第二新卒でSEに転職!IT業界で求められるスキルと転職成功のポイント|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

SEを目指す

第二新卒者必見!転職

成功のポイントと求め

られるスキルを徹底解説

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

フレッシュさとビジネスマナーを身に付けていることから、企業の積極採用も増えてきている第二新卒。そんな第二新卒に最も人気の転職先は、求人数の多いIT業界です。中でもSE(システムエンジニア)は求人数が多く、「スキルを生かせる」「自社内で仕事ができる」といった理由から人気となっています。そこで今回は、第二新卒者がSEを目指す際の転職成功法や仕事の内容、求められるスキルをご紹介します。

さらに、最近第二新卒の間で希望者急増中の、社内SEへの道も併せてご紹介します。

第二新卒がSEに注目する理由

第二新卒者がSEを希望する理由は、「新しい技術を取得できる」「これまでの経験をIT業界で生かしたい」などさまざまなようです。

また、SEとして働いていた方が、「もっと自分を生かせる会社で働きたい」「下請けのシステム設計や開発より、上の工程を経験したい」など、スキルアップのために転職する例もあるようです。

SEの求人は流動性が高いため、第二新卒でも活躍できる機会が多い職種といえそうです。

採用企業も第二新卒に注目!

SEはシステム開発や設計、テストなど、開発全般を行うプロです。Web系の企業が多い今、非常に重宝される存在です。

実際、採用において第二新卒を積極的に求める企業は多いようです。その理由は、短期間とはいえ、社会人経験があるため、基本的なビジネスマナーが身に付いていること。また、新卒のSE採用が激化している就職戦線にあって、第二新卒は比較的獲得しやすいと考えられていることも、企業が注目する理由のようです。

SE(システムエンジニア)とは?

SEは、情報システムの開発現場で、顧客の要求から仕様を決定し、大まかな設計をするまでの上流工程を担う職業です。また、プロジェクト全体を管理し、円滑に進める、マネージャーの役割も求められます。

SEの業務の内容は、企業やプロジェクトによっても異なりますが、一般的には次のようなものが挙げられます。

  • 見積もり
  • 予算管理
  • 進捗管理
  • メンバー管理
  • 要求分析
  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • テスト

開発するシステムにおいて行うべきことを計画し、それに沿ってエンジニアがスムーズに開発していける環境を作ることが重要です。

SEとして転職するために求められるスキルと適性

第二新卒のSE志望者に求められるスキルは、まずは知識やエンジニア経験です。

SEがプログラミングを行うことは少ないですが、要件定義やシステム設計を行ったり、プログラマーとのやりとりを円滑に行ったりする上では、プログラム言語に関する知識は必要になります。研修が充実している企業では、入社後に身に付けることも可能ですが、専門性の高い知識ですので、学んでおいて損はありません。国家資格である、情報処理技術者試験に合格しておくと有利のようです。

適性としては、コミュニケーション能力が求められます。SEはプロジェクト全体の管理を行うため、社内外を問わず、多くの人と接触します。特に外部の顧客と折衝しながらシステムを開発していくため、顧客に難解なシステムをわかりやすく説明する能力や、相手の要望をくみ取る能力も必要となります。

また、体力や精神力がある方も重宝されます。開発中のシステムが納期に間に合いそうにないときなどは、残業や休日出勤も珍しくありません。

逆に考えれば、知識やキャリアに自信がない…という第二新卒の方も、体力や集中力に自信があればチャンスといえるでしょう。

SEとして仕事をする上でのやりがいは?

第二新卒がSEとして働く上での喜びは、やはり自分が開発したシステムが完成した瞬間にあります。ひとつのプロジェクトを、多くの人とともに成功させたときの感慨はひとしおです。

また、新しい知識を身に付けられることもメリットのひとつです。第二新卒のSEは、キャリアのある先輩や新卒の方とともに開発をしながら、次々と新しい知識や技術を習得できます。こうした過程を通して、みずからの成長を実感できることを喜びと感じる方も多いようです。

SEとして実績のない第二新卒者が、SEとしての転職を成功させるコツ

第二新卒が転職活動をする上で、大きなライバルとなるのが新卒です。新卒との差をアピールするためには、知識やスキルだけでなく、経験がものをいいます。さらに、即戦力を求める企業側は、第二新卒はビジネスマナーがあって当然と考えています。言葉遣いや電話対応など、社会人としてのマナーは身に付けておきましょう。

第二新卒から社内SEになるためには?

今、第二新卒の求人で増えているのが社内SEです。社内SEとは、社内でパソコンのトラブルシューティングを行ったり、システムを開発したり、マネジメントを行ったりする仕事となります。SEの中には下請け業務など、待遇の良くない環境で働いている方も多いため、待遇の良い社内SEを目指す方が多いようです。実際、新卒でSEだった方が第二新卒で社内SEに転向する例も多く見られます。

ただ、それだけに倍率が高いのも実情です。そこで、第二新卒が社内SEになるためには、やはりプログラミングスクールなどでの研修を通し、知識や経験を身に付けておくことが大切です。

社内SEの求人の探し方

社内SEの求人はどのようにして探したら良いのでしょうか?現在SEとして働かれている方は、効率的に求人を探せる、IT系に特化した転職エージェントの利用をおすすめします。

その理由は、IT業界を熟知した転職エージェントの場合、企業担当者にスキルを的確に伝えてくれるだけでなく、企業によって異なる社内SEの業務内容も詳しく把握しているからです。

また、社内SEの業務内容は企業によって異なるため、内部の方でないとわからないものです。その点、企業の採用担当者とパイプのある転職エージェントなら、就職活動における企業ごとの傾向と対策もアドバイスしてくれるでしょう。

SE未経験の第二新卒の方は、プログラミングスクール等で研修を受け、その旨を転職エージェントに伝えることが大切です。SE未経験の方でも歓迎の社内SEの求人はありますが、当然、SE経験者のほうが有利になる可能性が高くなります。しかし、そもそも第二新卒は、経験や実績よりも、やる気やポテンシャルなどが重視されます。なぜ社内SEになりたいかや、やる気等をしっかり転職エージェントにアピールすることで、企業の採用担当者の目にとまりやすくなるかもしれません。

今後、さらなる成長が見込まれるIT業界。実際、第二新卒で異業種からSEを目指す方も多いようです。その中で、第二新卒者のSEを求める企業も増えてくるでしょう。転職を成功させるためにしっかり対策を行い、ぜひ転職を成功させてください。

「第二新卒」TOPにもどる

 はじめて転職する方向けお役立ちコンテンツ

第二新卒での転職を考え中の方へに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。