転職が多い人の職務経歴書の書き方|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

転職が多い人の
職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職回数が多い場合、採用担当者は「飽きやすいのではないか」「またすぐ辞めるのではないだろうか」とマイナスに受け取ってしまう可能性があります。そのため、転職の理由をできるだけプラスにとらえてもらえるよう、経歴の見せ方にも気を配らなければなりません。
ここでは、転職回数の多さが不利にならない、職務経歴書の効果的な書き方についてご紹介します。

転職回数が多いと選考が不利になるというのは本当?

昔に比べると、転職によってキャリアアップやキャリアチェンジをすることは珍しくなくなりました。転職市場も非常に活発で、企業の採用意欲も高いため、転職そのものが難しい時代ではないといえるでしょう。
しかし、企業にとって採用とは、非常に大きなコストをかけてリスクを負って行わなければならないもので、採用の可否については慎重にならざるをえません。
長く働いてくれそうな人と、すぐに辞めてしまいそうな人、そのどちらを採用するかと問われれば、どの企業でも間違いなく前者と答えます。
転職回数が多いということは、定着性のなさやストレス耐性のなさ、キャリアの一貫性のなさと同義とされ、採用しても長続きしないと思われる可能性があるのです。

転職回数の多さは、ポジティブに表現できる

転職回数が多いということは、それだけたくさんの会社や仕事を知り、その経験を活かした働き方ができるということであるともいえます。また、たくさんの転職を経験したからこそ、次の職場にかける想いが強いということもアピールできる材料になるかもしれません。
職務経歴書は決まった書き方やフォーマットがあるわけではなく、書き方を自由にカスタマイズすることができるため、工夫次第ではそのデメリットを埋めることも可能です。

転職回数が多い人向けの、職務経歴書の書き方

転職回数が多い人が職務経歴書を書く際、気を付けなければならないのは「どのような経験をして、どのようなスキルを持っているか」ということをわかりやすく伝えることです。
初めての転職の人であれば、前職での経験を時系列に書いていけばその目的は達成できますが、転職回数が増えていくと、回数の多さばかりが目立ってしまう可能性があります。
具体的には、以下の項目を意識して書くようにしてください。

時系列ではなく、業務内容別に書く

職務経歴の書き方は、大きく「編年体式」と「キャリア形式」に分けることができます。
編年体式はその名のとおり、時系列で職歴を記載するもので、「いつ、このような経験をし、このスキルを得た」ということを書く方法です。
キャリア形式はその逆で、業務内容を切り口に「このような経験をし、このスキルを得たのは、いつ」という形で書くことになります。

編年体式の場合は、どうしても「いつ」の部分に注目しやすくなってしまうため、転職回数が多い人だと職を転々としている印象が強くなってしまいます。
そこで「営業」「接客」など、業務内容そのものを項目とし、それに沿って職務経歴を記載するようにすると、業務経験の部分が注目され、転職回数の多さが目立たなくなるのです。

培ったスキルを明確に伝える

例えば「営業」と「接客」という2つの職を経験していたとしましょう。
一見すると業務内容は異なりますが、目標とする部分は「受注・売上」であり、そのために必要な工夫もある程度似ている部分があるはずです。また、「お客様との密なコミュニケーションが成果につながる」という部分でも、共通性があるといえるでしょう。そう考えると、営業の経験も接客の経験も、どちらも同様のスキルが磨けていると解釈することができます。

このように、仕事というのはそれぞれ違うように見えて、身に付くスキルはどちらも同じ、ということはよくあります。そこに一貫性を持たせることができれば、転職回数の多さや、いろいろな職を転々としていることをネガティブに表現しなくても良くなるのです。
上記の場合、「よりお客様と近い位置で仕事がしたい」という想いがあれば、営業から販売へ転職していたとしても、何ら違和感を覚えることはないでしょう。

転職理由も前向きなものであれば書く

採用担当者がどうしても気になってしまうのが、その人の「退職理由」や「転職が多くなった理由」です。
本当は前職がブラック企業で、退職するのもしょうがないと思える内容だったとしても、その事実を伝えていなければ、本人の気の弱さで辞めたと思われてしまうこともあるでしょう。ただし、前向きに答えられる内容であるならば、転職の理由を書くことも間違いではありません。
そうした自身の境遇を理解し、「次の会社こそは」という意欲を正しくアピールできれば、逆に大きな信頼を勝ち取ることができるかもしれません。

隠さず、良い面に注目させることが大切

転職者の中には、転職回数の多さを気にして、短い職歴のものであればあえて書かないという人もいるかもしれませんが、虚偽の記載が発覚すれば、大きなトラブルを引き起こしかねません。隠すのではなく、あえて堂々と、そうした経験の中でしか得られないであろうメリットをアピールするようにしてください。
その姿勢こそが、仕事に対する意欲の高さや自分自身の人間性を証明する材料になるはずです。

 関連ページ

押さえておきたい職務経歴書の基本

転職が多い人の職務経歴書の書き方ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。