半導体業界
転職するには?

将来性や求められるスキルや
平均年収を解説

半導体は私たちの身の回りにあるさまざまな電子機器を動かすうえで大きな役割を担っています。
その半導体を製造する人たちがいることにより、
私たちは便利で不自由のない生活を送ることができています。
この記事ではそんな半導体業界の構造や展望、
転職活動をするうえで押さえるべきポイントなどを紹介します。
半導体業界へ興味を持っている方、転職活動を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

半導体業界の転職事情に詳しい
キャリアアドバイザーが
あなたの転職活動をしっかりサポートします!

キャリアアドバイザーに相談する
01

半導体業界とは

半導体業界とはいったいどのような業界なのでしょうか。
まずはその概要を確認しておきましょう。

半導体業界の概要

半導体は、電気を通す物質の導体と電気を通さない物質である絶縁体の中間に位置する物質です。
PCやスマートフォンなどの情報端末、冷蔵庫や洗濯機などの家電、自動車など、私たちの暮らしを支えるさまざまな機械の制御に使われています。
半導体業界とは、半導体そのものを製造する企業はもちろん、それらを流通させる役割を担う企業も含めた業界を指しています。

半導体業界の業態

  • 半導体メーカー

    半導体メーカーは半導体自体の開発や製造を担います。パソコンなどのIT機器や家電製品だけでなく、自動車や電車などにも半導体は使用されています。

  • 半導体商社

    半導体商社は、半導体メーカーが製造した製品を、半導体を用いた機器を製造するメーカーに卸すのが仕事です。場合によっては品質管理や技術サポート、動向調査などの付随業務を担うこともあります。

  • 各種機器メーカー

    各種機器メーカーは、電子機器や精密機器、産業機器などさまざまな分野のメーカーを指します。基本的には自社で半導体の開発や製造をおこなわず、商社から最適な半導体を仕入れ自社製品に使用します。

02

半導体業界への転職は
どのような職種がある?

半導体業界の全体像が把握できたら、代表的な職種についても理解を深めましょう。
自身の興味・関心があるものや今までのキャリアを踏まえながら、
どのポジションを狙っていくべきかを見定めましょう。

  • 研究職・エンジニア職

    研究職・エンジニア職

    研究職・エンジニア職は、半導体および製造装置のハードウェア設計、また製品の研究開発を行う職種です。業界の変化やニーズの移り変わりに適応しながら高品質な製品を生み出していきます。
    基本的には部署内で業務が完結しますが、場合によっては別部署やクライアントとのやり取りが生じることもあります。半導体設計の詳細な仕事内容については、以下の記事も参考にしてみてください。

  • 評価、検証(技術系)

    評価、検証(技術系)

    評価、検証は、製造した半導体や製造装置が不具合なく正常に使用できるものであるか、その品質を評価、検証する職種です。製造装置に関しては、発注元であるメーカーのニーズを満たす製品であるかの検証も実施します。
    製造フローをブラッシュアップし品質向上を目指す役割や、イレギュラー事案の対応策の検討なども担うため、半導体全般の幅広いスキルや経験が求められます。

  • 営業職

    営業職

    製造した自社製品をニーズのある会社へ販売するのが営業職の仕事です。半導体メーカーは商社へ、製造装置メーカーは半導体メーカーへ、それぞれ自社製品を提案します。
    営業職は顧客の要望をいち早く確実に実現できるベストな手段を常に考えなければなりません。他業種の営業職と同様、顧客との信頼関係を構築する能力や、的確にニーズをくみ取り相手の求めるものを先回りして用意できる力が求められる職種です。国内外に広く事業展開している企業も多いため、海外で働くチャンスもあるかもしれません。

  • 資材調達(事務系)

    資材調達(事務系)

    自社で製造する半導体や製造措置に必要な資材を揃えるのが資材調達の役割です。顧客ニーズを盛り込んだ製品を設計するため、高品質かつ低コストの資材を調達することが求められます。また、製品自体の資材だけでなく設計時に必要な道具に関して調達することもあります。
    資材調達も海外企業との取引が発生する場合があるため、言語力を活かしたいという方も活躍できる可能性がある職種です。

03

半導体業界の展望

半導体技術がより広く活用されれば私たちの生活はより豊かで便利になり、
業界も大きく発展するはずです。今後、半導体業界にはどのような発展が予想されるのか、
具体的に見ていきましょう。

  • 自動運転技術への活用

    自動運転技術への活用

    前方を走行する車を追従する機能や自動ブレーキ機能など、車の自動運転技術には半導体が多く使われています。将来的に完全自動運転化が実現すれば、半導体業界が活性化するだけでなく、交通事故の抑制や渋滞の緩和、ドライバー不足の解消などにもつながることになります。

  • 5Gへの活用

    5Gへの活用

    5Gは高速かつ大容量のデータ通信技術です。自宅やオフィスのあらゆる電子機器・設備を遠隔で操作できるIoTの技術は近年急速に広まりを見せていますが、これらはすべてインターネットを介しておこなわれており、その通信技術にも半導体が利用されています。5G通信が全国的に展開されIoT化が促進されれば生活の質はさらに向上しますし、ビジネスにおいても新たな商機を生み出すきっかけとなるはずです。

  • VR(仮想空間技術)への活用

    VR(仮想空間技術)への活用

    VRとは、ヘッドセットやスマートフォンなどを使用することで目の前に仮想空間を生み出し体験できる技術です。ゲームの世界ではすでに広く活用されつつありますが、医療分野ではオペをVRで体験し若手医師の研修に役立てたり、スポーツ分野ではプレイヤー、観客、道具などあらゆる視点から試合を楽しむことができるなど、さまざまなシーンで新たな価値を創出しています。このVRにも半導体技術は用いられています。コロナ禍において非対面の営業活動が増えたこともあり、今後さらにその活用が広まると考えられています。

  • AI(人工知能)への活用

    AI(人工知能)への活用

    AIはすでに私たちの日常の多くの場面に導入されています。たとえばSiriやスマートスピーカーなどで使用される音声認識、Google検索や自動翻訳を行う自動言語処理、自動運転やSNSで人物にタグ付けをする画像認識などは、いずれもディープラーニングを活用した技術です。IT技術の更なる発展が期待される中、AI技術の活用はますます多くの場面で進むことでしょう。

04

半導体業界への転職で、
あると有利なスキル資格

同じ半導体業界への転職でも、希望する分野によって求められるスキルは変わってきます。
たとえば、半導体メーカーや半導体製造装置メーカーは自社で研究開発などを行うため、
機械や電気、電子、化学、物理など理系分野の知識があると有利です。

一方、半導体商社はメーカー同士をつなぐ役割にあるため、
専門性の高さをあまり重視していない企業もあります。

また、営業職や資材調達などの職種では英会話スキルが求められる場合があります。
資格面においては特に必須となる資格はありませんが、
持っていれば有利な資格としては、以下が挙げられます。

  • ディジタル技術検定

    ものづくりに必要な
    IT知識の基礎を
    問う試験

  • 半導体技術者検定

    半導体全般の知識を作り手、
    使い手双方の視点から
    問う試験

  • CAD利用技術者試験

    設計に使用するCADシステムの
    知識や作図などのスキルを
    問う試験

  • TOEIC

    英語コミュニケーション能力を
    問う試験

05

半導体業界の平均年収

半導体業界の平均年収"

マイナビエージェントの調べによれば、半導体業界の平均年収は530万円程度となっており、多少の変動はあるものの上昇傾向にあります(※2016年版データ参照)。
ここ数年の社会のデジタル化は目覚ましく、半導体も多くの分野で求められているため、その影響がポジティブに反映されている状況です。

前述のように半導体業界全体の展望も明るいことから、将来的に安定した収入を得ながら腰を据えて働ける業界といえるでしょう。
ただし、半導体業界の最前線で活躍していくためには日々学びや経験をアップデートしていくことがその大前提となります。

半導体業界年収別 求人特集

06

半導体業界の志望動機の
作り方ポイント

半導体業界の志望動機の作り方やポイント

ここまで紹介した通り、半導体業界の業務領域は多岐に渡ります。そのため転職活動においては、半導体業界の中でなぜその分野を選ぶのか、さらにその分野の中でなぜ応募先企業を志望するのかという理由を明確に答えられるよう整理しておくべきです。

また、半導体業界のように新しい物を生み出す世界では、物怖じせずに取り組む熱意やチャレンジ精神、粘り強く目の前の仕事に向き合う継続力などが求められます。過去の経験やキャリアの中でそうした要素につながるものがあれば、関連性を持たせながら積極的にアピールしましょう。最後に、作成した志望動機がしっかりと相手に伝わる文章になっているか、第三者にあらかじめ確認してもらうとなおよいでしょう。

職務経歴書の書き方のポイントやサンプルについて詳しくは下記ページでご紹介しています。
また職務経歴書を作成する際には、それぞれの職種に合わせて書き方のポイントや例文を表示してくれる自動作成ツールの利用がおすすめです。職務経歴書の作成に、ぜひご活用ください。

07

半導体業界へ
転職をするには?

半導体業界へ転職する手段としては、主に以下の2つのご紹介いたします。

  1. means 01

    求人サイトを活用する

    求人サイトを活用した転職活動は、自宅にいながら手軽におこなえるのがメリットです。検索機能を活用して興味や関心にフィットした企業を探すことができます。仕事やプライベートの合間に、自分のペースで自由に転職活動をしたい方にはおすすめです。

  2. means 02

    転職エージェントを利用する

    「一人での転職活動には不安がある」「最短ルートで転職したい」という方には、転職エージェントのご利用をおすすめします。転職エージェントとは、転職業界に精通したキャリアアドバイザーが、企業選定から選考対策まで、新しい仕事を求める人をあらゆる面でサポートするサービスです。

    中でも「マイナビメーカーエージェント」は業界専任制を採用しており、半導体業界に精通したアドバイザーがあなたの転職活動を一貫してサポートします。各企業の人事担当者と密接にコミュニケーションを取るスタッフも在籍しているため、求人サイトからは得られない現場の情報も得られます。無料登録後の面談では、対面の他にWebや電話でも受けることも可能です。ぜひご活用ください。

あなたのご希望に応じた求人をご紹介。
アドバイザーが転職活動をサポート!

キャリアアドバイザーに相談する
08

まとめ

私たちが日々快適で便利な生活を送ることができているのは、
半導体技術の発展の賜物といっても過言ではありません。
その半導体製品の製造に関わる仕事は、人々の役に立つ充実感や喜びを感じられる仕事です。
また、これから起きるさまざまな技術革新においてもその存在は欠かせないものであり、
時代の先端を行くビジネスに関わるやりがいもきっと感じることができるでしょう。

もし半導体業界への転職を検討する場合は、転職エージェントの活用も検討しながら、
自分の経験や興味を存分に活かせる職種をぜひ探してみましょう。

この記事の監修者


この記事の監修者

堀内 悠平

株式会社マイナビ所属。製造業専任の転職エージェント歴4年。前職は、銀行にて主に法人様の様々な経営課題解決に従事。現在は企業担当として、大手上場企業の採用活性化や、中小企業の採用課題解決に携わる。機械、電気、化学等、領域問わずキャリア支援の実績あり。

株式会社マイナビ所属。製造業専任の転職エージェント歴4年。前職は、銀行にて主に法人様の様々な経営課題解決に従事。現在は企業担当として、大手上場企業の採用活性化や、中小企業の採用課題解決に携わる。機械、電気、化学等、領域問わずキャリア支援の実績あり。