第二新卒でIT業界に転職するには?IT業界の求人状況と必要なスキル|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒者はIT業界に転職できる?今のIT業界と

人材需要に迫る

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

第二新卒者の転職の選択肢として、IT業界への道を考える人は多くいます。大手から若いベンチャーまで、多くのIT企業が存在しますが、果たしてIT業界は第二新卒者に対して転職の扉を開いているのでしょうか?

今のIT業界の求人状況は?

ここしばらくのIT業界は、「超」がつくほどの成長産業です。今後もその成長は伸び続ける見通しで、それに伴ってIT人材も不足しているのが現状です。2020年には、今の人材不足が2倍になるともいわれており、IT企業の求人市場はさらに拡大していくことでしょう。

どうしてIT業界は人材不足なのか?

拡大し続けているIT業界。若者から見ても人気の職種であるのは間違いありません。そうなると人が多く集まり、人材過剰になっているのではないかと感じますが、実はそうではありません。

IT技術の進歩とともに、業界そのものが大きく成長を続けているため、人員の補充が間に合っていないのが現実です。

IT企業に必要なスキルとは

IT業界といっても、Web開発やシステム設計、プログラミングといった技術職から、コンサルティングやマーケティング、アナリティクスといった専門職まで、仕事の数は多岐にわたります。自身が望む職種に応じて必要なスキルを磨くのはもちろんですが、IT企業に転職を考える際に求められる主なスキルを紹介しましょう。

  • パソコンやWebに関する知識

    配属される部署にもよるとは思いますが、パソコンやWebに関する知識は、IT企業に勤めるからには深く知っておきたいところです。特に、IT業界の進化のペースは速いので、常に最新の知識や技術については収集しておきましょう。

  • コミュニケーション能力

    営業職ではなくても、顧客対応のスキルが求められるIT職種は多くありますし、さまざまな職種の人たちとチームを組んでプロジェクトに臨むこともあります。顧客の希望をディスカッションの中でしっかり引き出し、そのニーズに最大限応えるため、また社内プロジェクトをベストな結果につなげるためには、コミュニケーション能力が必須です。

  • 論理的な思考

    どんな業界でも共通していますが、特にIT企業においては、論理的思考=筋道を立てて物事を考えることが重要です。例えば、ITの専門知識を駆使しながらも、ITについて知見のないクライアントにもわかりやすく説明できてこそ、ビジネスシーンで成功できるのです。これは、日頃からロジカルに考える癖をつけておかなければ身に付きません。

第二新卒がIT企業へ転職するために大切な3つのポイント

今のIT業界をめぐる転職市場は、先述したとおり「人材不足」というのもあって、第二新卒も積極的な採用が行われています。

第二新卒を採用するメリットは、何よりその「ポテンシャル」です。十分なキャリアを積んだ人ほどの経験やスキルがなくても、若さゆえの柔軟性と業務に対する思いがあれば、企業としてもしっかり投資して育てていこうという気持ちが生まれます。それゆえ、たとえ目指す職種が未経験だとしても、諦める必要はないのです。

ここでは、IT企業への転職を目指す、第二新卒者が知っておくべき3つのポイントを紹介しましょう。

ポイント1 転職先の下調べをしっかりする

当たり前ですが、しっかりと転職先のことを調べてください。そもそも「IT」というものがどんな仕事なのかはもちろん、IT企業の中でも情報処理業界なのか、Web業界なのか、またはハードウェア業界なのか。さらには、ITコンサルタントをしたいのか、Webディレクターをしたいのか、プログラマーになりたいのかなど、自分はどんな仕事がしたいのか、自分にできるのかをしっかり考えた上で、転職活動に移りましょう。でなければ、せっかくの転職が、失敗に終わってしまう可能性もあります。

もし、近しい人にIT関係の人がいれば、必ず相談すべきですし、そのような人がいなければ企業が開催している企業説明会などに出向くといいでしょう。

ポイント2 第二新卒という強みを生かす

新卒ではなく、第二新卒であるという強みをしっかりと生かしましょう。何もかもが真っ白な状態の新卒に比べ、第二新卒は、社会人として世に出ていた経験があります。すなわち、企業にとってはビジネスマナーなどを教育する期間や、そこにかかるコストを省けるというメリットが生まれます。

面接の際には社会人としてのマナーが確実に試されますので、自分の持つ社会人としてのポテンシャルを最大限に発揮できるよう、準備しておきましょう。

ポイント3 新たな仕事に挑戦したいという強い意志表示をする

第二新卒者は、言い換えれば「新卒入社後、短期間で仕事を辞めてしまった人」ということにもなります。このイメージが面接のときに前面に出てしまうのは良くありません。なぜIT企業へ転職したいのか、転職先ではどう環境を変えたいのかという部分を、しっかりと説明できるようにしておきましょう。

特に気を付けなければならないのは、転職理由が「前職を辞めた理由」となってしまわないようにすることです。「〇〇がしたいから転職を希望している」と、意思表示できる状態を目指してください。

大手企業からITベンチャー企業へ転職する第二新卒者は「覚悟」を持って転職を!

学生時代には猛勉強に励んで有名大学を卒業し、見事、大手企業へ新卒入社の夢を叶えた人も多いでしょう。そんな人がよく陥ってしまうのが、就職がゴールになってしまうということです。それゆえに、仕事を始めてしばらく経ったら「どこか物足りなさを感じて転職を考え始めた」という方も多いと思います。

そういったときに目移りしやすいのは、ベンチャー企業への転職です。「現在の大手企業ではやりがいのある仕事が回ってこなかったが、ベンチャー企業であれば仕事の裁量が増える」と考える方は多いのではないでしょうか。もちろん、それは間違いではないかもしれませんが、その転職には「大いなる覚悟が必要」ということを忘れないでください。

ベンチャー企業はまだまだこれからの企業であると同時に、環境の変化が激しいところがほとんどです。それに対して、自分は柔軟に対応できるかどうか、本気でやりたいことを追い求められるかを考え、それを覚悟して、転職という選択肢に向き合いましょう。

「第二新卒」TOPにもどる

 はじめて転職する方向けお役立ちコンテンツ

第二新卒での転職を考え中の方へに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。