アプリ開発系に転職したいシステムエンジニアが知っておくべきこと|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

アプリ開発系に
転職したいシステム
エンジニアが
知っておくべきこと

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

IT業界における「アプリケーション」とは、職場や業務によってかなり定義が曖昧な概念です。転職を検討する際には、「アプリ(アプリケーション)開発」が具体的にどのような案件なのか、明確にイメージできないシステムエンジニアも多いのではないでしょうか。そこで、「システムエンジニアにとってアプリ開発とはどんな仕事なのか?」を掘り下げてご説明します。

アプリとは何か?

アプリケーションはアプリケーションソフトウェアの略で、パソコンやスマートフォン、タブレットなどで特定の作業を行うために使用するソフトウェアのこと。単に「アプリ」と略すことが多くなっています。
最近ではアプリの開発スピードと量が目覚ましく、次々と開発されるアプリによって、私たちが持っているパソコンやスマートフォンはますます便利になっています。そんなアプリケーションには、様々な分類がありますので、その一部をご紹介します。

ウェブアプリケーション

ウェブアプリケーションとは、スマートフォンやパソコンにインストールして使用するソフトウェアとは異なり、ブラウザ上で使用できるアプリのことを指します。ソーシャルゲームはその代表例です。また、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNS、Amazonや楽天市場などのECサイト、GmailやYahoo!メールなどのメールサービスも、広義のウェブアプリといえます。

スマホアプリ

いわゆるスマートフォン用のアプリケーションです。iPhone向けやAndroid向けなど、今や膨大な数のアプリが存在し、全世界で2016年までにアプリストアからダウンロードされた件数は1,493億件にも達しています(米App Annie調べ)。その数や需要は、今後もさらに増加すると考えられるため、スマホアプリ開発を行うアプリケーションエンジニアの需要はさらに高まるといわれています。

業務系アプリケーション

業務系アプリケーションとは、企業が日々行う業務を効率的に行うために使用するアプリのことです。たとえば、顧客情報の管理や営業売上の管理、社員の勤怠管理などをシステム化したものがそれにあたります。

アプリケーションエンジニアとはどんな仕事か?

様々なアプリケーション開発を支えているのが、アプリケーションエンジニアです。アプリケーションエンジニアは、システムエンジニア(SE)の中でも特にアプリケーションを扱うITエンジニアのことを指します。そこで、アプリケーションエンジニアの具体的な仕事についてご紹介します。

まず、アプリケーションエンジニアの主な仕事内容には、以下のようなものがあります。

  • 顧客と打ち合わせ、開発するシステムの要件定義を行う

  • 取りまとめた仕様を基にシステムの設計を行う

  • コーディング(実際にプログラミングを行う作業)

  • 開発したシステムのレビュー(動作テスト)

  • システムの運用、保守

このように、アプリケーションエンジニアは、アプリ開発の初めから最後まで一連の流れを担うため、ネットワーク、データベース、プログラミング言語など、システム開発における豊富な経験や知識が必要です。さらに、顧客との打ち合わせで要望を引き出すコミュニケーション能力や、プロジェクトをまとめながら円滑に進めるマネジメント能力も求められます。一般のシステムエンジニアと違い、アプリケーションエンジニアはフロントエンドからバックエンドまで、一貫して開発に携わることが多くあります。

女性が活躍しやすいアプリケーションエンジニアの世界

IT技術者全体の中でアプリケーションエンジニアは約39%と、他の職種に比べて圧倒的な存在感を示しています(ITスキル研究フォーラム「IT技術者向けスキル診断2016年度調査レポート」2016年10月)。
また、同調査レポートによると、アプリケーションエンジニアの男女比は、男性が約82%、女性が約18%となっており、その大半を男性が占めています。しかし、アプリケーションエンジニアの男女比は、他のIT系職種に比べて女性の割合が高くなっており、女性が活躍しやすい分野といえるでしょう。

アプリケーションエンジニアの魅力と将来性

拡大するアプリ市場の中で、需要の高まるアプリケーションエンジニアですが、実際にアプリケーションエンジニアの仕事にはどんな魅力があるのでしょうか。その魅力と将来性についてご紹介します。

40代での年収はプログラマよりも2〜3割増しに!

アプリケーションエンジニアの魅力は、まず年収の高さです。年収には個人差もありますが、先の「IT技術者向けスキル診断2016年度調査レポート」によれば、アプリケーションエンジニアの平均年収は451万円です。さらに、実際の転職市場では他のエンジニアと比べ、40代では年収が約2割から3割ほど高くなるともいわれています。年収の増加率が高いという点が、アプリケーションエンジニアの魅力といえるでしょう。

アプリケーションエンジニアの先に待つキャリアパス

アプリケーションエンジニアの2つ目の魅力は、キャリアパスです。アプリケーションエンジニアとして様々な経験を積むことで、プロジェクトマネージャーやITコンサルタント、さらには独立して経営者になるというキャリアパスも考えられます。そんなアプリケーションエンジニアの先にあるキャリアパスをご紹介します。

  • プロジェクトマネージャー(PM)

    プロジェクトマネージャーは、システム開発の責任者として、プロジェクトチーム全体を統括し、指揮をとる仕事です。アプリケーションエンジニアとしての経験や知識だけでなく、経営的な観点から顧客と折衝を行うコミュニケーション能力、さらにチームをまとめ上げるマネジメント能力が必要となります。

  • ITコンサルタント

    ITコンサルタントは、顧客の経営に関わる課題を解決するための提案を行う仕事です。経営課題の解決策として、システムの導入を提案したり、業務の効率化につながるシステムの企画や立案、さらにはシステムの運用評価などを行ったりするため、アプリケーションエンジニアとしての豊富な経験が活かせます。さらに、問題解決能力や経営の知識、マネジメントスキルなど、幅広い能力が必要な分、1,000万円近い年収を稼ぐ人も少なくありません。

  • 独立して経営者に

    IT業界では、企業に在籍してエンジニアの経験を積んだのち、独立して会社を立ち上げる例が多く見られます。急成長するアプリ市場の中で、アプリを開発してヒットさせ、新しい事業を立ち上げて経営者として成功したエンジニアも少なくありません。

アプリケーションエンジニアに求められるスキル

未経験者やシステムエンジニアがアプリケーションエンジニアを目指す際に、どんなスキルが必要となるのかをご紹介します。

アプリケーションエンジニアに必要とされる言語

アプリケーションエンジニアが必要とする言語は、開発するアプリケーションの種類によって異なります。その一例をご紹介します。

業務系アプリ Java、C、C#
Webアプリ バックエンドは、Java、C、Ruby、PHPなど
フロントエンドは、HTML、CSS、JavaScriptなど
他、サーバーやMySQLなどの知識も必要
スマホアプリ iPhone用アプリはSwift
Android用アプリはJava、Kotlinなど

これだけ見ると、アプリケーションエンジニアへの道はハードルが高そうにも感じますが、エンジニアが不足している状況では未経験者を採用している企業もあるため、アプリ開発にチャレンジしたいという方はあきらめる必要はありません。言語はいくつもありますが、構文が似ているものも少なくありません。新しい言語を覚えるためには、似た構文のものから順に覚えていくのが近道です。

アプリケーションエンジニアに求められるさらに上の能力とは?

アプリケーションエンジニアに必要なのはプログラミング言語の知識だけでなく、システムをより良いものにしていくためのアイディアや改善点といった、提案力も求められます。さらに、上流工程を担うようになれば、プロジェクトの監督者としてのマネジメント能力や、コミュニケーション能力も重要です。

アプリ開発を取り巻く技術は、日々進化しています。最新技術の変化にもアンテナを伸ばして柔軟に対応し、勉強し続けていく向上心も、アプリケーションエンジニアにとっては必要な能力です。

アプリケーションエンジニアは将来性のある職種

システムエンジニアの中でも、特にアプリケーション開発を行うアプリケーションエンジニアは、今後ますます必要とされている職種です。システムエンジニアとしての経験があれば、アプリケーションエンジニアへの転職でも評価される可能性は高いといえます。アプリ市場は拡大の一途をたどっており、需要の高まりに伴いアプリケーションエンジニアも人手不足であるため、未経験者を採用する企業も増えています。将来性のあるアプリケーションエンジニアの転職に、チャレンジをしてみてはいかがでしょうか?

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。