面談時はどんな服装がいいの?|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

面談時は
どんな服装がいいの?

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

転職エージェントを活用しての転職活動では転職エージェントとの面談が非常に重要となります。書類から、転職希望者のキャリアやスキルなどは把握することは一応できますが、面談によって、その人の人となり、正確、人間的な魅力などを的確にとらえて、キャリアやスキルなどに人間性も加味して、その人に最も適した転職先を紹介するためです。

このような大切な転職エージェントとの面談ですが、どのような服装で面談に臨めばよいのでしょうか?また、転職エージェントから紹介された企業との面談はどのような服装で臨めばよいでしょうか?

今回は転職時の面談と服装ついて徹底解説を行います。

転職エージェントとの面談時の服装

転職エージェントとの面談時の服装は、転職エージェントの事前の指定に基本的に従えば問題ありません。「服装は気にしなくてよいですよ」とか「気軽な服装で来て下さい」などと言われれば、スーツでなくても問題ありません。スーツやビジネスカジュアルなどの服装でお越しいただく方が多いですがもしTシャツとジーパンとスニーカーのような本当にラフな格好で面接に行くのに不安を感じたらビジネスカジュアルが無難と思われます。

面談に向けて知っておくべきオフィスカジュアルの基礎

オフィスカジュアルはビジネスカジュアルとも言い、ビジネスで使いながらもカジュアル的な要素もある服装です。オフィスカジュアルは、セットアップではなく、上下で別々のアイテムを組み合わせていることが一般的です。

具体的には下記の9つのアイテムを組み合わせて構成されます。

  1. ジャケット
  2. シャツ
  3. パンツ
  4. ニット
  5. アウター
  6. バック
  7. ネクタイ
  8. ベルト
  1. 1.ジャケット

    ジャケットはフォーマルスーツの無地のものと異なり、柄もののジャケットや、素材がパンツと異なるものをチョイスすることによって、お洒落感を演出することができます。

  2. 2.シャツ

    シャツは、フォーマルの時は無地のものが多いですが、オフィスカジュアルの際には柄物や、ボタンの色やデザインに遊びがあるものを選ぶことによって、服装がおしゃれで印象的になります。

  3. 3.パンツ

    パンツは、ジャケットとは異なる色や生地のものをチョイスしてみましょう。ジャケットとパンツの組み合わせでオフィスカジュアルの印象が決まってくると言っても過言ではありません。スラックスやチノパンをジェケットとコーディネートするのが主流です。

  4. 4.ニット

    ニットはお洒落感が最もアピールできるアイテムであると言ってもよく、面談時の印象にも大きく関係してきます。派手すぎず地味すぎず、単色のものが一般的ですが、胸にワンポイントがあるようなアイテムをコーディネートするのもよいでしょう。

  5. 5.アウター

    アウターはニットと同じく冬季にしか使用しないアイテムですが、オフィスカジュアルではアウターはシンプルなものを選ぶと間違いがありません。とはいえ、面談時には建物に入る前に脱ぐのがビジネスマナーですので、アウターは面談時にはそれほど気にする必要はありません。

  6. 6.バッグ

    バッグはレザートートなどの少し遊びがあるアイテムの方がオフィスカジュアルにはよく合います。バッグは面談時に面接会場まで持参しますので、服装に合い、カジュアル過ぎないものをチョイスすることをおすすめします。

  7. 7.ネクタイ

    ネクタイはオフィスカジュアルではしてもしなくても基本的には問題ありません。ネクタイをする場合はシャツとの組み合わせも大切になります。派手めのシャツであればネクタイのデザインはシンプルにするなど、全体とのバランスでネクタイを選ぶようにしましょう。また、オフィスカジュアルにはニットタイなどもよく似合います。

  8. 8.ベルト

    ベルトはオフィスカジュアルの中では最も遊べるアイテムです。黒革のシンプルなベルトではなく、編み上げのベルトや、蛇側風のベルトや、エナメルなど、こだわったベルトがおしゃれ感を演出します。

  9. 9.靴

    おしゃれは足元からと言われるほど靴は大切です。オフィスカジュアルにおいての靴は革靴が基本ですが、しっかり磨かれた清潔な靴であることが大前提です。他でどんなに気を使っていても靴が汚れていたら、その時点で全体の印象は台無しになってしまいますので、靴の清潔感には最も注意してください。

時期によってこれらの9つのアイテムを上手に組み合わせてコーディネートしましょう。組み合わせに困った場合はショップの店員の方にコーディネートしてもらうのも一つです。良い服でも組み合わせで台無しになる可能性もあるので、自信のない方は任せてしまうのも一つの方法です。

迷ったらスーツがベター

「私服でよいと言われたけど、本当に私服で行っても大丈夫かな?」と迷ってしまっている人は、迷ったらスーツで面談に行ってしまいましょう。

スーツにネクタイ姿という正装で行くというのは相手に対する礼儀でもあります。少し堅いと思われるかなと懸念する方もいらっしゃるかもしれませんが、サラリーマンであればスーツの方が圧倒的に多いので違和感はありません。

ここで注意しておきたいのが、転職エージェントとの面談はあくまでも、ありのままの自分を転職エージェントに知ってもらい、自分に最も適した転職先とのマッチングをしてもらうことが本当の目的ですので、固くなりすぎて本来の自分を理解してもらえないということがないように心がけましょう。

転職先企業との面接はスーツがベター

転職エージェントから晴れて転職先の企業を紹介してもらい、転職先の企業との面接まで進んだ際にはどのような服装が望ましいのでしょうか?

何も指定がなければスーツで伺いましょう。とにかく、企業との面接時に最も大切なことは「清潔感」です。スーツにヨレがないか、ワイシャツは清潔でシワがよっていないか、革靴はしっかりと磨いてあるかなどをチェックして、清潔感のある服装で面談に臨みましょう。

私服を指定された場合はどうすればよいのか

面接先の企業から私服を指定された場合はどのような服装が望ましいのでしょうか?

「私服でお越しください」と言われているのにスーツで行くわけにはいきませんが、Tシャツ、ジーパン、スニーカーで面接に行くこともはばかられます。そのような時にもオフィスカジュアルが無難です。

上手くコーディネートすれば、堅すぎず、柔らかすぎず好印象を与えることができます。

この際も、最も大切にしなければならないことは「清潔感」です。どのような服装で面接に行っても清潔感だけは徹底するように心がけてください。

まとめ

  • 転職エージェントとの面談は固くなりすぎず、指定された服装の中で「清潔感」を保つようにしましょう。
  • オフィスカジュアルの基礎は覚えておこう
  • 企業との面接はスーツ着用がベター
  • 私服指定の場合もオフィスカジュアルを意識してラフになりすぎないように注意しよう

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面談時はどんな服装がいいの?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。