転職エージェントとは|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

転職エージェントとは

転職エージェントとは

「なかなかいい転職先が見つからない」「仕事を続けながらの転職活動で思うように進まない」「転職したいがどうしたらいいかわからない」そんなときにおすすめなのが転職エージェントの利用です。転職のプロである転職エージェントに相談することで不安や心配が解消され、自信をもって転職活動を進めていくことができます。

不安な転職活動の大きな味方となってくれる、転職エージェントとは、一体どんな役割を担っていて、どんな利用方法があるのでしょうか。今回は、気になる“転職エージェント”について詳しくご紹介します。

転職エージェントの仕組み

転職エージェント お役立ちコンテンツ

一般的な転職エージェントは、企業にとっても、求職者にとってもメリットのある人材紹介サービスです。企業側から詳細な求人情報を得たうえで、求職者と面談しスキルや希望をヒアリングして、募集と応募のマッチングを行う仕組みとなっています。

転職エージェントサービスのなかには、企業側からの求人情報をもらうと同時にコンサルティングを行うケースもあります。募集の仕方によって、求める人材が応募してくれるかどうかが変わってくるため、求人に悩む企業はたくさんあります。そこで、転職のプロであり、求人のプロでもある、転職エージェントが、「どんなスキルをもった人を望んでいるのか」などを企業と一緒に確認しながら、最適な人材が応募してくれるようサポートします。

求職者にとっては、転職エージェントが、企業側の思惑や欲しい人材をしっかり把握してくれていることで、希望とマッチする企業を紹介してもらえるメリットがあります。また、転職エージェントという第三者の視点からチェックしてくれているため、1から自分で応募するよりも転職成功に一歩近づいている状態で始められます。

転職エージェントを通すことで、一見、時間やコストが余計にかかるように思えますが、プロを通すことで希望と合致しない人材や企業とのやり取りに費やす時間やコストを短縮できるメリットは大きいといえるでしょう。転職エージェントの仕組みは、求人を出す側も、転職を希望して求職者側もwin-winの関係がつくれるサービスだといえます。以下に具体的なサービス内容をご紹介するので、転職エージェントの仕組みの把握にお役立てください。

企業向け

マイナビエージェントでは、募集職種やニーズに合わせた求人票の作成から、企業の求めるスキルをもった求職者からの応募を獲得するためのサポートを行っています。採用が成功し入社に至るまでのプロセスすべてを、各業界の実務経験者である、業種・職種別の専任担当者がサポート。認識のズレなどによってなかなか採用者が決まらないといったリスクを減らすことができます。

まず、採用背景から求める人材のイメージまで詳しくヒアリングしたうえで、担当者が求人票を作成します。内容に相違がないかを確認いただいたら、求人紹介として求職者のなかから、適任者を探しマッチング後、実際の採用選考へと入ります。

採用選考時には、応募者の情報も細かくお伝えするため、書類選考の時点から具体的にイメージしながら選考を進めることが可能です。マイナビエージェントでは、書類通過率・一次面接通過率・内定承諾率それぞれで、高い実績を上げてきているため、採用効率や精度のアップを図れます。

転職希望者向け

マイナビエージェントでは、登録後にキャリアシートや職務経歴書を作成いただいた時点で、面談を行います。面談では、転職への希望やこれまでの経験を元にキャリアアドバイザーが、キャリアプランを一緒に考えます。そのうえで、最適な企業をご紹介し応募を検討いただきます。

紹介した企業すべてに応募しなければならないというわけではなく、応募するかどうかも、応募期間内であれば持ち帰ってじっくり考える時間も自由に取ることができます。また、面談時にはご紹介しきれなかった企業についてあとからメールにてご連絡することもあるため、希望の転職先をしっかり選ぶことが可能です。

応募先企業の選定が終わったら、次は応募書類の作成となります。基本的に、書類の作成もご協力いたします。「どう書いたらいいかわからない」「こんなときはどうすればいいのだろう」というご質問にお答えしながら、魅力を最大限アピールできる内容に仕上げていきます。

書類選考から、面接へと駒を進められた際は、企業ごとの傾向を元に面接対策もフォローしています。採用に至るまで全力でサポートするのはもちろん、採用が決まって実際に入社されるまでサポートを続けるのでご安心ください。最終面接まで進んでみたものの、納得できる企業が見つからず、転職活動が長引いた場合も、入社まで無期限でサポートしています。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

転職エージェントと転職サイトの
違い・比較

転職エージェント お役立ちコンテンツ

転職エージェントと似たサービスに「転職サイト」があります。マイナビにも、「マイナビエージェント」と「マイナビ転職」がありますが、それぞれの違いは知っていますか?実は、「転職エージェント」と「転職サイト」には、似ているようで明確な違いがあるのです。

「転職エージェント」と「転職サイト」とは?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスのことです。専任担当者が、企業側の求人背景から求める人材イメージなどを、求職者側からはこれまでの経験や希望をヒアリングして、それぞれに最適な人材・企業を紹介します。内情を詳しく聞いているため、マッチング精度が高く、細かな書類の作成もアドバイスしたり、代行したりが可能です。

一方、転職サイトとは、企業の求人情報を掲載し、求職者がその情報を検索、自分で応募を行うことができる情報提供サービスです。求職者が、経験やスキルなどを詳細にプロフィールに記載することで、その内容に合った企業を紹介してもらえたり、反対に企業側がプロフィールを検索して直接オファーメールを送ったりすることもできます。

違い1 気軽さの違い

登録後、面談やメールでのやり取りがあるため、転職エージェントは、転職サイトと比べると気軽さの面で違いがあるかもしれません。転職の具体的な希望が決まっていない段階では、面談などで真剣に転職に向けて相談するのは億劫に感じる人もいるでしょう。そこで、たとえば「まだ転職をハッキリ希望しないが少し気になっている」という程度であれば転職サイトを利用して“転職”そのものの情報を得ておき、本格的に転職する意志が固まったら転職エージェントを利用する、など段階を踏んだ使い方も可能です。

転職サイトを使ったから、転職エージェントを利用してはいけない、ということはありません。異なる2つのサービスを併用して使う方法もあるため、別物であることを理解したうえで、上手に活用していきましょう。

違い2 サポートの違い

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、専任の担当者がついてヒアリングをしたりサポートしたりしてくれるかどうか、というところにあります。

企業側が作る求職票1つとっても、転職エージェントを利用していれば、適切な応募者が集まるようご相談しながらキャリアアドバイザーが作成するため、本当に求めている人材を募集できる内容に仕上げることができます。しかし、転職サイトに掲載する求人票は、自社で作成しなければならないため、求めている人材とはズレた応募ばかり集まってしまう可能性もあります。

また、求職者にとっても転職活動は多くの場合、仕事を続けながら行うため、限られた時間のなかで、転職先企業を選定し応募に進まなければなりません。そのため、企業ごとの求人票の内容を精査する余裕をあまり取れず、「こんなはずじゃなかった」という転職失敗経験につながってしまうリスクも高くなります。

転職エージェントサービスを活用することで、希望を伝えておけば最適な企業を紹介してもらえたり、応募書類の作成をサポートしてもらえたりと転職活動がスムースに進められます。転職サイトを使うだけでは、自分でやらなければならない部分が多いため、転職エージェントを利用するメリットは大きいといえます。

違い3 求人数の違い

転職エージェントは非公開求人が多く集まっているため、サイトだけを見ると求人数が少なく感じますが、転職サイトにはたくさんの求人が掲載されています。求人掲載数を見ると、転職サイトのほうが有利に思えますが、非公開求人数も含めると転職エージェントも負けてはいません。むしろ質の面では、転職エージェントの非公開求人のほうが高いケースも多く見られます。

ただし、「どんな求人があるのか」といって転職の前に業界研究のような形で利用したい場合には、「転職サイト」のほうが活用しやすいです。そのため、適宜どちらを使うのか考えながら利用するのもおすすめです。目に見える数だけに囚われずに本質を見て比較するようにしましょう。

比較ポイント 転職エージェント 転職サイト
気軽さ
(登録後、面談などがある)
サポート力
求人数
(非公開求人多数)
確実性
(サポート体制が整っているため
確実性アップ)

(自分次第)
手間
(面談などはあるが、
応募企業を探す手間を省ける)

(面談はないが、すべて自分で調べて行動する)

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

転職エージェントの役割

転職エージェント お役立ちコンテンツ

転職エージェントとは、転職を希望している求職者に寄り添って最適な転職先を選び、成功に導くという役割を担っている仕事です。また、企業にとっては、人材紹介サービスの一環として採用活動をサポートしてくれる存在でもあります。

実際には、企業にとっても求職者にとっても、メリットある契約が結べるよう、それぞれから希望の人材や就職先をヒアリングし、橋渡しを行っています。やみくもな求人や応募を重ねていても時間とコストがかかるだけで、いい結果がなかなか出ないことも多いものです。そんなときに転職エージェントが間に入ることで、求める人材や企業と巡り合える可能性が上がり企業にとっては “採用”を求職者にとっては“転職”を成功に導きます。

転職エージェントは、転職のプロです。ただ、求人を出したり、応募者の相談に応じたりするだけでなく、転職を通して物事の本質を見極める手助けもしています。企業からは「本当に求めているのはどんなスキルをもった人なのか」、求職者からは「これから先、どうなっていきたいと考えていて、そのためにはどんな転職先を選択すべきか」といった、“転職”という形の裏にある本音の部分を引き出すことで、各々が納得のいく成果に結びつけています。

転職エージェントは、求職者が輝ける職場を紹介することで、社会貢献の一助ともなっている転職のエキスパートです。表向きには転職活動のサポートという役割をもっていますが、転職という1つのきっかけを通して、求職者のキャリアプランを明確にし、進むべき道を一緒に探すという大きな役目がある存在でもあるのです。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

登録から内定までの流れ

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

転職エージェントとは、転職を希望する方と人材を必要とする企業をつなぐ、人材紹介サービスです。マイナビエージェントでは、業界のプロであるキャリアアドバイザーが内定までしっかりとサポートし、スムースな転職を支援します。

今回は、実際の登録から内定までの流れを4つのステップで、詳しく説明していきます。エージェントサービスを利用してみたいという方はぜひ、参考にしてみてください。

登録から内定までの流れ

  1. STEP1
    登録

    まずは登録フォームにて、プロフィール、学歴、職歴、希望条件など必要事項を入力して申し込みます。このとき、より詳細な情報を入力していただくと、幅広い求人をご紹介しやすくなります。例えば、具体的な業務の内容や役職経験の有無、それらを踏まえて今後どのような仕事をしていきたいか、などです。

    ご登録情報を確認したのち、担当者からメール、または電話にて連絡があり、面談の日程を組むことになります。また、遠方に住んでいるなどの理由で来社が難しい場合には、電話にてキャリアカウンセリングを行います。

  2. STEP2
    面談・企業紹介

    マイナビエージェントの場合、面接時間は約1時間から1時間半です。じっくりと時間をかけて、あなたのパーソナリティーやこれまでのキャリア、将来のキャリアプランなどを理解し、非公開求人を含むたくさんの求人の中から、希望に添ったものをご紹介します。

    また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、業界別の専任制です。各業界に精通したプロが、求人票には載っていないような、社風や職場環境、入社後のキャリアパスなどに関しても情報を集めているため、納得したうえで応募先を決めることができます。

    さらに、面談においては、アドバイザーとの会話の中で、「なぜ転職したいのか」「転職によって何を実現したいのか」といったことが明確になっていきます。この部分は基本の最も大切なことですが、実は多くの方が、なんとなくあやふやなまま転職活動を進めてしまいがちです。ここがはっきりすることで、その後の応募書類作成や面接対策も自信をもって進められます。

  3. STEP3
    応募・面接

    応募先企業が決まったら、キャリアアドバイザーが応募手続きを進めていきます。職務経歴書などの応募種類は、業界専任のキャリアアドバイザーが添削を行い、しっかりとサポートします。マイナビエージェントでは、書類通過率・一次面接通過率・内定承諾率それぞれで、高い実績を上げてきているため、採用効率や精度のアップを図れます。「企業が書類のどこを見ているか」に着目し、的確なアドバイスで確実にアピールできる書類を作成します。

    面接対策も、自己分析などの面接に臨むための準備や、身だしなみなどの基本的なマナーを細かく丁寧に指導し万全の状態で受けられるようサポートしています。応募先の企業によっては、過去に、実際に質問された内容をお伝えできる場合があります。また、これに加えて、面接の際に良く問われる質問に対しても、事前準備を徹底します。模擬面接で実践的な練習も行うため、安心して本番に臨むことができます。

    面接を終えた後も、あなたが評価されたポイントなどを企業側に確認し、詳細をメールや電話にてお伝えします。これにより、客観的に見た自分の強みを把握し、見直すべき点があれば改善することができるため、次回以降の面接につなげることができます。

  4. STEP4
    内定・入社

    内定が決まった後、待遇に関する条件などで交渉が必要な場面があります。例えば、給与が前職よりも下がってしまうことを内定後に知らされたときなどです。

    「面接ではそんなこと言っていなかったのに……」という気持ちがあっても、せっかく内定が決まったのにもめたくないという思いから、自分から条件を言い出すことは難しいのではないでしょうか?そして、結果として妥協してしまい、転職後も不満を抱きながら働くことになります。マイナビエージェントでは、求職者の側からはなかなか言い出せないようなことに関しても相談を受ければ、企業と交渉を行い、スムースな転職をサポートします。

    また、円満退社のコツや、引き継ぎのポイントなどもアドバイスしています。もし、退職交渉に思ったよりも時間がかかったなどの理由で入社日までに退職できないことがあれば、アドバイザーが企業と相談し、入社日を調整することも可能です。

的確なアドバイスを受けながらの転職活動を

マイナビエージェントを活用すれば、担当のキャリアアドバイザーがその都度、疑問や不安を解決してくれますし、的確なアドバイスのおかげで効率よく転職活動を進められます。転職活動をはじめたばかりの方や、一人での活動に不安や大変さを感じている方は、ぜひ、活用を検討してみてください。

まとめ

マイナビエージェントを活用すれば、担当のキャリアアドバイザーがその都度、疑問や不安を解決してくれますし、的確なアドバイスのおかげで効率よく転職活 動を進められます。転職活動をはじめたばかりの方や、一人での活動に不安や大変さを感じている方は、ぜひ、活用を検討してみてください。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

求職者が転職エージェントを選ぶ
ときのポイント

転職エージェント お役立ちコンテンツ

転職エージェントを選ぶ際、以下のポイントを参考に選んでみてはいかがでしょうか?

ポイント1 キャリアアドバイザーの専門性

転職エージェントサービスを利用するときの大きなポイントとなるのが担当としてついてくれるキャリアドバイザーの力量です。特に、転職したい業界に精通しているかどうかで、成功するか否かが変わってくるほど、重要な点だといえます。

なぜなら、転職エージェントは、いわゆる転職サイトとは違い、自分で求人を探すのではなく、希望の転職先や条件、自身のもつスキルや経験などを伝えたアドバイザーから紹介される仕組みとなっているからです。アドバイザーが業界のことや職種についてよく知らず、的外れな求人を紹介されてしまうと、書類選考の時点で落とされてしまう確立が上がります。

また、もし、そのまま採用まで至って入社したとしても、条件との違いや希望していた仕事と異なっていることで、また転職活動を再開しなければならなくなる可能性もあります。しかし、転職後すぐの離職は経歴的に不利にもなってしまうため、できるだけそうならないように対策をしておきたいところです。

アドバイザーの力量によって、人生が大きく左右されてしまうかもしれないことを考えると、専門性の高いアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶことはもっとも重要なポイントの1つだといえます。

ポイント2 非公開求人数

転職エージェントの魅力は、非公開になっている求人です。企業にとって競合他社には見られたくない、事業の核となるポジションや高待遇で専門性の高い職種の求人を出したいときには、非公開求人が利用されます。そのため、転職エージェントを選ぶなら、非公開求人がどのくらいあるのかで選ぶようにしましょう。

非公開求人数自体も公開されていないケースも多いですが、マイナビエージェントでは、全求人のうち8割以上が非公開求人で、圧倒的に公開できる求人数よりも多くなっています。全体数がわからなくても、こうして比率をチェックすることで転職エージェントの質を図ることは可能です。転職エージェント選びで迷ったときには、非公開求人数や公開求人との比率をチェックして、見極めるようにしましょう。

ポイント3 サービスの充実度

人によって、転職エージェントに求めるサービス内容は異なりますが、どのくらい充実しているのかは、選ぶときにポイントとなります。特に、アフターフォローは大切な項目。まれに、転職活動が終わり、実際に転職先へ入社したあとで、「入社前に話していた給与と違う」「合意した職種・役職につかせてもらえない」などのトラブルが発生することがあります。そうした、トラブルにも対応してくれるアフターフォローサービスが整っているかどうかは、最初に確認しておきましょう。

また、サービスを受けられる期間もチェックしておきましょう。マイナビエージェントは、無期限でサービスを受けられるため、数年かけて望み通りの転職を叶えたという人もいるほど、じっくり時間をかけることが可能ですが、数カ月でサポートが終了してしまうところもあります。

サポート終了後も、求人紹介は変わらずしてもらえることもありますが、転職エージェントを利用するならば、応募書類の作成へのアドバイスや面接対策なども受けたいところです。どのサポートをいつまで受けられるのか、事前に確認して、安心して転職活動を行える転職エージェントを選ぶこともポイントです。

ポイント4 自分に合っている転職エージェントを選ぶ

どんなにサポートが充実していて、キャリアアドバイザーの専門性やスキルが高く、非公開求人も多数集まっていても、その転職エージェントと合わないと感じてしまえば、転職活動自体が苦になってしまいます。そのため、いかに自分に合った転職エージェントを探して選び取れるかがポイントとなります。

なかなか、どこの転職エージェントと自分が合っているのか、外から見ただけでは確認ができません。そのため、できればいくつかの転職エージェントを同時に利用してみて、判断するようにしましょう。

いくつかのエージェントを試すときにも、有料のところは「もったいない」という気持ちが生まれてしまい、公平な判断ができなくなってしまいます。そのため、いくつかのエージェントを利用してみて比較するのであれば、無料のところを選ぶようにするのがおすすめです。その点、マイナビエージェントは、求職者は完全無料でサポートを受けられる転職エージェントで、成功報酬もないため、安心してサービスを満喫できます。同じように無料でサービスを受けられるエージェントがあれば、同時に利用して自分に合うかどうかをチェックしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

転職エージェントは、新しい職場へと一歩を踏み出すあなたの強い味方となるサービスです。キャリアアドバイザーのスキルの高さやサービス体制、求人数などをチェックし、自分に合ったエージェントを選ぶようにしましょう。

マイナビエージェントは、各業界で経験を積んだスペシャリストがキャリアアドバイザーとして活躍し、非公開求人数は8割以上、充実のサービスでアフターフォローまでバッチリの転職エージェントです。安心して任せられるマイナビエージェントが気になった方は、まずは登録して、自分に合っているかをチェックしてみませんか?

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

【世代別】転職エージェントの利用
ポイント

転職エージェント お役立ちコンテンツ

転職エージェントの活用方法は、世代によって変わってきます。今回は、第二新卒(新卒入社から3年以内の転職)、20代、30代、40代以上に分けてご紹介します。

第二新卒

まだまだ若手の第二新卒は、現職の業界についての知識も浅いことが多いため、転職エージェントを最大限活用したい世代だといえます。以前は、新卒から3年以内の転職は「仕事のとこもまだよくわかっていないのに転職してしまう人」として、 あまりよく思われない傾向がありましたが、近年では、第二新卒を積極的に採用しようという企業もあるほど、風向きが変わってきています。

その理由はリーマン・ショックにもあるようです。リーマン・ショック当時、新卒採用を見送った企業が多くあったため、希望の企業に就職できず、諦めて別のところへ入社した人もたくさんいました。そのため、数年して新卒採用を再開できるようになったときに、「あの頃取れなかった人材も今なら採用できる」として、第二新卒という枠を設けて募集をかけたことが今の流れを作ったといわれています。

第二新卒は、まだ企業の色に染まってはいないが、最低限のビジネスマナーは身につけているから、新人教育にかかる時間やコストが短縮できることでも注目を集めています。第二新卒という枠に当てはまる人でも転職がしやすい土壌ができてきてはいますが、実際のところではまだまだ採用枠が少なかったり、第二新卒の採用に積極的ではなかったりという企業もあるのは確かです。

そこで、転職エージェントの利用が転職時に有利に働くポイントとなるのです。第二新卒でも積極的に採用している企業の求人を押さえている転職エージェントを選べば、それだけ転職活動の成功に近づけます。また、履歴書の書き方や職歴の書き方など、第二新卒ならではの注意点やコツなど、求職者にはわからないポイントも教えてもらうこともできるため、何もわからない状態でも転職活動を始められます。

「第二新卒も可」という求人情報をもっている転職エージェントであれば、応募数を増やすことや第二新卒での転職時の書類作成方法をサポートしてもらう、ということが、利用のポイントです。

20代

第二新卒とはもう呼べなくなってしまった20代の転職活動にも、転職エージェントを利用することのメリットがあります。

新卒採用から3年以上が経過した20代では、30代という節目を前に転職を決意する人も多いものです。また、「30代になると未経験職に転職するのが難しくなる」というイメージがあるからか、20代では他業界や他職種へ挑戦する人も見受けられます。

他業界へ飛び込む場合、基本的な業界の流れなどもわからないまま、1人で転職活動を行うと余計な時間を費やしてしまうことがあります。そこで、その分野に精通したキャリアアドバイザーのいる転職エージェントを利用すれば、希望する転職先を早く見つけられる可能性が高くなり、転職でキャリアを大きく変えることに成功しやすくなるのです。

また、20代のうちは、初めての転職活動となる人が大半です。新卒での就活とは異なり、「職務経歴書」を作成しなければならなかったり、志望動機の書き方も変わってきたりします。仕事の経験をある程度積んできていても、転職は初心者。プロである転職エージェントのサービスを利用しない手はありません。

このように、他職種への転向で業界研究が難しいときや初めての転職でどう進めていけばわからないときに、転職エージェントのサービスを上手に活用するのが利用のポイントとなります。

30代

30代での転職は、ある程度経験やスキルもあるため、「どんなキャリアアップを目指したいのか」という点を大切にしなければなりません。未経験職種へ挑戦するには、30代ではやや遅いとされることもありますが、まだまだ30代であれば転職成功の可能性はあります。

しかし、20代では深く考えずに端から応募していても採用されることがあっても、30代になると戦略立てて“転職”に望まなければ、思うような結果にはたどり着きにくくなります。「いかに自分の魅力をアピールするのか」「自身の経験やスキルを求めている求人はどれなのか」を絞り込んでいかなければならないのです。

そこで、転職のプロであるエージェントサービスを利用して、売り込み方をアドバイスしてもらうことがポイントとなります。せっかくサポートしてもらうのであれば、自分では思いつかないようなPR方法をアドバイスしてもらったり、もっと魅力的な人物に見えるように書類を添削してもらったりといった、具体的な売り込み方を学ぶようにしましょう。

また、30代は働き盛りといわれ、忙しい日々を送る人も多くいます。現職で多忙な日々を過ごすなかでは、転職活動に割ける時間はあまりありません。時間の節約のためにも、転職エージェントが活用できます。

売り込み方を学ぶことと時間の節約、これが30代の転職エージェント利用のポイントです。

40代以上

40代以上といえば、業界歴も長く、スキルも高いことが予想されます。そうした、高い能力をもつ求職者は、求める給与や地位も自然と高くなるため、企業に敬遠されてしまう懸念をもつ人が多いのではないでしょうか。そんな40代が転職エージェントを利用するポイントは「高いスキルや経験値を求めている企業を紹介してもらう」ことにあります。

企業のなかには、特に求人を出していなくても転職エージェントに「もしこんなスキル・経験をもった人材がいたら紹介してほしい」という依頼を出している可能性があります。

なぜなら、実力者をそれなりの待遇で迎えるということは企業にとって経営にも関わる一大事であることが多いからです。競合他社に知られたくない求人情報は、非公開にしたり、こっそり相談という形で転職エージェントに持ちかけたりと、表には出さないにようにしています。そのため、転職エージェントに登録していなければ求人していることすら知り得ない可能性も高くなってしまうのです。

40代以上でキャリアアップを目指した転職をするなら、転職エージェントを利用して「非公開中の非公開の求人を紹介してもらう」ことがポイントだといえます。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

総合型転職エージェントと
特化型
転職エージェント

転職エージェント お役立ちコンテンツ

転職エージェントには、「総合型」と「特化型」の2種類があります。マイナビエージェントのように業界や職種を指定していないものを総合型、反対に「理系」「◯◯業界」と範囲を指定しているものを特化型と呼びます。どちらがいい、ということはなく、希望の転職先やキャリアプランに合わせて選択するのがおすすめです。ここでは、総合型と特化型それぞれの特徴や違いをご紹介します。

総合型転職エージェントとは?

総合型転職エージェントとは、幅広い求人を扱っている人材紹介サービスです。業界や職種を限らずに、さまざまな企業の求人を集めているため、「これまでの経験とは異なる職種へ転職したいが、どんな仕事があるのかがよくわからない」というときにも対応が可能です。用意されている求人数も多くなるため、広い視野で転職先を考えたいときに便利です。

また、大手の転職サービス会社が多いのも特徴で、有名企業や聞いたことのある名前の会社が転職エージェントサービスも行っているケースがあるため、ネームバリューで安心感がもてるメリットがあります。

ただ、総合型は、“広く浅く”になってしまう点がデメリットでもあります。担当キャリアドバイザーが、求職者の希望する転職業界についてよく知らない状態でサポートを受ける可能性があるため注意が必要になるのです。

マイナビエージェントは、総合型転職エージェントに当てはまりますが、各業界で経験を積んできている者が担当となるため、「業界に精通していない担当者に当たってしまう」という心配はありません。「総合型だから広く浅くの知識しかないため、ダメ」ではなく、各転職エージェントサービスを比較して、きちんとした知識をもった担当者がついてくれるかどうか、をポイントに選ぶようにするのがおすすめです。

特化型転職エージェントとは?

総合型に対して、特化型転職エージェントは、ある業界や分野に特化して人材紹介サービスを行っているもののため、「この業界で転職したい」という強い希望をもっている人におすすめできます。特化型のなかには、IT業界に精通した転職エージェントサービスや理系に特化してサービスを提供しているところなどがあり、その内容もさまざまです。

どの特化型転職エージェントも、それぞれの業界・職種のことを熟知しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、企業の内情からキャリアアップを目指すための転職方法など、詳しく相談にのってもらうことができます。

ただし、転職活動中に、キャリアプランを立てているなかで、「やりたいことはもっと別の業界にあった」と気がついて方向転換しようと思ったときに、また1から転職エージェントを探さなければならなくなってしまいます。また、その業界以外にも、キャリアを生かせる仕事があっても、他業界へ飛び込むといったチャレンジもしにくくなる可能性があります。

特化型転職エージェントは、専門性が高くその業界・職種で、今後もやっていこうと考えているのであれば強い味方となりメリットもたくさんありますが、他業界も視野に入れて検討していきたいときにはデメリットにもなってしまうことを覚えておきましょう。

キャリアプランを立てるタイミングが転職エージェント登録前であれば、特化型を選んでも問題ありませんが、アドバイザーに相談しながら固めていきたいというときには総合型を選んでおくほうが無難だといえそうです。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

初めての転職エージェントFAQ

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

知っている様で意外と知らない転職エージェントに関する“あれ”や“これ”。
転職未経験の方や、転職経験あるがいまさら聞けないと思っている方も、転職についての疑問や悩みを解決する内容があるかもしれませんので、ぜひご確認ください。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

転職エージェントに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。