株式会社サイダス (CYDAS Inc.) 代表取締役 松田晋|求人・転職エージェント

課題を抱えている社員をデータを基に
素早く察知、AIを使って解決策を提示

株式会社サイダス (CYDAS Inc.)
代表取締役 松田晋

課題を抱えている社員をデータを基に素早く察知、AIを使って解決策を提示 課題を抱えている社員をデータを基に素早く察知、AIを使って解決策を提示
logo.jpg
住 所 東京本社
東京都港区芝2-1-33
本店
沖縄県那覇市泊1-4-14
URL http://www.cydas.com/
株式会社サイダス (CYDAS Inc.)代表取締役 松田晋
大塚商会入社。その後、人事や組織に関するコンサルティング事業を主力に据えた会社の設立を経て、人材情報を定量化するためのアセスメントツールの必要性を感じて単身渡米し、最先端のタレントマネジメントシステムを研究。 2011年10月、株式会社サイダスを設立し、日本の企業に適した独自のタレントマネジメントシステムを開発。世界を見据えて果敢に挑戦する日本発のスタートアップ企業トップ30人のひとりとして、「スタートアップ列伝 ニッポンの明日を拓く30人」(日経BP社)にも取り上げられる。
更新

人材に関わるデータ、見るだけで終わってしまう現状を変革

私たちは人材のマネジメントプラットフォーム「CYDAS」(サイダス)を開発、販売しています。

世の中に、社員の働き方の効率化を図ったり、管理をし、「見える化」してくれるシステムはたくさんあります。でも、その多くが、結局データを見るだけで終わってしまう。システムを使ってはいても、活用できていない。そう感じています。

例えば、今、働き方改革で過剰な残業時間が問題になっています。多くの管理システムは、残業時間が45時間を超えると管理者に通知したり、あるいは後で残業時間を集計した一覧表を作成してくれます。でも、それを見ても、残業している社員に「残業しないように」と言うだけで何も改善できません。残業をするのは、何らかの理由があるはずで、そちらを改善しなければ残業はなくならないのです。

今開発中の新しいプロダクトでは、人工知能が解析をして、45時間を超える手前で通知をしてくれます。それだけではありません。仕事の成果データを参照して、「この人は残業が多いのに成果があがっていない」というようなことまで教えてくれます。

上司は、そのような情報をもとに、1on1の個別面談をしていく。課題を抱えている社員を早く察知して対処ができるのです。

従来、このようなことは上司の人間力に委ねられていました。しかし、すべての管理職がこのような高度な仕事を完璧にこなすことはできません。私たちの新たなプロダクトでは、人工知能が適切なプッシュ通知を出すことで、人材マネジメント業務の支援をします。

しかも、従来のシステムを置き換えるというものではありません。企業はすでに大量の情報を持っています。でも、それが溜めるだけで活用できていません。新たなプロダクトはこのような既存システムの情報にアクセスをして、普段お使いになっているSlackやチャットワークなどのツールから使えるようにしてくれるシステムです。

初日から活用でき、できることがどんどん広がっていくシステム

もうひとつの特徴は、手厚いサポートです。私たちは「カスタマーサクセス」と呼んでいます。お客様からの問い合わせにただ答えるだけではなく、導入以降のお客様のストーリーを想定し、次のお客様のアクションを予測し、常に先、先へとご案内をしていきます。ですから、「CYDAS」は導入したその日から役に立つのです。もちろん、いきなり初日からすべての機能を使いこなせるわけではありません。カスタマーサクセスセンターがお客様の活用ストーリーに沿って、プッシュ型でより高度な機能をご案内していくのです。初日から活用でき、できることがどんどん広がっていくシステムだと自負しています。

私はもともとある商社に勤めていて、そこで会計システムの法人営業を担当していました。そのため、経営者の方とお話する機会が多かったのですが、多くの経営者は会計では悩んでおらず、人材の活用に悩んでいるということに気がつきました。人材管理のシステムはあるのに、人材を活かすシステムがない。そういうものが世の中に必要なのではないか。

ある大手コンサルファームの方にその話をしたら「そんなもの日本では売れませんよ」と言われました。その言葉を聞いて、私は「これは絶対売れる!」と直感したんですね。

と言っても、私が勤めていた商社では、このような企画はまず通りません。言われたことをやれ、上の命令は絶対、という極めて日本的な企業だったからです。悩みました。なぜなら、私はその商社が大好きだったからです。日本的企業というと否定的に捉える方が多いかもしれませんが、そんなことはなくて、優れたところがたくさんあるし、働いていて楽しい。でも、自分の企画もやってみたい。

「あなたの才能を引き出す」というキャッチコピーで沖縄の優秀な人材を採用

沖縄のローカルテレビに「あなたの才能を引き出す」というキャッチコピーのCMを放映、多くの優秀な人材の採用に成功。「まず沖縄県に集中をして、その次は九州を攻略する。それを繰り返して、日本を北に上っていき、北海道まで制覇できたら、次は海外が見えてきます」(松田社長)。

代表取締役 松田晋

「人材を活かすシステムを作りたい」と渡米、ツテなしでシリコンバレーに

思い切って退職して渡米しました。シリコンバレーの人たちと会いたい。ツテもないので、ウェブ経由で連絡を取り、直接アポを取るという飛び込み営業のようなことをしました。それでも、多くの人が会ってくれて、大きな刺激を受けました。みんな伸び伸び仕事をしている。クリエイティブな仕事をしている。それが衝撃でした。それから欧州を回って帰国し、サイダスを起業したのです。

目指しているのは、日本企業のように人材を大切にし、米国のようにクリエイティブに働ける会社です。今でも、能力が足りない人を小バカにするような態度は絶対に許しません。そんな光景を見かけるとすぐに1on1で話し合いをします。確かにチームの中には能力が足りない人というのはいるものです。でも、それは何か問題があって能力が発揮できていないだけかもしれないし、そのことについては能力が足りなくても、別のことで能力を発揮できる可能性もあるのです。それを小バカにして無視するということは、その人が成長する機会を奪ってしまうことになります。サイダスではいちばんやってはいけないことです。

一方で、シリコンバレーのように、あらゆる仕事でアイディアを出し、クリエイティブな仕事をすることが求められます。

サイダスは、沖縄にも拠点を設けています。開発とカスタマーサクセスセンターが主な業務で、東京は営業、販売拠点となります。沖縄県はIT企業の誘致に力を入れていますが、それでも東京ほど数が多いわけではない。目立つのです。目立つということはプロモーションコストが下がるということを意味しています。優秀な人材も取りやすい。

沖縄のローカルテレビに「あなたの才能を引き出す」というキャッチコピーのCMを放映しています。ローカルテレビといっても、沖縄では“全国区”なので、サイダスの沖縄での知名度はあっという間に高まりました。このCMで、沖縄の優秀な人材がたくさん集まってくれました。

「あなたの才能を引き出す」は、リクルート向けのキャッチコピーですが、私たちの製品である「CYDAS」のことでもあります。この知名度を活かして、沖縄県の企業に「CYDAS」を導入していただき、人材活用のお手伝いをしたい。

沖縄県に集中をして次は九州を攻略、北海道まで制覇できたら海外に

こうしてまず沖縄県に集中をして、その次は九州を攻略する。それを繰り返して、日本を北に上っていき、北海道まで制覇できたら、次は海外が見えてきます。

今、とにかく人が足りないのがITエンジニアです。2種類あります。スーパーエンジニアとこれからのエンジニア。スーパーエンジニアは実績重視です。すぐにレベルの高い仕事をしてほしい。その代わり、報酬に関しては、成果に連動して青天井であげていきます。

もうひとつはこれからのエンジニア。現時点の経験や能力は厳しくは問いません。基礎的なスキルがあればかまいません。ただ、ひとつだけ必要なのが強い成長意欲です。それさえあれば、「あなたの才能を引き出す」サイダスにきていただければ、必ず成長して、素晴らしい仕事をしてくれると信じています。

私たちの究極の目標は「働く人のデータを世界でいちばんたくさん持っている企業になる」ことです。日本が人手不足に悩んでいたら、優秀な人材を海外から紹介する。そういうことまでできるプラットフォームを構築したい。成長意欲にあふれた方は、ぜひサイダスに加わっていただき、沖縄で、東京で思いっきり自分を成長させていただきたいと思います。

株式会社サイダス (CYDAS Inc.) 代表取締役 松田晋に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。