インフラエンジニアからシステムエンジニアへステップアップするには?|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

インフラエンジニアから
システムエンジニアへ
ステップアップ
するには?

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

インフラエンジニアは、IT系エンジニアの中でも、未経験者から始めることのできる職種といわれています。インフラエンジニアの経験を積んだその先のキャリアパスとして、さらに専門性を高めたスペシャリストやプロジェクトマネージャーなどを目指す方法が考えられます。また、ほかの分野のシステムエンジニアに転職して、さらにキャリアアップを目指す方法もあります。
ここでは、インフラエンジニアの経験の活かし方についてご紹介します。

インフラエンジニアのキャリアプラン

まず、インフラエンジニアについて整理しておきましょう。インフラエンジニアとは、システムエンジニアの中でもITインフラを担当する人のことをいいます。

一般的にインフラというと、電気、水道、ガス、道路、鉄道など、社会の基盤となるものを指します。一方、IT業界におけるインフラとは、ネットワークを通じてデータや情報のやりとりができる環境のことを指します。電気や水道がストップすると困るように、現代ではネットワークに不具合が生じると生活に支障をきたすほど、ITインフラは人々の生活にとってかけがえのないものになっています。そこで、安心してネットワークを使用できるよう、快適な環境を整備するのがインフラエンジニアの仕事なのです。

インフラエンジニアの業務は、扱う対象によっても細分化されており、ネットワークを扱うのはネットワークエンジニア、サーバーを扱うのはサーバーエンジニアの仕事です。サーバーを目的地とするなら、ネットワークはユーザーとサーバーをつなぐ道路のようなもの。ネット環境を維持するためには、どちらも欠かすことのできない重要な仕事です。インフラエンジニアはシステムエンジニアの中でも、そうした分野に特化したITエンジニアなのです。

インフラエンジニアからのステップアップ

インフラエンジニアの転職では、文系も理系も関係なく採用している企業が増えています。そのため、現在インフラエンジニアとして活躍している方の中には、もともとは未経験だったという人も少なくありません。また、インフラエンジニアは、ITエンジニアとしての基本的な知識やスキルを習得するのに有利な職種であるため、未経験からシステムエンジニアを目指そうという人に向いている職種といえます。

インフラエンジニアの仕事の中には、実際にクライアントに機器を持ち込み、組立てや取り付けを行い、ソフトウェアのインストールから設定までを行う構築作業もあります。こうした業務により、ITエンジニアとしての基本的な技術を学ぶことができるのも、インフラエンジニアのメリットです。

若手のインフラエンジニアであれば、そうした構築工程や、システム・回線が正常に動作しているか保守監視する運用業務を経験しながら、設計や開発のフェーズなどの上流工程を任されるようになっていきます。そして、プロジェクトをマネジメントする立場へとステップアップしていくことも可能になります。その後のキャリアパスとしては、さらに専門性を極めてスペシャリストになる道や、プロジェクトマネージャー(PM)やプロジェクトリーダー(PL)などの管理職に進む道があります。

一方、インフラ以外の分野のシステムエンジニアに転職するという道もあります。チャレンジできるものとしては、現在、需要が急速に拡大しているアプリケーションエンジニアなどがあります。もちろん、インフラ系の仕事のやりがいは大きいですが、アプリケーションなどの開発ではクリエイティビティを発揮しやすく仕事の自由度も高いなど、また違ったやりがいを感じることができるかもしれません。

システムエンジニアに必要なスキルとは?

いざ、別の分野のシステムエンジニアに転職しようとしたときに、気になるのはほかの分野ではどんなスキルが必要となるのかということでしょう。そこで、一般的なシステムエンジニアにはどんなスキルが必要となるのか、以下で列挙します。

  • コンピューターやネットワークなどの基礎知識

  • ITエンジニアとしての技術力(プログラミング言語、資格)

  • プロダクトをより良いものにするためのアイディアや提案力

  • クライアントとの折衝を柔軟に行うコミュニケーション能力

  • プロジェクトを統率するマネジメント能力

  • 経営に関する知識(ITコンサルタントを目指す場合)

こうしたシステムエンジニアに必要なスキルは、対象とするシステムが違っていても、インフラエンジニアの仕事でも身に付けることができます。システムエンジニアは、プログラミングについての高度なスキルが求められないこともありますが、プログラミングのスキルや理解があれば、実際に作業にあたるプログラマーとのコミュニケーションがスムーズに行えます。

では、次にシステムエンジニアが1つのプロジェクトで行う、立ち上げから終了までの基本的な一連の仕事の流れは以下に見ていきます。

  • 1. クライアントと打ち合わせをして要件定義をする

  • 2. システムの基本設計や詳細設計を行う

  • 3. 実際にシステムの開発を行う(プログラミング)

  • 4. システムのテストや評価を行う

  • 5. システムの運用

このように、プロジェクトを進めていく仕事は、インフラエンジニアでも、ほかのシステムエンジニアの場合でも、基本的には同じです。つまり、インフラエンジニアの経験が、システムエンジニアに転職した場合でも、十分に活かすことができるのです。

システムエンジニア未経験者の採用が広がっている!

近年のIT市場の拡大に伴い、システムエンジニアの不足に悩まされている開発現場も少なくありません。そんな中、最近では未経験者の採用が新卒・中途ともに拡大しています。また、文系や理系、女性や男性など性別も関係なく、さまざまな人がシステムエンジニアへの転職に挑戦しています。

未経験者でも採用するという流れの背景には、システムエンジニアに高いコミュニケーション能力や語学力などが求められていることも要因としてあります。システムエンジニアの仕事は、キャリアが上がっていくにつれ、人と向き合って対話をしながら進める仕事が増えていきます。未経験でも採用される人の中には、そういったコミュニケーション能力が評価されている人も数多くいます。

とはいえ、まったくの未経験でシステムエンジニアとなった人は、入社してから実務と並行して、ITに関する基礎知識やプログラミング言語を勉強する必要があります。最新のIT技術は日々進歩しており、休日も資格取得のために勉強するなど、努力が欠かせないのも事実です。

その点、インフラエンジニアとしての勤務経験がある方は、就職してからも有利です。企業にとっては教育に時間をかける必要がなく、即戦力となる人材であるからです。そのため、インフラエンジニアの経験が採用においては高い評価となります。さらに、経験があるからこそシステムエンジニアとして今後どんなことをしていきたいのか、未経験者よりも明確にアピールすることもできるため、採用される可能性は高くなります。インフラエンジニアとして積んできた経験を、自信を持って採用担当者にアピールしましょう。

インフラエンジニアからシステムエンジニアへの転職

インフラエンジニアは、拡大するネット社会を陰で支えるという社会的に責任の大きな仕事です。インフラエンジニアとしてのスキルをさらに伸ばしていくことも大切ですが、その経験をシステムエンジニアとして、活かせる道もあるということも覚えておきましょう。
「エンジニアとして今後どのような未来を実現したいのか?」「もっと自分の力を活かせる場所があるのではないか?」と思ったら、新たな挑戦のために「転職」という選択肢も考えてみましょう。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。