ITコンサルタントが転職する際の「5つの勘違い」と「面接マル秘対策」|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

ITコンサルタントが
転職する際の
「5つの勘違い」と
「面接マル秘対策」

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

ITエンジニアの最終目標といわれるように、「転職したいけど、ITコンサルタントになるのは難しいのでは?」と尻込みしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、意外と間口は広く、イメージ先行の勘違いが多いのも事実です。

そこで今回は、ITコンサルタントへの転職に関する誤解を解くとともに、面接のマル秘対策をご紹介します。

ITコンサルタントへの転職を目指す方は、ITコンサルタントへの知識を深め、イメージを改めたうえで、しっかりと面接対策を立てて転職活動を進めましょう。

また、マイナビエージェントではITコンサルタントの求人情報も豊富にご用意しております。ぜひ、自分の条件に合った転職先をお探しください。

1. ITコンサルタントとは?

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

ITコンサルタントとは、企業の要望に応じてシステムのコンサルティングを行い、ITを通じて経営や業務の改善につながるシステムの立案・提案をして課題の解決を図る職業です。具体的な仕事内容は、Webページの改善提案から課題解決のためのシステム開発まで、ITが関係するあらゆる部門(分野)にわたります。

どのようなシステムを構築すれば課題解決を図れるのかについて考える必要があるため、何かひとつずば抜けた能力を持っているプロフェッショナルというより、IT全般にわたる幅広い知識が求められます。さらに、論理的思考力やコミュニケーション能力の高さも重要です。

独立した場合は年収が1,000万円を超えることも多くあり、人気の高い職種の一つとされています。

2. ITコンサルタントとITエンジニア(SE)の違い

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

ITコンサルタントとSEは、いずれも情報システム開発の上流工程を担当する職種であるため、混同されがちです。ここでは、ITコンサルタントとSEそれぞれの役割と業務の流れをご紹介します。

2.1. ITコンサルタントの役割と業務の違い

ITコンサルタントの役割は、「ITをツールとして活用し、顧客企業の経営課題を解決する方法を考えること」です。

システムの設計・構築に先立って、顧客企業と調整を図りながら経営課題を見つけだし、どのようなシステムを導入すれば課題を解決できるかという提案を行うのが主な業務です。

提案が顧客企業に承認されたら、SEに「こんなシステムがほしい」と要望を伝え、SEは要望に沿ったシステムの開発に取りかかります。したがって、基本的にはITコンサルタントのほうが、SEより上流の工程を担当する職種となります。

2.2. SEの役割と業務の違い

SEの役割は、「顧客企業が要望するシステムの開発を行うこと」です。

SEは、ITコンサルタントが顧客企業に提案し承認を得た解決策をもとに、どのようなシステムが必要か顧客から詳しい話をヒアリングし、その内容をまとめてシステムの基本的な設定を決めます。

その後、プログラミングを行うためにさらに細かく仕様を決め、実際にプログラミングを行い、動作テストをするという工程を踏んでいきます。

このようにして、企業の経営課題に対して最適なシステムを構築するのがSEの業務です。

3. ITコンサルタントの業務内容

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

ITコンサルタントの仕事は、企業のIT戦略の策定からシステムの見直し、新システム導入の提案、システムの最適化や動作検証まで多岐にわたります。

その仕事内容は、次の3つの段階に分けることができます。

業務内容その1.ヒアリング・分析

顧客企業の経営者やITの統括責任者から、業務範囲や経営戦略、導入済みのシステム、業務のフローなどをヒアリングし、それらを整理・分析することで、IT分野で解決すべき企業の課題を洗い出します。

業務内容その2.提案

分析結果を踏まえて、新システムの導入など、企業の課題を解決するための提案を行います。

クライアントに対し、今の課題は何か、なぜこの方法なら課題を解決できるのかをしっかり伝えられるプレゼンテーション力が求められます。

業務内容その3.マネジメント

課題解決を見据えて採用されたプロジェクトを統括し、必要な人材を集めて、チームづくりや全体の進捗管理、クオリティの管理を行います。

また、ひと口に「ITコンサルタント」といっても、顧客企業が抱える課題などによって業務内容や役割は幅広く存在します。

続いては、ITコンサルタントの代表的な職種について取り上げていきます。

4. ITコンサルタントの職種

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

コンサルティング職は、ITを活用してビジネスの川上から川下まで俯瞰でとらえ、企業経営を支援する職種です。経営戦略、ビジネス最適化、顧客戦略、サプライチェーンの効率化の視点から大きく4つに分類されます。

それぞれ、以下のような業務を行います。

ITコンサルの職種1. IT戦略コンサルティング

顧客企業の経営戦略に整合する形でITをいかに活用し、事業に貢献させていくかというデジタル戦略の立案を行います。

「企業価値を向上するためのツール」としてITを位置づけ、経営戦略に沿ったIT戦略や、実現に向けた計画の策定など、ITを活用してさまざまな面から企業の支援を行います。

IT戦略コンサルタントには、ITの専門家としてだけではなく、マネジメントなど専門領域以外にも広く関心・興味を持つ積極的な姿勢が求められるといえます。

ITコンサルの職種2. ERPコンサルティング

人材、資金、設備、資材、情報など、企業の持つさまざまな資源をITシステムを用いて統合的に管理・配分し、経営の効率化を図ります。

クライアント企業の経営課題を解決することが求められ、そのために必要なITシステムの要件定義、設計から開発までのマネジメントを担います。

クライアントが抱える経営課題を把握し、最適な対応を図るべく、クライアントの業界や業務に関連する幅広く深い知識が必要です。

また、クライアントの業務やニーズをまとめ上げるため、社内外でのコミュニケーション能力や高い論理的思考能力が要求される職務と言えるでしょう。

ITコンサルの職種3. CRMコンサルティング

Webサイトやアンケート、コールセンターなどからもたらされる顧客情報を分析し、顧客ニーズに応じた商品・サービスを提供することによって、顧客企業の売上げ・利益の向上を支援します。

具体的には、顧客戦略の立案支援、ソリューションの検討・提案、導入プロジェクトの設計やマネジメントなど、クライアントの状況や要望に応じたコンサルティングを行います。

CRMコンサルタントは、クライアント企業のさまざまな部門と連携し、広い視野を持って顧客戦略の立案から導入・実行まで支援する必要があるため、論理的思考力やコミュニケーション能力、課題に対する主体性など、多様な能力が求められます。

ITコンサルの職種4. SCMコンサルティング

購買調達、製造、物流、販売、サービスといった、供給業者から最終消費者までの情報の流れを整理・統合して、サプライチェーン全体の効率化と最適化を図り、顧客企業の課題解決、収益の改善を支援します。

IT戦略コンサルタントを目指す人がまず知っておきたい職務内容や必要なスキルや能力、そして実際の働き方やそのやりがいまで、以下で詳しく説明しています。こちらも併せて、ぜひ参考にしてみてください。

5. 業界人ほど陥りやすい?ITコンサルタントが転職する際の勘違いとは?

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

ITコンサルタントへの転職を図る人の中でも、IT業界経験があるほど勘違いしやすいことがあります。ここでは、そんな勘違いを5つご紹介します。

勘違いその1. ITコンサルタントになるために「資格は必要?」

大前提ですが、ITコンサルタントになるために特定の資格は必要ありません。

よくある勘違いは、「MBA」や「中小企業診断士」「ITストラテジスト」などの資格を取得すれば、一人前のITコンサルタントになれるというものです。

それらの資格を所有していることは、基本的な知識を持っていることは示せますが、ITコンサルタントとして十分な知識を持っている証明にはなりません。

また、有名なコンサルタント会社は、高学歴の人を多く採用する傾向がありますが、有資格者が多いということはありません。これは、資格は「働き始めてからでも取得できる」ということが理由の一つといえるでしょう。

ITコンサルタントの現場は、試験や教科書に書かれているようなステレオタイプな問題はほとんどないため、柔軟性が求められます。

そのためには、突発的な問題にも対処できる「論理思考能力」や「コミュニケーション力」などの方が、資格よりも重要になります。

もちろん、資格を持っているに越したことはありませんが、資格がないとITコンサルタントになれないというわけではないのです。

勘違いその2. ITコンサルタントになるには「開発経験がないとダメ?」

ITコンサルタントをする上で、SEなど開発経験があったほうが良いのは事実ですが、開発経験がないからITコンサルタントになれないわけではありません。

事実、「未経験歓迎」のITコンサルタントの求人は多く存在しますし、理系ではなく文系からITコンサルタント会社に入社する方もいます。

これは、ITコンサルタントに求められる主な仕事が「顧客企業の現状分析」「課題抽出」「解決に必要な企画提案」など、ITに関わる前段階のものが多いことからも明らかです。

システム面に関連する事柄のうち、自身で解決できない問題については、SEやプログラマーなどに相談すればいいのです。

勘違いその3. ITコンサルタントになるには「若くないとダメ?」

ITコンサルタントは、スキルや仕事の進め方が特殊であり、場合によっては長時間労働も必要になってきます。そのため、「若くて体力があることが求められるのでは?」と考える方も多いはずです。

しかし、ITコンサルタントは年齢や経験に応じて求められるスキルが異なります。

30代であれば、それまでの経験や専門性を活かして即戦力のプレイヤーとして活躍することが期待されます。40代であれば、専門性の高さや経営的なスキルが求められる傾向があります。

ITコンサルタントへの転職は、経験と高いコミュニケーション能力があれば、年齢に関わらず成功する可能性は十分あるといえるでしょう。

勘違いその4. 外資系ITコンサルタントは「英語ができないとダメ?」

大手ITコンサルタント会社の中には外資系も多く、漠然と「英語が話せないとダメ」と勘違いしている方も多いのではないでしょうか。

この疑問に対する正しい認識は、「英語力は必須ではないが、できたほうがいい」ということになります。

外資系のコンサルタント会社では、上司が外国人であることが一般企業より多く、海外に行く機会もあるため、英語が必要な場面もあります。しかし、少なくとも応募の段階においてはそれほど重要ではありません。

英語力に関して重視されるのは、「英語を勉強する」姿勢です。企業によっては支援金が用意されていたり、英語力向上のための研修体制が整っていたりするところもあります。

自身のスキルアップのためにも、良い機会ととらえて、英語を習い始めるのも良いでしょう。また、外資系企業も日本国内のプロジェクトを多数抱えているため、全く英語を使わない部署も存在します。

英語力に自信がなくても、尻込みせずに応募してみてください。

勘違いその5. 人間関係やチームワークが淡泊なイメージ

コンサルティング会社はどちらかというとドライなイメージや個人の能力で仕事をしているイメージが強いかもしれません。しかし実際には、チームワークがないとうまく進められない仕事です。

ITコンサルティングのプロジェクトは、ITコンサルタントを含めた各分野のスペシャリストでチームを編成して実施されることが多いため、関わる人数も多くなります。

共同作業によってプロジェクトを進め、顧客企業の要望に応えていかなければならないので、人間関係やチームワークは非常に重要になるわけです。

6. ITエンジニア(SE)からコンサルタントに転職する3つの理由とは?

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

SEの方の中には、さまざまな理由からITコンサルタントへの転職を考えている方も少なくないでしょう。ここでは、SEの方がITコンサルタントへの転職を考える主な理由について、3つほどご紹介します。

理由1. ゆとりのある働き方をしたい

SEの仕事は、急な仕様変更や機能の追加なども多く、納期も厳しいことから、時期によっては激務になることもあります。また、SEに限らず、IT業界は人手不足から仕事量が増えてしまうことも少なくありません。

そのため、「ゆとりのある働き方をしたい」と、ITコンサルタントへの転職を考える方が多いようです。

理由2. より広い視野をもって仕事がしたい・全体を俯瞰したい

SEの仕事は、経営課題の改善案をシステムに落としこむための設計や要件定義などを行うことです。これに対して、企業の悩みを解決するシステムの全体的な構成を組み立てるのがITコンサルタントです。

このように、ITコンサルタントはSEに比べて広い視野、全体を俯瞰する立場で仕事を行うことができるため、SEからの転職を望むケースが見られます。

理由3. ビジネスの戦略立案に携わりたい

ITコンサルタントの仕事は、顧客企業の経営課題を解決しうるITソリューションを提案することです。そしてSEは、実際にシステムを構築し、実践までをサポートします。

つまりSEは、基本的にビジネス戦略の立案に直接かかわるわけではありません。戦略立案に携わりたいという希望がある方は、ITコンサルタント向きだといえるでしょう。

7. IT業界に求められる人材とは?

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

IT業界で求められるのは、幅広い知識やコミュニケーション能力、論理的に物事を考えられる能力といったヒューマンスキルを持った人材です。

基本的なIT知識は必要ですが、顧客の業種が多岐にわたることから、幅広い知識を持っていると重宝されるようです。

顧客と直接会って話をする機会も多いことから、コミュニケーション能力や論理的に説明する能力に長けた方は活躍の場が広がるといえるでしょう。

また、ITのスキルや知識は日々進化し続けているため、IT業界で働く人は常に勉強をし続ける必要があります。そのため、知識に貪欲で新しいものを吸収し、それを活用することができる人材も求められています。

なおマイナビエージェントでは、ITコンサルタントへの転職だけでなく、SEやインフラエンジニアなどの転職に必要なノウハウを多数ご紹介しています。ぜひご活用ください。

8. 採用面接での5つのマル秘対策術を伝授!

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

ここではITコンサルタントへ転職を考えている方を対象に、ITコンサルタントならではの面接対策を5つの項目に分けてご紹介します。

採用のマル秘対策その1. 論理的思考力をアピール!

すでに具体的な要望があるSE(システムエンジニア)とは違い、ITコンサルタントは、自ら顧客の要望(問題点)を見つけ、改善策を「論理的に提案」することが重要といわれています。

面接の際も同様に、面接官の質問に対し、理路整然と論理的に答えられるかがポイントになります。正確な答えでなくても、解答に至るプロセスが論理的であれば好印象を持たれるでしょう。

そのために「ポイントを押さえて端的に結論を述べる」「はっきりと話す」などの基本が大切です。

また、じっくり考えて答えを導くタイプより、質問に対して即座に反応し、無理矢理にでも結論を導き出す人のほうが、「柔軟性がある」と好まれる場合もあります。

もちろん、じっくり考えて答えたほうが良いこともありますので、それまでの面接官とのやりとりの中から「どちらが好まれるのか」を探ってみて下さい。

採用のマル秘対策その2. コミュニケーション力をアピール!

顧客を始め、多くの人と接する機会が多いITコンサルタントには、コミュニケーション力が不可欠です。そのため、面接のときに「人間性」や「おもしろさ」が問われる場合もあります。

そのような質問がなされたときは、面接官を顧客の一人と考え、どうすれば「一緒に働きたい」と思わせられるかを考えることが面接の突破口になるでしょう。

採用のマル秘対策その3. 自己鍛錬をアピール!

日々、さまざまな業務を行うITコンサルタントは、常に自らの腕を磨くこと=自己鍛錬が必要不可欠です。

特に面接では「ITコンサルタントになるために今どのような勉強をしているか(書籍を読んでいるか)」「ITコンサルタントになるために不足しているものが何で、どのような対策を立てているか?」などの質問に答えられなければいけません。努力の証を面接でアピールしましょう。

採用のマル秘対策その4. 体力・精神力をアピール!

時には、顧客からの理不尽な要求に応える必要もあるITコンサルタントは、他の職種と比べても激務であるといわれています。

そのため、意外と多くの企業で体力や精神力が重視される職種となっています。面接ではみずからの基礎体力や、これまで直面した苦難をどう乗り越えてきたかというアピール も重要となります。

採用のマル秘対策その5. 外見・動作・表情をアピール!

ITコンサルタントは顧客と接する機会が非常に多いため、SE以上に第一印象が重要になります。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによると、人の第一印象は「言葉や話の内容」よりも非言語である「外見・動作・表情・話し方・抑揚」などが大きく左右するとしています。

中でも一番影響力を持つのが、外見・動作・表情などの視覚情報です。ITコンサルタントの面接では、「服装」や「清潔感」はもちろん、話すとき(聞くとき)の「表情」に特に気を付けてください。

【番外編】ITコンサルタント特有の「ケース面接」とは?

ITコンサルタントの面接では、「ケース面接」と呼ばれる独特の面接法が使われる場合があります。

ケース面接とは、問題を面接官と一緒にディスカッションしていく面接方法のことです。例えば、「シカゴにピアノの調律師は何人いるか?」「日本に電柱は何本あるか?」といった問題が出されます。

「正確な答えがない(出せない)」場合がほとんどですが、求められているのは正答ではなく、「論理的に物事を組み立てて考えることができるか」または「本質を追って議論ができているか」という点です。

ケース面接については参考書なども出ていますが、答えではなく考え方を参考にする意味で利用するといいでしょう。また、ケース面接は一般的にフェルミ推定と言われています。

9. ITコンサルタントの適性があることを面接官に伝えることが大切

ITコンサルタント 転職 5つの勘違い 面接マル秘対策

最後に、基本中の基本ですがITコンサルタントの面接では、ITコンサルタントの仕事をしっかり理解しておくことが必須です。

陥りがちなのは、自己PRが面接官に「SEの即戦力」として伝わってしまい「コンサルタント適性がない」と判断されるケースです。ITコンサルタントの本質を理解した上で、面接に臨むようにしてください。

と同時に、最も危惧すべき状況は。ご自身が想像しているITコンサルタント像がそもそも間違っていたというケースです。

憧れだけで転職すると、理想と現実のギャップから後悔することにもなりかねません。条件の絞り込みや事前の情報収集を徹底し、ITコンサルタントという職種をきちんと理解してから、転職活動を進めたいものです。

マイナビエージェントでは、ITコンサルタントへの転職サポートにおいて、求職者と企業の双方から喜ばれてきた、数多くの実績があります。転職に関する疑問や業界に精通したエージェントから適切なアドバイスをを受けることができるため、転職でのマスマッチを最大限防ぐことができるでしょう。

ケース面接も含む「面接対策」はもちろん、応募前に「審査書類の添削」など、転職に関するあらゆることをキャリアアドバイザーがフォローする体制が整っています。まずはお気軽にお問い合わせください。

ITコンサルタントが転職する際の「5つの勘違い」と「面接マル秘対策」に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。