未経験からITコンサルタントになるための方法とは|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

未経験からIT
コンサルタント
になる方法

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

IT化が進む現代、年々需要が高まっている職業のひとつが「ITコンサルタント」です。
「経営コンサルタントは知っているけど、ITコンサルタントって何?」という方もいるでしょう。ITコンサルタントとは、その名のとおり、IT(Information Technology=情報技術)のコンサルタントのことです。しかし、具体的にどのような仕事で、なるためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。
今回は、多様な仕事をこなすITコンサルタントの基本的な情報をまとめました。

そもそも「ITコンサルタント」ってどんな人?

ITコンサルトを簡単に言うと「システムコンサルティングのプロフェッショナル」です。企業の要望に応えてシステムのコンサルティングを行い、ITを通じた問題解決を行います。経営や業務の改善につながるシステムを提案することはもちろん、すでにシステムを導入している企業には付加価値を提供するなどして、企業の成長を手助けしていきます。

多岐にわたるITコンサルタントの業務内容

ITコンサルタントの業務は、IT技術の発展により、多岐にわたるようになりました。ここでは、ITコンサルタントの代表的な4つの業務をご紹介します。

  • IT戦略コンサルティング

    企業のCIO(最高情報責任者)などの悩みを解決するため、ITを経営戦略の一部として活用し、具体的な方針や計画、指針を策定します。

  • ERPコンサルティング

    企業の持つさまざまな資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を統合的に管理・配分し、経営の効率化を図ります。

  • CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)コンサルティング

    Web、店舗、コールセンター、セールスなど、個々の顧客ニーズを把握。それぞれに応じたサービス・商品をタイムリーに提供するしくみを構築します。

  • SCM(サプライチェーン・マネジメント)コンサルティング

    購買調達、製造、物流、販売、サービスといった、供給業者から最終消費者までの業界の流れを統合的に見直し、全体の効率化と最適化を図ります。

ITコンサルタントの3つの業種

さまざまな仕事内容があるITコンサルタントは、その専門分野によって業種を3つに分けることができます。それぞれの業種で求められる能力も併せてご紹介しますので、ご自分に合った求人を探してください。

ビジネスアナリスト

「ビジネスアナリスト」は、ビジネス上の問題が起きたとき、経営戦略や会社の在り方などを分析し、問題解決のための「改善案」を提示します。

求められる能力

改善案を提示するためには、顧客と向き合って要望を聞き出す必要があります。そのため、「コミュニケーション能力の高さ」が求められます。

パッケージ導入コンサルタント

「パッケージ導入コンサルタント」は、ERP、SCM、CRMなどのソフトウェアパッケージを提案し、システムの設計・構築から、導入までを担当します。

求められる能力

パッケージ(ソフトウェア)を導入するときは、顧客の状況をしっかり理解する必要があります。そのため、顧客の立場に立って考える力が求められます。新しいパッケージの導入は、多くの部門や人に納得してもらう必要がありますので、粘り強い交渉ができる熱意のある人が向いているでしょう。

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)

「PMO」は「Project Management Office」の略で、プロジェクトの進捗管理など、マネジメント業務を行います。プロジェクトを円滑に進めるために欠かせない存在です。

求められる能力

物事を俯瞰的に見て、プロジェクトの全体像を把握できる、論理的な人が向いています。また、プロジェクトチームだけでなく、他社(企業)と関わる機会が多いので、ビジネスマナーはしっかりしていなければいけません。

合格してキャリアアップを目指せ!ITコンサルタントが持っておきたい3つの資格

ITに関する豊富な知識と経験が求められるITコンサルタントですが、キャリアアップしていくためには資格の取得も重要です。IT関連にはさまざまな資格がありますが、どの職種に就いても活かせる資格はそれほど多くありません。中でも代表的なものは「ITコーディネータ」「中小企業診断士」「プロジェクトマネージャ試験」の3つです。仕事の幅を広げ、自らのキャリアプランを実現するためにも、これらの資格はぜひ取得しておきましょう。

(1)IT技術を活かした経営のスペシャリスト「ITコーディネータ」

「ITコーディネータ」は、特定非営利法人ITコーディネータ協会が認定する民間資格で、2001年に通商産業省(現・経済産業省)によって設けられました。ITと企業経営両方の知識を持ち、経営者の立場に立って助言・支援を行い、IT経営を実現するスペシャリストであることを証明します。また、高い専門性を持ち、活躍の幅が広いことも特徴で、IT企業だけでなく、製造業やサービス業、小売業、さらには病院や学校など、ITを導入しているさまざまな企業(分野)で能力を活かすことができます。

(2)中小企業経営の救世主!「中小企業診断士」

「中小企業診断士」は、経営コンサルタントとしてほぼ唯一の国家資格で「日本版MBA」ともいわれています。中小企業が抱える経営課題の診断や助言を行うプロフェッショナルで、企業と行政、企業と金融機関のパイプ役、中小企業への施策の適切な活用支援まで、業務の範囲が幅広いことが特徴です。この資格を取得することで「経営全般の高度な知識を有している」ことを証明できます。

(3)あなたもリーダーになれる!「プロジェクトマネージャ試験」

「プロジェクトマネージャ試験」は、情報処理技術試験のひとつで、日本のITコンサルタントの多くが最初に目指す資格試験といわれています。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのトップとして、計画の立案、要員の確保、予算、納期、品質の達成などを管理することになります。

スキルを磨いてITコンサルタントとしてキャリアアップ!

ITコンサルタントが取得したほうがいい資格は、いずれも難度が高い(合格率が低い)ことでも知られています。その分、有資格者はより良い環境で大きな仕事ができるチャンスが得られやすいといえるでしょう。さらに、ITコンサルタントとして活躍したい人は、次に紹介する3つのスキルを磨くことで、キャリアアップを図ることができます。

(1)高いレベルで人と関わるための「コミュニケーション能力」

いくら知識があっても、顧客から要件を引き出せなければ、正しいコンサルティングはできません。また、自分の意見ばかり主張しているようでは、チームのメンバーはついてこないでしょう。そのため、ITコンサルタントには、顧客やチームとの信頼関係を築き、業務を円滑に進めるための高い「コミュニケーション能力」が欠かせません。

(2)クライアントの要求にしっかり応える「精神力」

ITコンサルタントは、さまざまな制約がある中でも顧客の要望に応えなければなりません。時には、メンバーや予算が少ないプロジェクトにあたってしまうこともあります。しかし、たとえどのような状況であってもプロジェクトを成功に導く必要がありますから、そのための強い「精神力」が求められるのです。

(3)実務レベルで通用する「英語力」

ITコンサルタントの顧客は日本人だけに限りません。グローバル化が進み、外資系企業も数多く国内に進出しているため、海外の人から依頼を受けることも珍しくありません。ビジネスレベルの英語力があれば、話もスムーズに進み、仕事の幅もクライアントの数も広がります。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。