転職したいと思ったときの対処法は?転職成功には事前準備が必要|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/10/21

転職全般

転職したいと思ったときの対処法は?転職成功には事前準備が必要

common_1299.jpg

この記事のまとめ

  • 転職したいと思ったら長期的なキャリアを見つめ直してみよう。
  • 「転職活動=転職」ではないので、まずは転職活動を始めてみるのもおすすめ。
  • 転職すべきか自分で判断がつかない場合には、転職エージェントを活用するのもひとつの手。

転職したいと思っているものの、転職に踏み切れずに悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。悩んでしまう気持ちも分かりますが、悩み続けているだけでは、現状を変えられません。

そこでこの記事では、転職したいと思ったときの対処法を解説します。「転職したほうがよいケース」と「転職を考え直したほうがよいケース」について見ていきましょう。転職活動に踏み切る際のポイントもご紹介するので、「転職したいけれど......」と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

目次

「転職したいけど......」と思ったらやるべき5つのこと

common_1299_1.jpg

転職したいけれど、転職すべきか悩んでしまう人は多いでしょう。生活の中で仕事は大きな割合を占めるので、簡単に転職に踏み切れない気持ちはよく分かります。そこで、まずは転職を考えたときに確認したい項目をピックアップしました。「転職に踏み切るべきか」の判断材料にしてみてください。

5年後・10年後の自分を想像してみる

「転職したほうがよいのだろうか......」と悩んでしまう根底には、明確なキャリアを描けていない問題があるかもしれません。まずは「5年後は〇〇に携わりたい」「10年後は〇〇のポジションで活躍したい」など、長期的な目標を見直してみましょう。

長期的な未来を思い浮かべたときに現職のままで目標を達成できそうであれば、無理に転職せず、いまの環境でキャリアを積むのもひとつの方法です。もし、現職のままでは理想の未来が描けないと感じた場合には、このタイミングで転職活動に踏み切ってみましょう。

転職すれば不満は改善するのか考える

転職は、自分にとってよりよい未来を創るための「手段」です。転職後も状況が変わらない、または不満や悩みが増えるようであれば、転職した意味がなくなってしまいます。もし、「とりあえず環境を変えてみよう」「職場が変わればなんとかなる」と考えているのであれば、転職後に現在と同じ理由で悩むかもしれません。

思うようにキャリアを描けず、「転職してから何をしたいのか考えよう」とやみくもに転職活動を進めるケースも注意が必要です。転職活動に割く労力や時間を無駄にしないためにも、まずは現職での問題解決の方法を探ってみましょう。

冷静に考えても転職したいか自分に問いかける

仕事でトラブルを起こしてしまったとき、人間関係がうまく行かないとき、そのような場合に転職を考える方も多いのではないでしょうか。

仕事や環境を変えたい気持ちで転職に踏み切ること自体には、問題はありません。しかし、一時的な感情で無計画に転職活動を進めても、転職を成功させるのは難しいといえます。なぜなら、転職を成功させるためには「キャリアの棚卸し」や「自己分析」を行ったうえで、計画性を持って進める必要があるからです。もし、いま冷静さを失っているのなら、一度落ち着いて「転職したい気持ち」と向き合ってみましょう。

実現可能な転職であるかを考える

転職活動により好条件の企業と巡り会えるケースはありますが、あまりに現実離れしている条件をクリアするのは難しいかもしれません。好条件の仕事に就くためにはそれなりのスキルや知識が必要です。好待遇で出迎えてもらうためには、自分自身が待遇に見合う人材になる必要があります。

漠然としたイメージのみで転職に踏み切るのも、得策とはいえないでしょう。たとえば「大手企業で働きたい」という目標がある場合、単に「大手企業で活躍する」という思いのみで転職活動を進めるのではなく、「どのような事業に貢献したいのか」まで考えたうえで転職活動を進める必要があります。転職したい思いがある方は、その思いが実現できるものなのかを事前に確認しておきましょう。

「転職活動=転職」ではないことを知る

転職活動をしたからといって、必ず転職しなければならないといったことはありません。
転職にはリスクが伴いますが、転職活動にはリスクがない点は押さえておきましょう。たとえば、実際に転職した場合、希望する企業に入社できたとしても、自分の希望どおりの職場環境ではない可能性もあります。一方、転職活動をしただけでは、自分のまわりの仕事環境自体に変化は生まれないため、リスクを伴いません。

また、転職活動を通じて数多くの求人情報を比較することで、いまの自分の労働条件を客観的にみることができます。転職活動と転職は別ですから、悩み続けてしまうより、まずは転職活動に踏み切ってみるのも解決策のひとつです。

転職したいと悩む方は多い!みんなの転職理由は?

common_1299_2.jpg

転職を考えている自分に対して、「自分は考えが甘いのかな」「このような理由で転職してもよいのだろうか」と、ネガティブに感じている方もいるでしょう。働いている方の中には、転職を考えている方も多くいます。ここからは、よくある転職理由を見ていきましょう。

給与に関する問題

自分の年収が適正年収よりも低いと知ったり、このままでは生活が苦しくなると感じたりして、転職を考える方もいます。「給与よりもやりがい」という方もいるかもしれませんが、働きに見合う対価が欲しいと思う気持ちは、誰しもあるのではないでしょうか。また、現状には満足していても、将来を考えて年収アップを目的とした転職を図るケースもあります。

休日や残業に関する悩み

ワークライフバランスを充実させるために、転職するケースもあります。特に「残業があまりにも多い」「まとまった休みが取れない」「不規則勤務で身体がつらい」などの環境にいる場合、転職によって環境を変えようと考える方も多いでしょう。過労が原因で転職を考える場合もあります。

社風への不満

社風や経営方針など、「仕事への取り組み方」に企業とのズレがあり、転職を考えるケースもあります。「体育会系の職場についていけない」「トップダウンの体制に不満がある」などが一例です。こういった場合、自分の力で社風や文化を変えるのは難しいため、転職を考える方が多いのでしょう。

仕事内容への悩み

本来希望していた業界や職種と違う環境で働いていたり、モチベーションの上がらない作業をしていたり......、といった場合に転職を考える方もいます。つまらないと思って仕事を続けている場合、その仕事で成果を上げるのは難しいかもしれません。このケースでは、「やりがいを重視した転職」や「キャリアアップを目的とした転職」をする方が多いでしょう。

転職したほうがよいのはどのような人?

common_1299_3.jpg

転職すべきか悩んでいる方の中には、自分では転職に踏み切る判断が難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。ここからは、転職を考えている方の中でも「転職活動を進めたほうがよい」と判断できるケースをご紹介します。自分自身の転職したい気持ちと照らし合わせて、当てはまっていれば、ぜひ転職を考えてみてください。

1.なぜ転職したいのかが明確な人

転職したい理由がはっきりと決まっている方は、転職に向いています。現職で課題を解決しようと試みたものの、解決が難しいと判断した方も、転職して新たな環境でキャリアを築くのがよいでしょう。

そのほかにも「自己分析をしたうえでキャリアアップを目指す場合」「企業とのマッチング度を確かめたうえで働きたい企業がある場合」など、事前準備を終えており、転職の目的が明確なケースではスムーズな転職成功が期待できます

2.現職の人間関係に悩んでいる人

上司や同僚との関係がうまくいかずに悩んでいる方は、転職をしたほうがよいといえます。人間関係のトラブルは、自分ひとりでの解決が難しいものです。関係の修復ができないと判断したのであれば、精神的な負担を軽減するためにも新しい環境に身を置いてみましょう。もし、ほかの部署に移動して問題が解決する場合には、部署異動で人間関係を構築し直すのもひとつの手です。

3.仕事に行くのが憂鬱だと感じている人

転職したいと悩んでいる方の中には、仕事や職場を思い出すだけでつらい気持ちになる方もいるのではないでしょうか。そのほかにも、「毎日ノルマに追われて夜も眠れない」「厳しい上司がいて仕事に行くのが怖い」などの不安を抱えている方もいるでしょう。

こういったケースでは、自分の心を守る手段として前向きに転職を考えてみましょう。同じ業務内容でも、環境が変われば「楽しい」と感じられるかもしれません。もちろん業務内容自体に不満があるのなら、新しい職種にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

転職を考え直したほうがよいのはどのような人?

common_1299_4.jpg

すぐに転職を進めたほうがよい人がいる一方で、いますぐの転職はおすすめできない人もいます。なぜなら、転職活動にはリスクが伴うからです。やみくもに転職を進めたあとに「辞めておけばよかった......」と後悔しても、後戻りはできません。ここからは、転職を考え直したほうがよい人についてご紹介するので、転職すべきか悩んでいる方は参考にしてください。

「とりあえず......」という考えを持つ人

明確な目標がないと、転職を成功させるのは難しいものです。そのため、転職さえすればなんとかなると考えている方は、転職を考え直したほうがよいでしょう。転職を成功させるためには「自分のキャリアを棚卸して適正ポジションをチェックする」「企業の条件に見合う人材か確認する」「市場価値を上げる努力をする」などの事前準備が必要です。

事前準備をスキップして「とりあえず」というスタンスでは、転職成功が難しいどころか、リスクを負う結果になるかもしれません。もし転職によって実現したいことが明確でないなら、リスクは避けて現職でキャリアを積むのが得策です。

転職だけで不満を解決しようとする人

転職すると、周りの環境は変わります。しかし、自分自身が変わらなければ解決しない問題もあります。「昇進できない」場合を例に挙げると、昇進できないのは環境のせいではなく、スキル不足が原因という場合もあります。「職場でのコミュニケーションがうまくいかない」などの場合も同様です。

もし、すべて周りが悪いと感じているならば、転職してもまた同じ理由で環境が嫌になるかもしれません。「評価されたい」を転職軸に転職活動を進めるのではなく、キャリアアップなどの明確な目的を持って転職活動を進めましょう。

転職軸が定まっていない人

転職軸がない場合や転職の動機が曖昧である場合、そのままの状態で転職活動を進めるのは避けたほうがよいかもしれません。というのも、転職軸がブレている状態では、選考を突破できない可能性が高いからです。

選考フローの中で「なぜ当社に応募したのですか」は定番の質問です。もし転職軸が曖昧であれば、こうした質問にうまく答えられないでしょう。企業側に「当社に来る理由が分からない」と思われてしまえば、内定も遠のきます。もし内定をもらえても、ミスマッチが生じてしまうでしょう。まずは、どのように企業に貢献したいのかを考えることが大切です。

転職を決めたら|転職成功のための事前準備を始めよう

common_1299_5.jpg

転職しようと決めたのであれば、転職成功のためにしておきたい準備があります。ここでは、どの業界や職種を目指す際にも必要となる準備についてご紹介します。「転職を成功させて理想のキャリアを築きたい」「新しい環境で目標にチャレンジしたい」そう考えている方は、ぜひ参考にしてください。

転職軸を決める

スムーズに転職活動を進めるためには、「なぜ転職をするのか」を明らかにしておく必要があります。転職軸がブレてしまうと、企業から内定をもらえたとしても、転職本来の目的は果たせない結果となる恐れがあります。

転職軸が見つからない方は、なぜ現職を辞めたいのかを掘り下げてみるとよいでしょう。たとえば「年収が低い」が退職理由なら、「なぜ年収が低いのか」まで考えます。「給与水準が低い業界にいるから」「専門的な資格を持っていないから」など、人によって状況は異なります。まずは転職を決めたきっかけに目を向け、転職軸を作成してみましょう。

転職活動を始める時期を決める

現職と並行して転職活動を行うか、退職後に転職活動に専念するか、どのタイミングで転職活動を始めるかを考えましょう。在職中に転職活動をする場合、金銭面の不安を感じずに転職活動ができます。適切なタイミングを見計らって転職に踏み切れるのもメリットです。一方で、日々の業務と並行して転職活動を行わなければならないため、転職活動に割く日々の時間が少なくなります。

退職後に転職活動を開始する場合、事前準備や選考対策の時間を十分に取れますが、収入面に不安を感じるケースもあるでしょう。転職がスムーズに進まないと、空白期間が長引いたり、焦って妥協したりしてしまう恐れがあります。

スキルや経験を洗い出す

転職活動を効率よく進めるために、キャリアの棚卸しを行いましょう。キャリアの棚卸しとは、これまで経験してきた仕事について掘り下げ、仕事の向き・不向きや、得意・不得意を把握する作業です。キャリアの棚卸を行うと、自分の強みが明確です。

市場価値も把握できるので、需要があるのはどの業界や職種なのか、といった部分も判断できるわけです。また、仕事に対する価値観と向き合うきっかけにもなるでしょう。これらは、企業を選定する際の重要なポイントです。

転職に向けて経験を積む

これまでの「実績」は、知識やスキルと同様に、企業へアピールできる材料です。とはいえ、20代などの社会人経験が少ない方は、アピールできる実績がないかもしれません。20代は実績がなくてもポテンシャルで採用されるケースもありますが、実績を作ったあとで転職に踏み切ったほうが、好待遇を受けられる場合もあります。

誇れるような実績がないとしても、「課題を解決するための工夫」や「失敗から得た学び」などは、企業にアピールできるポイントです。現在思いつく実績がない方は、日々の業務に自分なりの工夫を加えてみるとよいでしょう。

希望の職種の情報を集める

働きたい業界または職種を絞り込めたのであれば、あとはその業界や職種についての情報を集めます。情報を集める方法はいくつかありますが、まずは求人情報をチェックしてみましょう。求人誌を購入したり、転職サイトをチェックしたりして、希望の業界や職種でどのような企業が募集をかけているのか確認しておきましょう。

スカウト型の転職サイトを活用したり、転職エージェントに登録したりするのもおすすめです。転職エージェントであれば、求人誌や求人サイトには掲載されていない「非公開求人」もチェックできます。

企業研究をする

自分の希望に合った求人情報があっても「即応募」はおすすめできません。なぜなら、求人情報に記載されている「募集内容」だけでなく、企業全体の情報についても知っておく必要があるからです。企業研究をして企業への理解を深められれば、企業とのミスマッチも防げます。

「企業のHPや資料を確認する」「インタビューやブログ記事をチェックする」など、企業研究の方法は数多くあります。企業研究の際は、ライバル企業や業界の情報まで確認するのがポイントです。

転職したいと迷ったときには転職活動を始めてみるのもおすすめ

転職活動を始めたからといって、いますぐ現職を退職しなければいけないわけではありません。転職したいけれど......と悩んでしまう場合には、難しく考えすぎずに転職活動に踏み切ってみるのもひとつの方法です。

実際に転職活動を開始すると、自分の市場価値が分かります。理想のキャリアをかなえるために、いまの自分に必要なものが見えてくるでしょう。場合によっては、自分の「新しい価値」を見つけられるかもしれません。

転職の悩みを相談するなら「転職エージェント」

転職すべきか自分では決められない方は、転職エージェントを活用してみましょう。転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職を無料で支援するサービスです。

マイナビエージェントでは、業界に精通したキャリアアドバイザーが、キャリアの棚卸しをサポートします。「自分の強みが分からない」「目指すべきキャリアが分からない」といった方も、第三者の視点から適切な助言を受けると、キャリアプランを描きやすくなるでしょう。転職に関する悩みがある方は、お気軽にマイナビエージェントにご相談ください。

まとめ

common_1299_6.jpg

なかなか転職に踏み切れずに、「転職したい......」という気持ちを抱えたまま現職を続けている方も多いでしょう。転職したい理由は人それぞれですが、転職軸が明確であり目指す場所がはっきりとしている場合には、転職活動に踏み切ってみましょう。

転職軸が曖昧、またはやみくもに転職活動を進めようとしている方は、一度立ち止まってキャリアについて考えてみてください。キャリアプランの構築が難しいと感じる場合には、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーが丁寧にサポートします。マイナビエージェントは転職に関するあらゆるご相談をお受けしているので、不安や悩みを抱えている方はぜひご活用ください。

SNSシェア

注目コンテンツ