未経験でもプログラマーになれる?転職に必要なスキルと将来性をご紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/26

IT業界

未経験でもプログラマーになれる?転職に必要なスキルと将来性をご紹介

it_inexperience_programmer.jpeg

未経験であっても、プログラマーに転職したいという方は少なからずいることでしょう。
「未経験者OK」の求人を出している企業も近頃ではよく見かけます。

しかし、実際に未経験でプログラマーとして働くにはどうしたらいいのか、不安を感じることもあるかと思います。
ここでは、プログラマーの具体的な仕事内容や、転職するにあたってどのようなことを心掛けたらいいのかをご紹介します。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

プログラマーの仕事とは?

プログラマーとは、プログラミング言語を用いて、コンピューターを動かすための様々なシステムやソフトウェアを作る仕事です。
プログラムは、コンピューターに対してどのような動きや表示をするかを伝える指示書ともいうべきものです。

プログラマーが作り出すシステムやソフトウェアは、身の回りのあらゆるところで使われています。
ゲームやスマートフォン、テレビなどはもちろん、物流システムや金融システムといった企業が使用するものまで、プログラマーが作成したプログラムで動いているのです。

プログラマーの仕事は、一般的にはシステムエンジニアがシステムを設計した仕様書に基づいて、プログラミング言語で実装し、設計時に考慮されなかったミスをカバーしたり、バグをつぶしていったりといった作業を行います。
何度もテストを繰り返し、スムーズに動作するプログラムを作り上げていくのです。

未経験でも本当に採用される?

未経験でも採用されるのは本当です。
ITを取り入れていない企業を探す方が難しいと思えるくらいに、ITが日常に溶け込んでいることはご存知かと思います。
IT技術の発展に対して、IT人材は慢性的に不足しているという背景があります。

そのため、IT職種において、未経験者歓迎としている求人が増加傾向にあります。
未経験者とは、多くの企業で「実務」の未経験者を指していますので、プログラミングやパソコンの知識が全くない状態だと、採用されるのはかなり難しいでしょう。

しかし、裏を返せば、IT関連の資格や独学でもプログラミングを学んでいれば、評価してもらえることがあります。
30代以降の未経験者となると、厳しいのが現実ですが可能性はゼロではありません。

自分でITについて学んでいる事が前提にはなりますが、加えて、前職の「業界知識」やマネジメント能力など、社会人経験に相応するスキルを生かせるケースで採用される事も少なくないので、年齢を理由に諦める必要はありません。

プログラマーとシステムエンジニアの役割の違い

システムエンジニアの仕事は、クライアントがシステムに求めることをヒアリングし、要件を確定、システムをどのように組んでいくかを考え、設計・開発を進めます。
それをまとめたものが、システム仕様書と呼ばれるものです。

プログラマーは、そのシステム仕様書を受け取り、プログラミング言語を用い、プログラムのコードを記述、システムを実装していくのが仕事です。
また、プログラムが正しく動作するかをテストし、より確実に不備のないシステムに仕上げていきます。

システムエンジニアは、システム全体の枠組みや仕様を決め、実際の動きを作るのがプログラマーというわけです。
しかし、システムエンジニアもプログラミングを行うこともありますし、プログラマーがシステム仕様書を手掛けることも場合によってはありますので、現場によってはその境界線があいまいになることもあるようです。
考え方として、プログラマーとしての仕事を続けていき、スキルアップした先にシステムエンジニアの仕事が視野に入ってくると捉えておいてもいいでしょう。

プログラマーに求められるスキル

プログラマーとして働く上で、求められるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。主なところをいくつかご紹介します。

プログラミングの知識

プログラミング言語を用いて、プログラムを実装していくのがプログラマーの仕事ですから、プログラミングの知識は当然必要です。
システムの多様性から、プログラミングの言語は数多くの種類が存在しています。

一般的に、プログラマーは1~3種類のプログラム言語を専門としていますが、その他の言語についても知識を持っている方も多いです。
未経験であれば、基本的なプログラミングの知識をもとにして、簡単な役割から業務に入ることができる場合もありますし、入社先での研修を受けられることもあります。
プログラミング言語の知識の他にも、プログラミング言語の命令によって発生する言語の特性や、プログラムの効率的な問題解決のためのアルゴリズムの理解、プログラムに不具合が起こったときの原因調査とデバッグに関する知識など、プログラマーとして仕事をする上で、学ばなければならないことは無尽蔵にあるといえるでしょう。

コミュニケーション能力

プログラマーは常に一人でプログラムを書き続けているように思われがちですが、プログラミングや開発プロジェクトは、チーム単位で進めていくことが大半です。

システムエンジニアや他のメンバーとともに、コミュニケーションをとりながら仕事を進めていかなければなりません。
相手の言葉をきちんと理解し、自分の伝えたいことも明確にしながら、綿密な意思疎通を図ることで、結果的には開発の効率化へとつながっていきます。
プログラマーの資質として、コミュニケーション能力は非常に重要なものであるといってもいいでしょう。

粘り強く取り組めること

プログラマーの仕事はプログラムをひたすら書くこととともに、システムの精度をより高めるためのテストが欠かせません。
つまり、どんなに小さなバグも見逃さないように、繰り返し綿密なテストを行わなければならないのです。

そのため、集中力を途切れさせることなく、コツコツと粘り強く作業を続けられるのもプログラマーに求められる特性のひとつです。

未経験でプログラマーを目指す際のポイント

最後に、未経験でプログラマーを目指して転職活動を行う場合、やっておきたいことや心掛けたいことをまとめました。

プログラマーとしての目標をはっきりさせる

未経験の状況からプログラマーを目指すということは、それなりの覚悟や、やりたいことがあるはずです。
自分がどのようなプログラマーを目標としたいのかをはっきりさせておくことは、今後の道筋を決めるためには必須です。
前述のように、プログラマーには業界や分野によって多様な働き方があり、それに伴って使用するプログラミング言語も変わってきます。
また、プログラマーにとどまらず、システムエンジニアなどへのステップアップも考えられます。
何をどう学んだらいいのかを明確にするためにも、プログラマーとしての目標をはっきりと立てておいたほうがいいでしょう。

IT業界について理解しておく

ひと口にIT業界といっても、関わる職種や仕事の内容も多岐にわたります。
自分が目指すプログラマーという仕事が、どのような位置にあるのかを理解するためには、IT業界全体を大まかにでも俯瞰できていなければ難しいでしょう。
これから飛び込もうとするIT業界についての知識を得ておくことは、今後の自分の働き方をしっかりイメージするためにも大切です。

プログラミングの成果物を示す

プログラマーとしての転職をする際に一番効果的なのは、自分でプログラミングした成果物を提出することです。
プログラマーとして未経験であるということは事実なので、どんなに口頭でプログラミングを勉強しているということを伝えても、実際にどの程度の理解があるのかは相手に伝わりにくいものです。
プログラミングの成果物を最後まで作り上げる経験を持っていることは自信にもなりますし、成果物を見せることで、現在のプログラミングスキル、成果物として完成させるまでの熱意や姿勢を、わかりやすく具体的にアピールすることができます。

プログラマーの業界・分野別の仕事内容

プログラムは様々な場所で使われています。
そのため、業界や扱う分野により、プログラマーとしての役割も変わってきます。
ここでは、業界別のプログラマーの仕事内容をご紹介します。

SIer業界のプログラマー

SIer(エスアイヤー)は、システムインテグレーターのことで、企業のシステム開発・構築などを一手に引き受ける企業を指します。
自社にエンジニアを在籍させ、システム開発から運用・保守までを自前で行っていたところを、全てお任せという形で請け負うのがSIerです。
企業のシステムやネットワークの開発・構築から保守・運営までを全て引き受けることから、大規模なプロジェクトが多く、業務の工程や役割の細分化がされているため、未経験のプログラマーでも取り組みやすく、かつ、大きな企業の仕事に携わることができます。

社内システムのプログラマー

社内システムのプログラマーは、企業内の情報システムの構築や運用が主な仕事となります。
実際には、プログラマーとしての仕事というよりも、システムエンジニア的な立場、あるいは社内のIT関連の相談役といった仕事もあるようです。

Web系のプログラマー

Web系のプログラマーとは、ショッピングサイトやSNSなど、WebアプリやWebサイトなどのプログラミングを得意とするプログラマーです。
PHP、Ruby、Perl、Java、JavaScriptなどのプログラミング言語を中心に使用します。
また、HTMLやCSSの知識も必要になってくる場合があります。

ゲーム業界のプログラマー

ゲーム業界のプログラマーは、家庭用ゲーム機のゲーム、スマートフォンのゲームアプリやオンラインゲームなどの制作を行います。
Webサイトや通常のアプリケーションと比べると、動きをつけたり、場面の移り変わりを行ったりするゲームの制作には、専門的な知識が必要とされます。
使用言語は、家庭用のゲーム機の開発であればC言語やC++、スマートフォン向けのゲームアプリにはJavaやObjective-C、Swift、パソコンのオンラインゲームであれば、JavaやHTML5、Flash、Rubyなど、開発するゲームのプラットフォームによって扱う言語が異なります。

組み込み系プログラマー

最近、注目されるIoT(Internet of Things)の普及とともにニーズが高まっている組み込み系プログラマーは、電化製品や自動車などに組み込むプログラミングを開発します。
使用されている代表的なプログラミング言語は、C++やJavaです。

プログラマーに将来性はある?

プログラマーになりたくても、将来性があるのかどうかを知ったうえで転職に踏み切った方が良いと思います。
将来性についての結論は「あなたが何を目指すのかで変わる」です。

IT業界に焦点をあてると、これからも当然のように発展を続けていくだろうと想像できます。
現状でIT人材が不足しているので、さらに需要が高まっていく事も想像に難くないと思います。

AIが話題になって久しいですが、AIもプログラムで動いています。
新しいIT技術が生まれる際には、必ずプログラムが必要です。
そのプログラムを扱えるのがプログラマーなので、これからも伸びていく職種の一つと言えるでしょう。

では、あなた次第というのはどういうことか。
プログラマーを生涯続けられるスペシャリストもいれば、マネジメント能力やコミュニケーション能力を武器に、ITコンサルタントや管理職にキャリアチェンジする人もいます。

プログラマーと言っても、前述の通り、業界によって扱う言語や提供内容が異なるので、「どの業界のプログラマーとして、キャリアパスをどうしていきたいか」によって、あなたの将来が変わってきます。

未経験でもプログラマーは目指せる!

未経験でもプログラマーを目指すことはできます。
しかし、学ばなければならないことや積極的に取り組むべきことは多いので、それなりの興味と覚悟が必要となるでしょう。

マイナビエージェントには、IT業界への転職サポート実績が数多くあります。
応募前の「審査書類の添削」や「面接対策」など、転職に関する様々なお悩みについてキャリアアドバイザーが手厚くフォローさせていただきます。

システム監査だけではなく、みなさまの将来の選択肢を広げるお手伝いをさせて頂けたらと思いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

プログラマーとは、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを作る仕事です。一口にプログラマーといっても、職種によって使用する言語の種類も様々です。プログラマーの種類や各プログラマーが使用するプログラミング言語についてご紹介します。

プログラマーを目指している、あるいは、キャリアアップを目指したい。そんな方が気になるのは、プログラミングに関する資格についてではないでしょうか。プログラミングの資格は数多くあります。プログラマーとして働く際に、おすすめの資格などについてご紹介します。

注目コンテンツ