電気機器業界
転職するには?

業界動向や主な職種や
平均年収まとめ

電気機器は私たちの毎日の生活になくてはならないもの。
身近なものであるぶん、電気機器業界の仕事はやりがいが得やすい仕事であるといえるでしょう。
ここでは、そんな電気機器業界での転職を考えている方に向けて
業界動向や主な職種、年収について詳しく解説します。
業界の現状と今後の見通しも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

電気機器業界の転職事情に詳しい
キャリアアドバイザーが
あなたの転職活動をしっかりサポートします!

キャリアアドバイザーに相談する
01

電気機器業界とは

電気機器業界とは?

テレビや洗濯機などの家電やスマートフォンなどの通信機器、パソコンやプリンターなどのOA機器といった電気機器は、私たちの日常生活に深く溶け込んでいます。
日本で生産される電気機器はこれまで世界的に高く評価され、世界中のさまざまな国で利用されてきました。

そのブランド力が大きな武器となり、業界は成長を続けてきましたが、近年では韓国や中国などのアジア諸国で低価格かつ高性能な製品が多く生産されるようになりました。
そのため、各社では今、低価格な製品に負けない機能や付加価値を持った新しい製品の開発・製造に積極的に取り組んでいます。

導体から重電機器までと幅広い

半導体は、電気を通す物質の導体と電気を通さない物質である絶縁体の中間に位置する物質です。PCやスマートフォンなどの情報端末、冷蔵庫や洗濯機などの家電、自動車など、私たちの暮らしを支えるさまざまな機械の制御に使われています。
半導体業界とは、半導体そのものを製造する企業はもちろん、それらを流通させる役割を担う企業も含めた業界を指しています。
電気機器業界は主に、家電業界、重電業界、OA機器、半導体業界、時計業界の5つの業界に分けられます。

家電やOA機器、時計業界については、日常生活で利用している製品が多いため、身近に感じる方も多いかと思います。重電業界は、発電施設や工業施設、商業施設などに用いられる設備を取り扱っています。

半導体業界が取り扱う代表的な製品としては、家電製品やスマートフォンなどの電子機器に組み込まれている「マイコン」があげられます。マイコンは家電製品のディスプレイ表示や音、動作の制御や電子機器の通信などを担っており、高機能化する現代の電気機器においてなくてはならないものです。

近年の電気機器業界の市場規模の推移としてはほぼ横ばいの現状ではありますが、「IoT」や「5G通信」などの普及により、今後の市場規模の拡大に期待が寄せられています。

02

電気機器業界の主な職種

次に、電気機器業界の主な職種と職種別の仕事内容を紹介していきます。

  • 回路設計エンジニア

    回路設計エンジニア

    回路設計エンジニアの主な仕事は、電気機器に組み込まれる半導体回路の仕様検討や設計開発、基盤実装などにおける新規技術の開発です。
    電子回路は電子基板を構築するアナログ回路とICチップなどに組み込まれるデジタル回路に大別され、多くの回路設計エンジニアはどちらかを自分のコアスキルとして活躍しています。電気機器の開発において非常に重要な役割を担う職種であるため、両方の技術を習得していれば活躍の幅は広がるでしょう。

  • 機械の生産管理

    機械の生産管理

    生産管理の役割としては、生産日程の調整や月ごとの生産計画の立案、在庫管理、海外工場への出荷指示などの窓口業務などが挙げられます。また企業によっては、海外子会社や工場の運営管理といった役割も含まれます。

  • ソフトウェアエンジニア

    ソフトウェアエンジニア

    ソフトウェアエンジニアは、スマートフォンなどの電子機器や家電製品、産業用設備などにおいて、 画面表示、通信、動作を制御するソフトウェアの開発を行います。クライアントの要望をどう実装するかをまとめる要件定義、ソフトウェアの設計、動作検証までを担います。また要件定義した仕様をもとにコーディングを担当もします。 なお、企業によってはこの両方を担当する場合もあります。

    IoT化が進む電気機器業界では、あらゆる機器に制御ソフトが搭載されていきます。そのため、ソフトウェアエンジニアの需要は今後ますます高まっていくことが予想されます。

  • 部品調達・監査

    部品調達・監査

    製造に必要な部品やサプライヤーの選定、品質の高い製品を開発するための仕組みの策定、クライアントが要求する品質を満たしているかの分析・評価などを担当します。サプライヤーの選定においては、設計、製造などの関係部門と必要要件の協議をおこないます。

  • 事務系職種

    事務系職種

    家電業界に限らずあらゆる業界で必要とされる職種です。バックオフィスで営業やエンジニアの業務をサポートし、健全な企業運営に貢献します。備品の管理や庶務を担う総務のほか、財務や経理、人材の採用や人事評価をおこなう人事、さらに中長期的な企業経営や事業戦略の策定をおこなう経営企画などもこの職域に含まれます。

03

電気機器業界の平均年収

電気機器業界の年収

マイナビエージェントが調査した「業種別平均年収ランキング【2020年版】」では、電気機器業界の平均年収は466万円となっています。しかし、年収は年齢や職種によって変化するため一概にはいえません。

20代では376万円であるのに対して、30代では493万円と、20代から30代にかけて年収が上がっていく傾向にあります。20代の平均年収としては高いものではありませんが、30代の平均年収で考えると高い水準にあるといえます。

日本企業の特徴でもありますが、長期的に勤めることで年収アップが期待できます。転職においては、長く働ける自分にあった企業かを見極めることが重要です。

電気・機器業界年収別 求人特集

05

電気機器業界の現状
今後の見通し

新型コロナウィルスの感染拡大により世界経済は低迷しており、
電気機器業界も他の業界と同様に影響を受けています。
しかし、テレワークや外出自粛にともなう巣ごもり需要の増加、
また清潔志向の浸透によって調理家電や空気清浄機の需要が高まるなど、
新たな需要も生まれています。

時代により事業の方向性は変化するものですが、
電気機器業界が日本の経済を長く支えてきたことは紛れもない事実です。
また、今後もその役割の大きさと存在価値は変わることはないでしょう。

06

業界未経験でも転職は可能?

業界未経験でも転職は可能?

業界未経験でも電気機器業界への転職は可能でしょうか?
結論は可能です。ただし、相応の準備が必要であることは補足できればと思います。
経験がない業界への転職を考える場合、経験のなさを補うためには、その業界の研究および自分の経歴・スキルの棚卸しといった準備が欠かせません。業界の仕組みをしっかりと理解し、その中で自分のスキルや経歴がどう活かせるかをアピールしていきましょう。

業界研究においては、実際の求人案件をチェックすることも大切です。企業の求人案件には、求める人材やスキル・経験などが記載されているため、それらを自分のスキルや経験と照らし合わせることでアピールすべき部分が見えてくるはずです。

あなたのご希望に応じた求人をご紹介。
アドバイザーが転職活動をサポート!

キャリアアドバイザーに相談する
07

まとめ

ここまで、電子機器業界への転職の参考となる業界動向や主な職種、
年収についてお伝えしました。

電気機器業界では今、IoT・AI・クラウドの活用が広がりにより、
さらなる技術的な進歩が期待されています。
これからさらに伸びていく可能性が十分にある業界であり、
今後も転職市場において人気の業界であり続けると考えられます。

そんな電気機器業界への転職をお考えの際は、転職エージェントの利用をおすすめします。
マイナビメーカーエージェントでは、経験やスキル、希望を踏まえて
業界に精通したアドバイザーがあなたの転職をサポートし、理想の転職へ導きます。
電気機器業界への転職をご検討の際は、ぜひご利用をご検討ください。

この記事の監修者


この記事の監修者

万澤 勁太

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴3年。東海圏でメーカー・ITを中心に様々な業界で支援実績有。前職は大手自動車部品メーカーで生産管理を経験。業界知見や自身の経験を活かした転職支援を心がけています。

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴3年。東海圏でメーカー・ITを中心に様々な業界で支援実績有。前職は大手自動車部品メーカーで生産管理を経験。業界知見や自身の経験を活かした転職支援を心がけています。