不動産・建設業界 転職市場レポート|求人・転職エージェント

転職市場レポート

業界ごとの転職市場の動向をチェック

不動産・建設業界

求人は慢性的な人手不足を背景に高位で安定。未経験でも大手にチャレンジできる業界です。

Chapter01

多様な業種が存在する不動産業界。

足もとの復興需要に代表される公共事業のほか、東京オリンピックやリニア中央新幹線の計画、都心部での大規模再開発計画、また景気回復にともなう住宅業界の堅調な推移など大規模開発案件は目白押しとなっており、業界を取り巻く環境はここ数年間激変しています。
ひとことに不動産業界と言っても、デベロッパー、ゼネコン、ハウスメーカー、リフォーム、仲介、不動産管理、メンテナンスなど多様な業種が存在します。不動産業界は、多様な業種が存在していることから、「未経験でチャレンジ可能」な業界大手求人から、「手に職つける」技術系案件の求人など、キャリアプランを考える上で一度は検討しておきたい業界になります。一方、全ての不動産業界の業種に共通して言えることとして、不動産業界は、「慢性的な人手不足」が問題になっています。

Chapter02

営業系求人のポイントは「中古住宅マーケット」「オフィス移転系」の求人。

不動産業界のなかでも「中古住宅マーケット」と呼ばれる不動産の仲介、リフォームなどの営業系の採用活動は活況です。その理由として、材料費や労務費の高騰に伴い新築価格は上昇する一方、相対的に価格が低く抑えられている中古住宅の購入を検討される人が増加していることがあげられます。中古物件を購入する窓口となる「不動産仲介業界」や、入居後のための「リフォーム業界」を中心に、採用熱は高く推移しています。
景気の改善にともない、オフィス移転を考える企業が増加し、オフィス移転を斡旋する企業側の採用も堅調に推移しています。一点、意識をしておいた方が良いこととしては、オフィス移転系の営業職は不動産業界には珍しい「土日祝休み」であることが多く、一定の就職難易度があることを踏まえておいたほうが良さそうです。
その他、不動産業界の中で、低金利の長期化や相続税増税に伴い脚光を浴びているのが、「不動産投資業界」です。最近ではマンションタイプの上層階を自宅にし、低層階を賃貸住宅として貸し出す「賃貸併用住宅」が流行りつつあり、ただ「不動産を売る」のではなく、相続税や収益性など「ファイナンシャルプランニング」の考え方から顧客の人生に深く関わる営業スタイルが多く出てきました。
以上のように、「不動産の営業」といっても多種多様な働き方があります。不動産業界の営業職は決して「楽」なものではありませんが、取り扱っている商材が、高額商材であるということ、提案力が磨けるということ、人間力で勝負できることなど、営業職としてキャリアを構築していきたい方の「第一歩」としては理想的です。キャリアのステップとして、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Chapter03

「施工管理求人」は引き続き堅調。候補者の意欲を重視する企業も。

慢性的な人手不足という状況下、建設業を中心に「施工管理求人」は引き続き堅調です。特に、大都市圏を中心に経験者募集の動きは根強く、この流れは当面続くものと思われます。人手不足をきっかけとした採用であり、「即戦力」を重視した採用に変わりはないものの、これまでは「経験者+有資格者」が必須要件となっていた企業でも「有資格者であれば歓迎」といったように、候補者のやる気を重視する求人も増加しており、キャリアアップを目指したい方には絶好のチャンスです。
また、建設業での施工管理からデベロッパーなど「発注者サイドでの施工管理」への転職事例も増加傾向にあります。「発注者サイドでの施工管理」は、自社ビルを多く保有する大手デベロッパーや金融機関などの「発注者側」で、自社物件の新規開発や既存物件の改修など建設業者をコントロールすることが主な業務となります。なお、このような「発注者サイドでの施工管理」を業務とする求人は応募が殺到する傾向にあることから、応募の手続きについては、お早めに済まされることをお勧めします。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

不動産・建設業界 転職市場レポートページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。