転職活動期間の⽬安と、早期に活動を終えるためのポイント|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職活動期間の⽬安と、

早期に活動を

終えるためのポイント

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職活動を始めるにあたって、ある程度予測しておきたいのが「活動にかかる期間」です。ゴールが⾒えないまま⾛り出すのは、どんなときも⼼細いものですから、⽬安の時期を持っておくといいでしょう。
⽬安となる期間と、思いどおりの期間で活動を終えるためのポイントを知り、計画的に転職活動を進めましょう。

平均的な転職活動の期間とは

求職者が内定を獲得するまでの平均的な期間は、「3ヵ⽉前後」だといわれています。知り合いの紹介や同業他社の引き抜きをきっかけとする転職では「1ヵ⽉以内に決まった」という⼈も少なからずおり、スピード転職も珍しくなくなってきているといえるでしょう。

株式会社ジャストシステムが2015年に⾏った「転職経験に関するアンケート」によると、内定が出るまでの期間として最も多かったのが1〜3ヵ⽉で37.2%と、約4割が3ヵ⽉以内に転職先を決めています。
次に多いのが1ヵ⽉未満で29.6%なので、アンケートデータを⾒ても妥当な数字だとわかります。

ただし、これはあくまで平均値なので、実際には求職者の転職活動に対する向き合い⽅や、「転職に対する切迫感」が活動期間に⼤きく影響します。

もし、「今の仕事が嫌いなわけではないけれど、より良い条件の求⼈が⾒つかれば転職したい」「いずれ転職したいとは思っている」という、⽐較的のんびりと構えた転職活動なら、⼩まめに求⼈情報をチェックしながら最良のタイミングを待てば良く、特に期限を切らずに活動すればいいでしょう。
⼀⽅、「スキルアップのため、できるだけ早く転職したい」「上司との⾯談の際、転職の意思があることを思わず話してしまった」という場合は、スタートからしてすでに追い込まれた状態であり、できる限り迅速に転職活動を進めなければなりません。

「3ヵ⽉前後」はあくまでも⽬安と考え、⾃分の気持ちと向き合い、会社全体の状況を考慮しておおよその活動期間を定めましょう。

20代から30代の求職者にとって「理想的な転職活動期間」は?

20代から30代の求職者は、即戦⼒としての活躍が⾒込める上、まだ若くポテンシャルにも期待できるとされています。「若いうちにたくさんの経験を積みたい」「転職でステップアップしたい」という野⼼を抱く⼈が転職を考えるタイミングでもあり、転職希望者が多い世代でもあります。

そんな20代から30代にとって、理想的な転職活動期間はどのくらいなのでしょうか。⼀般的な2つのパターンで⾒ていきましょう。

<パターン1 在職中に、現在の仕事と並⾏して転職活動を⾏う場合>

現在の職場に籍を置いたまま転職活動を⾏う場合は、より「ゴール」への意識を⾼めて、具体的な期間を決めてから活動をスタートすることが⼤切です。
できれば、平均的な活動期間といわれている「3ヵ⽉」よりも短い期間を設定するといいでしょう。

なぜなら在職中の場合、どうしても活動が⻑期化する傾向があるからです。

安定した収⼊があると⼼に余裕を持って活動に取り組むことができますが、⾦銭的な危機感がない分、気持ちが途切れてしまいがちです。安定した「今」を⼿放すことが不安に思えてきたり、今の仕事に忙殺されて活動を先延ばしにするうちに「このままでもいいかな」という考えが頭をよぎったりし始めると、活動は⻑引きます。
また、活動の時間が限られることも、⻑期化の要因のひとつです。⾯接まで進む企業が増えてくれば、どうしても平⽇に時間を作らなければならないという事態もありえます。せっかく、平⽇の夜に⾯接を組んでもらったのに、急な残業で⾏けなくなることもあるかもしれません。在職中である以上、現在の仕事を疎かにはできませんが、優先順位を決めて「先に先に」予定を組んでいくことが⼤切です。

<パターン2 離職してから転職活動を⾏う場合>

いったん仕事を辞めてから転職活動を⾏う場合、活動のみに集中できるので時間を作りやすくなります。
平⽇の⽇中でも⾯接に⾜を運ぶことができ、必要とあれば1⽇に数件の⾯接を⼊れることもできるという点は、在職中の⼈に対する⼤きなアドバンテージになるでしょう。うまくすれば、とんとん拍⼦に転職が決まる可能性もあります。

⼀⽅で、離職してからの転職活動にはリスクもあります。それは、⽣活資⾦と活動資⾦です。退職前に必要な資⾦を貯めていれば問題ありませんが、そうでないと⽣活が苦しくなる可能性があります。活動が⻑引けば⻑引くほど精神的に追い込まれ、冷静な判断ができなくなってしまうかもしれません。

離職してからの転職活動は、⾦銭的に余裕があるかないかがポイントになるといえるでしょう。
余裕があれば焦らず慌てず、⾃分のペースで構いませんが、後者の場合はできる限りスピーディに活動していかなければなりません。

⽣活資⾦と活動資⾦に必要な⾦額を計算し、⼿持ちのお⾦を確認して、「活動できる期間」を割り出しましょう。

転職活動を思いどおりの期間で終わらせるために、逆算してスタートを設定しよう

転職活動には、障害が付き物です。今の仕事が急に忙しくなったり、⾯接の⽇時が重なったりして、なかなか思うように⾏かず、やきもきすることもあるでしょう。そうとわかってはいても、「転職する」と決めたからにはできるだけ早く活動を終わらせて、新天地で活躍したいですよね。

転職活動を理想的な期間で終わらせるコツは、「ゴールから逆算してスタートを設定する」ことです。
「⾃⼰分析や情報収集にかかる時間」「求⼈を選定する時間」「就業規則によって定められている退職までに必要な期間」「⾯接期間」「後任への引継ぎ期間」など、それぞれのステップにかかる時間を計算して、「いつから準備をすればいいか」を考えましょう。
特に、会社の繁忙期が終わったあとやプロジェクトの切れ⽬などに合わせて転職したい場合は、そのタイミングから逆算してスタートを決めることが⼤切です。

転職活動を⻑引かせないためにやっておきたい「準備」

⽬標とする期間を決めて転職活動を始めても、予定よりも⻑引いてしまうこともあります。原因としては、前述した在職中の「気持ちの途切れ」「時間のなさ」に加え、「事前準備の少なさ(時間の⾒積もりの⽢さ)」が挙げられます。
どのような準備をすべきか明確ではない状態で計画を⽴てようとすると時間が⾜りなくなり、結果として準備不⾜の状態で⾯接などに臨むことになります。転職活動をスムーズに進めるために、必要な準備を確認しておきましょう。

<準備1 ⾃⼰分析>

⾃分がこれまでにどんな経験をしてきて、その過程で⾝に付いたどのスキルが志望する会社で⽣かせるのか、しっかり⾃分と向き合ってスキルと経験の棚卸しをしましょう。
⾃⼰分析のプロセスを⾶ばして書類作成に取りかかると、「⾃分の強みを⾔葉にする」「最もアピール⼒のある経験を抽出する」というところでつまずいたり、説得⼒のない書類が出来上がったりして、結果的に時間をロスしてしまいます。

<準備2 情報収集>

転職活動を始めたからといってやみくもに動いても、思うような結果は得られません。まずは志望する業界や企業の採⽤基準、採⽤動向について調べましょう。年収の推移や求める⼈物像などもチェックしておくと、「こんなはずじゃなかった」というミスマッチを未然に防ぐこともできます。
時間に余裕があれば、⼈材紹介会社などが主催するセミナーや企業説明会に参加してみるのもひとつの⼿です。

転職エージェントを利⽤するのもおすすめ!

在職中か離職後かに関わらず、「転職活動にかけていい期間はそれほど⻑くない」ということがおわかりいただけたでしょうか。

「短期間にやるべきことが⼭のようにあって、活動を始める前から不安…」という⽅は、転職エージェントを利⽤するのがおすすめです。転職エージェントは、登録した求職者⼀⼈ひとりに転職のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーがつき、「事前準備」にあたるスキルの棚卸しから条件にマッチした求⼈情報の紹介、⾯接のアドバイスまで、⼀連の活動をサポートしてくれます。
⾯接⽇の調整もしてくれますので、在職中で思うように動けないという⼈も無理なく活動できるでしょう。

転職は基本的に⾃分⼀⼈の戦いです。利⽤できるサービスは賢く利⽤して負担とストレスを減らし、想定した期間内でしっかり活動を終えましょう。

転職活動の自己PRポイントと企業の気になる採用基準とはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。