第二新卒の転職は厳しいって本当?転職成功のポイントを解説|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒の転職は
厳しいって本当?
転職活動の成功ポイント

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

就職して3年以内の転職を意味する第二新卒は、経験が浅いため、即戦力としての期待値がキャリア採用に比べて低く、忍耐力という点にも疑問を持たれやすい傾向があります。

そのため、転職で不利になると考えられがちですが、実際は第二新卒のポテンシャルに期待して積極的に採用する企業は増えています。ここでは、第二新卒が転職活動を成功させるためのポイントについて解説します。

第二新卒が厳しいといわれている理由

第二新卒は一般的に転職が厳しいといわれていますが、その理由はどこにあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

新卒に比べると求人の選択肢が減る

日本では新卒採用が主流のため、大半の企業が大学卒業見込み者に対して一斉に選考を開始します。

新卒であれば、会社説明会やインターンシップ、大学のキャリアセンターなどを活用して情報収集することができますが、第二新卒の転職は、新卒に比べると情報の流通量が少なく、求人の選択肢が減ってしまうのが実情です。

新卒に比べると書類が通りにくい

新卒の就職活動に比べて、第二新卒では書類選考で落とされる確率が高いという傾向が見られます。また、面接に進んでもなかなか採用まで至らないことに悩んでしまうケースも多いようです。

というのも、職歴が1年未満などと新卒とあまり差がない場合は、新卒を採用しようと考えられやすい傾向があるためです。もしくは、経験が豊富なキャリア人材をメインに採用するという企業もあります。

そのため、新卒ともキャリアとも違う自己アピールの方法で転職活動に挑む必要があるのです。

自己PRや退職理由の説明が難しい

「入社してから3年は続けよう」とよくいわれるように、仕事は3年経験してから一人前とみなされる傾向があります。そのため、入社3年以内に転職する第二新卒は経験が浅いとみなされ、自己PRが評価されにくい可能性があります。

また、職歴が浅ければ浅いほど退職理由の説明が難しくなるのも事実です。「入社後のギャップが大きかった」「人間関係がうまくいかなかった」「残業が多すぎた」といった理由があったとしても、忍耐力がないと判断されやすいでしょう。

そのため、退職理由はよく考慮して伝えなければなりません。

第二新卒には何を求められているのか

第二新卒の転職の厳しい一面を紹介してきましたが、ネガティブなことばかりではありません。世の中の企業には、第二新卒のポテンシャルを大きく評価して採用しようとする企業も多くあります。

日本の労働力は減少の一途をたどっており、少子高齢化により若手人材の不足は、どの企業でも課題になっています。そこで注目されているのが、第二新卒なのです。

そこで、企業は第二新卒に対してどんなことを求めているのかについて見ていきましょう。

1.社会人としての基礎力

第二新卒で評価されるポイントとして挙げられるのが、社会人としての基礎力でしょう。入社1年未満であっても、社会人としての心構えやビジネスマナーは身に付けられているはずです。

新卒の場合は全くの未経験なので、新入社員研修などでコストをかけて社会人としての基礎力を鍛えなければなりません。

そのため、第二新卒は基礎的な教育コストがかからず、利益に直結する業務内容の教育から始められるので、その点を評価する企業は多くあります。

2.仕事に対する柔軟性

第二新卒は、若さによる仕事に対しての柔軟性も評価ポイントとなります。キャリア人材は経験が豊富な分、前職での経験に固執してしまったり、新しい仕事の進め方になじめなかったりと、柔軟性に欠ける面が見られがちです。

第二新卒は経験が浅いため、良い意味で仕事の進め方に対するポリシーが定まっていない状態です。企業としては自社のやり方を吸収してくれる素直な人材を高く評価するため、第二新卒の柔軟性に期待しているのです。

3.モチベーションの高さ

モチベーションの高さも、第二新卒を評価する部分として挙げられるでしょう。

厚生労働省の調査によると、2015年3月に大学を卒業した就職者の離職率は31.8%となっており、長年3割前後を推移している状況です。

新卒は理想が高く意欲にあふれているという利点があるのですが、その反面、現実とのギャップに心が折れやすいという特徴も持ち合わせています。

第二新卒は一度社会人となり、挫折も経験しているからこそ、失敗を繰り返してはならないという意思が強い傾向があります。

企業は、この「社会人としての自覚や現実をきちんと理解できていること」を重視するため、第二新卒の転職では、その点をしっかりアピールすることで採用結果に有利に働く可能性があります。

第二新卒の転職活動を成功させるカギ

ここまでにご紹介したように、第二新卒には評価されるポイントが多くあります。そのため、その点を正しく自己PRすることで転職活動を成功させることができるでしょう。

ただし、どれだけ自己PRが優れていても業界研究や企業研究がおろそかであれば、評価を得ることができません。第二新卒は働くことにおいてリアルな体験をしているはずですので、その視点を活かして、あらためて業界研究や企業研究を行うようにしましょう。

特に、前職が属する業界や関わりの深い業界であれば、その内容を理解しやすいはずです。経験を活かすためにも、よく理解している業界を目指すこともひとつの方法だといえます。

ここからは、第二新卒の転職活動を成功させるカギとなるポイントを見ていきましょう。

1.アピールポイントは具体的に話す

自分のアピールポイントは、しっかりと分析してから、正しく伝えられるようにしましょう。

第二新卒は一般的なキャリア転職と違って、前職での実績や経験をアピールできるケースは多くありません。そのため、些細なことでも良いので、前職で学んだことや褒められたこと、自分なりに工夫して取り組んだことについてアピールするのがおすすめです。

「初めは1時間かかっていた書類作成も、工夫して取り組んだ結果、20分で作成できるようになった」「お客様の要望を的確に捉えるために、表情をよく読み取るようにした」などの、具体的なエピソードとともに伝えることで、仕事に対しての努力や姿勢もアピールできるでしょう。

2.長く勤めたいという意欲を伝える

企業は、第二新卒に対して「またすぐに辞めてしまわないだろうか」ということを懸念しているため、「次こそ腰を据えて企業のために貢献する」という気持ちをアピールすることが大切です。長く勤めたいという意欲を伝えるためには、志望動機の伝え方も重要なポイントです。

転職を希望する企業と自分の将来のビジョンに一貫性を持たせた志望動機を作成することで、採用担当者にもここで働きたいという熱意が伝わるはずです。

3.前職についてはできるだけポジティブに話す

退職理由や前職については、ネガティブな理由があったとしてもそのまま伝えるのではなく、ポジティブな内容に言い換えるようにしてください。

「前職で人をサポートする仕事に適性があると感じたため、そのスキルを活かせる仕事で能力を発揮したい」「前職は個人プレーで仕事を進めていく社風だったため、チームワークを活かした仕事がしたいと感じた」といったように伝えることで、退職理由が前向きな転職理由や自己分析のアピールにつながります。

第二新卒を求める企業はたくさんある

第二新卒は、一般的には経験が浅く、転職活動は厳しいとされていますが、最低限の社会人としての基礎力が身に付いていることや、柔軟性を持って仕事に取り組めることなどはアピールポイントになります。

また、社会人の現実を知っているからこそ、熱意を持って転職活動を行う第二新卒は価値の高い人材といえます。

新卒やキャリア転職とは異なるアプローチでの転職活動が必要になりますが、企業や業界の研究をしっかり行い、自己PRを真摯に行えば納得のいく転職ができるはずです。

転職をお考えの方へ。

転職活動は情報収集が命です。第二新卒という貴重なチャンスで転職を成功させるためにも、転職の知識は身につけておきましょう。

 その他のお役立ちコンテンツ

「第二新卒とは」TOPにもどる

第二新卒の面接ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。