第二新卒歓迎の落とし穴|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒歓迎の落とし穴

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

入社後3年以内の若手社員が転職活動を行う場合は、一般に「第二新卒」と言われます。基本的なビジネスマナーは身に付いているのに前職での企業カラーには染まっていない、など色々メリットがあげられ「第二新卒歓迎」という風潮も見られるようになりました。しかし「第二新卒なら理想通りの転職先が見つかるか」というと、必ずしもそうではありません。今回は、転職活動中に直面する「第二新卒歓迎の落とし穴」について考えてみましょう。

再び深く考えず転職し、失敗する危険も

人材不足を補うため、第二新卒の採用を積極的に考えている企業も多く「転職するなら早いうちに」という決断は必ずしも間違ったものではありません。今の仕事とは違う分野にキャリアチェンジしやすいのも、第二新卒ならではの魅力といえるでしょう。

第二新卒の転職理由は、「思っていた仕事とは違った」、「自分のやりたいことではなかった」など比較的明確です。そのため転職活動では、今度こそ自分の求める仕事に就きたい、と理想を追求する傾向にあります。しかし、その想いが強すぎるため、「自分の理想に近い仕事かつ第二新卒歓迎」との内容だけで、あまり深く考えずに転職を決断してしまう、という落とし穴があり、注意が必用です。

その結果、「今度こそ自分のやりたい仕事ができるはずだったのに、実際は違った」というミスマッチが起こりやすくなります。残念ながら、転職後、再転職することになれば、若くして3社を渡り歩いたことになり、キャリア的にはマイナスのイメージをもたれやすい状態になってしまいます。

「第二新卒歓迎」の企業実態をよく見るようにしよう

基本的に企業は、新卒での採用を重視する傾向にあります。大手企業でも第二新卒の採用枠を設けることがあります。しかし、募集数は少なく、新卒に比べれば企業・職種共に選択の幅が狭くなっています。

「第二新卒歓迎」と積極的に採用している企業の中には、何らかの理由で敬遠されて新卒を集められなかったケースや、早期の離職者が多くて若手社員が不足しているケースも含まれている可能性があります。応募要項や面接だけでは分かりえない企業の実態もあるため、「なぜ第二新卒を積極的に採用しているのか」を転職や面接を決断する前に、一歩立ち止まって考えてみましょう

まとめ

第二新卒を歓迎する企業は増えていますが、新卒に比べて不利な転職活動を強いられるのが現状です。しっかりしたビジョンとキャリアプランを持っていなければ、若くして再度、就職に失敗することだってあります。「若いから何でもチャレンジできる」という意識だけではなく、キャリアが浅いからこそ専門のキャリアアドバイザーの力を借りて、より確かな転職活動を進めていきましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒歓迎の落とし穴に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。