機械メーカー
転職知識まとめ

Mynavi Maker AGENT

機械メーカー経験者、または未経験から機械メーカーを目指す方に向け、志望動機・年収・必要なスキルや資格・求人情報など転職に役立つ情報をまとめました。

機械メーカーの転職知識まとめ

機械メーカーの転職は
マイナビメーカーエージェント

マイナビメーカーエージェントは、メーカー専門の転職エージェントです。
業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの転職をサポートいたします。

  • 現在と同じ業種で転職したい方

    現在と同じ業種で
    転職したい方

  • 他の業種にキャリアチェンジしたい方

    他の業種に
    キャリアチェンジしたい方

  • 未経験からチャレンジしたい方

    未経験から
    チャレンジしたい方

  • 機械メーカー
    への転職

  • 異業種への
    転職希望の方はこちら

    機械メーカー
    からの転職

  • 機械メーカーへの転職知識

    工作機械や産業用ロボット、重機や建機、農業機械などを開発・製造する機械メーカーには、「産業を根底で支えるBtoBのビジネスを展開している」という特徴があります。転職では、これら機械メーカー特有の特徴や採用の動向を踏まえたうえでアピールポイントをまとめ、資格取得などの準備をすることが大切です。

    Section01 機械メーカー業界とは?

    機械メーカーとは?

    機械メーカーとは、工作機械や産業用ロボット、重機、建機、農業機械、機械部品などを開発・製造するメーカーのことです。

    いずれも法人のお客さまを相手に取引をするBtoBビジネスであるため、なかなかイメージがしづらいかもしれません。工作機械や産業用ロボットは、どちらもモノづくりにおいて不可欠なものです。工作機器は素材を削ったり磨くなどの処理を行って加工する機械のことで、産業用ロボットは工場などで製品や製品の材料を搬送したり、加工・組み立てなどを行う機械のことを指します。

    重機と建機は、土木・建設現場などで使われる機械を指し、油圧ショベルや移動式のクレーン、ダンプトラックなどがこれにあたります。農業機械は、人に代わって農作業を行う機械のことで、トラクタやコンバイン、田植え機などを指します。

    このように、機械メーカーは自社で開発・製造した製品の提供を通じて、日本の産業や農業を根底で力強く支えています。

    Section02 機械メーカーへの転職理由・志望動機

    機械メーカーへの転職理由・志望動機

    機械メーカーは法人のお客さまを相手にビジネスを展開していることから、一般的には認知度がそれほど高くありません。しかし、高度な技術を持ち、優れた製品を開発・製造している企業がたくさん存在します。つまり、「知る人ぞ知る優良企業」と呼ばれる企業が多いのが機械メーカーの大きな特徴であり、この点に惹かれて転職を考える方が多いようです。

    志望動機をまとめる際には、このような機械メーカーならではの強みや特徴を理解するところからはじめましょう。BtoCのビジネスを展開している消費財メーカーなど、機械メーカー以外のメーカーと比較すると、特徴が浮き彫りになりやすいかもしれません。

    機械メーカーへの転職で志望動機を書く際には、以下の3つの視点からまとめることをオススメします。

    1. なぜ、機械メーカーなのか。

    まずは「他の業界ではなく、なぜ機械メーカーを目指したのか」を考えることからはじめてみましょう。機械メーカーで働いてきた経験を活かして、同業他社に転職したいのか。それとも、未経験だけれど、機械メーカーに興味があるのか。具体的な理由を提示すると、より説得力のある内容にできるでしょう。

    2.なぜ、その企業で働きたいのか。

    機械メーカーを志望する理由が固まったら、次は「なぜ、その企業に転職したいのか」を考えてみましょう。「前職では実現できなかったことを実現したい」「より大規模な案件に携わって、専門性を高めたい」など、「その企業に転職したい根拠」をわかりやすくまとめていきましょう。

    3.なぜ、その職種に就きたいのか。

    業界を志望する理由と、その企業を志望する理由が固まったら、最後に、職種を志望する理由について考えましょう。「これまでの経験で得た知識やスキルを、どのように活かしていけるのか」という視点で、志望動機をまとめていきましょう。

    Section03 機械メーカーは未経験でも転職可能?

    機械メーカーは未経験でも転職可能?

    機械メーカーでの活躍先は、機械設計や電気・電子設計などに携わる「エンジニア」、図面を作成する「CADオペレーター」、製品の組み立て・製造などを担う「製造」、お客さまに自社製品の提案をする「営業」、総務・経理や人事などの業務を担う「事務」などがあります。

    このうち、未経験者を積極的に採用しているのは製造職です。多くの企業が生産工程をマニュアル化しているので、未経験でもなじみやすい仕事と言えます。

    一方、機械設計や電気・電子設計などに携わるエンジニアは、即戦力を求めて経験者を採用する傾向にあります。ただし、機械メーカーでの経験がなくても、他業界でエンジニアとして経験を積んでいれば「可」とするところもあります。また、工学系の学部出身者であれば、経験がなくても採用する場合もあります。

    機械メーカーは会社によって扱う製品が異なり、独自の技術をもっている会社も少なくありません。そのため、営業職にも自社製品に対する深い理解が求められ、なかには技術営業的な役割を果たすところもあります。機械メーカー未経験で営業職を志望する場合は、志望する企業の製品理解に努めることが重要になってくるでしょう。

    Section04 機械メーカーへの転職で、
    持っていると有利なスキル・資格

    機械メーカーへの転職で、持っていると有利なスキル・資格

    機械メーカーへの転職において、有利となるスキルや資格は職種によって異なります。

    営業職の場合、資格となる資格は特にありません。求められるスキルとしては、コミュニケーション力や提案力、交渉力などが挙げられます。例えば重機や建機メーカーの営業職の場合、建設現場の職人さんを相手に商談に臨むこともあり得ます。お客さまの立場になって考え、必要な機械を必要なタイミングで提供するには、高度なコミュニケーション力が必要になってくるでしょう。

    一方、エンジニアも必須の資格はありませんが、機械設計や電気設計のスキル・経験を求める企業が多い傾向にあります。

    どの職種もさまざまな部門と協力しながら仕事を進めていくため、採用において、コミュニケーション力も評価のポイントとなるでしょう。

    Section05 機械メーカーの年収

    機械メーカーの年収

    マイナビエージェントの調べによると、機械・機械部品メーカーの平均年収は454万円となっています。これを年代別に見ていくと、20代で399万円、30代で534万円となっています。男女別では、20代男性が402万円、20代女性が386万円、30代男性が542万円、30代女性が493万円となります。

    20代平均と30代平均を比較すると135万円もの開きがあり、経験を積むことでより多くの年収を得られることがわかります。これは機械設計など、専門性の高い仕事でスキルや技術を磨いていったことから、高収入を実現しているものと推測できます。

    以上の結果から、機械メーカーへの転職では、求職者がこれまでの経験で身につけてきた技術が高く評価され、それが待遇に結びつくことがわかります。

    Section06 機械メーカーへの転職・求人情報

    機械・機械部品の求人一覧

    Section07 機械メーカーへの転職成功事例

    メーカー業界の転職成功事例一覧

    Section08 機械メーカーへの転職に関するその他お役立ち情報

    機械メーカーへの転職は、
    マイナビメーカーエージェントに
    お任せください!

    無料転職サービスに申し込む
  • 機械メーカーから異業種への
    転職知識

    機械メーカーでの経験を活かして他業種に転職するのであれば、これまでの経験で得た知識やスキルを志望する業界でも活かせることをアピールすることが大切です。ここでは、機械メーカーからの転職先や、異業種への転職で活かせるスキル・資格などを紹介します。

    Section01 機械メーカーからの転職先

    機械メーカーからの転職先

    機械メーカーからの転職先として第一に考えられるのは、機械メーカー以外のメーカーになります。例えば自動車メーカーやスマートフォン・PCなどのメーカーは、機械メーカーで機械設計・電気設計に携わってきたエンジニアの皆さんにとって、なじみやすい転職先だと言えます。

    営業職の場合、メーカーに限らず、さまざまな業界が転職先として考えられます。無形商材・有形商材問わず、興味ある業界に積極的にチャレンジしてみましょう。

    マイナビメーカーエージェントでは、異業種への転職を志望されている求職者様に、電気・化学・食品・IT業界などをご紹介した事例が数多くあります。異業種への転職を考えているのであれば、お気軽にマイナビエージェントにご相談ください。

    Section02 機械メーカーから異業種への転職理由・志望動機

    機械メーカーから異業種への転職理由・志望動機

    機械メーカーから異業種への転職を成功させたいのであれば、志望動機のまとめ方も一工夫したいところです。以下のポイントに沿って、志望動機をまとめていきましょう。

    • これまでの仕事内容と、仕事で得た知識やスキル
    • 異業種に興味をもった理由
    • 志望する会社に興味をもった理由
    • これまでの経験で得た知識やスキルを異業種でどう活かせるか

    まずは、皆さんがこれまでどのような仕事に就き、どのような経験をしてきたのか、振り返ってみましょう。すると、身についた知識やスキル、強みなどが見えてきます。そのうえで、志望する業種や会社について調べます。なぜ異業種に転職したいのか、なぜ志望する会社に転職したいのかという視点で調べていくことがポイントになります。最後に、これまでの経験で得た知識やスキルを、志望する業種や転職先でどのように活かせるかイメージし、志望動機にまとめていきましょう。

    Section03 機械メーカーから異業種の転職で活かせるスキル・資格

    機械メーカーから異業種の転職で活かせるスキル・資格

    機械メーカーのエンジニアは、製品の開発プロジェクトを通じて、「お客さまの要望を整理して、製品の仕組みを考え、構造化する」という経験を何度もしています。グローバル展開している機械メーカーであれば、海外の拠点とのやりとりを通じて、英語のスキルを身につけている方もいることでしょう。

    こうした経験から、「物事を論理的にとらえ、組み立てる力」や、「さまざまな価値観をもつ仲間と協業し、目的を成し遂げる力」「高度なコミュニケーション力」などが、異業種への転職において大きな武器になるでしょう。

    もちろん、営業や製造、CADオペレーターなどの職種に就いている方も、仲間と協業して目的を成し遂げる力やコミュニケーション力を備えています。異業種でも活かせるスキルとして、ぜひアピールしてください。

    Section04 機械メーカーから異業種への転職・求人情報

    Section05 機械メーカーから異業種への転職成功事例

    機械メーカーから異業種への転職も、
    マイナビメーカーエージェントに
    お任せください!

    無料転職サービスに申し込む

この記事の監修者


この記事の監修者

緒方 祐亮

幅広い業界の営業職や管理部門、事務系職種の方をサポートさせていただき、現在はモノづくり業界の幅広い職種の方々の転職サポートをさせていただいております。皆様のご希望はもちろん、今まで培ってこられたご経験などを鑑みて、幅広くご提案させていただき、最良の選択をしていただけるようサポートさせていただきます。

幅広い業界の営業職や管理部門、事務系職種の方をサポートさせていただき、現在はモノづくり業界の幅広い職種の方々の転職サポートをさせていただいております。皆様のご希望はもちろん、今まで培ってこられたご経験などを鑑みて、幅広くご提案させていただき、最良の選択をしていただけるようサポートさせていただきます。

機械メーカーの転職に関する
よくあるご質問

  • 機械メーカー未経験でも転職することは可能ですか?

    機械メーカーの求人は経験者を求めるケースが多く、未経験で転職されたケースはあまり多くありません。ただし、志望する企業や職種とマッチするスキルを持っている方や、工学部出身者の方でしたら、採用される可能性がございます。

  • 機械メーカーに転職する際に有利になる資格はありますか?

    機械メーカーで必須の資格はなく、応募要件に資格を掲げている企業はほとんどないと言ってよいでしょう。資格よりも、若手であれば学生時代の専攻や研究内容、経験者であれば経験・スキルを重視する傾向にあり、多くの企業が理工系学部出身者を求めています。

  • 機械メーカーに転職可能な年齢は何歳までですか?

    職種や採用背景によって異なりますが、20代後半の方が多く採用される傾向にあります。経験者の場合、さらに幅広い年代の方が採用されており、30~40代の方が機械メーカーに転職されたケースもあります。ケースバイケースですので、機械メーカーへの転職を検討されている方は、まずはお気軽にマイナビメーカーエージェントまでご相談ください。

  • 機械メーカーの選考の特徴を教えて下さい。

    志望動機などの一般的な質問が多く、職種によっては専門的な知見を確認されることもあります。例えば技術職を志望する経験者の方の場合、担当してきた製品や開発フェーズ、使用してきたツールなど詳細に聞かれるケースが多いようです。なお、選考回数は2~3回で、最終面接を対面で行う企業がほとんどです。

  • 機械メーカーの働く環境について教えてください。

    職種によって異なりますが、生産技術職や製造職など製造に携わる職種の場合、在宅勤務は少なく、出社する企業が多いです。納期直前などは忙しくなるため、残業するケースもあります。また、お客先対応のため、出張などが発生するケースもあります。