【職種別】Web業界でおすすめの資格!資格選びのポイントと勉強法を紹介|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/10/27

IT業界

【職種別】Web業界でおすすめの資格!資格選びのポイントと勉強法を紹介

it_1279.jpg

この記事のまとめ

  • 資格を取得すれば専門的な知識が身につき、転職でアピールできる。
  • Web業界にはさまざまな職種があるため、業務で活かせる資格や自分の知識レベルに合った資格から優先的に取得するのがおすすめ。
  • 効率的に資格を取得するために、問題の配点を知り、配点の高い問題を優先して勉強するとよい。

Web業界への転職を有利に進めるには、資格を取得し、専門的な知識をアピールすることが大切です。しかし、Web関連の資格は多く存在するため、どの資格を選べばよいか分からない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、Web業界の職種別におすすめの資格を紹介します。資格選びのポイントや効率的な勉強方法も解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?

【職種別】Web業界でおすすめの資格

it_1279_1.jpg

Web業界にはさまざまな職種があり、それぞれで求められる知識・スキルは異なります。Web業界への転職を考えている場合、自分が目指す職種に合った資格選びが重要です。ここでは、職種別におすすめの資格を紹介します。

Webライター

WebライターはWebサイト上の記事を書く仕事です。Web媒体に載せるため、文章力に加えて特定のキーワードの検索結果で上位表示を目指すSEOライティングのスキルも求められます。

また、保険や投資の記事であれば金融の知識、食べ物に関する記事であれば食品や栄養関連の知識といったように、携わる分野によって求められる知識が異なるケースもあります。どの分野のライティングでも活かせる資格は以下の3つです。

資格 主催 概要
SEO検定 一般社団法人 全日本SEO協会

・試験は1級〜4
SEOの基礎知識から実践的な知識まで身につく

Webライティング能力検定 一般社団法人 日本WEBライティング協会

・試験は1級〜3
WebライティングやSEO、法律に関する知識が身につく

文章読解・作成能力検定 公益財団法人 日本漢字能力検定協会

・試験は2級〜4
・「相手に伝わる文章作成スキル」が身につく

Webデザイナー

WebデザイナーはWebサイトのデザインを制作する仕事です。クライアントやディレクターの指示に従い、サイトの目的やコンセプトに合ったデザインを作成します。

WebデザイナーにはIllustratorやPhotoshopのようなグラフィックソフトを用いるスキル、HTML・CSS・JavaScriptといったコーディングのスキルが欠かせません。必須の資格はありませんが、転職を有利に進めるために以下3つの資格がおすすめです。

資格 主催 概要
ウェブデザイン技能検定 特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会

・試験は1級〜3
・ウェブデザインに関する知識・技能が体系的に身につく

Webクリエイター能力認定試験 サーティファイ

CSSHTML5の知識が学べる
・利便性の高いWebページ作成のスキルが身につく

アドビ認定エキスパート(ACE アドビ社(Adobe Inc.

PhotoshopIllustratorPremiere Proといったアプリケーションごとに試験が分かれている
・自身が身につけたい分野を選んで受験可能

Web系エンジニア

Web系エンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの開発・設計を行うエンジニアです。プログラミング言語を用いてコーディングするほか、システムのメンテナンスや仕様変更も担当します。Webエンジニアにはプログラミングのスキルやマークアップ言語の知識に加え、情報セキュリティに関する知識も必要です。おすすめの資格は以下の3つです。

資格 主催 概要

基本情報技術者試験(FE)
応用情報処理技術者試験

IPA情報処理推進機構

・経済産業省が認定する国家試験
ITエンジニアにとって定番の資格
・情報処理に関する知識・技能が身につく

PHP技術者認定試験 一般社団法人 PHP技術者認定機構 Web制作で欠かせないスクリプト言語「PHP」の知識・スキルが身につく
HTML5プロフェッショナル認定試験 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン

・資格区分はレベル1とレベル2
・マルチデバイスに対応したWebアプリケーションや動的Webコンテンツの開発・設計のスキルが身につく

Webディレクター

WebディレクターはWeb制作・運用において、プロジェクトの責任者にあたる職種です。クライアントの要望をヒアリングし、WebライターやWebデザイナーといったメンバーへ指示を出してプロジェクトの進行を管理します。WebディレクターはWeb制作の知識だけでなく、マーケティングスキルやコミュニケーションスキルが要求されます。転職を有利に進めるためのおすすめの資格は以下の3つです。

資格 主催 概要
Webディレクション試験 社団法人 全日本能率連盟 Web制作における工程管理やサイト全体の情報構造設計、集客施策立案といったディレクション業務全般のスキルが身につく
Googleアナリティクス個人認定資格 Google

・ネット上で受講可能で、料金無料
Googleアナリティクスの使い方、データ収集・分析のスキルが身につく

Webアナリスト検定 JWA日本Web協会 Googleアナリティクスを利用した分析ツールの使い方やテクニックが学べる

Webマーケター

WebマーケターはWebサイトの運営やSNS・メールマガジンにおけるマーケティングが主な仕事です。効率的にサービスや商品が売れるように、見込み顧客の集客や申し込みの獲得を狙った施策を担当します。Webマーケターにはマーケティングの知識のほかに、解析・統計に関する知識、広告やSEM(検索エンジンマーケティング)の知識が必要です。転職を有利に進めるための資格は以下の3つがあります。

資格 主催 概要
ネットマーケティング検定 サーティファイ ・売り上げの拡大・ブランディング・業務効率化といったインターネット・マーケティングの知識が身につく
ウェブ解析士 一般社団法人 ウェブ解析士協会 ・ウェブ解析データを活用したアクセス解析のスキルが身につく
Google AdWords認定資格 Google Google広告の運用における知識全般が身につく

Webプランナー

WebプランナーはWebコンテンツの制作において、クライアントの要望をヒアリングして企画設計を行う仕事です。上流工程を担う面ではWebディレクターと似ていますが、Webディレクターは制作がメインで、Webプランナーは企画のプランニングを主に担当します。

Webプランナーにはコミュニケーションスキルに加え、Webデザインやマーケティングに関する知識が欠かせません。転職を有利に進めるために、以下の資格取得をおすすめします。

資格 主催 概要
Webクリエイター能力認定試験 サーティファイ Webサイトの構成・設計の知識やHTMLCSSを扱うスキルが身につく
ウェブデザイン技能検定 特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会 Webデザインに関する知識とノウハウが身につく
マーケティング・ビジネス実務検定 国際実務マーケティング協会 ・業種・業界にとらわれない幅広いマーケティングの知識が身につく

資格を取得するメリット

it_1279_2.jpg

資格の種類にもよりますが、資格取得には膨大な勉強時間が必要で、費用が高額になるケースもあります。しかし、専門的な知識を身につけ、転職活動を有利に進めるには資格取得がおすすめです。ここでは、資格を取得するメリットについて詳しく解説します。

専門性を高められる

Web業界には多様な職種がありますが、WebデザイナーやWebエンジニアといった専門職は特定の知識・スキルが必要です。資格取得のための勉強は専門的な知識を身につける絶好の機会といえます。また、自分の知識が一定水準に達していることが客観的に分かるのもメリットです。

転職でアピールできる

資格により知識やスキルを客観的に証明できるため、転職でアピールできるのもメリットです。たとえば、マーケター未経験者が「インターネット・マーケティングの知識があります」といっても説得力に欠けますが、ネットマーケティング検定の資格を取得することで一定水準の知識があることを証明できます。

また、資格を取る際は計画的に勉強する必要があるため、目標達成のために努力できることや入社意欲もアピールできるでしょう。

資格選びのポイント

it_1279_3.jpg

Web関連の資格は数多くあるため、どの資格を選べばよいか迷う人もいるでしょう。資格取得には多くの勉強時間や労力が必要です。効率的に転職活動を進めるためにも、ここで紹介する2つのポイントを押さえて選んでみてください。

業務に役立つか

Web業界の中でも「どのような職種に就きたいのか」「どのような分野で活躍したいのか」を決めて、資格を選ぶことが大切です。Webライターであれば文章やSEOに関する資格、WebデザイナーであればWebデザインやアプリケーションの資格と、業務に役立つ資格から優先的に選びましょう

知識レベルに合っているか

資格には比較的簡単に取得できるものもあれば、膨大な勉強時間を必要とする難易度の高いものもあります。難関資格を取得すれば、その分転職で有利になりますが、取得に時間がかかると転職の機会を逃してしまうかもしれません。資格の難易度を知り、自分の知識レベルに合わせて段階的に取得するとよいでしょう。

効率的な資格取得の勉強法

it_1279_4.jpg

転職活動のための資格取得は、効率を重視するのがポイントです。特に、働きながら資格取得を目指す人や転職活動を急いでいる人ほど勉強時間を確保するのが難しいでしょう。ここでは、効率的な資格取得の勉強法を2つ紹介します。

問題の配点を知る

まずは試験の概要を知ることが大切です。出題範囲や出題科目だけでなく、配点も把握しましょう。配点を知ることで、どの分野や科目を優先的に勉強すればよいか絞れます。一定の水準を超えていれば満点を取らなくても合格できるため、勉強時間が限られている人ほど配点の低い分野は後回しにするとよいでしょう。

過去問を優先的に解く

過去の試験と類似する問題が出題されるケースが多く、過去問を解くことで試験の傾向がつかめます。解ける問題と解けない問題を明確にし、苦手な部分に絞って集中的に勉強してもよいでしょう。資格によっては公式サイトで過去問を入手できる場合もあります。

まとめ

it_1279_5.jpg

Web関連の資格にはさまざまな種類があります。Web業界への転職を検討している人は「業務で役立つか」「知識レベルに合っているか」といった点を考えて、取得する資格を選ぶとよいでしょう。また、資格取得のための勉強は効率が大切です。問題の配点をチェックし、過去問を解くことで、優先的に勉強する分野・科目が分かります。

Web業界への転職を考えている人は、ぜひマイナビITエージェントにご相談ください。一人ひとりのスキルやキャリア、保有資格に合った適正な求人を紹介します。

マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?

注目コンテンツ