インフラエンジニアに資格は必要?転職にも実務にも役立つ7つの資格|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

インフラエンジニアに
資格は必要?
転職にも実務にも
役立つ7つの資格

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

IT業界で働く人にとって、「転職したい職業」として注目を集めているインフラエンジニア。
皆さんも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
このインフラエンジニアという職業が定着したのは、実は割と最近のことです。

まだまだ人手不足ということもあって、業界全体でインフラエンジニアを求めている状態にあります。
たとえITに関する知識や経験がない人でも、インフラエンジニアへの転職は絶好の機会といえるかもしれません。

未経験の人がインフラエンジニアを目指すときには、資格を持っていると有利に働きます。

ここでは、主に資格についてご紹介いたします。
「インフラエンジニア」についての詳細は、こちらの記事もご覧ください。
>>インフラエンジニアとは?仕事内容から必要な資格までをご紹介

インフラエンジニアの仕事内容とは

インフラとは?

「インフラ」とは、上下水道や電気やガス、さらに道路や鉄道など、私たちの生活を支える基盤のことです。
ITの世界にもインフラがあり、これが正しく構築されていないと、私たちはパソコンやスマートフォンなどでインターネットを使ったサービスの恩恵を受けることができません。

ITインフラとは?

ITにおけるインフラとは、「サービスやシステムを正常に稼働させるために必要な環境」のことです。

ネットワークやサーバーの設計や構築、より身近なところでいうと1台1台のパソコンの設定などが挙げられます。

ITの世界で絶対に欠かすことができないものであり、これを専門に扱う仕事がインフラエンジニアなのです。

インフラエンジニアになるために資格は必要?

インフラエンジニアになるための資格はない

インフラエンジニアは、医師や公認会計士などのように資格が無いと携われない業務ではないので、資格は必要ありません。
しかし、資格を持っていると「知識レベルを客観的に伝えられる」「転職で有利になる」などのメリットがあります。

資格を取得してインフラエンジニアになる2つのメリット

メリット1.知識レベルを客観的に伝えられる

エンジニア職は資格の有無よりも経験が重視される事が多いですが、特に未経験から目指す方は専門用語が分かるようになるので、メリットが大きいでしょう。

実務経験者であっても、現場によって設計や構築方法は様々です。

前任の担当者のスキルや予算によって、最適な状態ではないかもしれません。
基準となる体系化された理想の状態を持っていれば、どのように改善すれば良いかの判断ができるようになるでしょう。

メリット2.転職を有利に進められる

業務に関連する資格を持っていれば、それだけのスキルを持っている証明になるため転職しやすくなります。
また、スキルレベルの高さを売りにしている企業では、特定の資格を取得している事が応募条件になっている場合もあります。

無いよりもあった方が良いというのは、みなさんも理解されていると思いますので、資格を取得する事をおすすめします。
どんな資格を目指したら良いかについては、次の段落でご紹介いたします。

同じインフラエンジニアでも仕事の内容は大きく異なる

インフラエンジニアは、ネットワークに関わる「ネットワークエンジニア」と、サーバーに関わる「サーバーエンジニア」の2種類が存在します。
まずは、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの仕事がどのように違うのかを確認していきましょう。

なお、インフラエンジニアのキャリアパスは、2つある仕事のどちらからスタートしても構いません。
一方で知識と経験を積み、一定のレベルに達したらもう一方に移って、最終的に両方の仕事を一手に引き受けるものととらえてください。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワーク機器や通信環境などを整備し、ネットワーク環境を構築する仕事です。
その内容は大きく3つの段階に分けることができます。

最初のステップは、クライアントが求めている内容を把握して、それに必要なネットワーク機器の数や種類、適した動線などのシステムを考える「設計」です。
この段階で大切なことは、コストと効果のバランスをいかにしてとるかということです。

続いて、設計を基に機材を用意し、実際にサーバーとパソコンなどの端末をつないで、それぞれに最適な設定を施していく「構築」作業が行われます。

システムの運用開始後は、それを維持するための管理やメンテナンス、必要に応じて行うアップデート、さらに機器が正常に動いているかをチェックし外部からの攻撃がないかを調べる「運用・監視」を行います。
このような仕事内容から、ネットワークエンジニアに最も求められるスキルは知識といえるでしょう。

日進月歩で進化するIT業界の中にあって、ネットワーク関連は特にスピードが速い部分でもありますから、常に最新の情報を収集してクライアントに提案する必要があります。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、メールサーバーやWebサーバーなどの設計やカスタマイズ、テストなどを行います。
こちらの仕事内容も、大きく3段階に分けることができます。

まずは、メールサーバーやWebサーバーといった各種サービスを使用するために、ネットワーク回線の通信速度や電源容量などをクライアントの環境に応じて行う「設計」です。

その後、実際にサーバーを設置し、アプリケーションのインストールなどの「設定」を行います。
サーバーの運用開始後は、正常に稼働し続けているかを「監視」し、障害などが生じた場合は原因を究明して復旧作業を行います。

サーバーはさまざまな負荷がかかることによって、思いもよらぬ問題を起こすものです。
そういったトラブルを未然に防ぎ、万が一問題が起きたときは迅速に解決することが求められます。

つまり、サーバーエンジニアの仕事を担うために最も必要なスキルは経験です。

インフラエンジニアを目指すときに有利になる7つの資格

ネットワークやサーバーについて、豊富な知識と経験が求められるインフラエンジニアという仕事。

プログラマーやシステムエンジニアからのキャリアアップ、あるいは他の業界からの転職を考える人にとって、越えるべき壁は高そうと感じている方は多いかと思います。
実際、「なろう」と思ってすぐになれる職業でないことは確かです。

しかし、クラウドサービスの普及に伴って構築や運用が以前に比べて簡単になったことで、これまでネットワークやサーバーと無縁だった企業でも導入が容易になりました。
この環境の変化によって、今後、インフラエンジニアの需要がさらに高まっていくことは間違いありません。
つまり、スキルさえ身に付けてしまえば、キャリアと年収のアップが見込める仕事といえます。

もちろん、すぐに経験を積むことはできませんが、必要なスキルのひとつである知識は、誰でも手に入れることができます。
そこで、転職を考えている皆さんの強い武器になるのが、次に紹介する7つの「資格」となります。

  • 1.基本情報技術者試験

    エンジニアにとって最も基本的な資格が「基本情報技術者試験」です。
    「ITエンジニアの登竜門」とも言われています。
    エンジニアに欠かせない基礎知識である「プログラミング言語、システム、ネットワーク、データベース、セキュリティ」と広域ですが、取得すればがくまなく身に付いているというアピールができます。

  • 2.応用情報技術者試験

    基本情報技術者試験の上位資格です。
    設計・開発・運用・保守、プロジェクト進行など実務者レベルを想定したものなので、取得しておけば即戦力として期待されるでしょう。

  • 3.ネットワークスペシャリスト試験

    ネットワーク分野のプロフェッショナルとして、自分の力で業務上の課題を発見・解決できる知識を持っている証明になります。
    規模が大きくセキュリティの高いネットワークシステムを、目的に応じて構築・運用できる知識を持っていることが期待されるでしょう。
    ネットワーク分野を目指すインフラエンジニアは、取得しておきたい資格の一つです。

  • 4.CCIE(シーシーアイイー)

    「CCIE」は、アメリカのコンピューターネットワーク機器開発会社「Cisco Systems社」が認定するベンダー資格です。
    難度は高いですが、取得できればエキスパートレベルのスキルを持っているネットワークエンジニアであることを証明できます。

  • 5.LPIC(Linux Professional Institute Certification)

    カナダのNPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が認定する世界最大規模のLinux技術者認定試験が「LPIC」です。
    日本でオープンソースソフトウェアを導入している半数以上の企業が、Linuxを利用しているという調査結果もありますので、ぜひ取得しておきたい資格です。(2016年、IDC Japan株式会社調べ)

  • 6.オラクルマスター(ORACLE MASTER)

    知名度が高く、世界で通用する資格です。
    専門分野ごとに多数の認定資格があり、主なものとしてDatabase/Enterprise Management、Java/Middleware、Applications、O/S・H/W・仮想化、Oracle Cloudがあり、それぞれがさらに細分化されています。
    まずは得意とするジャンル、使用しているハードウェア(ソフトウェア)の資格から取得し、少しずつ手を広げるといいでしょう。

  • 7.Cisco技術者認定

    「Cisco技術者認定」は、アメリカのネットワーク機器業界大手・Cisco社による資格です。
    Cisco技術者認定も世界で通用する資格です。
    資格の種類は、スキルに自信のない人用の「CCENT」や「CCT」をはじめ、プロフェッショナル認定の「CCNP」、エキスパート認定の「CCIE」など幅広く、専門ごとに「データセンター」「クラウド」「IoT」などと細分化されています。
    自分の実力に合ったレベルの資格や、自分に必要性が高いと思われる分野の資格を選択できます。

スムーズにインフラエンジニアに転職する

猛スピードで進化し、続々と新しいサービスが登場するIT業界の中で、その基盤を作るのがインフラエンジニアです。
その仕事は、「縁の下の力持ち」という表現が妥当かもしれません。

しかし、メディアで、街で、家の中で…手掛けたサービスが世の中で話題になり浸透していくさまは、言葉に言い表せない感動とやりがいをもたらしてくれます。
需要の高まりによって注目度もアップしているインフラエンジニアという仕事への転職&キャリアアップを、一度考えてみてはいかがでしょうか。

マイナビエージェントでは、インフラエンジニアをはじめとした、豊富な求人情報をご用意しています。
また、「履歴書の書き方」や「面接での答え方」など、転職に関する悩みを、プロのキャリアアドバイザーが無料でサポートしています。

インフラエンジニアを目指す方は、ぜひマイナビエージェントの転職支援サービスにお申し込みください。

この記事の監修者


この記事の監修者

大友 陽平

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴8年。大手SIerのSEとして、基幹システムの開発や保守に従事。その後は事業会社の社内SEとして社内システム企画を経験し現職へ。自身の転職経験も活かし長期的なキャリアを見据えたアドバイスを心掛けております。

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴8年。大手SIerのSEとして、基幹システムの開発や保守に従事。その後は事業会社の社内SEとして社内システム企画を経験し現職へ。自身の転職経験も活かし長期的なキャリアを見据えたアドバイスを心掛けております。

 関連ページ

インフラエンジニアに資格は必要?転職にも実務にも役立つ7つの資格に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。