未経験でもシステムエンジニアになれる!年齢とスキル・資格の関係とは|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

未経験でもシステム
エンジニアになれる!
年齢とスキル・資格の関係|

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

未経験者がシステムエンジニアとして採用されるかどうかには、「年齢」と「スキル」「資格」が深く関係しています。
では実際、「何歳までなら採用されるのか?」「最低限求められるスキルとは?」「今からでも身に付けられる資格はあるのか?」など、気になるポイントをご紹介します。

未経験でもシステムエンジニアになれる「年齢」って何歳まで?

未経験の方がシステムエンジニアに転職するとすれば、25歳くらいまでに転職するのが安心です。
若手採用の場合、入社後に数ヵ月間の社内研修制度を設けていることが多いので、特に未経験でも安心できると思います。「若手ほど転職のチャンスが大いにあり」といえるでしょう。

25歳以上の未経験者はシステムエンジニアになれないの?

25歳以上の未経験者で、システムエンジニアになりたいという方も、あきらめるのはまだ早いです。
IT関連の資格を持っていたり、独学でもプログラミングの知識を持っていたりすれば、未経験でも評価してもらえることがあります。また、30代以降の未経験者となると、厳しいのが現実ですが、可能性はゼロではありません。採用されているのは、前職の「業界知識」が生かせるケースです。例えば、「流通業界で働いていた人が、流通系の開発を得意とするシステム会社へ転職する」といった場合などが挙げられます。
社会人経験が長いことで、仕事を円滑に進めるための常識や臨機応変な対応力を評価する会社もあります。

未経験でもシステムエンジニアになれる「スキル」とは?

未経験からでもシステムエンジニアへの転職を成功させるために、持っておくと役に立つ「スキル」があります。一つひとつ説明していきましょう。

プログラミング知識は王道を押さえる

システムエンジニアが用意した仕様書を基に、プログラマーがシステムを開発するので、パソコンと向き合ってプログラムを組むという仕事は、プログラマーの業務範囲になります。しかし、システムエンジニアにもプログラミングの能力があることは求められます。
「プログラミング知識を身に付けたい」といっても、いくつものプログラミング言語をすべて覚える必要はありません。実務で使われる言語は限られていますので、まずは王道のプログラミング言語を学ぶのがいいでしょう。

まず、最も王道で、案件数が多いプログラミング言語は「Java」となります。また、近年のトレンドとして、スマートフォンのアプリ開発の際に用いられるプログラミング言語として「Objective-C」や「Swift」などがあります。王道とトレンドのプログラミング言語を扱えるようになれば、システムエンジニアとしての需要は高まるでしょう。

コミュニケーション&交渉力は職歴からアピール!

意外に思う方もいるかもしれませんが、コミュニケーション能力や交渉力は、システムエンジニアにとって非常に重要となります。
システムを作り上げるには、顧客とのやりとりはもちろん、プロジェクトメンバーとのコミュニケーションを、スムーズ且つ綿密に行う必要があります。

システムエンジニア未経験の場合は、生まれ持った、もしくは前職で培ったコミュニケーション能力をアピールできれば、採用に際してプラスに働くでしょう。前職が営業職や接客業、サービス業など、コミュニケーションが重視される仕事であったなら、それをアピールしない手はありません。

持っておくと役に立つIT関連資格

医師や看護師、弁護士になるには資格が必要です。しかし、システムエンジニアになるための資格は用意されていません。「私はシステムエンジニアです」と名乗ってしまえば、あなたはもうシステムエンジニアなのです。
誰でもなれてしまうシステムエンジニアだからこそ、業務に関連する資格を取っておけば、転職の際に役立つでしょう。また、給与などの待遇面でもメリットがありますので、資格を取得することをおすすめします。
ここでは、そんなシステムエンジニアにおすすめの資格の中から、いくつかピックアップしてご紹介します。

情報処理技術者試験

「情報処理技術者試験」は経済産業省が認定する国家資格で、IT系資格の中で最も多くのエンジニアが取得しています。高度IT人材となるために必要な基本的知識と技能を備え、実践的な能力を持つことを認定する資格となります。
情報処理技術者試験は、ITエンジニアの登竜門的な資格である「基本情報技術者試験」と、さらなるレベルアップを図る方のための「応用情報技術者試験」などがあります。多くの方が受験する資格となりますので、問題集や解説本も充実しています。

ベンダー資格

ベンダー資格とは、マイクロソフトやオラクルなどの製品ベンダー企業が独自に認定している資格試験のことです。その種類はさまざまありますが、代表的なものは下記のとおりです。

代表的なベンダー資格

  • マイクロソフト「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」

  • オラクル「オラクルマスター(ORACLE MASTER)」

  • IBM「DB2グローバルマスター」

  • Linux「LPIC」

  • Cisco「シスコ技術者認定」

オラクルやCiscoなどのベンダー資格は、その製品を利用する仕事に関わる場合や、さらに高度な知識を得たいときに取得するといいでしょう。

挑戦するあなたの味方、転職エージェントを賢く利用

未経験の方がシステムエンジニアになるには、ある程度年齢が若くないと非常に厳しいです。しかし、未経験でもスキルと資格さえあれば、転職の可能性は残されています。
ただし、いくらスキルと資格があっても、未経験からシステムエンジニアへの転職を成功させるのは難しいでしょう。そんなときは、マイナビエージェントにおまかせください。転職活動に際し、「面接対策のアドバイス」や「応募書類の添削」など、具体的なサポートをいたします。
転職活動は、自分一人だけで対策を練るよりも、転職のプロのアドバイスを参考にして、具体例を聞きながら挑むのが効率的です。まずはお気軽に、転職支援サービスにお申し込みください。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。