⼤⼿企業に転職したい!第⼆新卒で⼤⼿に転職成功するには?|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

⼤⼿企業に

転職したい!

第⼆新卒で⼤⼿に

転職成功するには?

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

社会⼈経験の浅い、いわゆる「第⼆新卒」と呼ばれる層の採⽤に⼒を⼊れる企業が増えています。最近では、三菱電機や三井住友銀⾏が採⽤を始めたほか、博報堂では採⽤数を2倍に増やすなど、⼤⼿企業でも第⼆新卒の採⽤を強化する動きが活発化し始めました。

⼈材採⽤のスタイルは、ゼロから⼈材を育成する「新卒採⽤」、専⾨知識を持つ⼈を即戦⼒として採⽤する「中途採⽤」の⼆本柱に、ポテンシャルに期待する「第⼆新卒採⽤」を加えた三本柱へと変わりつつあります。

こうした流れは、「中途採⽤で⼤⼿企業に転職したい!」という⼈にとっては追い⾵ではないでしょうか。
⼤⼿企業を⽬指す求職者は何に注意すべきか、また成功するポイントは何かを解説します。

「⼤⼿企業から⼤⼿企業」への転職はできる?

「新卒で⼤⼿企業に⼊社したけれど、思うような評価が得られない」「やりたい領域以外の仕事ばかりで、実⼒が発揮できない」といった理由で転職を考える⼈は多いものです。

しかし、「せっかく⼤⼿に⼊社したのに」という迷いが⾜かせになり、なかなか⾜を踏み出せないという⼈もいるのではないでしょうか。
こうした場合、「もう⼀度、別の⼤⼿企業に転職する」ことも可能です。実際に⼤⼿企業から⼤⼿企業に転職する例もあります。
ただし、⼤⼿企業出⾝者には、転職市場で歓迎されにくい特徴があるともいわれています。もしあなたが以下のような項⽬にあてはまる場合、⼤⼿企業への転職に苦戦する可能性があります。

・経験が限られている
「第⼆新卒」の定義は企業によってまちまちですが、概ね3年未満の実務経験を⽬安としているところが多いようです。しかし、中⼩企業での3年と、⼤企業での3年には⼤きな違いがあります。ベンチャー企業や中⼩企業では、職域を越えて仕事を任されることが多く、短い期間に幅広い経験を積むことができます。また、実⼒主義の会社も多いので、⼊社からの年数に関わらず責任あるポジションを経験することもできるでしょう。
対して⼤⼿企業の数年は、言ってみれば大規模な組織における歯車のひとつ。職域は狭く、専⾨的です。⾝に付けたスキルに汎⽤性がないことも多く、転職先も限られる傾向があります。

・プライドが⾼い
特に、最初に⼊社した⼤企業に誇りを強く持っているタイプにあてはまる特徴です。プライドが⾼く、前職と現職を⽐較して不満を漏らしたり、「⾃分ならもっと良い案を提⽰できる」と他者を⾒下したりするタイプは、採⽤に⾄らないかもしれません。

この2つの懸念点も、社会⼈経験の浅い第⼆新卒なら「前職に染まり切っておらず、ポテンシャルがある」と判断してもらえる可能性があります。「意欲がある」「新卒に近いフレッシュさがありながら、⼀通りのビジネスマナーは⾝に付いている」といったところを積極的にアピールできれば、道は開けるでしょう。

では、いざ転職することになった場合、⼤⼿企業から⼤⼿企業への転職におけるメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

■⼤⼿企業から⼤⼿企業に転職するメリット

(1)企業⾵⼟やカルチャーが近く、違和感なく溶け込める
⼤企業には、⼤企業ならではのカルチャーがあります。バックボーンや性質も似ている⼈が多く、コミュニケーションにストレスを感じずに済むでしょう。

(2)安定した⽣活を維持できる
⼤企業で働く魅⼒のひとつは「安定感」です。⽼舗の⼤⼿企業の経営が危ういというニュースも⾒かけますが、⼀般的な中⼩企業に⽐べれば格段に安定しています。働く場所が変わっても⽣活の質は変わらないというのは、⼤きなメリットでしょう。

■⼤⼿企業から⼤⼿企業に転職するデメリット

(1)出世コースに乗れない可能性がある
⼤⼿企業では、いまだに年功序列・終⾝雇⽤を継続しているところが少なくありません。つまり、出世コースに乗っているのは新卒で採⽤された⼈材ということです。外部からの転職者が割って⼊るのは、⾮常に難しいといえるでしょう。

(2)同じ⽴場でも、新卒⼊社に⽐べると評価が低くなる可能性がある
年功序列の企業では、たとえ同じ年齢であっても、中途採⽤者より新卒で⼊社している社員のほうが⾼く評価される場合があります。

「中⼩企業から⼤⼿企業」への転職はできる?

「中⼩企業から⼤⼿企業への転職はできるか」という問いに対する答えは、「イエス」です。⼤企業が第⼆新卒のポテンシャルに⽬をつけている今なら、さらに⾼い成功率が⾒込めます。

「就職活動では⼤⼿企業ばかり狙って受けたけど、全滅だった」「本当は⼤⼿企業で働きたかった」という⼈にとっては、まさにチャンス到来!中⼩企業での幅広い経験をしっかりアピールし、成功を勝ち取りましょう。

ただし、中⼩企業で働いてきたことを卑下したり、極端に⼤企業を持ち上げたりする⾔動は禁物です。これまでの経験に⾃信がないように⾒えますし、単に「⼤⼿だから就職したい」というように聞こえてしまいます。
⾃分の経験が⼤企業でどう⽣かせるか、それをどのようにして培ってきたかという点を、丁寧に伝えることを⼼掛けましょう。

では、中⼩企業から⼤⼿企業に転職する場合のメリットとデメリットについて確認します。

■中⼩企業から⼤⼿企業に転職するメリット

(1)安定する
中⼩企業から⼤⼿企業に転職すると、ベースの給与の⾼さはもちろん、待遇⾯の⼿厚さに驚くかもしれません。当然ながら残業代もしっかり出ますし、家族⼿当や住宅購⼊補助なども充実しており、⽣活の安定感がグッと増します。

(2)「やるべきこと」が明確になる
雑務に追われることも珍しくない中⼩企業と違って、⼤⼿企業は組織体制が確⽴しており、職域が明確です。やるべきことにのみ集中できますので、⽣産性が上がります。

■中⼩企業から⼤⼿企業に転職するデメリット

(1)裁量権が失われる
中⼩企業にいるときは⾃分の裁量でどんどん進めることができた業務も、⼤⼿企業では上司の決裁を仰がなければなりません。「どんなに実⼒があっても発揮できない」「任された以上の仕事はできない」というもどかしさがあります。

(2)個⼈の結果が会社の業績に直結せず、やりがいが薄れる
⼤企業では、社員⼀⼈がどんなに良い成績を挙げたとしても、それが会社の業績に直結している感覚は得にくいかもしれません。たくさんの社員の中に埋もれてしまうという危機感に襲われたり、やりがいが感じられなくなったりする可能性があります。

そもそも「⼤⼿企業」とは?

そもそも「⼤⼿企業」とは、どんな会社のことなのでしょうか。
実は、⼤⼿企業に明確な定義はありません。
対して「中⼩企業」は、中⼩企業基本法という法律によって、業種ごとに資本⾦や従業員数が定められています。

【中⼩企業基本法第⼆条第⼀項】
資本⾦の額⼜は出資の総額が三億円以下の会社並びに常時使⽤する従業員の数が三百⼈以下の会社及び個⼈であつて、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く。)に属する事業を主たる事業として営むもの

出典:中⼩企業基本法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S38/S38HO154.html

資本⾦が少ない⼩売業などに対しては、その実情を踏まえた定義があるほか、卸売業、サービス業、⼩売業には上記と異なる定めが設けられています。

したがって、⼤企業とは「中⼩企業よりも資本⾦と従業員数が多く、その定義にあてはまらない企業」という、漠然とした存在を指す⾔葉ということになります。

確かに、資本が⼤きく確固たる基盤があれば、戦う市場も⼤きく、仕事の規模も⼤きくなるかもしれません。しかし、ただそれだけで、この漠然とした存在を「転職の⽬的」にしていいのでしょうか。

重要なのは、「⼤企業であるかどうか」ではなく、「その会社が何をしているか」「その会社で何ができるか」であることを忘れないようにしましょう。

中途採⽤で⼤⼿企業への転職を成功させるには?

企業は、第⼆新卒に即戦⼒としての活躍をそれほど強く望んでいません。求めているのは、これから花開くかもしれない「潜在能⼒」です。「より⾃分にとって興味がある業界の⼤⼿企業で熱意を持って働きたい」「中⼩企業で積み上げてきた経験を武器に、⼤⼿企業でさらに成⻑したい」という意思を、堂々と伝えることが成功への近道です。
異業種出⾝ならではの発想⼒と、仕事への情熱といった「可能性」を感じさせるアピールも有効でしょう。

転職活動に踏み切るまえに、⼤⼿企業に何を求めているのか、⼀度じっくり考えてみることも⼤切です。ネームバリューや安定感に惹かれただけの曖昧な志望動機では、いくら売り⼿市場であるといっても採⽤に⾄るのは難しいと⾔わざるをえません。
⾃分の中でしっかり答えを⾒つけてから、転職活動をスタートすることをおすすめします。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒」TOPにもどる

 関連ページ

転職活動の自己PRポイントと企業の気になる採用基準とはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。