ワーママ(ワーキングマザー)の転職を成功させるポイントは?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

ワーママ(ワーキングマザー)の
転職を成功させるポイントは?

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

「すべての女性が輝く社会づくり」というフレーズが政府から掲げられ、育休や時短勤務への理解も少しずつ高まりを見せています。

しかし、通勤時間が長い、保育園のお迎えの時間に間に合わない、仕事が忙しすぎてワークライフバランスがとれないといった事情から、育休明けに復職したものの、転職を考えるワーママ(ワーキングマザー)は少なくありません

いざ転職を決断しても、子育てに追われている状況で、「しっかり希望の転職を果たすことができるのか」「受け入れてくれる職場は果たして見つかるのか」など、不安に感じる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、ワーママの転職活動における成功のポイントについて詳しくご紹介します。

ワーママが転職する3つの理由

子育てと仕事の両立は、睡眠時間がきちんと確保できないほど大変なものです。

加えて、転職しようとすれば、そこに転職活動や、転職が決まった後の退職手続きなどが重なります。転職後も、事務手続きの他、新しい仕事や環境に慣れるまでの心労が加わり、心と体がかなり疲弊する場合があるでしょう。

それでも、ワーママたちが転職を希望する理由には、次のようなものがあります。

  • 長時間労働で仕事と育児の両立が難しい!
  • やりがいがある仕事を任されたい!
  • 子供が小さいあいだは子育てを優先したい!

実際に子供が生まれると、出産前に思い描いていたビジョンや計画は、あっさりと崩れてしまう場合がほとんどです。

出産後、人生の大きな岐路に立たされたとき、「子育てと仕事のバランスをとりたい方」「子育てを理由に仕事を犠牲にしたくない方」「仕事より子育てを優先したい方」というタイプに分かれますが、各タイプが転職を希望するきっかけとなるのがこの3つの理由となります。

ワーママの転職で陥りがちな4つの失敗とは?

せっかく転職をするのなら、満足できる転職を目指したいもの。ワーママの転職で陥りがちな失敗を、しっかりチェックしておきましょう。

1.焦って転職してしまった

ワーママの転職に限らず、事前に応募企業や業界に対する研究をしないまま転職すると、「こんなはずではなかった」と、結果的に転職前より悪い状況になりがちです。

できるだけ計画的に転職を考え、十分な準備期間を持つことが大切です。

2.育児支援だけにこだわってしまった

ワーママにとって、子育て支援制度の有無は、転職の際の重要なポイントとなります。しかし、子供は確実に成長していきます。

子供の成長に合わせて段階的に転職しようと考えている場合は別ですが、もし転職先で長く働きたいと考えているなら、育児支援制度だけではなく、それ以外の労働環境もしっかりチェックしておきましょう。

3.実際の職場をしっかりチェックしていなかった

育児支援制度の充実を掲げている企業でも、その制度が現場で活用されていなければ、まさに「絵に描いた餅」です。

求人条件と実際の現場の状況が違っていることは、残念ながら少なくありません。実際の職場でワーママが数多く活躍しているか、育児支援制度がしっかり活用されているのかといった情報収集を、しっかり行いましょう。

> 情報収集は、マイナビエージェントにお任せ下さい!

4.勤務条件の優先順位を明確にしていなかった

子育て中であることは、採用する企業によってはマイナス要素と捉えられる場合もあるため、時に勤務条件などで、応募先の企業と折り合いをつけなければならない場合もあります。

まずは自分の中で転職の理由をしっかりと考え、勤務条件に対する優先順位をつけましょう。譲れない部分を明確にして転職活動をすると、ミスマッチを防ぐことにつながります。

ワーママの転職活動で気を付けるべき3つのポイント

ワーママの転職活動は容易なことではありません。しかし、多くのワーママが転職を成功させていることも事実です。そこで最後に、ワーママの転職活動で気を付けるべき3つのポイントをご紹介します。

1.ワーママが働くことに理解のある企業を探す

どんな転職理由であっても、やはりワーママが働くことに理解のある会社であることは外せない要素です。

  • 育休や時短勤務の制度が整っているだけではなく、実際にその制度が活用されている企業か
  • 女性管理職が一定の割合でいる企業か
  • ワーママが多く在籍している企業か
  • 厚生労働省が子育てサポート企業と認定した企業に与える「くるみんマーク」を取得している企業か

上記のような点をしっかり見極めて、企業選びをしましょう。

2.子育て中であることや、時短の希望を最初から伝える

転職の際にマイナス要素になる可能性があるからと、子育て中であることを隠して応募しても、いつかは相手に伝えなければいけません。

もし、子育て中であることを理由で採用を断るようなら、その企業は決してワーママが働きやすい環境ではないはずです。そこで、履歴書などの応募書類に、子育て中であることを記入しておくことをおすすめします。

これは、採用後に時短勤務などを希望する場合も同様で、こちらも履歴書などに書き添えておくことで、その後のトラブルを防ぐことができます。

3.できること、できないことを面接できちんと伝える

一口に子育て中といっても、夫が育児に協力的か、両親の支援が受けられるのかなどによって、置かれている状況は大きく異なります。子育て中の転職の場合には、面接で次のようなことを必ず聞かれます。

  • 急な残業や出張などに対応できるのか?
  • 子供が体調を崩したときの対応は?
  • 祖父母などから子育ての支援を受けられるのか?

こうした質問をされたときに、採用されたいあまりに「大丈夫です。何でもできます」と答えてしまうと、実際に働き始めたときに職場に迷惑をかけてしまいます。

「保育園のお迎えの都合で、残業は何時までならできます」「事前に残業がわかっていれば、シッターサービスなどを利用できます」「子供の体調が悪いときには病児保育を利用できます」というように、できること、できないことを事前にしっかりと把握しておくことが大切です。

単に、「できます」「できません」と伝えるだけではなく、具体的な対策を相手に伝えられるようにしておきましょう。

ワーママの転職には転職エージェントの活用が便利!

ワーママの転職には、ワーママの転職ならではのポイントがたくさんあります。そこで、上手に活用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、ワーママに優しい企業の紹介、履歴書の上手な書き方、長いスパンで見たキャリアプランの作成など、転職の際に不安に思うことをマンツーマンでアドバイスいたします。

一人で悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。

女性で転職をお考えの方へ。
まずは、転職の基礎知識を身に着けて、不安のない転職活動を行いましょう。

 人気のコンテンツ

 その他のお役立ちコンテンツ

ワーママ(ワーキングマザー)の転職を成功させるポイントは?に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。