営業職の志望動機の書き方、ポイントとは?【例文あり】

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

営業職の志望動機の書き方、
ポイントとは?【例文あり】

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

履歴書や職務経歴書に記載する志望動機は、転職の成功を左右するポイントのひとつです。盛り込むべき内容を正しく理解した上で、採用担当者が魅力を感じる志望動機に仕上げることができれば、書類選考の通過率を上げることができるでしょう。

ここでは、営業職への転職を目指す方に向けて、営業職の仕事内容から求められるスキル、志望動機の書き方までを、具体的な例文とともにご紹介します。

志望動機の作成に困っている方へ
転職のプロが志望動機の作成をサポートします

営業ってどんな仕事?

志望動機の書き方をご紹介する前に、まずは営業職の仕事内容を確認しておきましょう。

営業職とは、一言でいえば「自社で取り扱っている商品やサービスを売り込む仕事」です。

販売する相手や販売する物は、業種によって様々です。実際に物を売る仕事もあれば、形のないサービスを売る仕事もあります。また、企業を相手にする営業もいれば、個人向けの営業もいます。

不動産業界やメーカー、医療、IT、広告、保険など、あらゆる業界に営業職というポジションがありますが、志望業界をよく研究した上で応募企業を選ぶことが大切です。

販売以外の営業の仕事とは?

営業は、顧客に商品やサービスの魅力を伝えて受注を獲得するのが主な仕事ですが、顧客の要望に応えるため、様々な業務を行います。

販売した商品のクレーム対応を行ったり、小売店に卸した商品の売り込み方を検討したりするのも営業の仕事です。

企業に応募するときは営業職にどのような業務が含まれるのか、事前に確認しておくと安心です。

営業にはノルマがある?

営業職というと、どうしても「ノルマ」が気になる方もいるでしょう。実際に、営業職に対してノルマが設定されている企業もあります。しかし、どの程度厳しくノルマ達成を求められるのかは、職種や企業によって異なります。

なお、ノルマは一概に「厳しくないほうがいい」とはいえません。ノルマが厳しくても目標達成時にインセンティブを獲得できるなどの制度を用意している企業は、成果に見合う報酬が欲しいと考える方には向いているといえます。

営業先や営業方法には様々な種類がある

営業職と一言でいっても様々な種類があり、それぞれ扱う商材や顧客、営業の方法などが異なります。

続いては、営業先や営業方法にはどのような種類があるのか見ていきましょう。

営業先の種類

営業職の営業先には、大きく分けて「個人」と「法人」の2種類があります。

  • 個人営業

    個人営業の場合、一般の消費者(個人)を対象にセールス活動を行います。例として、保険営業や訪問販売、個人向けの不動産販売営業などが挙げられるでしょう。

  • 法人営業

    法人(会社)を相手にセールス活動を行い、会社同士で取引を行うのが法人営業です。企業向けの事務用品の営業や卸売会社の営業、ビジネス支援ツールを提供している会社の営業などが該当します。

営業方法の種類

営業を行う際の方法や手段は、大きく3つあります。

すでに取引のある顧客を回る「ルート営業」、新規向けの「新規開拓営業」、そして訪れた客に対して営業を行う「カウンター営業」です。

  • ルート営業

    ルート営業の仕事は、既存顧客との継続的なやりとりがメインとなります。すでに取引のある製品についてのフォローや新商品の紹介、既存顧客の新たな要望に対する商品提案などが具体的な仕事内容です。

    ルート営業では、顧客との信頼関係を築いて良好な関係を続けていけるかどうかが、業績を上げるための重要なポイントとなります。

  • 新規開拓営業

    新規開拓営業では、個人営業、法人営業を問わず、取引のない企業や個人に対し、飛び込みや電話などのアプローチで自社の商品やサービスのセールスを行います。

    既存顧客と比べて信頼関係が十分に構築されていない相手に対して、売り込みをかける難しさはあるでしょう。しかし、新規開拓営業が成功すれば、企業の売上成長を維持できるといったメリットがあります。

  • カウンター営業

    カウンター営業とは、旅行代理店やスマートフォンショップの窓口のように、店舗に訪れた顧客に対して商品やサービスを販売する仕事です。飛び込み営業など、自分から売り込みに行くのがあまり得意でない方にもおすすめの営業スタイルです。

営業職の仕事に適性がある人の特徴

仕事の幅が広い営業職では、様々なスキルを活かすことができますが、能力や性格によって向き不向きがあるのは確かでしょう。一般的に営業に適性があるとされる方の特徴として、次のようなものが挙げられます。

  • コミュニケーション能力がある
  • ポジティブに物事に向き合える
  • 清潔感がある
  • 体力と行動力がある
  • まめな性格である
  • 好奇心が強い

ただし、上記を全て兼ね備えていなければ、営業に向いていないというわけではありません。

たとえ、一般的にいわれる「営業向きの性格」にあてはまらなかったとしても、スキルや性格など、適性がある業界であった場合、営業として活躍することは十分可能だといえるでしょう。

営業職の志望動機を書く前の準備

志望動機欄には、その仕事や企業を選んだ理由を書くことになりますが、単純にそれだけを書いても、採用担当者の興味を引くことはできないでしょう。

志望動機では、応募先の企業が求めるスキルや経験がどのようなものなのかを踏まえた上で、自分がそれに合致していると伝えることが大切です。また、入社後、どのように貢献していくつもりなのかについても伝えましょう。志望動機を書く前に、下記のポイントを明確にしておくといいでしょう。

<志望動機を書く前に明確にすべきポイント>

  • 応募企業の具体的な仕事内容はどのようなものか
  • どうしてその業界、企業でなくてはいけないか
  • 自分のキャリアで、アピールできる経験や資格は何か
  • 自分の思い描く、今後のキャリアプランはどのようなものか
  • 自分が、どのようにその企業に貢献できるのか

志望動機は書面で提出するだけではなく、面接でも質問されることが多い質問です。上記のポイントを整理しておくことで、面接でも一貫性のある受け答えがしやすくなるでしょう。

前述のとおり、企業ごとに事業内容や求める人材は異なりますので、志望動機も応募先ごとに変える必要があります。

営業職の志望動機の書き方のポイント

続いては、営業職の志望動機の、書き方のポイントをご紹介します。

前職の経験を活かして成果を上げたいと考えた

特に、前職・現職が同じく営業職であった方が志望動機を書く際には、「前職で得た営業のノウハウを活かして、応募企業で成果を上げたい」と考えたことを伝えるようにしましょう。

ポイントとして、「新しいことに挑戦しやすい社風の御社だからこそ、自身のスキルを存分に活かせると考えた」など、応募企業を選んだ理由を織り交ぜて書いてください。

応募企業の商品・サービスに魅力を感じた

志望動機では、数ある企業の中でなぜ応募企業を選んだのかという理由を、明確に伝える必要があります。

特に、セールス活動を行う営業職の場合、志望動機には応募企業が扱う商品・サービスに魅力を感じたという内容を書くのもおすすめです。

面接で営業職の志望動機を答えるときのポイント・注意点

企業の採用面接では、志望動機を聞かれることが一般的です。続いては、営業職の志望動機を答えるときのポイントや注意点をご紹介します。

面接で履歴書に書いた志望動機をそのまま伝えてもOK?

履歴書に記載した内容とまったく異なる内容で回答してしまうと、「どちらが本当なのか?」「一貫性がない」「他社と間違えているのでは?」といった疑念を抱かれ、信頼を失いかねません。基本的には、履歴書と同じ内容をあらためて伝えるようにしてください。

ただし、一言一句同じ言葉を暗記して伝えると、採用担当者に「自分の言葉で答えていない」「柔軟性に欠けている」と思われてしまう可能性があります。履歴書そのままではなく、履歴書の内容をベースに、より詳しく説明する形で答えましょう。

競合他社の名前を出してもOK?

志望動機を聞かれたときに、応募企業を選んだ理由として、「御社は◯◯社と比べて××な点が優れていると感じました」など、他社を批判するような回答をするのはNGです。

「他の会社の面接では自社を批判したり、自社を否定するようなことを言ったりしているのでは」と、採用担当者に思われてしまうおそれがあります。

ケース別・営業職の望動機で効果的にアピールするときの例文

志望動機の書き方は、前職の職種や業界、保有スキルなどによっても変わってきます。ここでは、いくつかのケースに分けて、志望動機の例文をご紹介します。

ケース1.営業職未経験で異業種に転職を希望する場合

お客様の生活になくてはならない商品を提案していく仕事がしたいと思い、貴社を志望いたしました。

私は、これまでアパレルショップの店頭販売員として、3年間働いてきました。お客様に適切なご提案をし、喜んでいただける仕事はやりがいがあり、最後の1年は、店長として店舗運営にも関わりました。しかし、その中で、より幅広く、多くの方の生活に関わる商品を扱いたいという思いが強くなっていきました。

そんなときに出合ったのが、貴社の◯◯簡単調理シリーズです。店長として働いていた際、時間がない中でも、栄養バランスが良い食事を簡単に作れて、大変助かりました。忙しい現代人の生活をサポートしてくれる貴社の商品を、より広く知ってもらい、多くの方に手に取っていただくために尽力していきたいと思っております。

<ここがポイント>

具体的な経験を織り込みながら、なぜこの会社でなければならないのかという理由についても明確に示されています。

ケース2.営業経験ありで異業種に転職を希望する場合

人々の健康を支える貴社の仕事に、社会的な意義と将来性を感じ、志望いたしました。

私は、前職では、全国に拠点がある生命保険会社で営業を担当していました。保険請求対応では、顧客の死や家族の悲しみに直面する機会が多くあります。こうした経験を重ねる中で、人々の健康に関わる仕事をしたいという意欲がわき上がってきました。

そのときに思い出したのが、ある顧客が口にした「ジェネリック医薬品に助けられた」という言葉です。廉価なジェネリック医薬品があったからこそ、長期的な服薬治療の費用負担を抑えられたということでした。それから勉強や情報収集を行った結果、貴社がいち早くジェネリック医薬品の開発に取り組まれたのだということを知りました。

これまで、医療や生命の現場を直接見ながら培った営業経験を活かし、貴社に貢献しながら病気に悩む人々の一助になればと考えています。

<ここがポイント>

採用担当者は多くの志望動機に目を通すため、いかに印象に残すかが大切です。このような具体的なエピソードを盛り込めば、採用担当者の印象に強く残るでしょう。

営業職への転職で合格率をアップさせるにはマイナビエージェントにご相談を

営業職は、企業の売上を左右する重大な仕事です。採用担当者は応募者が熱意を持って業務に取り組み、実績を上げてくれるかどうか、志望動機から判断しようとします。

営業職を目指す上で、志望動機の書き方について不安がある方は、マイナビエージェントにご相談ください。マイナビエージェントでは、希望に合致した企業の紹介だけでなく、応募書類の志望動機の書き方についてのアドバイスも行っています。

各業界に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーが、応募書類の作成方法をはじめ、転職活動全般をサポートさせていただきます。

この記事の監修者


この記事の監修者

鍛治本 聖

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴13年、理系大卒。経験領域として、いちアドバイザーとしても管理職としてもオールジャンルを経験(Web広告、商社、消費財、医療、不動産、IT(Web・SIerNIerとも)、製造業メーカー(電気・機械・化学とも)、職位もメンバーから役員クラスまで)。法人営業担当、キャリアアドバイザー双方の経験を活かした、双方にとってベストなアドバイスを心がけています。

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴13年、理系大卒。経験領域として、いちアドバイザーとしても管理職としてもオールジャンルを経験(Web広告、商社、消費財、医療、不動産、IT(Web・SIerNIerとも)、製造業メーカー(電気・機械・化学とも)、職位もメンバーから役員クラスまで)。法人営業担当、キャリアアドバイザー双方の経験を活かした、双方にとってベストなアドバイスを心がけています。

 関連ページ

転職成功につながる営業職のための志望動機に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。