転職成功につながる営業職のための志望動機|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職成功につながる
営業職のための志望動機

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職成功のポイントといえば、履歴書や職務経歴書に記載する「志望動機」もそのひとつでしょう。盛り込むべき内容を正しく理解し、ポイントを押さえた志望動機に仕上げれば、書類選考通過率はグンとアップするはずです。

ここでは、営業職への転職を目指す人に向け、営業職の仕事内容から求められるスキルや能力、志望動機の書き方まで、具体的な例文と併せてご紹介します。

営業ってどんな仕事?

志望動機の書き方をご紹介する前に、まずは営業職の仕事内容についてふれておきましょう。

営業職とは、一言でいえば「対象とする相手や販売するものの有形、無形を問わず、自社で取り扱っている商品やサービスを売り込む仕事」です。

営業職のポジションは、不動産業界やメーカー、医療、IT、広告、保険など、あらゆる業界にありますから、転職を目指すのであれば、自分がどんな業界の営業に向いているのかを見極めることが大切です。

営業職の種類

営業職を分類するときに、前項でご紹介した取り扱う商品やサービスなどの業界で分けることもできますが、以下のような営業のスタイルで分類することもできます。自分に合うかどうかを見極める場合は、これらの分類から考えたほうが良いでしょう。

  • 個人営業

    個人営業とは、セールスを行う対象が一般の消費者(個人)を対象にしたものです。

  • 法人営業

    法人営業とは、法人を相手にセールスを行い、会社同士で取引きを行うものです。

  • ルート営業

    ルート営業は、すでに取引きのある顧客を回り、既存の商品やサービスを販売したり、新商品などをすすめて取引きを拡大したりするのが主な仕事内容です。

    新規開拓の苦労は少ない分、顧客との信頼関係をうまく築いて良好な関係を続けていけるかがポイントとなります。

  • 新規開拓営業

    新規開拓営業は、個人営業、法人営業を問わず、取引きのない企業や個人に対し、飛び込み営業や電話営業をかけて新規に取引先を開拓し、自社の商品やサービスをセールスします。

  • カウンター営業

    通常の営業が外回りをして自分から顧客を訪ねて行くのに対し、旅行代理店や郵便局や銀行の窓口のように、店舗に訪れた顧客に対して商品やサービスを販売するのがカウンター営業です。

    営業の仕事は、商品やサービスを販売するだけではありません。販売した商品の取り扱い説明やフィードバックを行ったり、販売した商品のその先の販促方法をクライアントと一緒に考える「提案営業」などを行ったりもします。

    また、営業職と聞くとどうしても気になるのが「ノルマ」ですが、職種や企業によってノルマの厳しさは異なります。ノルマが厳しい企業も確かにありますが、その分インセンティブを導入して成績が給与に反映するしくみになっている企業も多いので、自分の適性に合わせて選ぶようにしましょう。

営業職の仕事で求められるスキル・適性

仕事の幅が広い営業職は、100人いれば100通りのセールススキルがあるともいわれます。たとえば、饒舌で顧客と気負いなく話すことができれば営業に向いているかといえば、顧客によってはそれをなれなれしいと感じ、むしろ寡黙な人に信頼を置くという場合もあります。

一般的に、営業に適性があるとされる要素には、次のようなものがあります。

<主な営業の適性>

  • コミュニケーション能力がある
  • ポジティブに物事に向き合える
  • 清潔感がある
  • 体力があり行動力がある
  • まめな性格である
  • 好奇心が強い

現在、営業職として活躍している人の中にも、自分は性格的には営業に向いていないと考えている人は数多くいます。努力を続ければ、必ず自分なりのやり方が見つけられる、それが営業職の醍醐味でもあるのです。

営業職の志望動機の書き方

営業職に転職を希望する場合の、志望動機の書き方について具体的にご紹介しましょう。

志望動機は、なぜその仕事を選んだのか、なぜその企業を選んだのかという志望の動機を書くだけではいけません。志望動機に書くべきことは、採用企業が求めるスキルや経験を自分が備えていることのアピールです。

企業のカラーや応募する営業の職種の特性に合わせてアレンジを加えながら、内定がもらえる志望動機にまとめる作業をしていきましょう。

そこで、まずは、以下の5つのポイントを明確にしてください。

<志望動機を書く前に明確にしておくべきポイント>

  • 応募先の営業の仕事内容はどのようなものか
  • どうしてその業種、会社でなくてはいけないか
  • 自分のキャリアでアピールできる経験や資格は何か
  • 自分のキャリアプラン
  • 自分がどのようにその企業に貢献できるのか

志望動機は書面で記入するだけではなく、面接でも質問されることが多くなります。そのため、面接を見据えた準備が大切です。

【ケース別】志望動機の書き方例文

志望動機は、これまで同じ業界だったか、営業の経験があるかどうかなど、求職者ごとに書き方は変わります。ここでは、いくつかのケースに分けて、志望動機の例文をご紹介します。

※以下で紹介する書き方例文は、あくまでも一例です。あなたにとって最適な志望動機は、転職エージェントと相談して考えるのが良いでしょう。無料の転職相談はこちらから!

ケース1.営業職未経験で異業種に転職を希望する場合
「アパレル業界の店頭販売員」から「食品メーカーの営業」

前職では、アパレルショップの店頭販売員として3年間働いており、最後の1年間は店長を任せていただいていました。そのときに心掛けていたのは、よく来店頂くお客様の顔と名前を覚えるようにし、好みなどに関して他の販売員とも共有することです。

また、毎月、独自のキャンペーンを企画するなどし、店舗の目標売上を達成していました。

食品は洋服同様に人々の生活になくてはならないものですが、その中でも貴社の商品は、日々の食卓に欠かせない物です。これまで顧客に向き合い、顧客のニーズを満たすために商品を提案してきた私の経験を活かして、貴社に貢献できると考え志望しました。

<ここがポイント>

具体的な経験を織り込みながら、自分の強みをアピールし、さらにこの会社でなければならない理由が明確に示されています。

ケース2.営業経験ありで異業種に転職を希望する場合
「保険会社の営業」から「医療品メーカーの営業」

前職では、全国に拠点がある生命保険会社で営業を担当していました。保険会社の営業の仕事内容は販売にとどまらず、顧客が保険金請求を行う場合のサポート窓口にもなります。

その中で顧客の死や家族の悲しみに直面する経験もし、また医療機関に出入りする機会も多くありました。そうした経験を重ねる中で、人々の健康に関わる仕事をしたいという意欲がわき上がってきました。

私が貴社を志望した理由のひとつに、ジェネリック医薬品の開発にいち早く取り組まれたことがあります。廉価な薬品は、経済的に苦しい人々でも気軽に利用することができます。

これまで医療や生命の現場を直接見ながら培った営業経験を活かし、貴社に貢献しながら病気に悩む人々の一助になればと考え貴社を志望しました。

<ここがポイント>

採用担当者は多くの志望動機に目を通すため、いかに印象に残すかが大切です。このような具体的なエピソードを盛り込めば、採用担当者の印象に強く残るでしょう。

ポイントをしっかり押さえて内定を勝ち取ろう!

営業職は企業の看板といっても過言ではありません。それだけに、企業は採用に際して志望動機を通じて応募者のやる気を判断します。営業職を目指す人にとっては、特に志望動機が重要といっても良いでしょう。

マイナビエージェントでは、業界事情に通じ経験豊富な専任のキャリアアドバイザーが、志望動機の内容を確認し、書き方のアドバイスをいたします。転職を成功させるためにも、ぜひマイナビエージェントにご相談ください。

 関連ページ

転職成功につながる営業職のための志望動機に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。