【文例付き】IT業界・エンジニアの志望動機の書き方やポイントについて|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/23

IT業界

【文例付き】IT業界・エンジニアの志望動機の書き方やポイントについて

it_motivation_it.jpeg

この記事のまとめ

  • 第二新卒や未経験でもIT業界にチャレンジできる。コミュニケーションや論理的な思考があれば、採用の場でも有利になる。
  • 志望動機は説得力があり、熱意が伝わる内容にまとめる。文章の読みやすさを意識するのがポイント。
  • 面接官の目を見て、はっきりと正しい言葉使いをすると好印象につながりやすい。

IT業界への転職を目指すにあたり、志望動機に困っている方もいるのではないでしょうか。「当たり前のことを書いていないか」「自分の強みは伝わっているか」など、特に業界未経験者の方は不安だらけかもしれません。

そこでこの記事では、IT業界・エンジニアの志望動機の書き方について解説します。職種別の文例も紹介するので、これから志望動機を書く方はぜひ参考にしてください。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

IT業界の特徴とは?

it_568_1.jpg

IT業界は、テクノロジーを利用したサービスを提供している企業の総称です。専門性が高く、需要が拡大し続けていることから、メディアに取り挙げられることも多々あります。ここでは、IT業界の業種や職種を中心に解説します。

IT業界とは?

Webサイトやスマホアプリなど、「IT(情報技術)」を活用したサービスを展開する企業の集合体がIT業界です。同じ業界の中でもさまざまな職種や業態があり、年々複雑化してきているのが特徴です。

また、将来的には、従来ITとは無縁と思われていた分野でも、ITの活用が進むと予想されています。IT業界はほかの業界と比較しても、最も変化に富んだ伸びしろのある業界と言えるでしょう。

IT業界の主な業種

IT業界の業種は大きく、次の5分野に区分けできます。

業種 取り扱う商材
インターネット クラウド、ECWebサイト制作などインターネットサービス全般
通信 電話、インターネット、無線などの通信インフラ
ソフトウェア

クライアントの要望に応じた受託開発
自社企画の商品を開発・販売するパッケージ開発

ハードウェア パソコン、スマホ、そのほかIT機器
情報処理

情報処理システムの構築・運用・コンサルティング
(銀行の決済システムや製造業の生産管理システムなど)

ちなみに、総務省ではより細かく分類しています。たとえば、ソフトウェア業は4つに分けられているほか、情報の収集や分析、加工を生業とする情報提供サービス業などもあります。

参考:総務省『業種別企業数と売上高』

IT業界の主な職種

IT業界にはさまざまな職種があります。たとえば、エンジニアプロダクトマネージャーITコンサルタントなどです。

エンジニアは、クライアントが要望する製品の開発に直接携わり、要件定義にしたがい作業を進めます。要件定義を行うのはプロダクトマネージャーで、チームの総指揮を執るとともに、顧客折衝も担います。

ITコンサルタントも要件定義に参加しますが、ヒアリングや分析、提案業務がメインであり、開発チームをまとめるプロダクトマネージャーとはやや違う立ち回りをします。

第二新卒・未経験でも挑戦できるのか?

経済産業省が公開した文書「IT分野について」では、2030年には約79万人のIT人材が不足すると予測しており、さらに今後も、IT人材不足は悪化すると報告しています。このような人材難の中、各企業は人材の確保に苦戦しています。

そのため、第二新卒など、若く伸びしろがある人材を採用し、自社で1から教育しようという企業も増えてきています。

また、事務や営業など、ITとは無関係な職種からの転職や、文系学部出身の新卒など、IT業界未経験者の受け入れも進んでいます。

参考:経済産業省『IT分野について』

IT業界で求められる人材や向いている人の特徴とは

it_568_2.jpg

IT業界で求められる人材像やIT業界に向いている方の特徴について紹介します。

1.コミュニケーション能力

意外かもしれませんが、IT業界では高いコミュニケーション能力が求められます。IT関連企業が提供しているのは、エンドユーザーが使うサービスやソフトウェアです。

よりよいサービスを作り上げるためには、クライアントや社内の同僚とのコミュニケーションが必要不可欠です。

2.IT業界への興味・関心

IT業界は常に変化しています。業界やテクノロジーへの興味関心を持ち続けることができる人でないと、IT業界で働くことは難しいでしょう。

逆に、新しいことを知るのが楽しいと感じられる方であれば、IT業界は刺激的で魅力のある職場となるはずです。

3.ロジカルな思考

プログラマーやシステムエンジニアは毎日バグと戦い続けなければならない仕事ですが、バグの発生には必ず理由があり、それを解決するために必要なのがロジカルな思考です。

4.自ら学ぶことが苦ではない

IT業界は学び続けることが重要なため、休日や通勤時間などを利用して、自ら勉強時間を確保している方もいます。自ら学ぶことが苦ではない方や楽しんで学べる方にはIT業界はおすすめです。

5.高いパソコンスキルを持っている

やはり高いパソコンスキルを持っている人が求められることが多い傾向にあります。文系出身やIT業界未経験でも、IT業界への興味や関心を持って自ら学び、パソコンスキルを身につけるとよいでしょう。

IT業界の志望動機の作り方・ポイント

it_568_3.jpg

それではIT業界の履歴書で効果的な志望動機の作り方やポイントを紹介します。どのような志望動機が評価されやすいのか知りたい方に向けて、役立つ文例をまとめました。

1.IT業界を選択した理由を伝える

就職を希望する企業を選んだ理由の前に、なぜIT業界で働きたいのかを志望動機に盛り込みます。IT業界を選択するに至った経緯を、実体験を交えながら紹介すると効果的です。

2.数ある中からその企業を選んだ理由を伝える

IT業界にはさまざまな企業があります。数ある中からその企業を選んだ理由を明確にしましょう。企業についてよく調査・研究することが大事です。

3.会社でやりたいことや入社後の貢献について伝える

その企業に入社できたらやりたいこと、自分が貢献できることを記入します。企業は自社に利益をもたらす社員を獲得したいと考えています。そのため、自分なら会社にどのような影響をもたらせるのかを、志望動機でアピールしましょう。

4.意欲と関心をアピールする

IT業界が未経験の場合、貢献できることを書くのは難しいと思います。しかし、未経験者でも、意欲と関心の高さを企業にアピールできれば、そのポテンシャルが評価され、採用に至る場合があります。

志望する企業の製品・サービスをしっかりと理解し、具体的に行なっているITに関する活動について述べましょう。プロレベルの活動でなくても構いません。実際に行動していることが、意欲を持っていることの証明となるのです。

5.経験・スキルは端的にまとめる

技術職が未経験の方でも、前職の経験がIT業界で活きる可能性があります。経験やスキルを端的にまとめて伝えましょう。

たとえば前職が営業だった場合、営業として取り組んできたことを志望動機に盛り込み、コミュニケーション能力をアピールするのもよい手です。

6.読みやすい構成の文章にする

志望動機は読みやすい構成にすることが重要です。読み手に伝わりやすい文章であれば、オリジナリティーにあふれていなくても構いません。

構成のコツとしては、ポイント理由具体例結論の順で伝えることです。最初に伝えたいことを示すことで、読み手の印象に残る文章が書けます。読みやすい文章が書けるというだけでも評価につながるため、志望動機の構成は分かりやすさを意識しましょう。

【文例】IT業界の職種別の志望動機例

it_568_4.jpg

志望動機は応募者の熱意や考えが直接反映される項目で、場合によっては経験やスキルよりも重視されます。採用担当者の心を動かすためには、具体性のあるビジョンを伝えなければいけません。ここでは、IT業界の職種別の志望動機例を紹介します。

ITエンジニアの場合

【例文】

貴社がリリースしておられる家計簿アプリに大変魅力を感じ、志望いたしました。レシート解析の精度や金融機関との連携のスムーズさに驚き、家計簿をつけるというストレスがなくなりました。むしろ、月々の収支を振り返るのが楽しみのひとつになったほどです。

私もユーザーの生活に密着できるアプリを開発したいと考え、自主的にダイエット系やタスク管理系のアプリにチャレンジしました。残念ながら改善点や反省点が多い仕上がりになったものの、より本格的に取り組んでみたいという気持ちが強くなっています。

持ち前の学習意欲と熱意で貴社の事業に貢献したいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ITエンジニアに転職したいが実際に志望動機をどう書いたらよいか迷う方も多いでしょう。まずはITエンジニアの職種や仕事内容を理解することが重要です。ITエンジニアの志望動機を書く上で知くべき基礎知識と、具体的な書き方のポイント例文を交えてご紹介します。

IT需要の増加に伴い、エンジニアの求人が増えていますが、転職活動時に、志望動機でどのようにアピールすればよいかわからないという方もいるでしょう。ここでは、エンジニアの種類や仕事内容と、エンジニアへの転職活動における志望動機の書き方をご紹介します。

システムエンジニアの場合

【例文】

あらゆる業界・企業から高い顧客満足度を獲得し、それを維持し続けておられる開発レベルの高さに魅力を感じています。

これまではプログラマーとしてシステムのバックエンド開発に携わっており、一部設計も担当しました。開発スキルをさらに伸ばすことも考えましたが、より顧客と近い距離でプロジェクトに貢献したい想いが強くなったため、システムエンジニア職として貴社を志望した次第です。

開発フェーズで培った技術と丁寧なコミュニケーションを生かしたいと考えております。何卒よろしくお願いいたします。

システムエンジニア(SE)を目指して転職活動を進める中で、志望動機をどのように書くと、採用担当者に好印象を与えることができるのでしょうか。ここでは、システムエンジニアの仕事内容をしっかりと理解し、自分のキャリアに合った志望動機を書くコツを、例文と併せてご紹介します。

インフラエンジニアの場合

【例文】

これまでは経理として働いてきましたが、システムの開発環境を整備したり、テクノロジーを活用してトラブルへ対応したりする姿に感銘を受け、インフラエンジニアの仕事に興味を持ちました。

経理のときから使用しているExcel・マクロのスキル習得や、データベースの自己学習を通じて日々スキルアップを図っております。論理的な思考スキルと原因追及のための粘り強さを生かして貢献していきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

インフラエンジニアに転職したいが実際に志望動機をどう書いたらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。まずはインフラエンジニアの仕事を理解することが重要です。インフラエンジニアの志望動機を書く上で知くべき基礎知識と、具体的な書き方のポイントを例文とともにご紹介します。

ネットワークエンジニアの場合

【例文】

システム開発企業として長い歴史と技術を持ち、社員のスキルアップにも力を入れている貴社に大きな魅力を感じたため志望しました。

前職は事務職でしたが、社内で頻発していた回線トラブルを見事に解決してくれるネットワークエンジニアに憧れるようになりました。そこで、独学ではありながらプログラミングの学習やLPICの取得などに挑戦するうちに、仕事として取り組みたいと考えるようになった次第です。

社内外含め幅広い部署・職種の方々と関わってきたのでコミュニケーションスキルには自信があります。また、急なトラブルへの対応も得意なほうだと考えています。培った問題解決能力を生かして貴社の事業に貢献して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ここでは、「ネットワークエンジニアの仕事内容とは?」「インフラエンジニアとの違いは?」といった疑問の解説とともに、ネットワークエンジニアとしての志望動機の書き方のコツやポイントをご紹介します。

社内SEの場合

【例文】

前職は学習塾で講師をする傍ら、生徒の出欠や成績などの情報管理も任されていました。何かと対応に困ることが多かったのですが、貴社のオンラインサービスを導入したところ、工数面で劇的な改善が見られました。これが、自身でもプログラミングを学ぶようになったきっかけです。

習熟度が増すほど趣味や副業では終わらせたくなく、いつしか「自分もこのようなシステムを支える側の人間になりたい」と強く思うようになりました。どうせなら、感銘を受けた貴社のオンラインサービス事業を支える社内SEになりたいと考えた次第です。

未経験ながら、スキルアップのスピードや学習意欲の高さでカバーして参りたいと考えております。よろしくお願いいたします。

SEといえば、SE会社に属し、他企業からの依頼に合わせてシステム構築などを行っていく「常駐SE」がイメージされやすいですが、最近人気なのは、一般企業に就職し、その企業のシステム開発や運営を任される「社内SE」です。ここでは、社内SEへの転職に失敗しないための下準備についてご紹介します。

志望動機での注意点やNG

it_568_5.jpg

志望動機での注意点を、NG事例を交えながら紹介します。

NG例1

「自身のWebサイトを構築していくうちに、Webデザインやプログラミングの面白さを知り、一生涯の仕事にしたいと考えるようになりました。Web関連の企業の中でも、貴社は未経験の人材を多く採用しており、教育カリキュラムを利用して一から技術を学べるという点に魅力を感じています。」

注意点

企業の教育制度が整っていることを志望理由として記載するのは、あまりおすすめできません。IT業界では自ら学び続ける姿勢が重要なため、このような志望動機では意欲や関心が薄く見えてしまいます。

NG例2

「私はアプリゲームが大好きで、自身でもアプリゲームを作成しています。貴社ではその経験を活かし、ゲームプログラマーとして、話題になるようなアプリを生み出したいと考えています。」

注意点

一見、経験もありよいアピールのようですが、この例の場合、ほかのゲームアプリ会社でも通じる志望動機になってしまっています。「なぜその企業でないといけないのか」を必ず含めるようにしましょう。

IT業界の面接で志望動機を伝える際のポイントは?

it_568_6.jpg

IT業界に限ったことではありませんが、面接での対応は非常に重要です。特に、志望動機の伝え方は合否に左右すると言っても過言ではありません。好印象に映る態度や話し方を意識しましょう。

面接官の目を見てはっきりと話す

志望動機を伝える際には、面接官の目を見て話しましょう。面接はコミュニケーション能力の高さを評価される場でもあります。相手の目を見てはっきりと明るく話すことで、好印象につながります

コミュニケーションはビジネススキルの土台です。対人スキルが乏しいと判断されてしまうと、その後の志望動機も評価してもらえないかもしれません。内容ではなく伝え方の問題で評価を落とすのは惜しいため、シミュレーションを重ねておきましょう。

言葉使いに気をつける

正しい言葉使いを意識しましょう。特に尊敬語・謙譲語は、緊張しているせいで使い分けが怪しくなる方もいます。よく見られるのは、「いらっしゃる」「伺う」や「拝見する」「ご覧になる」などを誤用です。

IT業界は技術力さえ高ければ評価される」という声を耳にすることもありますが、誤りと言えます。上流行程ともなれば、顧客とコミュニケーションを取る時間のほうが増えるくらいです。言葉使いはビジネスマナーの基本なので、きちんと身につけなければなりません。

まとめ

it_568_7.jpg

IT業界やエンジニアへの転職を成功させるためには、志望動機のブラッシュアップが重要です。志望先企業を選んだ理由や熱意が十分伝わる動機に仕上げましょう。

しかし自分自身では、修正すべき点に気づけない場合があります。そこで利用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、魅力的な志望動機を作成するためのサポートが受けられます。特にマイナビITエージェントであれば、業界に詳しい専任のアドバイザーが在籍しているため、志望先企業やスキルに応じたアドバイスが可能です。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

今伸び続けているIT業界は、将来性、高収入、スマートといったイメージから、転職先として人気があります。ここでは、IT業界の仕事内容から、その中で未経験でも転職しやすい職業、IT業界に向いている人の特性、転職するときに役立つ情報までをご紹介します。

自動車や家電製品など、身の回りのあらゆるものにIT技術が活用されており、今後もIT技術を組み込んだ製品の需要は高まると見られています。本記事では、IT技術を活用したサービスを展開する「IT業界」で働くことのメリットや、向いている人材の傾向を紹介します。

タグ一覧
SNSシェア

注目コンテンツ