退職理由の回答例|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

退職理由の回答例

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

転職者の面接においては退職理由も重要になります。ここでは、退職理由を回答する際に少しでも良い印象を与えるためのポイントや、気を付けるべきポイント、回答例などについて解説しています。効果的な退職理由を準備していきましょう。

退職理由1つで面接官からの印象が変わる

多くの面接では転職者に前職の退職理由を聞きます。辞めた理由によっては、面接官は良い印象を持つこともあれば、悪い印象を持つ場合もあります。どうやったら良い印象を持ってもらえるか、どのような内容であれば、悪い印象を持たれないか、面接官が意図することを把握した上で、退職理由を述べることによって、面接の合格確率を上がる可能性があります。

●面接官がなぜ退職理由を聞くのか意図を理解する

面接官が退職理由を聞くのは、採用してもすぐに辞めないかどうか、企業に合うかどうかを判断するためです。「前職では残業や休日出勤がありプライベートな時間が少なかったので退職しました」「好きな仕事に取り組めなかったので辞めました」「給与が低かったので退職しました」など、さまざまな退職理由がありますが、次の企業でも同条件に当てはまった場合に退職のリスクがあります。そのため面接官は、退職理由を聞き「うちの会社でも起こり得る理由だな」と感じれば、「辞める可能性が高い」と判断するでしょうし、「この退職理由であればうちの会社では大丈夫だな」と感じれば、「辞める可能性が低い」と判断します。
また、前向きな退職か後ろ向きな退職かによって面接官の印象が大きく異なります。例えば、「キャリアアップしたい」、「転職してやりたいことがあった」などの場合は、転職意欲が高いと判断でき、転職後の仕事の取り組みにも前向きなイメージが持てます。一方で前職に不満を持ってやめた場合は、転職後にいきいきと働いて活躍するようなイメージを持つことが難しいでしょう。それだけに、退職理由は転職者の印象を大きく変える項目であります。

印象を上げる!効果的に回答するための退職理由のポイント

退職理由の内容や伝え方によって、面接官へ与える印象が変わってきます。退職理由を考える際は、まず以下の印象を上げるためのポイントを理解し、準備するようにしましょう。

●退職理由は志望動機と連動させる

退職理由を述べる際は、志望動機と連動させるようにすると説得力が増します。例えば、退職理由が、「新しいチャレンジが受け入れられない環境」だった場合は、志望動機の「新しい提案が受け入れられやすく実現できる環境」と連動すべきです。前職で嫌なことや合わなかったことがある、もしくは自分の希望を実現できない、という理由で退職する場合がほとんどです。転職後はそれらが改善された新しい環境を求めるので、本来、退職理由と志望動機は自然と結び付く場合が多いはずなのです。退職理由と志望動機が連動していることを意識して、準備、アピールするようにしましょう。ただし、志望動機は企業によって異なってくるので、志望動機を前提に退職理由を調整していくほうが良いでしょう。退職理由ありきで志望動機を考えてしまうとその企業に合った志望動機にならないかもしれません。

●具体的に説明する

退職理由は具体的に述べるようにしましょう。「企業方針が合わなかった」「キャリアアップをしたくて」「やりたいことと違った」などでは、具体的に、どんな点が企業方針と合わなかったのか、どんな風にキャリアアップをしたいのか、何がやりたいことと違ったのかを理解することが難しくなります。抽象的な説明では、面接官も評価出来ませんので、できる限り具体的に理由も添えて説明をするようにしましょう。そうすることで、候補者の考え方なども面接官により伝わるようになりますし、新しい企業とマッチするかの判断もしやすくなります。

●前向きな理由にする

退職理由を語る上では、必ず前向きな理由を述べるように心がけましょう。「給与が少なかった」「人間関係が嫌だった」「勤務時間が長かった」「社風と合わなかった」など、後向きな理由を述べると、「本人にも問題があったのではないか」「どんなことにもネガティブに考えるのではないか」と思われてしまいます。転職者に後向きな退職理由がある可能性も面接官は理解しています。しかし、言葉に出して言うことのないようにしましょう。「◯◯な仕事がしたくて」「将来◯◯になりたくて」など、前向きな理由を述べるようにすると良いでしょう。

●正直に話す

退職理由を述べる際は、極力正直に話すことが大切です。「実は給与が安かったので」など、何でも正直に話せば良いというわけではありませんが、正直に話そうとする姿勢が大切です。退職理由は人それぞれの考え方や感じ方があるので、世間に出回っている退職理由例をそのまま言っても、何の説得力もありません。自分の言葉で正直に話そうとする姿勢が、面接官からは好印象に映ることがあります。変に格好つけたり隠したりせずに自分で考えて話すようにしましょう。

退職理由を述べる時に気を付けたいポイント

退職理由は、内容や答え方によっては、評価を下げやすい質問です。特に以下のポイントに注意しながら、悪い評価をもらわないように内容を準備するようにしましょう。

●職場の悪口は言わない

既に退職した職場だからと言っても、余程の理由がない限り、職場や社員の悪口を言ってはいけません。悪口を言う姿が好印象に映ることはありませんし、面接は文句や悪口を言う場所ではありません。仮に、前職の退職理由が誰が聞いてもひどい場合などでは言っても問題ない可能性はありますが、それ以外の場合は悪口などを言いたい気持ちがあったとしても、言葉には出さないようにしましょう。「影で文句や悪口を言う人」とも思われてしまい、良い評価をもらえる可能性は低くなってしまいます。

●福利厚生や給与などを理由にしない

退職理由として、「有給が取れなかった」「給与が低かった」「ボーナスがなかった」「家賃補助がなかった」「残業代がなかった」などは述べるべきではありません。辞めた理由の1つが、福利厚生や待遇面が理由だったとしても、面接では言わないように心がけましょう。これらを理由にしてしまうと、「仕事内容や、やりがいよりも、福利厚生や待遇面を気にする人」と思われてしまい、良い評価を受けることはできない可能性があります。仮に理由の1つにあったとしても、口に出さないようにしなければなりません。

●応募企業には結びつかないような退職理由にする

退職理由を述べる際に応募企業にも起こり得る理由は述べない方が無難です。例えば、退職理由が「新しいことにチャレンジできない社風」だったとします。応募企業も新しいことより、既存のものに力を入れる企業であれば、「うちの企業に転職しても同じだからすぐに辞めるかもしれない」と面接官は思ってしまう可能性があります。応募企業に重なりそうな理由や、「結果が昇進に反映されない」「評価基準が明確でない」など、一般の社員では把握できてない部分を理由にすることは避けましょう。このようなことを避けるためには、転職先のリサーチは徹底的に行うと良いでしょう。その企業が見えてくれば、退職理由も前向きなものに仕上げることが可能です。

●面接官は経験豊富

転職採用を行っている面接官は、経験豊富な方の場合が多いです。それは、転職者が戦力になるかどうかを見極める力が重要であるため、その能力に長けた人間が配置されているためです。そのため、面接用の嘘の退職理由は気づかれてしまう場合があります。鋭い質問をされたりして言葉に詰まったりすると、それだけで評価が下がる可能性もがあります。面接官の質問にもスムーズに回答できるように、退職理由は真実である方が良いでしょう。本当のことであれば、準備していない質問にも対応できるはずです。

●退職理由だからこそ大きな声で自信満々に話す

退職理由自体をネガティブに捉え、暗く話してはいけません。自信がなさそうに映り、「退職したことを後悔しているのかな」「本音は違うのではないか」など、面接官に思われてしまいます。本人からしても次のステップに進むために退職し転職をするわけですから、大きな声で堂々と話すようにしましょう。同じ内容を話すのでも声の大きさで自信があるように見え、言葉にも説得力が増します。大きな声で堂々と語ることにより、良い印象を与える可能性があります。

退職理由の回答例

ここでは、退職理由がキャリアチェンジの場合と、残業・休日出勤が多い場合の、2つの退職理由の回答例を紹介します。

退職理由がキャリアチェンジしたい場合の面接での伝え方

前職では7年間、教育機関の営業を担当していました。営業の仕事を通して多くのお客様の生の声を聞いてきましたが、お客様が抱える課題やニーズを、営業の仕事だけでは応えることができない環境でした。もっとお客様から得た情報を生かして、商品開発の仕事に携わりたいという思いから、転職をしようと考えました。御社は常に新しい商品を生み出し続けており、お客様のニーズを反映できる環境にあるため、今回応募いたしました。

退職理由が残業・休日出勤の多さの場合の伝え方

前職は、人間関係には満足していたのですが、1人あたりの業務量が多く、毎週のように休日出勤をしていました。上司に業務内容やフローの改善策を何度も提案しましたが、変化を好まない体質ということもあり、受け入れられませんでした。より効率良く成果をあげられる環境で働き、私自身もスキルアップしていきたいと思い、転職を決意いたしました。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 退職理由の回答例ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。