第二新卒で中小企業から大手への転職は可能なのか|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒で中小企業から
大手への転職は可能なのか

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

新卒時に就職した企業が中小企業だった、という第二新卒の方も多いでしょう。「そこから大手企業に転職するのはやはり難しいのかな…?」「大手企業での就業経験がないと、転職は難しいのかもしれない」と悩む方もしばしばいらっしゃいます。では、中小企業から大手企業への転職は可能なのか、ここで詳しく説明していきましょう。

まず、企業の規模を問わず、就業した経験そのものがあなたの強みになることを理解しておきましょう。「中小企業だから仕事のスキルが何も身につかない」ということはありませんし、むしろ会社という限られた枠の中でどれだけ経験を積めたかということが、第二新卒の転職においては重視されます。どんなに小さな経験であっても、それをきちんと生かして成長できる人材は非常に魅力的です。逆に、企業の規模を言い訳にした転職理由はマイナスのイメージを与えてしまいます。「いままでの経験を武器に、大手企業で自分の力をさらに発揮したい」というポジティブな転職理由であれば歓迎されますが、「中小企業では何も学べなかったので転職したい」と言ってしまうと、自分自身に学ぶ意欲がなかったともとらえられ、良い印象を持ってもらえないのは明らかです。中小企業での就業経験を否定するような言葉は避けるとともに、そこで何を経験したかを強みにすれば、大手企業への転職も十分可能です。

もし「中小企業での就業経験は不利になる」という考えを持っているのであれば、それはすぐに改めるべきです。中小企業から大手企業に転職して活躍している先輩方も数多くいます。第二新卒は「新卒時に入った会社は失敗だった…」と否定してしまいがち。中には就業経験そのものを抹消したいと考える方もいらっしゃいます。もちろん、新卒時に就職した会社での業務の不一致を理由に、転職活動を行う方は多いでしょう。しかし、就業経験を自分の中で否定してしまうことはおすすめしません。経験は武器になるのですから、中小企業での就業経験もすべて前向きにとらえたうえでの転職活動が重要となります。

また、大手企業は基本的に従業員数が多いので、求人広告で明記している採用予定人数も多めです。それを踏まえると、第二新卒が中小企業から大手企業に転職をするのは決して難しいことではないと考えられます。むしろ、第二新卒自体の需要が高まっているいまこそがチャンスと言えるでしょう。中には新卒時に就職した企業を辞め、中小企業診断士など自分の武器になる資格を取ってから、第二新卒として改めて転職活動を行う方もいます。前向きな姿勢で転職活動に取り組み、スキルアップに意欲的な方は、大手企業に限らずどのような企業からも魅力的な人材として歓迎されます。もちろんこれはあくまで一例ですが、中小企業での経験をしっかりと生かして自分をアピールすれば、大手企業への転職も夢ではありません。自分の中で無理だと決めつけてしまわず、前向きな転職活動を行なうことが大切なのです。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒とは」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒で中小企業から大手への転職は可能なのかのページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。