医療業界の営業職の仕事とは?営業の種類や向いている人の特徴を紹介|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

医療業界の営業職の仕事とは?
向いている人や転職のポイント

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

医療業界の営業職といっても、あまりピンと来ない職業かもしれません。しかし、さまざまな医療機器や消耗品、検査薬などを扱う営業職は、医療現場を支える重要な仕事です。

ここでは、医療業界の営業職の主な仕事内容や必要なスキル、資格などについてご紹介します。

医療機器や消耗品の営業を行う医療業界の営業職

医療業界の営業職は、メーカーや卸商社、輸入商社などに所属して、自社が扱う医療機器や消耗品などの医療資材を売り込むことが主な仕事です。商材は会社によってさまざまで、CTやMRIなどの大型機器を手掛けることもあれば、注射器や消毒用のガーゼなど、頻繁に使う消耗品を扱うこともあります。

また、手術で使用する特殊な医療機器については、その使い方のアドバイスなどのため、手術現場に立ち会うこともあります。他業界の営業職と比較すると、買い手側に近い場所で仕事をする機会が多いといえます。

医療業界の営業職が扱う商材にはさまざまな種類がある

医療業界の営業職が扱う商材は多岐にわたり、それによって営業スタイルも大きく変わります。メーカーであれば自社製品のみを扱いますが、卸商社や輸入商社では複数の会社の製品を扱うことになりますから、それぞれの特徴を正確に把握しておくことも重要です。

ここでは、医療業界の営業職が扱う商材の例を詳しく見ていきましょう。

  • 大型の検査、診断機器

    CTやMRIなどの大型機器は単価が非常に高く、場合によっては数億円以上というものもあります。そのため、飛び込み営業で買ってもらえるというものではありません。

    医師はもちろん、病院の経営トップへのアプローチは不可欠ですし、予算案や経営戦略にも関わるなど、コンサルタントに近い業務内容になります。

  • 手術用医療機器

    カテーテルやステント、ペースメーカーなど、手術で使う機器などを扱う営業職は、機材の使い方をレクチャーしたり、万一の際のサポートのために手術現場に立ち会ったりすることもあります。感染症が多くなる秋から冬にかけては手術件数も増え、立会いが多くなる時期といわれています。

    一般の営業職以上に、より顧客に近い場所で仕事をすることが多くなるため、日頃から定期的に顧客を訪問し、良好な関係を築いておくことが大切です。

  • 検査機器や試薬

    血液検査や尿検査などに使う小型の機器や試薬などの営業をする場合、病院だけでなく大学や検査機関などに納品することが多く、手術時の立会いなどもありません。一度契約に至ると継続的に使用することが多いため、比較的落ち着いて仕事ができるといえるでしょう。

医療業界の営業職に必要なスキルや資格はあるの?

医療業界の営業職となると、専門的な知識が求められるイメージがありますが、入社時に必要な資格は特にありません。営業の際に車を使うことも多いため、普通自動車の運転免許があると安心でしょう。

自社で扱う商品の扱い方やそれに関する医学的な知識については、入社後の勉強で問題ありませんが、医療業界は、分野によっては開発競争が非常に厳しく、変化のスピードも速いため、常に勉強をして情報をキャッチしていく必要があります。

また、高額な機器を販売するとなれば、医師だけでなく事務や経営トップとの関係構築も必要ですから、誰からも信頼され、適切な提案ができる能力が求められます。

病院は人の命を預かる現場です。誰もが緊張感のある中で仕事をしていますし、特に医師の仕事は激務です。そんな人たちが時間を割き、あなたの話を聞いてくれるようになるのは簡単なことではありませんが、そうした関係を作ることが重要でしょう。

年収や待遇、将来的なキャリアプランは?

医療業界の営業職の年収平均額は、500万円台の半ばといわれています。しかし、会社によっては30代半ばで600万円から900万円近くまでと、かなりの幅があります。

給与水準の高い外資系企業が多いこともあり、他業界と比較すると平均年収は高めですが、年収や待遇は会社や扱う商材の内容によって大きく異なります。そのため、医療業界への転職を希望する場合、仕事内容と年収のバランスを見極めることが肝心です。

また、インセンティブの割合が高いことも、この業界の特徴です。固定給や各種手当の額と併せ、事前にしっかり確認しておきましょう。

将来的には、一般の営業職と同じく、社内でのポジションを上げていくことになりますが、医療機器のスペシャリストと呼ばれる「臨床工学技士」の資格を取得すれば、機器の性能や効果について病院側に説明する、営業支援への道が開けます。

人の役に立ちたいという強い意志が活かせる業界

医療は、私たちの生活に不可欠なものであることはもちろん、高齢化とともに医療業界の市場規模は拡大傾向が続いています。そのため、業界としての安定性は抜群ですが、それだけに競争は激しく、個々の営業職に対する要求もシビアになりがちです。

しかし、医療業界の営業は、一般の営業職と比べて売り手市場に近く、医師や医療の現場に深く関われる仕事です。

人の健康や命を守る現場と関わることは、仕事のやりがいにもつながります。また、他業界と比較しても、報酬や待遇の点で優位な職業といえるのではないでしょうか。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。