ものづくり・メーカー 転職市場レポート|求人・転職エージェント

転職市場レポート

業界ごとの転職市場の動向をチェック

ものづくり・メーカー

ものづくりエンジニア市場は企業による温度差が大きい状況ですが、コロナ禍でも強い企業を中心に採用活動を継続する傾向にあります。

e-Stat 一般職業紹介状況 第21表 職業別労働市場関係指標(実数)(平成23年改定)(平成24年3月~) 開発技術者 新規求人数 グラフ

引用:
e-Stat e-Stat 一般職業紹介状況 第21表 職業別労働市場関係指標(実数)(平成23年改定)(平成24年3月~) 開発技術者 新規求人数


全般的に積極採用の企業が目立っていましたが、直近では変化が生じ始めています。米中、日韓の貿易摩擦の影響や消費税増税に伴う消費の低迷により業績の下方修正を行う企業が出始め、これに連動する形で、中途採用に消極的になり始めた企業も散見されます。

ただしその中でも、自動車業界においては自動運転技術、それ以外の業種に関してはIoTに関連したIT技術を有する技術者の採用熱は高止まりしているようです。

ものづくりエンジニアの転職市場で依然として採用ニーズが高い傾向にあるのは、機械系および電気系の設計エンジニアでしょう。また、IoTやビッグデータなどデジタル技術・情報を用いて、生産状況を可視化し、生産性の向上を目指していくため、ITソフトウェアエンジニア、生産技術職を積極的に採用する企業も増えている状況といえます。

他業種同様に、新型コロナウイルスの影響を受けて、4月、5月は求人倍率が前年比68~69%まで下降したが、緊急事態宣言が解除されて以降回復傾向にあり、6月には80.1%まで上昇しています。

以下では、注目ポイントを弊社キャリアアドバイザーが解説します。

Point01

コロナ禍における採用温度感が変化している中、逆風下で積極採用している企業もあります。

この数年、製造業に関しては全般的に積極採用の企業が目立ちましたが、直近ではこれに変化が生じ始めています。米中、日韓の貿易摩擦の影響や消費税増税に伴う消費低迷等により業績の下方修正を行う企業が目立ち始めた中、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて業績悪化する企業が増加しています。採用市場もこれに伴い、中途採用に消極的になり始めた企業も散見されます。

この景気の変化の影響は、業種による共通の動きというよりは、個社ごとに状況は異なり、正に応募先の企業選定においては、その求人の中身を見極める必要があります。もちろんマイナビエージェント内には蓄積された情報がございますので、それに基づき、ご提案させていただきます。

市場全体としては逆風のマーケットになっているものの、このタイミングをチャンスと見て採用強化している企業もあります。また、5Gの本格活用やテレワーク化に伴うデータ量の増加を受けて業績が上向いている半導体関連企業などが積極採用しているケースもあります。今中途採用を行える企業は今後の成長も期待できる企業が多く、中長期の目線で見てもオススメとなっています。

Point02

経験や技術の棚卸しから、エンジニアとしての可能性を広げるチャンスもあります。

ものづくりエンジニアの転職市場でニーズが依然として堅調なのは、機械系及び電気系の設計エンジニアといえます。完成車メーカーやサプライヤー、工作機械、FA装置などの業界では機械設計系の募集人数は一定数あり、機械設計のキャリアを持つ人材の選択肢はある程度確保できる環境といえます。

これは特定派遣会社で機械設計エンジニアとして活躍される方においても同様といえます。業務に対する接点、あるいは立ち位置に関わらず、機械設計系のエンジニアとして活躍される方にとって、キャリアアップ転職を実現するチャンスだといえるでしょう。

また、IoTとビッグデータなどデジタル技術・情報を用いて、現状の生産状況を可視化し、生産性向上を実現していくため、ITソフトウェアエンジニア、生産技術職の採用が急募という企業も増えている傾向です。生産技術職は幅広い技術と経験が求められるため、一般的には生産技術職で多くある募集枠は経験者採用がメインといえるかもしれません。

これまでは生産技術職未経験でも、軸となる設計経験があれば採用するケースも散見されましたが、それだけでは内定を勝ち取ることは難しい環境になりつつあります。「なぜ挑戦したいのか?」という問いに対し、熱意をもって明確な答えを提示できなければ面接突破は困難になりつつあります。

マイナビエージェントでは面接対策も丁寧にご支援しております。経験や技術の棚卸し、あるいは志望動機、自己PRについてアドバイスをさせて頂いております。

Point03

今の採用市場だからこそ、用意周到な準備が必要です。

今の転職市場は求職者の方にとって、闇雲に活動すれば良いとはいえません。転職活動を成功に導くための幾つかのポイントがあるのが事実です。

まずは自己の振り返りと棚卸しが重要です。求人の選択肢が多いからこそ、転職の目的を実現させる条件、これまでの経験の詳細を振返り、そこから見えるキーワードは何なのか、キャリアの棚卸しをしながら明確化することが重要です。

マイナビエージェントでは、メーカー専任部門を置き、技術に関する知見・経験を持つキャリアアドバイザーが多数在籍しております。これまでの実績や培った技術の中で強みになるもの、あるいはその技術がどこで転用できるかなどを、正しく棚卸しするお手伝いが可能です。

またメーカー各社はものづくりによって日本の経済成長を支えてきたというプライドがあり、自社の技術や製品に対する想い入れの深さは、他の業種とは比較になりません。面接の場で志望動機や熱意を説得力あふれる言葉で語れるかどうかということは、いくら技術に優れた人でも軽視できないポイントです。

その辺りの動機づけを含むマインドセットの方法や面接突破のノウハウについてもマイナビエージェントに蓄積された情報からご支援させていただいております。

データに頼るだけでなく、必ず人を介すハンドメイドの支援を信条とするマイナビエージェントなら、自分ひとりでは気が付くことができない可能性を引き出し、ご希望に合う求人案件を漏れなくご提案できます。

以前と比較すると採用熱はやや落ち着きを取り戻している印象ですが、それでもまだ求人の選択肢は豊富です。だからこそ、本当にご自身にとって必要な転職が何かを見極める必要がありますし、そのためには用意周到な準備が求められます。

ものづくり・メーカー 転職市場レポートページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。