インフラエンジニアが得られる年収は?上げるコツや就職に有利な資格も解説|求人・転職エージェント

更新日:2022/01/14

IT業界

インフラエンジニアが得られる年収は?上げるコツや就職に有利な資格も解説

it_961.jpg

この記事のまとめ

  • インフラエンジニアの年収はほかの職種に比べて高い。需要の高さとIT人材の不足が主な理由。
  • インフラエンジニアは年代が上がるほど年収の差が大きい。さまざまな資格を取得することで、年収アップが期待できる。
  • 大企業への就職やフリーランスへの転身によって年収1,000万円以上の可能性も。いまの環境で年収を上げるなら、コミュニケーション能力や上流工程の知識が重要。

インフラエンジニアは、IT関連業務の設計・構築・運用からメンテナンス・保守まで幅広い分野で活躍します。さまざまなスキルが向上するため、需要が高くやりがいのある仕事です。転職する際に多くの人が気になるのが年収ではないでしょうか。

この記事では、インフラエンジニアの年収や高収入を得るためのポイントを紹介します。年齢や取得資格別の平均年収が分かれば、転職を考えている方の不安も解決するでしょう。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

インフラエンジニアが得ている年収の現状

it_961_1.jpg

平均年収を知ることで、大まかな年収の現状を把握できます。インフラエンジニアの年収はほかの職種と比較したとき、どの程度の差があるのでしょうか。まずは、インフラエンジニアの平均年収とその理由について解説します。

平均年収は500万円以上

インフラエンジニアの平均年収は500万円以上で、一般的な会社員よりも高い水準です。ただし、個人のスキルや経験が左右する部分も大きいため、参考程度に考えましょう。

  • インフラエンジニアの平均年収:500万円以上
  • 令和2年における民間企業平均年収:433万円

インフラエンジニアの主な作業工程は、要件定義→設計→構築→運用保守です。上流工程に携わるほど年収も高い傾向があります。

年収が良い理由

ITシステムは、業務を円滑に進めるうえで重要な役割を果たします。たとえば、サーバー障害を復旧できる人間がいなければ、さまざまな業務・サービスが停止してしまいます。インフラエンジニアはシステムの設計から運用・保守まで幅広く担っているため、IT業界の中でも需要の高い職種といえるでしょう。

現状、日本でインフラを学ぶ環境が整っていないため、サーバーやネットワークを正しく扱える人材が足りていません。企業は確かなスキルを持ったインフラエンジニアを欲しがっていますが、給料が低くては優秀な人材は他社に引き抜かれてしまうでしょう。このような背景から、インフラエンジニアの平均年収は一般の会社員に比べて高額です。

未経験からのスタートの年収は?

インフラエンジニアは確かなスキルを持っていることが理想ですが、未経験からの転職も可能です。ただし、実務経験がある人と比べると給料は低くなります。

未経験からスタートした場合、インフラエンジニアの平均月収は25万円前後で、年収にすると平均250万円から400万円弱が目安です。未経験でもスキルがある人材は給料も上がるため、就業までにネットワークやサーバーの知識を深めておきましょう。

インフラエンジニアが得ている平均年収【年齢別】

it_961_2.jpg

一般的に、経験を積むほどスキルや知識は豊富になるため、年齢を重ねるほど平均年収は高くなる傾向があります。ここでは、20代、30代、40代それぞれの平均年収と傾向について解説します。自身の年齢と照らし合わせて確認しましょう。

20代の場合

平成28年の経済産業省のデータから、日本のIT人材の年収を紹介します。インフラエンジニアの年収がそのまま当てはまるわけではありませんが、目安にはなるでしょう。

  • 平均年収:413万円
  • 最大値:1,250万円
  • 最小値:150万円

20代は新卒で就業した人も含まれるため、ほかの年代より平均年収が低いのが特徴です。インフラエンジニアとはスキルの高さが報酬につながる職業であると同時に、未経験でも挑戦できる職業であることが分かるでしょう。

20代で積み重ねた経験は、30代、40代の年収につながります。未経験から始めた場合、20代でスキルを磨いておくことが重要です。

30代の場合

30代は20代と比べて平均年収が100万円以上アップしています。10年ほどIT業務に携わって経験を積むことで、IT人材としてのスキルが向上しているためです。30代のIT人材の年収は以下のとおりです。

  • 平均年収:526万円
  • 最大値:1,250万円
  • 最小値:100万円

ただし、資格を取得するといった努力を重ねた方とそれ以外の方では年収に差が出ます。また、30代はほかの職種から未経験で転職する方もいるため、年収の幅は20代より広がっているのが特徴です。

40代の場合

40代はチームリーダーとなるエンジニアも増えてくるため、さらに年収が高くなります。40代におけるIT人材の年収は以下のとおりです。

  • 平均年収:646万円
  • 最大値:1,750万円
  • 最小値:150万円

チームリーダーには、全体方針の決定やチームメンバーのマネジメント能力が求められます。これらの能力が高ければ、年収にも反映されるでしょう。

報酬のシステムには「能力・成果重視型」と「年功序列型」の2種類が存在します。日本において、両者で最高水準の年収に大きな差はありません。年功序列型の企業であれば、雇用期間が長いほど収入も上がります。

インフラエンジニアが得ている平均年収【取得資格別】

it_961_3.jpg

インフラエンジニアは、スキルがある人ほど年収が高い傾向があります。優秀な人材の判断材料となるのが資格です。インフラエンジニアの資格はさまざまですが、メーカ認定資格とクラウド認定資格は専門性の高い知識を証明する資格として多くの方が取得しています。ここでは、それぞれの資格の特徴と年収の傾向をみていきましょう。

メーカ認定資格の場合

サーバーやソフトウェア、ネットワーク機器は特定のメーカーが販売しています。メーカーが自社の製品に関わる知識と技術を取得していることを認めた資格が「メーカ認定資格」です。

代表的な例として、オープンソースのOSでパソコンやサーバーを構築するLinuxや仮想インフラを構築するソフトウェアを販売しているVMwareに関する資格が存在します。

Linuxの技術者認定資格LPICは、世界標準のIT資格のひとつです。コマンドラインで基本的なネットワークを構成するレベル1から、業界で最高レベルのプロフェッショナル技術を認められるレベル3まで、3段階の難易度に分けられています。

資格保持者の平均年収は450万~650万円です。難易度にもよりますが、日本でも比較的ベーシックな資格であるため、全体の平均年収と大きな差はありません。

クラウド認定資格の場合

クラウド認定資格とは、AWS、Google、Microsoftという大手パブリッククラウドが提供する資格です。それぞれのサービスにおいてPaaSやIaaS分野に関する知識と技術があることが認められれば取得できます。

このうちAWSとはAmazon Web Servicesの略で、Amazon社が提供するサービスです。IaaS分野を主としており、日本でも世界的にも多くの企業が導入しています。

AWS認定資格を有している方の平均年収は550万~650万円です。汎用的で需要の高いサービスのため、年収も高い傾向があります。

インフラエンジニアが高年収を得るためには?

it_961_4.jpg

資格を取得することで、どの程度給与に反映されるかは企業によって異なります。また、資格だけで1,000万円といった高年収を目指すのは難しいでしょう。ここでは、インフラエンジニアとして高年収を得たい場合、どのような企業や雇用形態を選択すればよいか解説します。

就職先を大企業にする

給与水準が高いといわれているのが、外資系の大企業です。インフラエンジニアは人材不足で需要の高い職種です。黒字経営が続いている大手企業であれば、必要な人材には高い給料を支払ってくれるでしょう。

豊富な実績を持つ経験者が理想ですが、新卒でも1,000万円以上の提示事例があります。スキルに自信のある方は、条件を確認したうえで応募してみるとよいでしょう。

フリーランスに挑戦する

フリーランスで働く場合、個人に報酬が支払われます。独立して高単価の案件を関われば、年収1,000万円以上も可能です。組織内の人間関係に悩まされることなく、自由に仕事ができる点も魅力といえるでしょう。

しかし、フリーランスは自身で案件を獲得する必要があります。さらに、クライアントが成果に満足しなければ、次回以降の依頼につながりません。確かなスキルがあり、責任を持って仕事をやり遂げる自信のある方におすすめの働き方です。

インフラエンジニアが年収を上げるためのコツ

it_961_5.jpg

将来、いまよりも年収の高いインフラエンジニアを目指したいという方は、エンジニアとして基礎的なスキルを身につけることが大切です。培ったスキルは転職の際にアピールできるでしょう。ここでは、インフラエンジニアが年収を上げるために身につけたいスキルを紹介します。

コミュニケーション能力をつける

インフラエンジニアというとパソコンに向かっている印象が強いかもしれませんが、人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が大切です。プロジェクトチームのメンバーやクライアントとのやり取り、他部署への説明スキルが求められます。

営業トークをする機会はほぼないため、親しみやすい話し方よりも、必要な情報を分かりやすく言葉にする能力を身につけるとよいでしょう。

関連資格や知識をつける

資格を取得することで、年収アップが期待できます。インフラエンジニアの仕事で役立つ資格にはさまざまな種類があるため、実際の業務に関連する資格を選択しましょう。

また、サーバーやネットワークの知識を身につけることも重要です。近年、物理的なサーバーを設置する機会は減少していますが、代わりにクラウド上に仮想インフラを構築する機会が増えているため、クラウドサーバーに関する正しい知識も重要となるでしょう。

上流工程での知識をつける

エンジニア業務は、上流工程になるほど年収が高い傾向があります。上流工程はインフラの構成を考える重要な業務であるためです。上流工程を経験することでインフラの全体像を把握し、幅広い知識を取得できます。

携わった業務知識の蓄積も重要ですが、より高い年収を求めるのであれば、製品生産やシステム開発における一連の企画や要件定義といった初期の工程を身につけることをおすすめします。

まとめ

it_961_6.jpg

さまざまな業種でシステム化が進む近年、インフラエンジニアはニーズのある仕事です。年収が比較的高く、優秀な人材は今後も求められるでしょう。資格を取得して知識を身につけることで、さらに高収入が狙えます。

インフラエンジニアは未経験からの転職も可能です。ただし、納得のいく転職をするには、自身に合った求人を選択して効率よく転職活動をする必要があります。インフラエンジニアへの転職に不安を抱えている方は、マイナビITエージェントにご相談ください。IT・Webエンジニアの転職事情に詳しいキャリアドバイザーが全力でサポートします。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

今では多くの企業が簡単にサーバー環境を導入することが可能になったこともあり、今後のインフラエンジニアの需要はさらに高まると予想されます。そんなインフラエンジニアに未経験から挑戦するために、まずインフラエンジニアとはどういう仕事なのか、そして、おすすめの資格についてご紹介します。

インフラエンジニアに転職したいが実際に志望動機をどう書いたらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。まずはインフラエンジニアの仕事を理解することが重要です。インフラエンジニアの志望動機を書く上で知くべき基礎知識と、具体的な書き方のポイントを例文とともにご紹介します。

IT業界で働く人にとって、「転職したい職業」として注目を集めているインフラエンジニア。未経験の人がインフラエンジニアを目指すときには、資格を持っていると有利に働きます。ここでは、中でも特に評価されやすい資格を3つご紹介しましょう。

SNSシェア

注目コンテンツ