SIerを辞めたい方におすすめの転職先5選!転職成功のポイントも紹介|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2023/05/11

IT業界

SIerを辞めたい方におすすめの転職先5選!転職成功のポイントも紹介

it_1432.jpg

この記事のまとめ

  • SIerを辞めたいと感じる理由は「スキルアップのため」「残業が多い」「バグやエラーの対応に追われる」などさまざま。
  • SIerを辞めたい方におすすめの転職先には、Webエンジニアや社内SE、ITコンサルタントなどがある。
  • SIerからの転職を成功させたい方は、自分のスキルや経験を棚卸しし、企業研究を入念に行うことが大切。

SIerはシステムの開発・運用で重要な役割を担う企業です。しかし、SIerで働くと常に最新の知識を学び続ける必要があります。また、エラーやバグの対応に追われて長時間労働を余儀なくされ、「SIerを辞めたい」と考える方は少なくありません。

SIerから転職する際は、SIerで身につけたスキルや経験が活かせる職場を選ぶとよいでしょう。この記事ではSIerを辞めたい方に向けて、おすすめの転職先を5つ紹介します。また、転職時の注意点や成功のポイントも解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

「SIerを辞めたい」よくある理由とは?

it_1432_1.jpg

転職を成功させるには、転職理由を明確にすることが大切です。転職理由が曖昧なまま転職先を決めてしまうと、同じ失敗を繰り返してしまいかねません。ここでは、SIerを辞めたいと感じる主な理由を紹介します。転職理由がまだはっきりとしていない方は、「なぜ辞めたいのか」をいま一度確認しておきましょう。

スキルアップしたい

スキルアップのために転職したいと考える方は少なくありません。SIerはシステム開発において要件定義や設計といった上流工程を担い、開発は外部に委託することが多い傾向にあります。SIerに在籍しているとエンジニアとして直接コーディングに携わる機会が減るため、現場で自身の技術力を磨きたいと考えて転職を決断する方もいます

残業が多い

システム開発においては、スケジュールどおりに開発が進まなかったり、予期せぬトラブルが発生したりする可能性があります。プロジェクトの進行状況によっては、残業や休日出勤を余儀なくされるケースも少なくありません。残業が続くと、プライベートな時間が取れずにストレスがたまってしまう恐れがあります。また、疲労が回復せずに体調を崩すこともあるでしょう。そういった理由から辞めたいと考える方もいます。

バグやエラーの対応に追われる

複雑なシステムやソフトウェアの開発では、バグやエラーの対応に追われることがあります。修正作業に時間がかかってプロジェクト全体の進捗が遅れるケースも珍しくなく、仕事の厳しさが転職につながることがあります。ただし、バグやエラーの発生はソフトウェア開発においては避けられません。バグやエラーの改善に精神的なきつさを感じている方は、システム開発以外の仕事を選んだほうがよいでしょう。

給料が低い

大規模なプロジェクトでは、多重請負構造となっていることがほとんどです。多重請負構造とは、発注を受けた元請け企業が別の企業に発注し、その二次請け企業も別の企業へ発注するというような形で複数の請負業者が関与する構造のことです。下請けのSIerになるほど得られる報酬は少なくなるため、給料が低くなってしまいます。

仕事量に比して給料が低い場合、より労働条件のよい企業への転職を考える方は多い傾向にあります

客先常駐の環境に慣れない

下請けのSIerはプロジェクトの進行状況などを確認するために、クライアント企業に常駐して仕事をする形が一般的です。客先常駐は自社のオフィスとは異なる環境で働くことになるため、新しい環境に慣れるのに時間がかかることがあります。また、自社のメンバーとのコミュニケーション量が減少し、孤独を感じることもあるでしょう。そういったストレスからSIerを辞めたいと思う人もいます。

SIerを辞めたい方におすすめの転職先5選

it_1432_2.jpg

現在働いている職場に不満がある場合は、別のSIerに転職すれば問題が解決するでしょう。しかし、SIerの仕事自体に不満があるときは別の業界や職種に転職する必要があります。転職ではこれまでのキャリアや身につけたスキルを活かせる仕事を選ぶのがセオリーです。ここでは、SIerで働いた経験を活かせる転職先を5つピックアップして紹介します。

1.Web系エンジニア

Web系エンジニアは、WebアプリケーションやWebサイトの設計・開発・運用・保守などを行う仕事です。主にプログラミング言語を用いて、ユーザーが使いやすく、快適にWebサイトやアプリケーションを利用できるようなシステムの開発に携わります。

Web系エンジニアはSIerで働いた得たITの知識や経験が活かせる仕事です。Webサイトやアプリケーションは現代社会において欠かせないことからWeb系エンジニアの需要は高く、安定して働けるでしょう。

2.Webディレクター

WebディレクターはWebサイトやWebアプリケーションの企画・設計・制作・運用などを統括する仕事です。Web制作に関わるクライアントやチームメンバーとの調整、予算管理、品質管理、マーケティング施策の立案や実行など、多岐にわたる業務を担当します。

SIerでプロジェクトを統括していた経験があれば、スケジュール管理能力や調整力、マネジメント能力が活かせるでしょう。また、Webディレクターはクライアントのニーズや目的を考慮しながら、クリエイティブな企画やアイデアを出すことが求められます。自分自身の発想力を活かしたい方におすすめの仕事です。

3.社内SE

社内SEは自社システムの運用・保守・改善を担当する仕事です。社内で使用するパソコンやサーバー、ネットワークなどのインフラを整備し、トラブル発生時には迅速かつ正確に対応することが求められます。また、新しいシステムの導入やアップグレード、セキュリティ対策の実施なども社内SEの仕事です。

SIerと同じエンジニアの分類ですが、システムの開発をすることは基本的にありません。業務はシステムの運用がメインとなり、納期に追われることもなくなるでしょう。客先常駐を辞めたい方にもおすすめです。

4.IT業界の他職種

IT業界にはエンジニア以外にさまざまな職種があります。コミュニケーションスキルに自信がある場合は、IT営業やITコンサルタントなど、IT業界の他職種を検討してみるのもよいでしょう。

IT営業は情報技術に関する製品やサービスを提案し、販売するのが主な仕事です。ITコンサルタントは企業の業務プロセスや情報システムを分析し、最適な情報技術の導入や活用方法を提案する仕事です。両者ともクライアント企業の業務改善や効率化に貢献でき、やりがいや達成感を得られます。

5.フリーランスエンジニア

「企業に属せず自由に働きたい」「自分の実力で年収を上げたい」といった方は、フリーランスエンジニアになるのもよいでしょう。フリーランスエンジニアは企業や個人事業主などのクライアントから仕事を受注し、自らの専門知識や技術を駆使して開発や設計、プログラミングなどの業務を行います。

フリーランスエンジニアは、仕事のスケジュールや場所を自由に設定できるのがメリットです。また、自分が興味を持っている分野やプロジェクトを選んで働けるため、やりがいを感じながら働けます。しかし、スケジュールや進捗管理、クライアントとのやり取りなど、自分自身で責任を持って行う必要があります。

SIerから転職する際の注意点

it_1432_3.jpg

SIerを辞めて別の業種に転職する場合、これまでとは働き方や給与などが大きく変わることがあります。転職はそう何度も繰り返せるものではないため、慎重に行動してミスマッチを防ぎましょう。ここでは、SIerから転職する際に考慮しておきたい点を2つ紹介します。

仕事内容がこれまでとは大きく異なる可能性がある

SIerから異なる業種・職種へ転職すれば、仕事内容がこれまでと大きく異なる可能性があります。異業種へ転職する場合は、その業界・職種のルールや常識に戸惑うこともあるでしょう。ミスマッチを防ぐためにも、自分自身がやりたいことや成長したいと思っていることを明確にし、その目的を達成できる転職先を選ぶことが大切です。

給与や待遇が下がる場合がある

IT業界の中でもSIerの給与水準は高い傾向にあります。そのため、現在大手SIerに勤めている場合は転職で給与が下がってしまう可能性がある点に注意しましょう。

しかし給与や待遇が下がる場合でも、転職先で新しい経験やスキルを身につけられれば、将来的にはより高い報酬を得られる可能性は十分にあります。転職先選びの基準は給与や待遇だけではないため、働きやすさや環境などさまざまな要素を考慮し、総合的に判断してから決断しましょう。

SIerからの転職を成功させるポイント5つ

it_1432_4.jpg

SIerから転職すれば、今後の人生が大きく変わる可能性があります。自分自身の希望や目的をかなえ、納得のいく転職をするためにも事前準備は徹底しましょう。ここでは、SIerからの転職を成功させる5つのポイントを紹介します。

1.転職先を決めてから辞める

「SIerを辞めたい」と考えた場合は、転職先を決めてから退職することをおすすめします。転職先はスムーズに決まるとは限りません。転職先が決まる前に退職すると、内定を得られなかった際にキャリアに空白期間が生じます。

また、経済面でも収入が途絶え、転職先が決まらないことで余裕がなくなって焦りも出てくるでしょう。その結果、転職後のミスマッチにつながってしまうことも少なくありません。働きながらの転職活動は簡単ではありませんが、休日を利用して少しずつ計画的に行うのがおすすめです。

ただし、転職活動の前に退職することで心身ともにリフレッシュできるメリットもあります。自身の体調や状況に応じて退職のタイミングを検討するとよいでしょう。

2.将来の目標や理想を考える

転職活動を始める前に、自分の将来の目標や理想を考え、キャリアプランを練ることが大切です。ただ単に「SIerを辞めたい」「給与がよい会社へ転職したい」と目先のことだけを考えて転職すると、同じような失敗を繰り返してしまうでしょう。

まずは、自分が「どのような職種や業界で」「どのような仕事や役割を果たしたいのか」を明確にすることをおすすめします。転職活動に明確な軸を設定することで、自身の目標を実現できる転職先を選べるようになるでしょう。

3.自分のスキルや経験を棚卸しする

自分に合った転職先を見つけるには、これまでに培ってきたスキルや経験を棚卸しすることが大事です。自分の市場価値を正確に把握することで、どのような職種や業界に適しているか、転職先でどのような仕事ができるかを見極められます。

また、自分の強みを明らかにすることで、応募書類や面接時にアピールしやすくなります。自己分析が難しい場合は、家族や友人など身近な人の意見をもらうのもよいでしょう。

4.企業研究を入念にする

入社後のミスマッチを防ぐためには企業研究が重要です。企業研究をすれば企業のビジョンや雰囲気、経営戦略など細かい部分まで把握できるため、自分が本当にやりたい仕事なのかを判別できます。また、志望先企業が求める人物像やスキルを知ることで、これまでにSIerで培ってきたスキルや経験のうち何をアピールすれば採用担当者の心に刺さるのかが分かり、選考を有利に進められるようになるでしょう。

5.転職エージェントを利用する

転職活動を効率的に行いたい場合は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントを利用すれば自分の経歴やスキルに合った求人情報を紹介してくれるため、自分で求人情報を収集する手間を省けます。

また、面接対策や履歴書の添削支援など転職活動を全体的に支援してくれる点もメリットです。転職のプロのサポートを受けることで、働きながらでも転職の成功確率を上げられるでしょう。

まとめ

it_1432_5.jpg

SIerを辞めたい方におすすめの転職先には、Web系エンジニアや社内SE、IT営業などがあります。転職する際は目的や理由を明確にし、キャリアプランを設計することが大切です。また、自己分析と企業研究を入念に行い、自分の強みをきちんとアピールできるようにしましょう。

「転職活動のサポートを受けたい」「自分の経験が活かせる仕事を紹介してほしい」といった方は、マイナビITエージェントにご相談ください。業界に精通したキャリアアドバイザーが、SIerの経験が活かせる求人を紹介し、転職を成功に導くサポートをいたします。

関連記事:マイナビITエージェント

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

タグ一覧
執筆・編集

マイナビエージェント編集部

マイナビエージェント編集部では、IT業界・メーカー・営業職・金融業界など、様々な業界や職種の転職に役立つ情報を発信しています。マイナビエージェントとは、業界に精通したキャリアアドバイザーが専任チームで、あなたの転職活動をサポートします。多数の求人情報の中から最適な求人をご紹介します。

SNSシェア

注目コンテンツ