面談する際に準備することはありますか?|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

面談する際に
準備することは
ありますか?

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

面談する際に準備することはありますか?

転職エージェントは一般的な転職サイトとは異なり、エージェントが転職希望者に代わり、転職希望者に最も適した労働条件や、キャリア・スキルなどが活かせる企業を探します。

その転職エージェントを使った転職活動で最も大切であると言えるのは、転職エージェントとの面談です。転職エージェントは転職希望者との面談で、人となりを判断し、転職希望者に最も適した企業を照会しますので、よい転職先に出会えるかどうかは転職エージェントとの面談によって大きく左右されるといっても過言ではありません。

このように、重要な役割を持つ転職エージェントとの面談ですが、どのようなことに準備し、どのようなことに気を付けて面談に臨めばよいのでしょうか。

時間厳守は徹底すること

面接や人との約束では基本中の基本ですが、転職エージェントとの面談は時間厳守です。転職エージェントは時間を守れる人かどうか、ビジネスパーソンとして基本的なマナーがあるかどうかもチェックしていますので、連絡なしに遅れる、キャンセルするなどはせず、約束の時間を守るという基本的なマナーを最低限守るようにしましょう。

服装で気を付けることは?

転職エージェントとの面談で、私服でOKと言われた場合には、転職エージェントとの面談に本当に私服で臨んでも大丈夫なのでしょうか?

ビジネスマナーがなっていないなどと思われないかどうか心配されるかもしれませんが、私服でOKと言われた場合は、基本的に私服で面談に臨んでも問題はありません。転職先企業との本番の面接ではありませんので、あまり肩に力を入れずに自然体の自分をアピールしたほうがよいでしょう。

自然体で面接しながらも言葉遣いには注意

転職エージェントとの面接で最も大切なことはありのままの自分を出すことです。

自分をありのままに理解してもらって、転職エージェントに自分に最も合った職場を紹介してもらうことが本来の目的ですので、変に良く見られようとする必要は全くありません。

ただし、ありのまま自分を出すとは言っても、あまりになれなれしくなりすぎないように、言葉遣いなどの最低限のマナーはわきまえるようにしましょう。

転職の意思は強く伝えましょう

エージェントは、企業に対して「この人は御社の求める人材であると、転職エージェントである自分が自信をもって推薦する」と言える人間でないと、自分の大切なクライアントである企業に紹介できません。

内定した後に辞退されるようだと今後の信頼を失うことにもなりかねませんので、エージェントに「この人なら大丈夫」と思ってもらうためにも、転職の意思はその都度強く伝えるようにしましょう。

転職の意思は強く伝えましょう

  • 時間は必ず守る
  • 転職エージェントとの面談時の服装は指定がなければ堅くなりすぎなくてよい
  • 礼儀を持って自然体で接するようにする
  • 転職したいという意思はしっかりと伝える

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面談する際に準備することはありますか?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。