異業種への初めての転職を成功に導くポイント|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

はじめての転職

業界専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

異業種への
初めての転職

初めての転職 お役立ちコンテンツ

初めての転職活動において、異業種にチャレンジしてみたいという方もいるでしょう。しかし、異業種へ転職するとなると、転職市場の現状を把握する必要がある他、どのスキルや経験が活かせるのか、アピールすべきポイントは何かなど、基本的なことの確認が必要となってきます。
そこで今回は、異業種への初めての転職を成功させるためのポイントをご紹介していきます。

異業種への転職の現実

異業種への転職の現状は、どのようになっているのでしょうか?異業種への転職のしやすさは、年齢や業界によっても変わってきます。まずは、20代と30代、それぞれの異業種への転職の傾向や、未経験でも異業種から転職しやすい業界について見ていきましょう。

20代の場合

第二新卒求人がある20代は、未経験分野への転職がしやすい傾向があります。20代半ばまでは実務経験よりもポテンシャル次第で積極的に採用しているケースも多く、異業種への転職でも成功しやすいといえるでしょう。

30代の場合

20代と比較すると、即戦力となる人材が求められる傾向がある30代は、異業種からの未経験採用は少なめというのが現状です。そのため、それまでの実務経験や培ったスキルを活かせる転職先を見つけることがポイントとなります。

このように、20代はポテンシャル採用が多い一方で、30代は実務経験が評価の中心となりがちです。それぞれの採用側が求める条件を満たせば、異業種への転職も成功しやすくなります。

異業種からの転職者が多い業界は?

未経験採用に積極的で、異業種からの転職者が多い業界としては、次のようなところが挙げられます。

  • 商社・流通系

  • 人材サービス系

  • メディア系

  • IT・ウェブ系

これらの業界に共通しているのは、「人手不足である」ことと「ビジネスチャンスの拡大を狙っている」ということ。未経験者でも最低限の教育さえすれば、即戦力とすることができる強みがあるというケースも考えられます。

異業種へ転職する際の注意点

初めて異業種へ転職する際、どのような点に注意すべきなのでしょうか?ここでは、「異業種で同職種」と「異業種かつ異職種」それぞれのケースについて、注意点をご紹介します。

異業種で同職種の場合

たとえば、「商社の営業職から医療機器メーカーの営業職」への転職というようなケースです。特に人員不足となっている企業や、若手社員の増強をしたい企業が積極的に採用を行っています。ジャンルは違いますが同じ職種ですから、応募書類や面接では、その職種で実績や成果を出すためにどのような経験をしてきたのか、志望先企業ではどのように経験やスキルを活かせるのかという点をアピールすると良いでしょう。

異業種でかつ異職種の場合

たとえば「メーカーの営業職からIT系企業のエンジニア職」への転職というように、業界も職種も異なるケースもあるでしょう。異業種で同職種の採用と同じく、人員不足や若手社員の増強をしたいという企業が採用を行っていることが多いようです。
社会人経験こそあるものの、その業種と職種では未経験者として採用されるため、やる気と人柄を重視している企業がほとんどです。そのため、なぜその業種・職種へ転職し、その企業で働きたいのかを明確にして伝えることが大切になります。

異業種への転職を成功させるためのポイント

異業種への転職を成功させるためには、いくつかポイントがあります。異業種への転職活動で不安がある方は、以下で紹介するようなポイントを押さえた上で転職活動を進めるようにしましょう。

前職で培ったスキル・経験の活かし方を明確に

異業種でも、同職種であれば次の仕事でも活かせる知識やスキルがあるはずです。また、異業種・異職種への転職でも、PCスキルやビジネスマナーといった社会人なら誰しも求められるスキルや資格を活かすことができます。文書作成やプレゼンテーション資料の作成スキルなど、どの程度のことができるのかを明確にしておくと良いでしょう。

コミュニケーションスキルの高さをアピールする

未経験採用だとしても、最低限の社会人経験があることは大前提とされているケースが大半を占めます。前職を通して、どんな経験や知識、スキルが身に付いているのかをアピールできるようにしておきましょう。
もちろん、部署内外や社外の取引先とのやりとりで磨かれたコミュニケーション能力は、ほとんどの企業で必要とされるものですから、そういった経験を積んでいることは強みにできます。

自分に足りないスキル・経験を分析する

アピールポイントを明確にすることも大切ですが、逆に自分に足りていないスキルや経験を分析することも重要です。足りていないものを明確にすることで、これからの仕事で何を身に付けるべきなのか、また転職先に入社するまでに勉強しておくべきことや取得すべき資格はないかといったことを把握することもできます。

転職の目的やキャリアプランを明確に

同業種での転職であればキャリアアップを転職の理由とすることもできますが、異業種への転職となると、いきなりのキャリアアップや年収アップは難しいものです。そのため、志望先企業には明確かつ具体的な志望動機とキャリアプランを伝えることが大切になります。

異業種への転職成功事例も豊富なマイナビエージェント

マイナビエージェントは、異業種への転職成功事例が豊富にあります。ご希望の業種やキャリアパスに応じて、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、求人案内をご紹介いたします。
また、初めて転職活動を行う方にも自信を持って取り組んでいただけるよう、応募書類の添削や志望先企業に応じた面接対策、面接日程の調整といったサポートを全て無料で提供しています。初めての転職活動で異業種にチャレンジしたいという方は、ぜひご相談ください。

その他、不安なことがあれば、何でもお聞かせ下さい
キャリアアドバイザーが
丁寧にご説明いたします

はじめて転職する方向けお役立ちコンテンツ

はじめての転職に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。