新卒1~3ヶ月未満の早期退職は第二新卒扱い?転職は難しい?|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

新卒1~3ヵ月の
早期退職は第二新卒?
知っておきたい転職活動のコツ

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

第二新卒として転職活動を行うにあたり、就業経験が短いことで悩む方はとても多くいます。「そもそも早期退職した場合は第二新卒扱いになるの?」「就業経験が短いと採用されないの?」など、不安に思われることもあるでしょう。

新卒で入った会社を3ヵ月未満で辞める方は少なくありません。入社後3ヵ月といえば、仕事の進め方や人間関係で悩むことが多い時期。また、入社前に説明された仕事内容や環境に違いがあり、そのギャップに戸惑って退職する方もいます。

では、1年や半年ではなく3ヵ月未満で退職した場合はどうなるのでしょうか。新卒扱いになるのか第二新卒扱いになるのか、転職活動におけるポイントと併せてご紹介します。

1ヵ月での退職でも第二新卒…?そもそも第二新卒とは

そもそも第二新卒の定義は、どのようなものなのでしょうか。ここでは、「第二新卒」と「既卒」の違いと、気を付けておきたいことについて説明します。

第二新卒とは

第二新卒の一般的な定義は、「学校を卒業してから一度就職したが、数年のうちに離職して転職活動をする若手求職者」のこと。この数年という部分にも明確な基準がないため、数ヵ月での早期退職ならあてはまらないのではと思うかもしれません。

しかし大切なのは、一度就職したという事実です。どれだけ早期退職であっても一度就職した事実は変わらないため、3ヵ月未満の早期退職であっても第二新卒扱いになります。

既卒とは

既卒は「学校を卒業してから一度も就職していない人」を指します。正社員としての就職経験がないことが基準となっています。

第二新卒が就職経験を隠すのはNG

「3ヵ月未満で就職先を辞めたから、ほぼ既卒みたいなもの。就業経験を隠して就職活動をしちゃおう」と考える方もいますが、これは経歴詐称にあたるため、絶対にしてはいけません。

どれだけ短くても、あなたの就業経験はしっかりと残ります。本来は第二新卒なのに、既卒として就職活動を行い、最終的に経歴詐称が発覚して内定が取り消しになるケースもあるのです。

転職活動で第二新卒であることを活かすポイント

早期退職の事実を隠したいと思う方はとても多いのが現状です。その理由として、「早期退職したことで、根気のない人だと思われることが心配」ということが一番に挙げられます。

確かに、第二新卒として転職活動を行うにあたり、なぜ早期退職をすることになったのか採用側から聞かれる機会は多いでしょう。では、第二新卒であることをどのように伝えれば、企業側に好印象を与えることができるのでしょうか。

積極的に採用する企業も多い第二新卒

一般に、第二新卒であることで印象を下げてしまうことはありません。

理由もなく退職の道を選ぶ方はいませんよね。誰しも何かしらの理由があり、第二新卒になるわけです。そして、第二新卒という言葉がこれだけ有名になっているということは、早期退職をする方が多いということでもあります。

実際、新卒の離職率は、毎年3年以内で30%ほどと高めです。つまり、採用側は早期退職した方を何人も見ていますし、そういった方を採用したいと考えるからこそ、第二新卒を歓迎しているわけです。就業期間が短いというだけで不安になる必要はありません。

大切なのは、退職に至った理由をきちんと説明すること、そして前回の反省を踏まえているとアピールすることです。

退職理由のいい伝え方

例えば、面接で退職理由を聞かれ、「入社してみたら仕事内容が大きく違っていたため」と答えたとしましょう。もちろんこれは、入社前に仕事内容をきちんと説明しなかった会社側にも責任があります。しかしそれは、事前に自分自身で確認できなかったのかと思われてしまうこともあるのです。

「入社してみたら仕事内容が大きく違っていたが、これは自分自身の確認不足でもあったと反省している」と一言つけ加えるだけで、自分自身の非を認められる人だと好印象を与えることができます。

このような退職理由の伝え方はNG!

たとえ自分がまったく悪くなかったとしても、以前の就業先をおとしめるような説明は、避けたほうがいいでしょう。

「残業はまったくないと聞いていたのに、蓋を開けてみれば残業ばかりでしんどい思いをした」「入社時の説明ではアットホームな環境だと言っていたのに、実際はいじめがあった」など、本当につらい思いをして早期退職を選んだ方もたくさんいます。

しかし、採用側はあなたが以前就業していた会社の内部を知らないため、どこまでが本当なのかを判断することはできません。反対に、本当はとても良い環境で働いていたのに、劣悪な環境だったと言うこともできるのです。

「実際は会社が悪かったのに!」「自分は何も悪くない」と主張したくなる方も多いと思いますが、それは自分の心にとどめておきましょう。

堂々と前向きにアピールすることが重要

第二新卒の転職活動において重要なのは、就業経験を隠さず、以前の就業先を悪く言わないこと。あくまで前向きに、これからどうしていくかという姿勢をアピールすることが大切です。

短い就職期間であったとしても、その経験や反省を踏まえ、転職を成功させましょう。

転職をお考えの方へ。

転職活動は情報収集が命です。第二新卒という貴重なチャンスで転職を成功させるためにも、転職の知識は身につけておきましょう。

 その他のお役立ちコンテンツ

「第二新卒とは」TOPにもどる

早期退職(3ヵ月未満で退職した場合)は第二新卒扱いなのかのページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。