転職するまでの期間はどれくらいですか?|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

転職するまでの期間は
どれくらいですか?

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

「転職したいけれど初めてのことで右も左もわからない」「そもそも転職にどれほどの期間が必要になるのか見当がつかない」など、いざ転職をしようと決意しても、具体的なスケジュールを組む前の段階で、このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

一般的に、内定までに必要な期間は約3ヶ月といわれてはいますが、おおよその活動期間がわかれば、準備の段階でも余裕をもってスケジュールを組むことができるでしょう。ここでは転職の期間についてご紹介します。

「平均2.1ヶ月」年代が上がるとともに長期化する傾向に

年代や職種によって異なりますが、初めて転職活動を行う人が、内定先が決まるまでに必要とした期間は、平均で2.1ヶ月。全体の8割近い人たちが3ヶ月以内に内定先を決めていて、1ヶ月半以内に内定を決めている人も2割程度います。

転職活動は、「希望に合った転職先を探す・応募に必要な書類などを用意する・退職手続きを行う」などやるべきことが多くあります。そのため長期化するイメージをもちやすいのですが、想像していたよりも短いと感じる人が多いのではないでしょうか?

一方で、 全体の約20%、5人に1人は、3ヶ月から半年に及ぶ長期の転職活動を経験しています。そして、3ヶ月以内に転職先を決めた人は、40代では6割、50代では3割にまで減少し、年代が上がるにつれて長期化する傾向があるようです。

これは、企業が若い人材を求めているというよりも、年代が上がるにつれて企業が人材に求める能力や経験値のレベルが上がり、求職者の側も求めるポジションや収入が上がるためだと考えられます。

さらに、職種によっても活動期間に差があります。

近年需要が高まっている「IT技術系」のほか、比較的求人数が多く自分がこれまで培ってきたスキルを生かす幅があるため、未経験でもチャレンジしやすい「事務・管理系」や「営業・マーケティング系」などは、短期で転職を決めている人の割合が多くなります。

反対に、専門性が高く、企業側・求職者側の双方で求めるレベルが上がる傾向にある「経営関連」、「コンサルタント系」、「金融系」「不動産系専門職」などは、活動期間が長期化する傾向にあります。

いずれにしても、転職期間の長短を決定づけるうえで最も重要なことは、事前準備を徹底して行うことです。自己分析によってどの企業がふさわしいかを見極め、組み立てたスケジュールに沿ってスムースに行動できれば、どのような職種・年代においても、活動期間を早めることが可能になります。

転職に焦りは禁物!

転職活動を開始してから入社までの時間は短いほうが良いのですが、なかなか内定がもらえないことも往々にしてあるものです。

企業の中には、かなりの確率で書類選考はパスするものの、なかなか内定を出さないところもあります。そうした場合、書類審査や一次面接などを通過して最終面接まで行ったのに、またゼロからやり直しということもあります。

これを何度か繰り返しているうちに、気付けば数ヵ月経過ということあるのです。すぐにでも現在の職場を辞めたいという人も、転職先が決まらない可能性があることを考慮し、退職時期は慎重に決めたほうが良いでしょう。

事前準備を入念に

転職を決めたら、応募をはじめる前に自己分析を行いましょう。やみくもに応募を出して深く考えずに転職先を決めても、「自分がやりたいことを実現できる場ではなかった……」と転職先企業とのミスマッチを感じ、二度、三度と転職を繰り返すことになります。

自分がこれまでに培ってきたスキルや経験から自分には何ができるのか、そのスキルや経験を生かしてどのようなことを実現したいのか、を明確にしましょう。ここがしっかりしていると、面接時に自分を堂々とアピールできます。

また、「採用者側から見た自分の価値」を念頭に置くことも重要です。「自分が何をやりたいか」を追求することはもちろん重要ですが、やりたいことと企業が求めていることに差があればあるほど、転職先を決めることが難しくなります。自分の市場価値を理解したうえで、ここだけは譲れないというポイントと妥協してもいいというポイントを洗い出しましょう。

また、転職活動が長引かないためには、スケジュールを組み、計画的に進めていく必要があります。いつまでに転職先を決めるかという期限を設定し、そこから逆算して考えましょう。一般的に求人が増える時期は、年度の変わり目である3月と、半期の変わり目である9月です。

この時期を1つの参考として、転職のタイミングを決めても良いでしょう。ただし、募集が増減する時期は職種によって異なる場合があるため、希望する職種に関して事前にリサーチすることも必要です。

さらに、スケジュールを組む際は、転職活動に掛かる費用や退職して転職活動に専念するのか、働きながら活動するのか、といったことも考慮に含めなければなりません。

転職活動に掛かる費用を考えた場合に、会社を辞めるとすぐに生活費に困るようであれば、現在の仕事と並行して転職活動をすることになります。

働きながら転職活動をすることになることで一番ネックになるのは、転職活動に割ける時間が限られてくることです。この場合は、活動期間がある程度長引くことも考慮に入れておきましょう。

長引く場合に考えられること

前述したように、早期の転職を志したものの、転職活動が半年、1年と時間がかかってしまうケースも、決して珍しくはありません。こうした、「転職に時間がかかる人」の多くに共通するのが、「現在の会社が嫌。もっと良い企業に行きたい」という願望が強いことです。

面接では必ず「志望の理由」を尋ねられますが、現在の会社の不満が強い人は、転職に対して積極的な受け答えができない可能性があります。企業としても、その企業でやりたいことがある、その企業が気に入っているといった積極的な人でなければ採用したいとは思わないでしょう。

たとえ本当の理由がネガティブであっても、それをポジティブに変換し、伝えるようにしましょう。

転職エージェントを有効に活用

転職エージェントとは、企業と求職者の間に入って転職活動をサポートしてくれる、人材紹介サービスです。

キャリアアドバイザーと相談しながら、自分のスキルや経験、将来設計に適した求人を探すことができ、さらに、応募書類の添削や面接対策、内定から入社までのフォローも行ってくれます。

たくさんある求人の中から自分の希望に合ったものを探すことは、それだけでも骨の折れる作業ですが、転職活動は求める企業が見つかれば終わりではありません。

そこから、さまざまなプロセスを経て、内定というゴールがあることを考えると、任せられるところはプロに任せて、効率よく転職活動を進めていくことがベストです。

特に、在職中に転職活動を行う場合は転職活動に集中できる時間が限られるため、エージェントサービスの有効活用が、活動期間を短くする1つのポイントになってくるでしょう。希望する職種の求人の豊富さ、サポートの厚さ、サイトの使いやすさなどを考慮し、自分に適した転職エージェントを選びましょう。

マイナビエージェントは無期限サポート、じっくり取り組めます

転職活動は簡単ではありません。書類作成や面接で時間も使いますし、面接などの緊張や、なかなか転職先が決まらないことにストレスも感じることでしょう。

転職エージェントは、企業の検索や企業への連絡、その企業に合わせた職務経歴書の作成や面接対策など、転職活動の多くをサポートします。

中でもマイナビエージェントは、サポート期間に期限がありません。中には、サポート期限を設けている転職エージェントもあるため、転職活動が長期にわたった場合、サービスが受けられなくなってしまうこともあります。

長くなってしまうかもしれない転職活動ですから、ご相談はぜひマイナビエージェントにご相談ください。

まとめ

長引く不況の影響もあり、転職活動はどのような年代・職種においても長期化する傾向にあります。とはいえ、焦りは禁物です。活動期間が長くなるにつれ経済的な面でも不安が大きくなってくるでしょうが、ある程度長引くことも考慮してしっかりとスケジュールを組めば、心にゆとりをもって活動を進めて行けるでしょう。転職エージェントなども上手く活用しながら、自分にふさわしい転職先を見つけてください。

転職するまでの期間はどれくらいですか?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。