退職理由の書き方|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

退職理由の書き方

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職する際に、採用担当者が最も気になることの一つに退職理由があげられます。辞める理由は人それぞれですが、ネガティブな理由の場合に、企業にとっては採用しても同じ理由で辞めてしまうという懸念が生まれます。ただ、規定のフォーマットのない職務経歴書では、あえて退職理由を書く必要はありません。そこで退職理由を書くときに気をつけるポイントを解説していきます。

書くべきでない退職理由

退職理由を職務経歴書に記載するとき、「新しいステージで実現したいことがあるから」というようにポジティブな目的であれば何の問題もありません。しかし、自己都合による退職の場合、正直に書くとネガティブな印象をもたせてしまう可能性も高いので、無理に書く必要はありません

ネガティブな退職理由で多いのは、人間関係によるものです。上司が厳しい人だったり同僚とトラブルがあったり、辞める理由としては理解できることでも、雇う側の立場に立つとマイナスイメージは拭えません。人間関係はどのような職場でも想定できないものなので、同じことが起きる可能性は否定できないからです。どれだけ能力が高い人でも、いざ雇うとなると躊躇してしまうでしょう。

また、「残業が多くて職場環境が劣悪だった」という理由や「仕事が面白くなかった」、「給料があがらなかった」などの理由はどれも悪印象です。どの理由からも、打たれ弱さや飽きやすさ、自己主張の強さなど悪いイメージを想起させてしまいます。職務経歴書では、嘘をついてはいけませんが、このように不利になってしまう理由は書かないことをおすすめします

メリットのある退職理由を書く

ネガティブな退職理由は書かないとしても、志望動機にプラスとなるような理由であれば、率先して書くと良いです。辞めようと思った理由は、次のステップに進もうとする意志でもあるので、応募理由に直結します。しっかりと書くことが、採用にプラスの効果をもたらすのです。

例えば、同じ業種で転職する場合には、「これまで積み上げてきた経験を新しい環境でさらに高めるキャリアアップのため」という理由は経験もあって成長意欲も高いと受け取ってもらえます。また、違う業種や職種を希望する場合には、「自分の能力を高めるチャレンジのため幅広い経験ができる転職を志している」と書くと、ステップアップとなる退職という前向きな印象が伝えることができます。

退職理由は面接で聞かれることもあるので、できるだけ書いたほうが良いことではあります。辞める理由にネガティブなことがあったとしても、新しい会社を選ぶ際には、新しい環境でやってみたいことという前向きな気持ちも生まれていることでしょう。プラスな気持ちに焦点を当てて、ポジティブな退職理由を見つけられるように心がけましょう

退職理由の具体例

ネガティブな退職理由でも、「このような環境で働きたい」「このようなキャリアを歩んでいきたい」と表現を変えることで、ポジティブな転職理由にすることができます。
では、具体的にどのように考えていけばいいのでしょうか。ケース別に、退職理由の例文を3つご紹介します。

  • ケース1 人間関係が理由

    上司や同僚と折り合いが悪いことを理由に退職するケースでは、人間関係の悪さを直接的に伝えるのは、相手に良い印象を与えません。
    「意思疎通を図り、より良い人間関係を築きたい」「チームワークを活かして働きたい」と言い換えることで、ポジティブな印象に切り替わります

    <例文>
    前職では個人の売上が重視されており、チームで仕事を進める機会がほとんどありませんでした。
    切磋琢磨し合える環境に刺激を受け、営業として成長できたことには感謝していますが、私は長年サッカーをやっていたこともあり、チームで団結して成果を出すことが得意な人間です。
    仕事でもコミュニケーションをとりながら、ひとつの目標に向かって努力し、成果を積み上げていきたいという思いが強くなり、転職を決めました。

  • ケース2 仕事内容のミスマッチが理由

    仕事内容が合わず転職するケースでは、飽きっぽい印象を与えないように気を付けなければなりません。
    与えられた仕事は、役割意識を持って意欲的に取り組む姿勢をアピールしましょう。その上で、前職の経験を活かして、新しい分野で貢献する意思を伝えてください。

    <例文>
    前職では事務職を担当する部署に配属され、ビジネスの基本から業務を効率化するための工夫まで教えてもらい、貴重な経験を積むことができました。上司は元営業職で、顧客との付き合い方など、営業の極意の話を聞くうちに、営業職に魅力を感じるようになりました。
    そこで、営業職にチャレンジしたいと異動を希望したのですが、社内の都合上、叶わなかったので転職するしかないと考えました。
    事務職で培ったスキルを基に、営業職という新しいフィールドで御社の発展に貢献したいと思います。

  • ケース3 残業の多さが理由

    残業の多さに疲れて転職するケースでは、残業を減らした上でどのような仕事に取り組みたいかを伝えることが重要になります。
    また、前職では業務効率化の提案などで環境改善に努めたこともアピールすると、採用担当者に納得感を与えられます。

    <例文>
    現在の勤務先は、「残業する社員が優秀だ」という社風で、業務効率化の取組みがされていません。より効率的に業務を進められるように改善すべき点があると思い、会議や業務の改善を提案しましたが、却下されてしまいました。
    効率化できる仕事は積極的に改善し、顧客とのコミュニケーションにより注力できる環境で働きたいと考え、退職を決意しました。

 関連ページ

押さえておきたい職務経歴書の基本

退職理由の書き方ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。