未経験でも営業職へ転職しやすい理由とおすすめの業界とは|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

未経験からの転職。
営業職は転職しやすい?
それとも難しい?

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職をするなら、今までの仕事とは別の業種に挑戦してみたいと考える方もいるかと思います。特に20代は、このように思う方が多いようです。しかし、実際には未経験者が異業種へ転職するのは、とても厳しいといわれています。なぜなら、企業が転職者を採用する際に重視するのは、即戦力となる「実績」や「スキル」だからです。
以上のような転職事情の中で、営業職は他の業種に比べて、未経験でも転職しやすいといわれています。ここでは、営業職への転職を考えている未経験の方に向けて、営業職の種類や求められる能力等、転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

未経験者が営業職に転職しやすい理由

未経験者でも転職がしやすいというのは、営業職の特性が理由になっています。
営業で販売する「商品」や「サービス」、買ってもらう「顧客」はもちろん、「販売の方法」も各企業で異なります。そのため、商品販売をする上で必要になる「知識」や「技術」は、実際に就職してから身に付けることになりますので、最初から資格や知識が求められることはほとんどありません。これが、営業職は未経験者の方でも転職しやすい職種といわれる所以なのです。

未経験から営業職への転職

営業職は未経験者でも入りやすいため、転職自体は、そこまで難しいものではありません。しかし、経験がないので、転職先を選ぶ際は「未経験可」という枠から選ぶしかありません。とはいえ、商品、もしくはサービスを販売するという点で営業職は共通していますので、「即戦力」を求める企業は、経験者に限定している場合もあります。この理由から、選べる転職先の量では、経験者と差が出ます。
一方で、営業職は未経験であっても、前職の経験をまったく生かせないわけではありません。前職で得た知識や技術によっては、企業が求めるものと一致して、特定の営業職に就ける場合もあります。これは、企業がどのようなことを求めているかで変わるため、求人情報をよく確認する必要があります。

営業職の種類を知る

営業という仕事の内容は、いくつかの種類に分けられます。ここでは、その分け方と種類についてご紹介します。

販売商材

  • 有形商材:手に取ることができる形のある物(自動車、住宅、電化製品、食品など)
  • 無形商材:ひとつの形として定めがないもの、目に見えないもの(コンサルティングや研修、広告宣伝、保険など)

対象顧客

  • 法人営業:企業を対象にした営業のこと(OA機器等の通信関連、求人等の人材関連、建築建設関連など)
  • 個人営業:一般消費者や家庭を対象にした営業のこと(不動産、ネット回線等の通信関連、教材・家庭教師等の教育関連など)

営業スタイル

  • 新規顧客:取引実績のない顧客
  • 既存顧客:すでに取引きをしている顧客

このように、営業職と一口に言っても、商品やサービス、どのような顧客に販売するかで、まったく仕事内容が変わってきます。さらに、取引先に出向いて商談する外勤営業や、お客様が店舗などに来店する内勤営業もあり、営業職の幅が広いことがわかります。

未経験者におすすめの業界

営業職未経験者の方に特におすすめしたい業界をご紹介します。

  • 人材業界、メディア業界

    人材業界やメディア業界の営業職で扱う商品は無形商材、顧客は法人が多くなります。営業スタイルは、新規も既存顧客もあります。ほとんどの企業は、求人広告や宣伝広告はなくてはならないものですので、すべての企業が顧客対象となります。
    おすすめのポイントは、未経験者歓迎の求人が多いことと、扱う商品が多くないので、仕事を覚えやすいことです。

  • インターネット業界

    扱う商品は無形商材、顧客は法人が多いです。営業スタイルは新規も既存顧客もあります。
    インターネット業界は、近年、急激にニーズが増し、それに伴って成長を遂げた業界です。そのため、経験者が少なく、転職のハードルも低いといわれています。また、営業職に携わったことがない人でも、企業としては人手が欲しいので、未経験者を積極的に採用しています。以上のことから、とても転職しやすい業界といえます。

企業が営業職希望者に求めている能力

未経験とはいえ、何もできなくてもいいというわけではありません。企業が営業職に求めている能力・スキルを知ることで、面接時に何をアピールすればいいのか見えてくると思います。

  • 良い第一印象を与えられる能力

    取引先の担当者は、あなたを会社の代表として接することになります。あなたの見た目や言葉、行動は「会社として」のものになるのです。取引先とあなたの会社の関係性はあなた次第。第一印象が悪ければ、良好な関係を築くのは難しくなります。
    面接時には、あなたを会社代表として送り出せるのかどうか。また、清潔感があり、マナーを守れ、感じの良いコミュニケーションができるかどうかを見ていると思いましょう。

  • 相手の求めていることをヒアリングし、提案できる能力

    営業職で最も重要といっても過言ではないヒアリング能力。取引きを進めていく中で、顧客のニーズを聞き出し、理解する。また、達成したい課題を共有して、自分の会社でどのようなことができるのかを提案する。これは、顧客の信頼を得ることにもなりますが、営業職としては当然のことともいえます。

  • 情報を収集し、分析できる能力

    営業職には、競合他社や取引先の動向など、担当者が喜ぶ情報を探し出してデータ化し、交渉や提案を進める能力が必要になります。情報収集や分析を進める中で、想定外の課題が見つかることがあります。数字などの根拠を明らかにしつつ、適切な施策を立案できるようになれば、顧客は安心して仕事を任せるようになってきます。最終的に、コンサルティングができるような関係になれると良いでしょう。そのためにも最低限、顧客の外注費、原価、売上、利益率などの数字を把握しておくよう努めましょう。

営業職に応募する前に退職理由を明確にする

求人に応募する前に、必ず行わなければならないことがあります。それは「退職理由を明確にすること」です。退職理由を明確にするということは、自分が現職で叶えられないことを再度認識することであり、仕事をする上で大事にしたいと思っていることを浮き彫りにすることでもあります。
もしも、本来の退職理由とは別の条件に目を奪われて転職をしてしまった場合、再度、仕事をする上で叶えたいことが実現できない状況に陥り、不満が募りかねません。転職先選びには、「退職理由となる思いを満たすこと」を必ず条件に入れましょう。
あなたの条件を、未経験の営業職は満たしてくれるのでしょうか?今一度、思い返してみてください。

「未経験可」のブラック企業の求人にご注意!

せっかく転職したのに、入ってみたらブラック企業だった。それがわかった頃には、前職に戻ることはもちろん難しいですし、そこから転職活動を再開するのも厳しいのが現実です。
ブラック企業とされる理由を一言で言っても、「長時間労働をさせる」「低賃金である」「休みがない」「残業が多すぎる」「パワーハラスメントがある」などさまざまです。
ブラック企業の特徴は、上記を理由とした離職者が多いため、常に人手不足に陥っていることです。そこで、人員を集めるために「未経験可」や「未経験者歓迎」などの文句で、とにかく人を集めています。
未経験で転職をする方には、不安になる話かもしれません。ブラック企業に引っかからないためにも、企業がどんな会社で何をアピールしているのか、そのためにどんな人材を欲しがっているのかをきちんと見極めましょう。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。