女性の転職に有利な資格とは?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

今からでも取得
できる!女性が
転職に有利な資格

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

「転職に有利な資格を取得しましょう」という話を耳にすることがあると思います。
しかし、実際には転職に有利に働く資格と、そうでない資格があります。
また、「確かに持っていれば有利かもしれないが、現実的には取得は不可能に近い」という資格もたくさんあります。例えば、税理士などの国家資格は、持っていれば転職に有利なことに違いありませんが、簿記会計などを深く学んだ人や、すでにいくつか税理士科目に合格している人でもない限り、取得には相当の年月がかかるでしょう。また、MBAのように、長い年月に加えて高額な学費が必要な資格もあります。
そこで、ここでは「女性の転職に有利」「働きながら取得できる」「学費がかかりすぎない」「まったくの未経験からでも努力次第で取得ができる」などの現実的な観点から、厳選した資格をご紹介します。

事務系の資格

事務職は、女性の転職したい人気No.1の職業。しかし、それだけに競争も激しく、実績だけではライバルとの差別化が図りにくいという問題点もあります。
そういうときに、大きな強みとなるのが資格です。履歴書に一行書き足すだけで、採用担当者に一目で自分の強みをアピールできます。

日商簿記検定

いくつかある簿記関連の検定の中で、日本商工会議所が主催する「日商簿記検定」が最も有名です。初級・3級・2級・1級とランク分けされており、1級が取得できれば公認会計士試験にチャレンジすることも夢ではありません。
2級以上を取得できれば、十分採用選考においてアピールポイントになるといわれています。

取得方法

全国の商工会議所が開催している試験に合格すれば取得できます。試験は1級のみ年に2回、2級以下は年に3回開催されています。合格するまで何度でもチャレンジすることができますので、ワンステップずつ、無理なく上級資格を狙えます。

取得難度

3級以下はそれほど難度が高くなく、参考書や問題集などを購入して、独学で勉強しても十分合格を狙えます。2級まではなんとか独学でも取得可能ですが、1級合格には夜間の専門学校などに通う必要があるといわれています。

資格をアピールしやすい職種

簿記検定資格を取得するということは、簿記の基本概念が理解できており、会計に対する基礎知識を持っていることを意味します。今日、実際の簿記会計はコンピューターで処理することが多いのですが、それでも簿記の基本概念が理解できているのといないのとでは大きな違いがあります。このため、一般事務、会計事務など、幅広く事務職全般に強みをアピールできるでしょう。

Microsoft Office Specialist(MOS)

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とは、ビジネスシーンで事実上の標準となっているWord、Excelなどの使用スキルを証明する資格です。
事務職はもちろん、オフィスワークに従事する人の大半が日常的に使用しているであろうMicrosoft製品。業務内においては特に資格などなくても、十分に使いこなしている人がほとんどでしょう。しかし、MOSを取得しておくことで、そうしたスキルを習得していることを客観的に証明でき、特にエキスパートレベル(上級)を取得しておけば、転職時のアピール材料として有利に評価されるでしょう。

取得方法

この資格はWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookと、ソフトの種類ごとに取得することができ、製品のバージョンごとに試験科目が用意されています。また、特に使用頻度の高いWordとExcelについては、スペシャリスト(一般)のほかエキスパート(上級)レベルの資格も準備されており、試験を通して一歩ずつステップアップしていくことが可能です。

取得難度

オフィスソフトを日常的に使用している人であれば、頻繁に利用する機能についてはスペシャリストレベルなら比較的容易に取得することができるでしょう。しかし、試験では広い範囲でスキルが問われますから、対策教材で勉強したり、対策講座を受講したりといった準備が必要になるかもしれません。

資格をアピールしやすい職種

WordとExcelは、一般事務職の必須パソコンスキルですから、エキスパートレベルを取得しておけば幅広い事務系職種でアピールできます。
また、プレゼンツールであるPowerPointなどは、営業職や広報、広告の分野などで活用されるソフトですから、こうした職種にアプローチする人には有効でしょう。データベース管理ソフトであるAccessのスキルは、営業事務、ユーザーサポート、管理業務を狙う人のアピール材料となります。
メーラーとしての印象が強いOutlookですが、高度な使い方をマスターすれば複数の部門や会社にまたがるスケジュール管理や複雑なコミュニケーション管理に強みを発揮できます。Outlookだけで何らかの業務を完結させることは難しいにせよ、進行やマネジメント、秘書といった業務に携わりたい人には、高い付加価値が認められる資格といえるでしょう。

その他の資格

人気NO.1業種「事務職」への転職で、有利になる資格をご紹介しましたが、ほかにも転職に役に立つ資格は数多くあります。ここでは、転職の際に多くの企業がプラスにとらえる、3つの資格をご紹介します。

行政書士

「行政書士」は、受験資格が特になく、法律系の国家資格の中では比較的、ハードルが低い資格です。企業の総務、法務などの部門で活躍しやすく、行政書士事務所などにも転職が有利といわれています。

宅地建物取引士

「宅地建物取引士」は、不動産の売買や賃貸の仲介などで、契約に関する重要事項の説明や、契約書・説明書への記名、押印などをするために必要な国家資格です。不動産会社では、事務所ごとに最低一人は必要なため、不動産関連の会社に転職する際には有利な資格となっています。

TOEIC/英検

「TOEIC」も「英検」も、どちらも英語の語学力を証明する資格ですが、正確にいうとTOEICは資格を取得するのではなく、試験の得点によって語学力の水準を客観的に評価できる指標となります。目安としては、スコアが800点をオーバーするようなら、英語の上級者とみなされるでしょう。
英検の場合、準2級以上が「履歴書で評価される」レベルとされています。
外資系企業や外国人従業員の多い会社、グローバルカンパニー、貿易関連の会社など、英語力を必須条件とする会社にエントリーするためには、こうした資格が有利または必須でしょう。特に外資系企業などは、募集要項に具体的に「TOEICスコア○○点以上」などと明記してある会社も見受けられます。

資格取得のコツは継続!勉強を楽しんで

ここで紹介したほかにも、女性の転職に有利な資格は数多くあります。
秘書技能検定試験、ファイナンシャル・プランニング技能士、サービス接遇検定、販売士検定など、多くの業界・職種で転職に有利な資格があります。取得まで時間はかかりますが、資格取得をしてから転職活動を開始するというのもひとつの手ではあります。
社会人になるとなかなかまとまった勉強時間が取りにくく、「机に向かって勉強する」という習慣そのものを忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。資格取得は、学生時代の「勉強する習慣」を取り戻すのにも役立ちます。
「転職に有利な資格を取りたくて勉強を始めたけれど、仕事が忙しくて長続きしなかった」という話も耳にしますが、勉強を義務と考えると苦痛になります。例えば、通勤時間など日常のわずかな隙間時間をうまく活用して、毎日ほんの少しずつでも勉強を継続していけば、着実に知識は身に付いていきます。焦らず、勉強そのものを楽しんで、生活習慣に取り入れることが成功の秘訣といえるでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

女性の転職に有利な資格とは?に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。