不動産業界で取得したい資格は?転職やキャリアアップに役立つ資格を紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/27

不動産業界

不動産業界で取得したい資格は?転職やキャリアアップに役立つ資格を紹介

maker_1138.jpg

この記事のまとめ

  • 不動産関連の資格を取得すれば、専門的な知識が身につき、転職時に有利に働くケースがある。
  • 不動産業界で役立つ資格は「宅地建物取引士」や「不動産鑑定士」など多種多様。
  • 転職する際は、入念な情報収集に加えて選考対策も欠かせない。

不動産業界で働く際は「宅地建物取引士」や「管理業務主任者」の資格を取得すれば、日常の業務だけでなく転職市場でも高く評価されます。しかし、不動産関連の資格は多種多様で、どれを選べばよいのか分からない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、不動産業界で活かせるおすすめの資格を紹介します。現在不動産業界に従事している方はもちろん、これから転職を目指す方にも役立つ内容をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

不動産業界の資格を取得するメリット

maker_1138_1.jpg

不動産業界で働くにあたり、資格を取得することで業務上のメリットを得られるケースは少なくありません。たとえば、より専門性の高い業務に携われたり、社内待遇が向上したりすることもあります。ここでは、不動産業界で資格を取得するメリットについて解説します。

専門的な知識が身につく

不動産業界で働くうえで欠かせない建築や法律の専門的な知識が習得できる点がメリットのひとつです。資格は一定以上の知識やスキルを身につけていることの証明になるため、取得すれば顧客からの信頼を得られるほか、円滑なコミュニケーションを図れるでしょう。

宅地建物取引士や管理業務主任者のような有資格者にしかできない業務もあるため、資格を取得することでより専門性の高い業務に携われます

資格手当がもらえる

資格を取得した従業員に、資格手当を支給する企業もあります。たとえば、宅地建物取引士の資格手当の平均額は月2万円です。不動産会社は5人につき1人の宅地建物取引士を設置しなければならない義務があり、宅地建物取引士にしかできない独占業務もあるため、それだけ高く評価されています。資格手当の対象や金額は企業ごとに異なるため、詳しく知りたい場合は就業先の福利厚生をチェックしましょう。

転職やキャリアアップに役立つ

不動産業界で役立つ資格を持っていれば、業界内でキャリアアップを図るときや転職の際に高く評価されます。特に、宅地建物取引士は不動産取引における実務内容に加えて民法や税金の知識も求められるため、不動産業界だけでなく金融業や建設業といったさまざまな業界で重宝される資格です。

不動産業界でおすすめの資格一覧

maker_1138_2.jpg

不動産業界の中でも、目指すキャリアによって取得したい資格は異なります。資格ごとの特徴をしっかりと押さえたうえで、自身に最適な資格を取得するとよいでしょう。ここでは、不動産業界でおすすめの資格と特徴を紹介します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、一般財団法人不動産適正取引推進機構が主催する国家資格のひとつで、不動産取引において重要事項の説明や契約書面の交付といった業務を担当できます。不動産会社に欠かせない存在であるため、転職にも役立つでしょう。

受験資格は設けられていないため、誰でも受けられる点が特徴です。初めて不動産関連の資格を受験する方も気軽にチャレンジできるでしょう。

不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルティングマスターは、公益財団法人不動産流通推進センターが主催し、国土交通大臣の登録を受けて実施している資格です。取得すれば、不動産の専門家として個人や法人を相手に、不動産の活用法や不動産投資に関する提案ができます。

なお、「宅地建物取引士」「不動産鑑定士」「一級建築士」のいずれかの資格を取得していなければ受験できない点に注意が必要です。

マンション管理士

マンション管理士は、国土交通大臣が試験主体となり、公益財団法人マンション管理センターが試験を実施している資格です。取得することで、マンションの修繕計画立案や管理会社との交渉など、専門性を活かした課題解決ができます。

受験資格がないため、チャレンジするハードルは低いといえるでしょう。マンション管理会社での需要は高く、転職時にアピールできます。

管理業務主任者

管理業務主任者は、一般社団法人マンション管理業協会が主催する資格です。管理委託契約における重要事項説明や管理事務報告は管理業務主任者の独占業務です。マンション管理会社の配置人数も定められているため、資格手当を支給して確保に努めている会社もあります。

受験資格は設けられておらず、年齢や学歴に関係なくチャレンジできる資格です。ただし、管理業務主任者登録をするには、マンションの管理事務を2年以上経験する必要があります。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会が主催する資格です。資格を取得すれば、不動産の適正価格を評価できるほか、不動産の所有者に対して適切な利用法を助言できます。受験資格はありませんが、試験合格後は1年〜2年間、実務研修を受ける必要があるため注意しましょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、公益社団法人インテリア産業協会が主催する資格です。資格を取得することで、インテリアに関する専門的な知見を有すると認められ、不動産業界でも一定の評価につながるケースがあります。受験資格はなく、誰でも受験可能です。過去3年以内に一次試験に合格していた場合、一次試験が免除されます。

ビル経営管理士

ビル経営管理士は、一般財団法人日本ビルヂング経営センターが主催する公的資格で、ビル経営の企画や賃貸運営といったビル経営管理に関する専門家として評価されます。

受験資格はありません。試験合格後の登録期限もないため、いつでも登録手続きができます。ただし、登録するには一定年数以上の実務経験が必要です。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会が主催する国家資格で、賃貸住宅管理の知識を持った専門家として認められます。賃貸不動産所有者と居住者の安全・安心を確保するのが役目です。

受験資格は設けられていませんが、登録に際しては「管理業務に関する2年以上の実務経験」または「実務経験2年と同等の能力を有すること」といった要件を満たす必要があります。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)は、NPO法人日本FP協会が主催する国家検定です。資格を取得することで、不動産取得や不動産投資、資産運用を考えている顧客に対してアドバイスができます。不動産業界だけでなく、金融業界でも高く評価されるため、転職を有利に進められるでしょう。

正式名称は「ファイナンシャル・プランニング技能士」で、1級〜3級の3つの等級に分かれています。3級の受験には実務経験は必要ありませんが、2級を受験する際は「AFP認定研修の受講修了」「3級FP技能検定合格」「FPの実務経験2年以上」のいずれかの要件を満たさなければなりません。

任意売却取扱主任者

任意売却取扱主任者は、一般社団法人全国住宅ローン救済・任意売却支援協会が実施する資格で、不動産の任意売却に必要な知識を有していることを証明できます。

「成年被後見人または被保佐人」「実刑判決を受けた、または刑の執行を受けず5年が経過していない方」を除いたすべての方に受験資格が与えられています。

不動産業界への転職で押さえておきたいポイント

maker_1138_3.jpg

不動産業界に転職する際は事前準備が重要です。志望する企業の情報を集めるとともに、自身のアピールポイントを正しく伝えられるように志望動機をまとめておきましょう。ここでは、不動産業界への転職で押さえておきたいポイントを解説します。

入念に情報収集する

まずは応募する企業の情報収集を徹底しましょう。ホームページや求人サイトを参考に必要な情報を集めることで、転職後のミスマッチを防止できます。企業理念や求められる人物像を事前に把握すれば、面接で転職理由を聞かれた際も答えやすくなるでしょう。

転職に求める条件を明確にする

転職する企業に何を求めるか、条件を明確にすることも大切です。転職したいと感じる企業を見つけても、希望条件をすべてかなえるのは困難でしょう。譲れないポイントや妥協可能な条件など、希望条件に優先順位をつけることをおすすめします。

志望動機のポイントを押さえる

志望動機を作成する際は、以下の項目をベースに考えるとよいでしょう。

  • なぜ不動産業界なのか
  • なぜ応募先企業に転職したいのか
  • どのように企業へ貢献できるか

採用担当者が注目するポイントは「不動産業界へ転職したい理由」と「自社でどのような働きを見せてくれるか」の2点です。これまでの経歴を将来のビジョンと絡めてアピールすると、高評価につながります。

面接対策をする

応募先企業の面接を受ける前に、十分な面接練習を積んでおきましょう。企業は人材を募集するにあたり、明確な基準を設けています。「どのようにアピールすれば、自分の魅力や実績がうまく伝わるか」を考えながら面接対策をすると効率的です。

応募企業をいくつか決める

転職活動を進めるにあたっては、応募する企業の候補を複数挙げることをおすすめします。企業も複数の企業に応募していることは想定済みです。面接で応募先企業に関する質問を受けた際に正直に答えても問題ありません。ただし、一貫性を持って企業を選んでいるといった印象を残せるように、伝え方には配慮しましょう。

まとめ

maker_1138_4.jpg

不動産業界で業務に関連した資格を取得すると、専門的な知識が身につくほか、資格手当が支給されるケースもあります。有資格者だけが携われる独占業務もあることから、自身に必要な資格を慎重に選ぶことが大切です。転職活動でも有利に立ち回れるため、チャレンジできる資格があれば積極的に取得しましょう。

マイナビメーカーエージェントでは不動産業界の求人を豊富に扱っています。専門のキャリアアドバイザーが資格を活かせる企業選びをサポートするため、転職先で悩んでいる方はぜひご利用ください。

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

引っ越しの際、不動産仲介会社を利用した経験のある方は少なくないでしょう。個人の顧客を対象とした仕事のほかにも、不動産業界ではさまざまな業務を行っています。今回は、不動産業界とはどのようなビジネスなのか、具体的な職種や仕事内容について解説します。不動産業界への転職を検討するにあたり、不動産業界の現状や将来性に関する予備知識を蓄えておきましょう。

生活するうえで不可欠な住まいに関わる不動産業界は、やりがいのある仕事として注目を集めています。不動産業界の採用担当者に訴える志望動機を書くには、業界の特徴や求められる人材を把握しなければなりません。この記事では、志望動機の構成ポイントや例文、評価されるコツについて解説します。

テレビCMや引っ越しをした経験から、不動産業界は身近に感じる方が多い業界です。転職を検討している方の中には、未経験でも通用するか不安な方も多いのではないでしょうか。この記事では、不動産業界への転職を検討中の未経験者の方に向けて、不動産業界の年収や将来性、未経験者が転職する際に有利な資格を紹介します。不動産業界への転職をお考えの方は参考にしてみてください。

タグ一覧
SNSシェア

注目コンテンツ