転職エージェントとは?メリットや活用方法について

転職エージェントとは

転職エージェントとは

転職エージェントとは、「転職を希望する方」と「人材を探している企業」の間に立ち、ベストなマッチングを実現するサービスです。専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりに寄り添い、転職活動を手厚くサポートします。

  • プロの視点でのマッチングサービス

    転職エージェントでは、求職者の転職成功へ向けて、職務経歴や希望条件から一人ひとりに最適な求人をご提案します。各業界の転職事情に精通している「キャリアアドバイザー」は、高いレベルのノウハウを持つ転職支援のプロです。「人材のプロ」が対話を通して求職者の現状を把握し、客観的な視点から市場での価値を分析します。

    また、徹底した情報収集により企業の人事と同じ視点からマッチングをはかれることも、転職エージェントの強みです。転職エージェントには、プロが仲介するからこそ、実現できるキャリアのチャンスがあります。

  • 提出書類の添削、面接対策のサポート

    多くの求職者を支援してきた転職エージェントにとって、選考を勝ち抜く書類作りは得意分野です。「履歴書」や「職務経歴書」といった提出書類は、書き方ひとつで印象が変わります。転職エージェントの実践的なアドバイスを活用することで、好印象を与えるようなバランスの取れた書類を作成できるでしょう。

    第一印象が大切と言われる面接においては、効率的で要点を押さえた対策が可能です。過去の事例や担当者の心理傾向をもとに面接力をブラッシュアップし、内定獲得に向けて徹底したサポートを行います。

  • 入社日、条件等の企業への交渉

    入社後のポジションや年収、入社日などといった具体的な条件交渉も、転職成功のための重要なポイントです。入社に際してさまざまな希望がある場合でも、企業へしっかりと伝えたいところですが、求職者自身からは直接言いにくいことや聞きにくい内容も多いでしょう。

    転職エージェントによる交渉代行では、エージェントが双方の窓口となり、企業との交渉を円滑に進めます。

目次

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントは、求職者と企業の双方にとってメリットのあるサービスを展開しています。転職活動を有利に進めたい求職者はもちろん、自社にマッチする人材が欲しい企業は、転職エージェントを上手に活用することで転職や採用がスムーズに進むでしょう。以下では、転職エージェントがどのようなメリットを生み出しているのかをご紹介します。

求職者が転職エージェントを使うメリット

  • 利用料が無料
  • 自分に合った企業を探してくれる
  • 他では手に入らない求人に出会える
  • 書類審査、面接の通過率を
    上げてくれる
  • 給料交渉や面接のスケジューリング
    などを代行してくれる
  • 不安になったら相談にのってくれる
  • 利用料が無料

    転職エージェントは企業から謝礼(紹介料)を受け取るため、求職者はサービスを無料で利用できます。

  • 自分に合った企業を探してくれる

    転職エージェントは最初に求職者と面談をし、転職によってどのようなことを叶えたいのか、またどのような企業が合っているのかということを聞き取ります。
    そして、その情報を基に求職者に合った企業を紹介してくれるので、「実際に仕事をしてみたら、思っていたものと違った」というようなことが限りなく発生しないのです。

  • 他では手に入らない求人に出会える

    転職エージェントは、一般には非公開としている求人を企業から預かっているため、求職者は、その非公開求人を紹介してもらえるチャンスが出てきます。
    非公開求人の中には、新規プロジェクトを任せるポジションがあったり、公開求人よりも給与が高かったりなど、質の高い求人が存在します。

  • 書類審査、面接の通過率を上げてくれる

    転職エージェントは、企業がどのような人を求めているのかを熟知しているので、企業が探している人材であることをアピールできる「履歴書」と「職務経歴書」になるようアドバイスできます。
    また、推薦状を作成する転職エージェントもありますので、書類の通過率は自己応募に比べて高くなるといえるでしょう。さらに、模擬面接を行うことで、面接の場でしっかりと魅力をアピールできるようサポートします。

  • 給料交渉や面接のスケジューリングなどを
    代行してくれる

    これからお世話になろうという会社に対して、給料交渉をするのは気が引けるというのは誰もが思うところ。特に、面接の場で「ぜひとも入社したい」「御社で働くのが夢です」というようなことを伝えている中で、「金額次第にはなりますが……」とは言いづらいものです。
    そこで、転職エージェントが求職者に代わって、給料などの条件面の交渉や、面接日時の調整を行います。

  • 不安になったら相談にのってくれる

    「本当に今、転職すべきなのだろうか」「円満退職するにはどうしたらよいのか」「家族にはどのタイミングで、どういう風に伝えるべきなのか」など、転職に関係する悩みであれば、どのようなことでも相談できます。

企業が転職エージェントを使うメリット

  • 応募を増やせる

    市場のニーズと企業のアピールポイントに差があると、人はなかなか集まりません。転職エージェントでは、募集職種や仕事内容ごとに最適な求人の書き方をアドバイスしているため、応募を増やすことが可能です。

  • ミスマッチを防げる

    転職エージェントが求職者としっかり面談をし、企業が欲している人材を紹介してくれるので、ミスマッチになる可能性が低く、転職サイトなどに比べて、採用にかかる時間や手間の削減ができます。

  • 求人にかける無駄なコストの削減ができる

    転職エージェントは、通常、内定後に入社する人が出た場合のみ料金が発生する仕組みです。そのため、広告などのように、応募が来るかわからない無駄なコストを削減できます。

転職エージェントの仕組み・無料の理由

■ 転職エージェントの仕組み

まず、転職エージェントは人材を必要とする企業へ足を運びます。そこで企業が「どのような人材を求めているのか」を把握するのです。企業の人材要件をしっかりと整理した後は、企業の採用実現へ向けて、サポートを開始します。
これと並行して行われるのが、転職エージェントに登録している求職者へのヒアリングです。求職者の希望条件を正確に把握し、条件に合う企業とのマッチングをはかります。
また、転職エージェントが求職者に無料でサービスを提供できるのは、求職者に求人を紹介し、入社に至った時点で企業側から紹介料を受け取っているからです。

転職エージェントの仕組みの画像 転職エージェントの仕組みの画像

転職エージェントの役割

転職エージェントの役割は、求職者が転職を効率的に進められるようサポートすることです。求職者が在職中の場合は、無理のない時間にキャリアアドバイザーが面談を実施し、ヒアリングを行います。

もし、まだ転職すべきではないと判断した場合、その旨も率直にアドバイスします。決して転職をゴールとするのではなく、納得のいく結果に結びつけられるようにすることを目的としているのです。

企業側に対しても同じように、やみくもに応募をするわけではありません。ミスマッチの書類選考や面接回数を減らし、コストの削減や内定率アップに尽力しています。

マイナビエージェントには、業界・職種、地域に特化したキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、企業と求職者のそれぞれに適したアドバイスが可能です。求職者にとっても企業にとっても頼れる良きパートナーとして、サポートさせていただきます。

マイナビエージェントのサポートが
内定獲得率を上げています

マイナビエージェントは手厚いサポート体制があるため、書類通過率・一次面接通過率・内定獲得率において高い実績を誇っています。やみくもに企業へ応募するよりも効率がよいため、マイナビエージェントを利用された人が、他の求職者をご紹介してくださるケースも少なくありません。

また、面接を終えた後のフォロー体制も万全です。評価の高かった点などを企業からフィードバックしてもらい、後日、内容を求職者にメールや電話でお伝えしています。さらに、面談や職務経歴書の添削、模擬面接の利用回数には制限はありません。

転職活動の期間が長引いても、ご希望をいただければいつまでもサポートしますので、ご自身が納得いくまで続けることができます。

転職エージェントと転職サイトの
違いは?

転職サイトは、求職者が勤務地、年収、福利厚生など、希望する条件を基に求人を検索できるサイトのこと。転職エージェントと転職サイトは同じ人材紹介サービスですが、似ているようで明確な違いがあるのです。それぞれの違いは以下のようになります。

転職エージェント
転職サイト

気軽さ

登録後、面談があるが
電話でも対応可能

いつでもどこでも様々な企業の情報が確認可能で、
応募もできる

サポート力

業界の動向を熟知しているキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーがサポート

サイト内に、役立つコンテンツがあることが多いので、困ったら解決策を確認できる

求人数

非公開求人多数

多種多様な求人を
多数掲載

確実性

サポート体制が整っているため、確実性アップ

自分次第

手間

面談などはあるが、応募企業を探す手間を省ける

面談はないが、全て自分で調べて行動する

  • 気軽さの違い

    • 転職エージェントの場合

      転職エージェントでは、求職者それぞれに専任のキャリアアドバイザーが担当としてつきますので、転職の意思が固まってからでないと頼みづらいという印象があるかもしれません。
      しかし、まだ転職の意思がはっきりしていない段階での、「転職するかどうか迷っている」といった相談にも応じています。このような相談ができるのも、転職エージェントならではでしょう。
      マイナビエージェントでは相談の期限や回数は設けていませんので、「将来的に転職したいが、どのような準備が必要なのか」といった相談もお受けしています。このような、キャリアアドバイザーとのキャリア面談は、実際に足を運ばずに電話で行うこともできます。

    • 転職サイトの場合

      転職サイトは、自分のタイミングで求人情報を検索し、さまざまな企業を見比べることが可能です。また、そうした情報をたくさん見て、自分の方向性を見極めたい場合に向いています。

  • サポートの違い

    • 転職エージェントの場合

      転職エージェントは、手厚いサポートを受けられることも特徴です。
      まずは、担当のキャリアアドバイザーが求職者のニーズを引き出し、最適な求人を紹介します。次に行うのが、応募書類の添削や模擬面接など、内定獲得率を上げるためのサポートです。
      さらに、面接日のスケジュール調整代行や、年収などの諸条件の交渉なども行っています。転職エージェントを使うことで求職者の負担は少なくなるため、在職中でもスムーズに転職活動を行えるでしょう。

    • 転職サイトの場合

      転職サイトでは、転職エージェントのように求職者それぞれに対してキャリアアドバイザーがつきません。その代わり、ご自身が主体となって自由に転職活動を進めることが可能です。
      多くの転職サイトには、転職ノウハウに関するコラムがあります。こちらを参考にすれば、転職活動の不安を取り除けるかもしれません。

  • 求人数の違い

    • 転職エージェントの場合

      転職エージェントの求人数は、一見すると少ないと思えるかもしれません。しかし、実際はそうではなく、公にならない非公開求人の情報を有しています。非公開求人の中には、応募者の集中を防ぐために非公開にしている大手・有名企業もあり、憧れの企業にめぐり会えることも十分に考えられるのです。
      また、新規プロジェクトを任せるポジションがあったり、公開求人よりも給与が高かったりなど、質の高い求人を多く持っています。

    • 転職サイトの場合

      転職サイトは公開求人が基本なので、基本的に転職エージェントに比べて多く求人を保有しています。また、全国各地のさまざまな企業の情報が調べられるので、業界研究に役立てることができるでしょう。
      転職を始めたばかりでまだ方向性が定まってないときなどは、自分の知見を広げるために、転職サイトの情報をチェックしてみるのもおすすめです。

転職エージェントと転職サイト、どちらか片方しか利用できないわけではありません。
それぞれのメリットを踏まえつつ、うまく活用していくことで転職成功の可能性は高まります。

転職エージェントを
利用したほうが良い人とは?

転職は、一生を左右する大きな決断です。だからこそ、成功させたいと思うのは当然のことでしょう。転職エージェントではさまざまなサポートを行っていますが、特に以下のような人の利用がおすすめです。

  • スキルの棚卸ができていない人

    新卒で就職することと、転職することは違います。まだキャリアのない新卒の場合、やる気をアピールすれば面接を乗り越えられたかもしれません。しかし、転職は即戦力を求めているケースが多く、いままでのキャリアをきちんと伝えられないと内定をもらうのは難しいでしょう。
    マイナビエージェントは求職者との面談をとおして、経験やスキルの棚卸が可能です。そのため、しっかりとした応募書類を作成でき、面接への不安をなくすことができます。

  • 会社に在職している人

    会社に在籍しながら転職活動をする人も多くいます。しかし、仕事の忙しさを理由に転職活動が滞ってしまうのはよくありません。
    転職エージェントでは、求人情報の検索や面接スケジュールの調整などを求職者に代わって行いますので、忙しい人でもスムーズに転職活動を進めることができます。

  • 条件面の調整に慣れていない人

    働きたいと願う会社に対して、自分の都合を伝えることが気になるという人も多いでしょう。転職エージェントでは、面接日のスケジュール調整や内定承諾のご連絡、年収などの条件交渉なども、すべて代行しています。

マイナビエージェントなら安心!

ここで、エージェントサービスの中でも、マイナビエージェントだからできる手厚いサービスをご紹介します。

  • 書類の添削・模擬面接などの回数制限/
    転職支援期間の制限ナシ

    マイナビエージェントは、職務経歴書の添削や模擬面接などの回数制限がなく、転職支援の期間も定めていません。一人ひとりの転職活動を納得いくまでサポートすることで、より満足度を高めています。

  • 転職のプロ + 企業のプロがWサポート

    キャリアアドバイザーが丁寧な面談を行うだけでなく、リクルーティングアドバイザーが企業の社風をしっかり把握しているため、内定後のミスマッチを防ぐことができます。

  • 日程調整から条件交渉、
    入社後のフォローまで

    忙しいあなたの代わりに、面接日の調整や条件交渉を代行。入社後も、長期的にキャリアアップを支援します。

転職エージェントのご利用を考えている方は、
是非マイナビエージェントをご検討ください。

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントは登録することから始まり、最終的に内定を獲得し、その後、入社するまでをしっかりとサポートします。マイナビエージェントを利用する際の流れを例に、転職エージェントの流れをご紹介します。
マイナビエージェントでは、転職活動を「無料申し込み」「面談(対面・Web)」「求人紹介」「応募」「面接」「内定・入社」といったステップで進めていきます。

  • STEP1

    無料申し込み

    無料申し込み 無料申し込み

    はじめに「申し込み」をします。転職エージェントの申し込みフォームに、必要事項を入力・送信してください。
    過去の仕事内容や担当プロジェクトについての項目は、なるべく具体的に記入するよう意識しましょう。求職者のスキルをイメージしやすいと、転職エージェントが求人を紹介しやすくなるからです。
    申し込みから数日以内に、担当のキャリアアドバイザーより電話かメールでご連絡し、面談の日程をご相談します。マイナビエージェントでは、在職中でも安心して転職活動を進めていただけるよう、柔軟なスケジュール調整を心がけています。また、来社が難しい場合には電話やWebでの面談も可能です。

  • STEP2

    面談(対面・Web)

    面談(対面・Web)のイメージ画像 面談(対面・Web)のイメージ画像

    転職活動のパートナーとなるキャリアアドバイザーとの面談では、キャリアアドバイザーが職務経歴書を基に求職者の経歴や経験を整理してキャリアの棚卸を行うとともに、志向性、価値観やライフスタイルについての情報を共有します。
    キャリアアドバイザーが求職者の希望や転職に対する考えを正確に理解することが、納得のいく転職を実現するための第一歩となります。もし「転職を迷っている」「目指すキャリアが分からない」といった心境であれば、そのことも正直に伝えましょう。
    キャリアアドバイザーとの面談時間は、約1時間から1時間半です。その中で転職活動への不安や疑問が生じた場合には、遠慮なくご相談ください。転職に関わることであれば、どのようなご相談にも丁寧にお答えします。

  • STEP3

    求人紹介

    求人紹介のイメージ画像 求人紹介のイメージ画像

    面談によって目指すキャリアや条件を明確にしたら、求職者一人ひとりにマッチした求人をご紹介していきます。サイトに掲載されている求人だけでなく、一般には公開していない「非公開求人」や、ほかの転職エージェントにはない「独占求人」も保有していますので、豊富な求人情報の中からより条件の合う企業とのマッチングが可能です。
    また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは様々な業界の動向もチェックしています。企業との窓口を担当するリクルーティングアドバイザーと連携していますので、各企業の社風や面接官が見ているポイントなど、求人票には載っていない情報もお伝えすることが可能です。

  • STEP4

    応募

    応募のイメージ画像 応募のイメージ画像

    応募したい求人が見つかったら、転職エージェントを経由して、企業への応募を行います。その際に提出する「履歴書」や「職務経歴書」は、企業に自分をアピールする重要な書類です。転職エージェントの添削サービスを利用し、書類選考通過率を高めましょう。
    マイナビエージェントでは、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの両方による書類添削を行っています。企業が求める人物像を把握しているため、より魅力的な書類を作成できることも、大きなメリットの1つです。
    また、応募の際にはキャリアアドバイザーが推薦状を同封し、応募書類だけでは伝わりにくい求職者の魅力を企業へお伝えします。

  • STEP5

    面接

    面接のイメージ画像 面接のイメージ画像

    面接においても、マイナビエージェントは求職者の強い味方です。企業との面接の前には「模擬面接」を実施し、面接の雰囲気に慣れてもらうことで、本番で力を発揮できるようサポートします。模擬面接では、求職者のアピールポイントの効果的な伝え方や話し方の強弱などをアドバイスします。そして、過去に同じ企業や職種に応募した求職者の情報を参考に、より本番に近い対策が可能です。
    また、マイナビエージェントを利用して選考を進めた場合、面接の日程調整もキャリアアドバイザーが代行します。

  • STEP6

    内定・入社

    内定・入社のイメージ画像 内定・入社のイメージ画像

    面接を通過して内定が決まった後も、マイナビエージェントのサポートは続きます。転職に際して年収などの条件や待遇などは求職者にとって非常に大事な条件であり、妥協したくないポイントです。しかし繊細な内容でもあるため、企業からの心証が気になり言いにくいと感じる人も少なくないでしょう。
    マイナビエージェントでは、入社日の調整や給与条件などについて企業との交渉を代行し、スムーズに入社できるようサポートします。また、円満退社のための手続きや引継ぎのコツについてもお伝えしていますので、初めての転職でも安心して進めていただけます。
    さらに入社後もアフターフォローを通して長期的なキャリアアップの支援も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

転職エージェントを選ぶときの
ポイント

ここまで、転職エージェントの仕組みやメリットをご紹介してきました。しかし、転職エージェントは1社だけではありません。
ここでは、転職エージェントを利用するにあたって、どのような目線で選べばよいのかについてご紹介します。

  • キャリアアドバイザーの専門性

    転職エージェントのサービスの良し悪しは、キャリアアドバイザーの力量しだいといってもよいでしょう。実際に求職者に対し、サービスを提供するのはキャリアアドバイザーですから、そこに当たりはずれがあってはいけません。
    アドバイスの伝え方や気配りなどの求職者に対する接客技量もそうですが、ここでいう力量とは、何より求職者が転職したい業界に精通しているかどうかです。
    転職活動は、だいたい3ヵ月から半年といわれていますが、転職先で過ごす時間はそれ以上になるでしょう。ですから、いかに求職者のニーズに合う企業を紹介できるか、その企業から内定がもらえるようにサポートできるかといったところが強く求められます。
    アドバイザーの力量によって人生が大きく左右されてしまうことを考えると、質の高いアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶことは、重要なポイントのひとつです。

    マイナビエージェントなら……

    マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、それぞれ得意な専門分野を持っており、さまざまな業界についても知見を持っています。そのため、求職者のニーズに合った企業のご提案が可能です。

  • 非公開求人数

    転職エージェントでしか得られない非公開求人を紹介してもらえる点も、転職エージェントの魅力のひとつです。非公開求人の中には、事業の核となるポジションや高待遇の求人のほか、人気企業や大手企業の求人があります。
    せっかく転職エージェントを利用するなら、非公開求人を紹介してもらいたいと思うことでしょう。転職エージェントを選ぶ際には、この非公開求人がどのくらいあるのかがポイントとなります。

    マイナビエージェントなら……

    マイナビエージェントでは、サイト内でご覧いただける求人はほんの一部です。お申し込み後、あなたにぴったりの求人をご紹介します。

  • サービスの充実度

    求人紹介や応募書類の添削など、基本的なサービスを除いたプラスのサービスがどのくらい充実しているのかは、転職エージェントを選ぶときのポイントとなります。
    特に、アフターフォローは大切な項目です。まれに転職活動が終わって、転職先に入社した後で、「入社前に話していた給与と違う」「合意した職種・役職に就かせてもらえない」といったトラブルが発生することがあります。
    このようなトラブルに対応してくれるかどうかは、最初に確認しておきましょう。
    また、転職エージェントの中には、数ヵ月でサポートが終了してしまうところもあります。
    サポート終了後も求人紹介のみ継続して受けられるところもありますが、転職エージェントを利用するなら、その企業に合わせたアドバイスも受けたいところです。転職エージェントを選ぶ際には、これらのサポートをいつまで受けられるのかを、事前に確認しておくとよいでしょう。

    マイナビエージェントなら…

    マイナビエージェントのサービス提供期間は無期限ですので、入りたい企業の求人が出るのを待ったり、資格を取ってから転職活動を再開したりするなど、じっくり時間をかけることが可能です。

【世代別】転職エージェントを
利用する際のポイント

一般的に、世代や年齢によって、転職の事情は変わっていきます。それは、企業が求職者に求めるものもそうですし、求職者が企業に求めることも変わっていくでしょう。
今回は第二新卒や年代別に、転職エージェントを利用する際のポイントについてお伝えします。

  • 第二新卒

    入社後、数年で転職をする第二新卒者は社会人経験が浅いため、目指すべき方向性が見えていない人が多くいます。漠然と「転職したい……」と考えている人もいるため、「なぜ、転職をしたいのか」「どのような企業に勤めたいのか」などを、明確にしなくてはなりません。
    一方で、経験が浅いことは当然と理解している企業もあります。少ないとはいえ社会人経験があるため、最低限の社会常識を身につけていることから、教育にかかるコストや時間を短縮できると考える企業もあるでしょう。
    最近では、第二新卒を積極的に採用している企業もあるため、早めに方向転換をしてリスタートを切ることが可能です。転職エージェントでは第二新卒の人の魅力を発見し、企業へのアピールポイントにつなげています。
    経験が浅いことや短期間で辞めてしまったことも、「それだけ仕事に対する思いが強い」「マイナスになるとわかっていても貴社に入りたい」といったように見せるなど、どのように自分をアピールするべきかアドバイスしてくれるでしょう。

  • 20代

    新卒者が応募先企業を決める基準は、仕事のやりがいや企業のネームバリューが大半を占めるのではないでしょうか。そうして新社会人として働き始めたものの、「思っていたのと違った……」と思い、転職を考え出す人も多いのが20代です。
    また、30歳という節目を前に転職を決意する人も多いでしょう。「30代になると未経験職に転職するのが難しくなる」というイメージがあるからか、他業界や他職種に挑戦する人も見受けられます。
    他業界へ飛び込む場合、基本的な業界の流れなどもわからないまま、ひとりで転職活動を行うと余計な時間を費やしてしまうかもしれません。そこで、その分野に精通したキャリアアドバイザーのいる転職エージェントを利用すれば、希望する転職先を早く見つけられる可能性が高くなります。
    20代は第二新卒と同じくキャリアが浅い時期でもありますので、職務経歴書を作成する際にアピールポイントが少ないと、悩む人も多いでしょう。転職エージェントを利用することで、短い社会人歴やこれからのポテンシャルを活かした面接対策や書類作成におけるサポートを受けられますので、安心して転職活動を進められます。

  • 30代

    30代は、ある程度仕事を任せられるようになり、大きなポジションに就くことのある年齢です。仕事もどんどんおもしろくなり、積極的なキャリアアップを考え始める人もいるでしょう。
    転職エージェントが保有している求人の中には、有名企業がマネージャー募集をしているケースもあります。高いスキルを持っている人に対して高年収を提示している企業は、決して少なくありません。
    一方で、結婚や出産といったライフスタイルの変化により、家族との時間を大切にしたいと考える人も増えてきます。中には休日が多く、残業も少ない企業へ転職を希望する人もいるでしょう。
    しかし、20代に比べ、30代は戦略を立てて転職に臨まなければ、思うような結果にたどり着きにくくなります。
    そこで、転職のプロである転職エージェントを利用して、売り込み方をアドバイスしてもらうのは得策といえるでしょう。
    また、30代は働き盛りといわれ、忙しい日々を送る人も多くいます。現職で多忙な日々を過ごす中では、転職活動に割ける時間はあまりありません。時間の節約のためにも、転職エージェントの活用がおすすめです。

  • 40代以上

    40代を超えると、子供がある程度大きくなって、教育費がいままで以上に必要になる人もいるでしょう。
    また、いままで転勤が多かった企業に勤めていた場合、「子供のライフスタイルに影響があるから……」と、転勤のない企業へ転職を考えるケースも少なくありません。
    そのようなニーズを満たす公開求人には応募が殺到するため、書類選考を突破すること自体が難しくなることが考えられます。
    しかし、非公開求人であれば、公開求人に比べてさほど応募者が殺到しません。高いスキルや豊富な経験を求めている企業ならば、高収入も期待できます。転勤などの諸条件もキャリアアドバイザーが情報を把握しているため、ミスマッチを防げるのも大きなメリットといえるでしょう。
    企業が非公開で40代以上の求人募集をする理由のひとつに、企業にとって経営にも関わる求人を出していることを、競合他社に知られないようにしているためということもあります。その企業の条件に合う人であれば、キャリアアドバイザーから思ってもみなかったハイレベルな求人を紹介されるかもしれません。
    このように、40代以上であっても求めている企業は多くあります。年齢が上がったからといって、転職をあきらめる必要はないのです。

マイナビエージェントでは、
年代別の様々なお悩みにも対応しています。

総合型転職エージェントと
特化型転職エージェントの違い

転職エージェントには、総合型と特化型が存在します。転職活動をする際には、それぞれのメリットをしっかり理解することが大切です。
以下にそれぞれの特徴と、自分がどちらのサービスに向いているのかを判断するためのヒントをご紹介します。

  • 総合型転職エージェント業界や職種にこだわらず、様々な求人を扱う

    1つの業界や職種にこだわらず、さまざまな求人を扱っているのが総合型転職エージェントです。多種多様な求人が集まるため、その分、求職者に紹介できる企業数は多いでしょう。
    ニーズのヒアリングやスキルの棚卸をしていく中で、「ほかの業界や職種への転職が向いている」と感じた場合、キャリアアドバイザーはそちらをご紹介することもあります。
    もしも求職者自身が「いままでとは違う仕事にチャレンジしたい」と考えていたり、「応募する業界や職種の範囲を狭めたくない」「よい求人があれば、業界や職種にこだわらず応募したい」と思っていたりする場合は、総合型転職エージェントの利用がおすすめです。
    また、若いうちに未経験職に転職しておこうという第二新卒者や、目指すべき方向性がまだ見えていない就業経験の浅い人なども、総合型転職エージェントの利用をおすすめします。

  • 特化型転職エージェント一定の業界や職種に精通

    一定の業界や職種に精通したキャリアアドバイザーがいるのが、特化型転職エージェントです。特化型転職エージェントは、求人をしぼって紹介しています。
    一定の業界や職種での経験が長くて専門的なスキルがあり、同じ業界・職種で転職をしたい場合には、特化型転職エージェントの利用がおすすめです。「すでに行きたい業界や職種があり、ピンポイントで応募をしたい」「自分の専門性をより活かしたい」と考えている人も、特化型転職エージェントが向いているでしょう。

総合型と特化型の両方の特徴を持ち合わせているマイナビエージェント

マイナビエージェントは、総合型と特化型のよさを持ち合わせた転職エージェントです。
総合型転職エージェントは特定の業界に強くないため、広く浅いアドバイスしかできないという懸念があります。逆に、特化型転職エージェントでは、業界を越えた求人紹介は難しいのが実情です。
マイナビエージェントは、さまざまな求人を扱っている総合型転職エージェントでありながら、特化型転職エージェントにも劣らない専門的なサポート体制をご用意しています。
求職者を担当するキャリアアドバイザーは、さまざまな業界情勢を熟知している転職のプロでありながら、各業界での就業経験や、一定の業界動向に詳しいスペシャリスト的思考を持つのが特徴です。そのため面接対策や職務経歴書の添削などで、特定のジャンルに特化したノウハウをお伝えできます。

初めての転職エージェントFAQ

ここまで転職エージェントについてご紹介してきましたが、さらに詳しく知りたいという人向けに、転職エージェントのよくある質問とその回答をご用意しています。キャリアアドバイザーとのやりとりに関することや活用方法に関する疑問など、何か心配事があったら確認してみてください。

その他、不安なことがあれば、何でもお聞かせ下さい。
キャリアアドバイザーが丁寧にご説明いたします。

転職エージェントに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。