対する意識が高い」と転職活動の際に高く評価されるでしょう。もし、面接時に資格取得の準備中だったとしても、そのことをアピールすることをおすすめします。

自らの魅力が伝わる職務経歴書を書く

企業の採用担当者の多くが、面接の際に未経験の応募者に聞く質問として、「どうして未経験でも目指そうと思ったのか」というものがあります。
そのような質問をされた場合は、あなたにとってアピールできるチャンスと捉えて、しっかりと動機を伝えましょう。受け身ではなく、「こうなりたい」「成長したい」という積極的な姿勢が大切です。また、そうした積極的な動機を、職務経歴書にも事前に書き込んでおきましょう。

これまでの職務経験を武器に変える

新しい職種は未経験であっても、これまでの経験がまったく評価されないというわけではありません。具体的にどのような仕事をしてきたのか、やりがいを感じたエピソードなどを交えて、これまでの仕事ぶりを担当者に伝えるといいでしょう。しかし、ここで大切なのは伝え方です。採用担当者は、あなたの経験してきた職種の知識があるとは限りませんから、相手が想像しやすい伝え方を心掛けましょう。

例えば、営業職から未経験の企画職に応募する場合に、「営業時代に顧客のニーズを的確に把握する力を身に付けたので、顧客のニーズを反映した商品企画を提案できる自信があります」など、あなたが現在持っているスキルが転職先で具体的にどう活かせるのか説明しましょう。さらに、社会人としての経験や仕事に対する熱意をアピールできれば、未経験食への転職成功も夢ではありません。

未経験職種でもアピール次第で転職可能

未経験職種でも、今までの社会人経験を新しい職種にも活かせることや熱意をアピールできれば、転職成功も夢ではありません。

例えば、営業職から未経験の企画職へ応募する場合は「営業時代に顧客ニーズを的確に把握する力を身につけたので、顧客ニーズを反映した商品企画ができる自信があります」など、具体的に新しい職種へ活かせる強みがあることを応募書類や面接の場で伝えましょう。企業側にあなたを雇うことでなんらかのメリットがあると思わせることが重要です。

また、未経験職種への転職で、業界動向がわからないようなケースでは、転職エージェントのサービスの活用もポイントとなります。担当のキャリアアドバイザーから、希望職種の募集状況に関する情報や自己分析のサポートやアドバイスをもらいながら転職活動を進めていきましょう。

未経験転職で失敗しないために

たとえ未経験であっても求めている企業があることや、未経験の場合の転職活動の仕方をご紹介してきました。しかし、未経験の職種への転職は、そう簡単なことではありません。また、転職活動を勝ち抜き、内定をもらえたのに、その後、その転職は失敗だったということもあります。

というのも、未経験者は実際にその仕事をしたことがなく、転職前にどういう仕事なのかを完全に把握するのは難しいからです。転職希望者の中には、未経験職種に過度な期待をしてしまって、「転職してみたら想像と違った」「思い描いていたような仕事ではなかった」といった事態が起こりえます。

そこで、もしも未経験の職種への転職を思い立ったなら、その職種の経験者から話を聞くなどして、良い面だけではなく、仕事の大変さなどについても知っておくといいでしょう。もしも、経験者が周りにいないのであれば、転職エージェントに相談することをおすすめします。
マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、さまざまな職種を専門とするスタッフです。未経験の職種でも、その仕事の実情などについてお伝えすることができます。

未経験職種への転職で注意すべきこととは?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。