外資系企業に第二新卒で転職!必要なスキルや日本企業との違いは?|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒がチャンス!

外資系企業に転職

するために必要な

こととは

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

外資系企業は今、第二新卒を積極的に採用する傾向があります。会社に勤務した経験のない新卒より、数年でも会社勤務をしたことのある第二新卒のほうが、ビジネスマナーや基本的な働き方を習得しており、コストをかけずに活躍が期待できる人材、つまり即戦力となる可能性が高いと考える企業が多いのが理由です。

第二新卒は年齢的にも体力があり、新しいスキルを吸収する能力も高いと考えられるため、キャリアチェンジやキャリアアップを目指すには最適な時期です。

ただ、「外資系」と一口に言っても、業種はもちろん多岐にわたります。第二新卒であることをチャンスに変えるため、目指す業種はどんなスキルを身に付けたら良いか、就活対策として第二新卒はどんな準備をし、何をすれば良いのかについてご紹介しましょう。

外資系企業と日本企業、採用基準の違いは?

海外では、転職はキャリアアップのチャンスという意識が日本に比べて高いと考えられます。

日本では勤務2年で転職すると若干ネガティブにとられることも少なくなく、転職活動にあたっては不利になることがあります。しかし、海外では2~3年ごとに転職を繰り返してキャリアアップを図るというのは、決して珍しいことではありません。つまり、外資系企業なら、第二新卒であっても転職のチャンスは大いにあるのです。

ただ、外資系企業の場合、日本の大手企業以上に精神的にも肉体的にもタフな人材が求められる傾向にあり、日本の企業以上に「スキル重視」の傾向にあると考えたほうがいいでしょう。また、より具体的に「特定業務の経験年数」を応募条件に記載していることも多く、第二新卒から外資系に転職を希望する方は、まず希望の職種で求められる経験を積んでいるかを確認してください。

業種や職種によって多少の違いはあるものの、高い英語力が求められるのはもちろん、近年のビジネスパーソンの必須スキルともいわれている「ロジカルシンキング(論理的思考)」が身に付いていることなどが重視されます。また、そのスキルは実務に対するものだけでなく、企業にプラスとなる力をもたらすかどうかといった基準でも判断されるでしょう。

外資系企業の選考方法

外資系企業の選考方法自体は日本の企業と大きな違いはなく、主に以下のような流れとなります。

  1. エントリーシートを提出
  2. Webテストまたは筆記試験
  3. グループディスカッション、集団面接
  4. 個人面接

日本企業に比べて面接などの接触回数が多いのが特徴といえます。

外資系企業では、業種や職種に対する志望動機が重視されます。企業に対する知識や情報以上に、志望する業種や職種を取り巻く情勢、志望業種・職種を通して、将来的にどう働きたいか、どんなことを実現したいかを明確に説明できるよう、準備しておきましょう。

Webテスト・筆記試験と面接への備え

外資系企業は優秀な人材が多く受験するため、Webテストや筆記試験のボーダーラインは高めとされています。また、面接で優劣をつけにくい場合は試験の成績で判断されるケースもありますので、試験の結果は重要です。

また、面接は英語で行う企業も多いので、事前に対策をしておきましょう。会社説明会で英語力がチェックされなくても英語面接が行われたり、突然、英語で質問されたりするケースもありますので、英語で質問に答える練習をしておくことが大切です。

外資系企業ならではの選考方法「ジョブ」

外資系企業ならではの選考方法として、コンサルティングファームや銀行の投資部門で「ジョブ」というものが課されるケースがあります。これは、入社後に行う仕事を体験シミュレーションしたり、グループワークで与えられた課題を解決したりしていきます。

インターンと同じようなものではありますが、ジョブは選考に直結するため、一般的な意味合いとしては別物です。ジョブの時間以外のランチや懇親会の時間も、選考の一環と考えておきましょう。

また、ジョブに立ち会う社員からもらったアドバイスは、実際に入社して働く際にも役立ちます。

本選考ではないけど…「サマーインターン」も実は重要!

ジョブとインターンは別物…という話をしましたが、実はインターンも外資系企業においては本選考と同等、またはそれ以上に重要視されています。

多くの企業は卒業・修了年度の前年の6月頃から選考を開始する傾向があり、夏には「サマーインターン」を実施するところも多くなっています。人事部はインターンでの行動から個々の能力などを判断し、選考の参考にしていますので、第二新卒でも積極的に参加して、採用の可能性を高めることにつなげましょう。

インターンに参加するにあたっては、企業や業界分析、競合情報や志望する職種に関する知識なども把握し、本選考と同等の準備をして臨んでください。

業種ごとに求められる人材

外資系企業が求める人材としては、まず英語力やコミュニケーション能力といったものが重要になってきます。いずれも簡単に身に付くスキルではないため、外資系企業を目指すと決めたら、早い段階から就活対策に取り組むのが賢明です。

ただ、業種や職種ごとに求める人材、重視する能力は細かく異なりますので、自分が目指す企業が求めているスキルや経歴を知っておかなくてはなりません。ここでは、業種別に就活対策のポイントを見ていきましょう。

「数字」で考える思考が重要!外資系投資銀行・証券

外資系投資銀行や証券会社の選考では、高い英語力はもちろん、未経験の場合は「高学歴」であることが条件になります。ただし、MBA(経営学修士)を取得している人は別です。MBAは、外資系投資会社へ転職するにあたって大きなメリットとなりますので、たとえ大学がトップレベルでなかったとしても、MBAを持っている人は諦める必要はないでしょう。

また、何より「数字」で考える思考が求められます。金融商品を扱う企業なので当たり前ですが、数字に強い人が戦力につながります。

強いリーダーシップが問われる外資系コンサルタント

外資系コンサルタントもまた、「高学歴」であることがポイントになるようです。ある意味、コンサルタント自身が「商品」となって顧客とやりとりすることになるため、基礎学力や情報処理能力に長けた優秀な人材が求められるのです。

また、強いリーダーシップと高いコミュニケーション能力は必須です。クライアント企業の状況を把握し、より良い方向へ導いていくための改善提案などを行うため、それ相応の説得力や交渉力が必要になってきます。

個々の企業文化を理解すべき外資系メーカー

外資系のメーカーを目指す場合は、必ずしも学歴重視ということではありませんが、海外の大学の学位や、難関の国家資格を取得しているなどの付加価値が採用に導く傾向にあるようです。

また、外資系メーカーでは「カルチャーフィット」を意識したほうが良さそうです。カルチャーフィット=企業文化を理解すること、そして、その企業の将来的なビジョンと方向性を踏まえて、自分がどのように働いていくかを示すことがポイントになります。

「第二新卒」TOPにもどる

 はじめて転職する方向けお役立ちコンテンツ

第二新卒での転職を考え中の方へに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。