転職社数による書き方の違い|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

転職社数による
書き方の違い

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職活動を行う際には、複数社の転職歴があると転職活動に不利になるといわれています。アメリカなどでは、転職を繰り返してキャリアアップを行っていくというような考え方がありますが、終身雇用の気風がまだ残る日本ではまだまだ転職回数=キャリアだとは見られず、転職回数があまりに多いと定着率が低いとみなされるなど、マイナス評価になる場合もあります。

転職回数が多いと転職に不利になる?

転職回数が多いと転職活動に不利になるといわれていますが、何社くらいの勤務歴があると転職に不利になるのでしょうか?

  • 20代は3社、30代は5社まで

    人事担当者は、20代であれば3回以上、30代であれば5回以上の転職歴があると転職回数が多いと感じるようです。就業期間も重要で、転職回数が多く、就業期間も短い場合には、「定着率が低く、再度離職するリスクがある」と捉えられてしまします。一方で就業期間が長ければ、「業務経験をしっかり積んだうえで、スキルアップなどのために転職を行っている」などといったプラスの印象を持ってもらえる可能性もあります。転職回数も見られる大きなポイントですが、1社ごとの就業期間が長いか短いかも非常に重要なポイントとなります。

  • 複数社の転職が不利になる理由とその対策

    転職歴が複数社の場合は、転職活動の際に採用担当者にマイナスのイメージを与えてしまうことがあるといわれていますが、その理由としては以下の3点があげられます。

    • 理由1自社でも早く辞めてしまうかも

      例えば大学卒業後3年間で3回も転職歴がある方は、1年に1回職を変えていることになりますが、そのような職務経歴書を採用担当者が見て最初に思うことは「自社でも1年くらいで辞めてしまうのではないか?」という点です。このような心配を払拭するために職務経歴書には退職理由を明確に記入し、今後はそのようなことがないと説明する必要があります。

    • 理由2ストレスの耐性は大丈夫か

      転職者歴が多い方について採用担当者は「我慢があまりできない人」など捉える場合があります。我慢にはストレスが伴うものですので、転職歴が多い方の場合、「ストレスに弱い人」と判断されてしまうこともあるでしょう。例えば、転職先の仕事が営業であれば、設定されたノルマや目標に耐えることができるか、クライアントからの要望やクレームに対応できるのか、などが懸念されることになりますので、これらのことを不安視されないためにも、やはり職務経歴書において前向きな退職理由を記載しておくことが大切です。

    • 理由3職種に一貫性がない場合は能力面をアピール

      複数社の職務歴がある場合には、総務の仕事をしていた期間もあれば、営業の仕事をしていた期間もあるかもしれません。そのため、仕事の内容に一貫性がなく、「特定分野でプロとして即戦力になる力があるか」ということについて疑念を持たれる場合もあります。このような疑念を持たれないためには、今までのキャリアで得たものを詳細に職務経歴書に記入することが非常に重要です。今までの就業内容から、自身の能力面にフォーカスし、転職先にどのように貢献できるかをしっかり考えて記載していきましょう。

転職回数2回以上の職務経歴書の記入方法

ここまでの理由を反映したうえで、職務経歴書の記入方法をご説明します。数多くの会社に勤務歴がある方は、その回数をデメリットと思わずに自分のキャリアとして積極的にアピールするようにしましょう。

  • 転職歴は正直に

    転職歴が多いと転職活動に不利になると聞くと、職務経歴書に記入する職歴を少なく書いておきたくなるものですが、職務経歴書には正直にキャリアを記入しましょう。虚偽の記載をしても、年金や雇用保険の加入履歴から転職歴が発覚する場合もあり、そのような嘘が後から発覚した方がもっと大変になります。

  • 記入方法は分かりやすく

    職務経歴書は決まった書式がないため、過去の職歴をどのように書くかは完全に自由ですが、読む側が読みやすいという点が一番大切です。3社以内程度の勤務歴であれば時系列ごとに記入していく方法が人事担当者にとって見やすい記入方法です。
    4社以上になり、その職務の内容が会社ごとに異なる場合には、職務内容ごとに職歴を分類して記入する方法もあります。この方法の場合、時系列順に転職歴が並ばないため、読む側に「転職歴が多い」との印象を持たれないという効果がありますし、職務内容ごとに分類することによって「この人はさまざまな職務をこなしており経験豊富だ」と思わせるという効果もあります。ご自分の職歴に合わせて自分を最もアピールできる方法で職務経歴書を記入しましょう。

  • 退職理由を明確にポジティブに

    退職の理由は必ず記入するようにしましょう。その際「嫌だから」「飽きたから」「疲れたから」などのような消極的な理由ではなく、「キャリアアップのため」といったようなポジティブな理由を記述しましょう。
    また転職することによって、給料やスキルや社内の待遇など自分の何かが向上している書き方にできるとよいです。意味のある転職を行っているという印象を与えると転職回数がマイナス要素とはなりにくくなります。

  • キャリアがバラバラな方はユーティリティ性や広い人脈をアピール

    営業やエンジニアや接客などといったように、経験してきた職務のキャリアがバラバラな方は、職務経歴書の職歴を、職務ごとに分類して総合力とユーティリティさをアピールするのも1つです。「異なる職種に従事した経験があるからこそ、今までの人脈やキャリアを転職先の企業で生かすことができる」「なんにでも積極的にチャレンジでき、自分のものにしていける」という具合に前向きな印象を与えるような書き方を心がけてください。職務経歴書は自分をアピールしていくものなので、どんな職歴であれ、積極的に前向きな記載をしてくことが大切です。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

転職社数による書き方の違いに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。