女性だからこそ聞かれやすい面接での質問一覧|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

20代女性の
転職のベスト
タイミングと
メリット

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

女性の20代は人生の大きな転換期を迎える時期でもあり、転職を考える方は少なくないようです。
今後、結婚、出産、子育てという道を通るとしたら、ワークライフバランスが変わってきますので、今のうちに転職しようという人や、今より高いポジションを目指すため、転職してキャリアに磨きをかけたいという人もいます。このように、20代女性の働き方の多様性は同世代の男性より幅広く、転職に際して悩むことが多いのではないでしょうか。
ここでは、20代女性の転職事情と、そのベストタイミングをご紹介します。

20代女性の転職理由

20代といえば、これからどんなキャリアを築いていくべきか迷う年頃ではないでしょうか。
「バリバリ働いてキャリアを積み上げていきたい」「もっと自分の可能性を追求したい」といった仕事への思いがある一方、結婚を意識し出す年齢ともいえます。
こういったデリケートな事柄を考慮しつつ、総合的に人生のワークライフバランスを考え、状況によっては転職も検討しなくては…。そんな風に悩んでいる、20代女性も多いのではないでしょうか。
そこで、実際に転職した20代女性がどんな理由で転職に踏み切ったのか。その事情について掘り下げていきます。

マイナビウーマンが2015年1月に22~34歳の働く女性に対して行った「転職理由」のアンケートによると、「前職の職場に対する不満」が転職理由の上位を占めました。

  • 会社の方向性や上司の考え方についていけなかった
  • 上司や先輩、同僚にいじめられた
  • 長時間労働や激務に耐えられなくなった

以上のような理由を挙げた女性が多かったのですが、これはある意味「やむを得ない転職」だったとも受け取れます。
一方で、以下のような前向きな理由で転職し、見事に成功した人も多く見られました。

  • やりたい仕事を見つけたから
  • 非正規雇用から正社員になりたかったから

「この職場ではこれ以上ステップアップできない」と感じたら、思いきって転職という道を選ぶのもいいのかもしれません。
いずれにせよ、一時の感情で今の会社を飛び出してしまうのではなく、慎重且つ合理的な判断で転職のタイミングを計ることが大切でしょう。
また、中にはワークライフバランスを意識し、「前の会社は残業が多く、結婚して子供を産んだあとに続けるのは大変だと思ったから」という意見も多く見られました。
このように、「先を見据えて、今のうちに転職しておこう」という人も多いようです。

20代女性の転職のメリットは?

ここでは、20代女性が転職をすることのメリットについて考えてみましょう。

長期的なライフプランに合った仕事を選べる

女性の大きなライフイベントである出産と子育て。例えば、「産休後の復帰のしやすさ」や「柔軟な勤務体制」「突然の休みが取れるかどうか」など、現在働いている会社がそうしたライフイベントにどれだけ協力的かといったことは気になるところです。
もし、現在の職場が出産・子育てに協力的な環境が整っていなければ、結婚の具体的な予定がないうちに働きやすい会社に転職しておいたほうがいいかもしれません。
いざ、出産・子育てを控えてからの転職であれば、出産の準備と重なって、転職に集中できないこともありますし、企業側も入社早々に長期休暇を取るのではないかと思い、積極的な採用をしない可能性もあります。予定がないうちに先を見越した転職ができるのは、20代の特権かもしれません。

即戦力性と可能性が両立できる

現在の会社に就職してからの経過年数にもよりますが、1つの会社で3年以上働けば、少なくともその職種では他の会社も「即戦力」として認めてくれるはずです。社会人マナーも含め、一から仕事を教えなくても済むのは会社にとって大きな魅力です。
また、30歳を過ぎてからの転職となると、20代女性に対してあきらかに優位に立った専門知識やスキルがなくては、転職競争で不利になります。同程度のスキルであれば、やはり若い人のほうを採用したくなるのが人事の本音でしょう。
経験年数が長くなることで仕事への「慣れ」は深まるにせよ、前の職場のやり方が新しい会社でそっくり生かせるわけではありません。キャリア志向の強い人の場合、「今の職場ではこれ以上レベルの高い専門性やスキルは身に付けられない」と思ったら、まだ「若さゆえの可能性」がプラス評価してもらいやすい、20代のうちに転職しておいたほうが後々有利かもしれません。

20代女性が転職に成功するためのポイントは?

ここまで、20代女性の転職について、「データに基づく転職理由の説明」と「転職のメリット」を紹介してきました。最後に、いざ転職したいと思い立ったときに、「転職を成功させるための3つのポイント」をご紹介します。

ポイント1 ほかの求職者と差別化できるスキルを身に付ける

人気の高い一般事務職などを目指す人は、厳しい競争に負けないためのセールスポイントが欲しいところです。「TOEICスコア800点」という英語スキルや「他部門にわたって組織をまとめるマネジメントをした経験」というようなマネジメントスキルなど、履歴書や職務経歴書などに「一言で書ける」わかりやすく特別なスキルを、今のうちに身に付けておきましょう。

ポイント2 手に職をつける

現在の職種や転職したい職種にもよりますが、有利な転職を実現し、末永く安定して働きたいという人は手に職をつけるのが有効です。
厚生労働省の「一般職業紹介状況」という資料でも、看護師や介護サービスなど専門性の高い職業のニーズが高いことがわかります。何かの専門分野に関心の高い人なら、夜間の専門学校に通う、通信教育を受けるなどして、専門性の高い資格を取得するのもいいかもしれません。

ポイント3 ビジョンを語れるようにする

「3年後、あるいは5年後、あなたはどんな風に働いていたいですか?」
採用面接では、よくこういった質問が投げかけられます。採用担当者はあなたの仕事観、人生観、価値観、理想とするワークライフバランスを知りたいのです。
こうした質問に的確に答え、会社から魅力的な人材だという評価を受けるためには、あなたが自分のライフプランをしっかり持ち、将来のビジョンを語れるようにしておくことが大切です。

人生を変えるといっても過言ではない転職。それを成功させるためには、多くの時間と準備が必要になります。何をすればいいのかよくわからないまま、貴重な時間を過ごしてしまうよりは、転職のプロである転職エージェントに相談して、一緒に進めていくのもいいかもしれません。

 関連ページ

女性だからこそ聞かれやすい面接での質問一覧ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。