第二新卒のよくある質問とその対策|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒の
よくある質問とその対策

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

第二新卒として転職活動するときに面接で何を聞かれるのかと不安に思っていませんか。企業側が第二新卒に期待することは若さとポテンシャル。反対に不安に思うことは、3年目以内で会社を辞めているため、またすぐ辞めてしまうのではないかというポイントです。細かい質問や答えづらい質問も出てくるので、事前にできる対策について解説します。

なぜ辞めたのかという質問への対策

一番多い質問は、なんと言っても「なぜ前の会社を辞めたのか」ということです。第二新卒の求人は増えてきていますが、期待感がある反面、この人はすぐ辞めてしまうかもしれないという先入観も持っています。面接ではこの点にどれだけ明快に答えられるかが重要です。

なぜ辞めたのかという質問に対して、一番避けるべき回答は、人間関係や辛かったのでというネガティブな内容です。実際にネガティブな理由だったとしても、面接では自分を売り込む場です。事実でないことは言ってはいけませんが、辞めた理由をポジティブに語ることが求められます。採用担当者に、前の会社を転職しないと実現できないことがあるということを、理解してもらえるように話を準備しておきましょう。

例えば、「社会人として働くなかで、本当に将来実現したい夢が見つかり、現在の仕事ではできないので、転職を決めました」のように、はっきりと語れることで、企業の志望動機にも一貫性を出すことができます。前の会社ではできなかったことが、応募先の企業ではできるということをアピールできるように話を組み立てましょう

やりがいがない仕事に耐えられるかという質問への対策

また、第二新卒には、思い描いたことと違いやりがいを感じられなかったため辞めたという人も多くいます。企業側は、理想に固執している人よりも、希望しない仕事でも柔軟性をもって対応できるかを判断したいと思っています。そのためよく聞かれることは、「やりがいを感じられない仕事にも耐えられますか」という質問です。

この質問を受けたときに、自分が良いと思わない製品は勧めたくないと言った純潔性を語ることは危うさが伴います。志望先の企業のサービスや製品を100%良いものと思っていることが伝わればプラスに捉えてもらえますが、実際のところはやりたくない仕事をすることの方が多いものなので、ビジネス感覚に乏しい人という印象を抱かせてしまう可能性もあります。例えば、「どのような仕事からも学べることがあるので、自分のキャリアのためにはプラスになることだと思っています」という答え方が良いでしょう。ただし、思っていないことを話すと採用後に後悔することになるので、気をつけてください。

面接の前には、自分の実現したいことや、仕事を通じてどういったことを身につけたいのかを問い直すことが大切です。転職希望者の多いなかで、自分を雇うことのメリットを伝えられるようにしっかりと準備して面接に挑みましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒のよくある質問とその対策ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。