第二新卒の職務経歴書|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒の職務経歴書

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

いまの会社を、入社3年目以内で辞めると待っているのは、第二新卒としての転職活動です。転職活動を行うときに必須となる「職務経歴書」はあなたをアピールする大切な資料となります。しかし、第二新卒のあなたには、中途採用者のような職務経歴書は求められていません。実務経験がまだ短いため、アピールするべきポイントは中途採用者とは異なります。それでは第二新卒の職務経歴書ではなにを書くと良いのかを解説していきます。

第二新卒に求められる職務経歴書とは

まず、一般的に職務経歴書では、働いてきた会社で経験した仕事を通じて、身につけた専門性や、残してきた実績など実務能力を伝えるための資料です。フォーマットは決まっていないので、時系列で職務経験をまとめることもあれば、キャリアのジャンルごとにまとめる方法もあり、一番アピールしたいことが簡潔に表現できるように作成します。

しかし、3年目以内に会社を辞めている第二新卒の場合は、実務経験年数が短いため、スキルや専門性を記載しても、面接で専門的な質問を受けたときに答えられずに逆効果となってしまうケースもあります。採用担当者も、経験や専門性の少なさは分かっているので、経験よりも、やる気はあるか、社交性はあるか、困難な状況でも積極的に行動できるかなどといった性格や将来性を重用視しています。決して背伸びをして必要以上に良く見せようとするのではなく、ありのままの姿をアピールすることが大切です。

第二新卒の職務経歴書の書き方は

さて、実際にどのような職務経歴書を作成すれば自分を最大限売り込めるプレゼン資料とすることができるのでしょうか。経験よりも性格とはいえ、これまでの仕事の経験を通じて自分がどういう性格だったのかを表現する必要があります。そのために、具体的に経験した仕事を書き出し、与えられた役割がどういうものだったのか、そこで出した成果は何かを振り返ることから始めましょう。売上げや作業の効率化などの数値的な成果があれば伝えやすいですが、結果よりも過程を重視して情報を盛り込みます。

これまで何をしてきたか、これから何ができるのかが伝われば良いので、簡単な成果を書き出したら、具体的にどう頑張り工夫したか、何に打ち込んだか、コミュニケーションはどうしたかなどのあなたらしいエピソードを加えていきます。ここでは成功したことばかりでなく、正直に失敗したエピソードも入れましょう。1年目や2年目では失敗して身に付くことの方が多いので、そのときに何をしたかという行動特性を採用担当者は知りたいのです。しっかりと落とし込むことで、失敗経験もポジティブに伝えることが可能です。

また、プレゼン資料でもある職務経歴書は、フォントやデザインなど見やすさも工夫することで、最初の印象が変わってきます。最後に、職務経歴書が完成したら、社会人経験の人であなたを客観的に見てくれる人に確認してもらいましょう。その際には、業種・職種別に豊富な専門知識を持つマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに見てもらうことがおすすめです

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒の職務経歴書ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。